ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダービルド 「第9話 プロジェクトビルドの罠」

2017-10-29 10:05:48 | 仮面ライダーシリーズ
葛城が残したデータからプロジェクトビルドとは防衛を目的としたライダーシステムであることが判明、ビルドドライバーは葛城が開発したものだ。

ビルドに変身するにはネビュラガスの耐久力であるハザードレベルが2を越えていなければ変身できない。それが戦兎と龍我である。葛城のデータではハザードレベル3以上でビルドドライバーで変身が可能である。現時点ではネビュラガスの実験でライダーシステムの資格者を探しているということだけがわかっている。

龍我は葛城に怒りを燃やす。戦兎は人体実験の件は問題視しつつも、ライダーシステムを構築した功績を認め、ライダーシステムの軍事利用は周囲の思惑だと考える。戦兎と龍我は対立するさなか、新たなフルボトルが完成する。

ファウストのスポンサーでもある難波重工の会長・重三郎は氷室首相を説得しなければライダーシステムを北都西都に流すと氷室を牽制。

戦兎達は氷室の秘書・内海から翌日東西北三国の首相がパンドラボックスを視察するため、翌朝までに研究成果をまとめるように指示を出す。

龍我は美空をデートに連れ出す。美空はスカイウォールの惨劇で気を失い、その後7年間昏睡状態であり、目が覚めた時既にブレスレットがはめられており、戦兎が変換装置を発明するまでボトルを1本浄化するごとに一週間眠り続けるために普通の少女の生活に憧れていた。龍我もかつては亡くなった香澄とデートを繰り返し、香澄を愛していたが故に香澄の命を奪ったファウストを憎んでいた。

龍我と美空はソルジャーに包囲され、龍我は美空を逃がすも美空の前にローグが現れるもスタークが割りこみその隙に龍我が美空を救出。龍我達は再び取り囲まれるがビルドが助ける。

氷室はライダーシステムが西都と北都に流出の恐れから焦りを感じていた。そのために研究所からパンドラボックスの強奪を企てる。間違いなく戦争の火種となり、氷室首相が重い腰を上げるだろうと氷室は考える。

研究員の桑田は催眠ガスを撒きスマッシュに変身して逃走、戦兎は変身して追跡。

戦兎は美空が浄化したボトルのおかげで仮面ライダーは正義の味方たくさんの人の明日を作ってあげられると感謝しており、美空はそれに救われている。ドラゴンは龍我の正しい場所への道しるべになるように龍我のためを思って作ったのだ。それが香澄を死なせてしまった贖罪なのだ。戦兎は科学を信じているからこそ葛城を責めるのではなく、科学が正しいことに使われなかった現実を何とかしたいと思っているようだ(美空談)。

ビルドはスマッシュを倒した。桑田はパンドラボックスを奪うためにビルドを研究所から遠ざけており、河合がセキュリティロックを解除、スタークがボックスを奪う作戦が決行される。

紗羽は難波にビルドの情報を与える。

桑田は葛城は生きていると言い残し消滅した。


戦兎はあくまで科学者としての視点で葛城の発明を擁護していて、運用次第では善にも悪にもなるというのは戦兎とファウスト側の対比をあらわしていますね。

難波会長にせっつかれた氷室はパンドラボックス強奪という手段にでましたが、これは1クール目の山場となりそうです。

紗羽が難波会長に接触してビルドの情報を与えていましたが、紗羽は敵か味方か峰不二子のようなポジションなのでしょうか。

研究員桑田が葛城は生きていると言いましたが、葛城が物語の鍵を握る人物であることは間違いないですね。
コメント (3)

仮面ライダービルド 「第8話 メモリーが語りはじめる」

2017-10-22 10:28:24 | 仮面ライダーシリーズ
スタークが告げた葛城巧がファウストを創設したのは本当なのだろうか。

氷室は北都と西都が東都を乗っ取ろうとしていることに気付き、親父である氷室首相に軍備を整えるべきだと提案。氷室首相はスカイウォールの光を浴びていないが、北都首相多治見と西都首相御堂はスカイウォールの光のために豹変した。だが氷室首相は経済安定を優先させる考えだ。

スタークもライダーシステムの進化のために葛城のデータを必要としていた。

パンドラボックスの責任者であった親父・忍を尊敬し、その影響で科学者になった葛城は科学を愛し、また恨んでいた。葛城も10年前の帰還セレモニーに参加、パンドラボックスの影響を受けたために忍はバッシングを受け自ら命を絶った。葛城は忍の無念を晴らすために科学者となった。葛城は没頭すると見境がなくなるために誰かに利用されているかもしれないのだ(京香談)。

葛城は亡くなる一週間前に京香に研究データを預け、自身に何かあった時に信用できる人に渡してくれと告げていた。京香はデータを東都に隠しており、データを回収するために戦兎達と東都に向かう。だが京香はローグに捕らえられファウストのアジトに連行されてしまう。氷室は葛城の京香に対する思いをしたためた手紙と引き換えに葛城のデータを要求。京香はデータの隠し場所である東都銀行の貸金庫の鍵を渡す。だが手紙はニセモノであり、金庫にデータはなく、“残念だけど、貴方は信用できない。 葛城巧”と記された手紙があった。

スマッシュが出現、ビルドと龍我が立ち向かう。ビルドはスマッシュを倒すがスマッシュは京香だった。

戦兎と龍我はデータの本当の隠し場所である難波重工総合科学研究所跡地でデータを発見。そこにスタークとローグが現れビルドと龍我が応戦。スタークは龍我のハザードレベルを試していた。それと引き換えにスタークは一度は奪ったデータを龍我に返す。スタークはローグを取り押さえビルドと龍我を逃がす。

ローグ:「貴様、どういうつもりだ。」

スターク:「まあ聞けよ。オレ達の狙いはデータじゃない。データを応用してアレを完成させることだ。桐生戦兎ならそれができる。万丈龍我ならそれが使える。」

京香は戦兎を信じてデータを渡す。京香はファウスト絡みの記憶をなくしていた。戦兎が葛城の研究日誌をアナグラムにして並べ替えて最後に綴られた文章は“産んでくれてありがとう”の一文だった。葛城は気持ちを伝えるのが苦手だったようだ。京香の頬に涙が伝っていた。

データを入手し、葛城が殺された理由がわかるのか、戦兎の知りたくない真実がわかるのか、戦兎は何も知らない自分を恐れており、どんな真実でも受け止める覚悟ができていた。

戦兎:「PROJECT BUILD?」


葛城の研究データの争奪戦という様相を呈しており、スタークが龍我のハザードレベルを測定したり、戦兎達にデータを渡したまま泳がせてPROJECT BUILDなる計画を発動させようというスタークの目論見が垣間見えてきました。

生前の葛城はデータを母・京香に預けるくらいなのでよほど他人を信用することに慎重だったことがうかがえます。

PROJECT BUILDという計画が何を意味するのか、今後の展開に否が応にも期待値が上がります。
コメント (2)

仮面ライダービルド 「第7話 悪魔のサイエンティスト」

2017-10-15 10:03:27 | 仮面ライダーシリーズ
龍我は戦兎に疑念を抱き始める。石動の助言で戦兎達は葛城を調べることに。

葛城は殺害される2年前に政府の許可なくガス注入の人体実験を強行したために研究所を解雇された。 それが悪魔の科学者と呼ばれる所以だ。

戦兎は研究データから最後の日誌にアナグラムが使われていることに気付く。「最後はすべてへさようなら。」という一文をローマ字に変換して並び替えると「すべてをははおやに母親に捧げる。」という文になった。戦兎達は北都に住む葛城の母親に会いに行くことにする。

スタークは氷室に戦兎が北都に向かい、拘束でもされれば仮面ライダーを軍事兵器にしようとしているが台無しになると伝える。氷室はローグに蒸血(変身)し戦兎の北都行きをスタークと共に阻止せんとする。

ビルドがローグに応戦するがすぐさま北都に向かう。スタークはビルドを見逃す。

戦兎達は北都にたどり着き、葛城の生家に向かう。葛城の母・京香は経済が逼迫している北都で学校に通えない子供たちのために無料で勉強を教えている。京香は戦兎達を追い返す。北都にスタークが現れ、教え子の一人雄彦がガスを注入されスマッシュ化、戦兎は変身してスタークとスマッシュに立ち向かう。ビルドはスマッシュを倒し龍我は成分を採取。

ビルドはスタークに苦戦、ドラゴンがスタークを攻撃している隙に龍我はスタークからボトルを奪う。戦兎は龍我からボトルを受け取り新たなベストマッチ・ロケットパンダでスタークを退ける。

スターク:「葛城こそスマッシュの生みの親。葛城巧がファウストを創ったんだよ!さあ、この一手でどう動く?」

龍我:「今の本当かよ?葛城がファウストを創ったって。」

京香:「巧が・・・?」


葛城巧の人物像が明らかになり始め、狂気の科学者であり、さらにはファウストの創設者というところまで明らかになりましたが、まさかここまで重要人物になるとは予想がつかなかったです。

ローグが氷室であることが判明して、変身の掛け声の“蒸血”というのを聞いて一瞬“蒸着?”と勘違いした方は私同様宇宙刑事ギャバンを見ていた世代ですね。

葛城殺害事件の真相解明の入り口に入り今後の展開が楽しみになってきました。
コメント (2)

仮面ライダービルド 「第6話 怒りのムーンサルト」

2017-10-08 10:13:43 | 仮面ライダーシリーズ
龍我はスマッシュを追跡するが警備員に取り囲まれたところをビルドが救助。

戦兎は龍我が立弥をスマッシュに戻したことを責める。戦兎と龍我は対立。戦兎は龍我がボトルによる急成長により危険分子になりかねないと危惧していた。

戦兎が人助けをするのは記憶を失い自分が何者か分からないために不安を抱いているためだ(石動談)。

戦兎は氷室から壁の地下から地球上にはない成分でできたガスでありスマッシュの成分でもある・ネビュラガスが湧き出ており、名付けた葛城がその重要性に気付いていたことを聞く。戦兎は葛城の研究データを閲覧。

戦兎は葛城のデータからスマッシュのアジトの場所を特定し龍我と共に潜入を決行。

氷室は何者かに戦兎が君を超える逸材になるのか楽しみだと携帯電話越しに伝える。

戦兎と龍我は潜入に成功。実験室にスタークが現れ龍我は毒を注入されてしまう。だが戦兎が龍我に渡したメカドラゴンが解毒。戦兎はスタークから自身の体にネビュラガスが注入されていることを聞かされる。戦兎と龍我はガスを注入されてもスマッシュ化しなかったレアな存在なのだ。スマッシュと同族と知った戦兎は怒りで我を忘れ変身してスタークに立ち向かう。

(スタークを殴りながら)ビルド:「誰だ!?オレの体にガスを入れたのは!記憶を奪った奴は誰なんだ!お前か!?ローグか!? 答えろ!オレの体を返せ!記憶を返せ!」

スターク:「記憶の核心に触れると見境を無くすのが欠点か。お前にはがっかりしたよ。楽しい宴をありがとう。」

戦兎はスタークを後をつけようとするが龍我は人質を優先させようと戦兎を食い止める。

龍我:「前に聞いたよな。自分の記憶と人助けのビルド、どっちが大事か。迷わずビルドって答えたお前に初めて嫉妬したよ。こいつには勝てねえって。今のお前はどうなんだよ。自分の記憶とビルド、どっちが大事なんだよ。」

戦兎:「決まってるだろ。ビルドだよ。」

龍我:「上等だ。」

龍我は人質を逃がす。ビルドは立弥が限界値を越えたガスを注入されていることに気付き立弥を元に戻し戦兎と立弥はアジトから爆発寸前に脱出。

スターク:「ラボでビルドの出自を語ることは意味があった。礼を言うよ。」

氷室:「いつまで泳がせておくつもりだ。」

スターク:「これからもっと面白くなる。」

龍我の件は振り出しに戻ってしまった。立弥が9月5日に新薬のバイトの時に車で送り届けた先は葛城の部屋であった。戦兎が葛城の部屋に行ったのは朝9時、龍我が葛城の部屋に行ったのはその一時間後であった。

戦兎:「オレが葛城を殺した?」


今回はいつもの戦兎とは違い、怒りで我を忘れる戦兎が描かれましたが、それをなだめたのが龍我といういつもとは逆パターンでした。スタークは戦兎の記憶にわざと触れて何かしら企んでいるのが明らかですね。

ネビュラガスこそがビルドとスマッシュの源であり、わかってはいましたがビルドとスマッシュは同族であるという証なのですね。その辺りはサイボーグ009や昔の仮面ライダーで用いられていました。戦兎と龍我がレアであるということは龍我に特殊能力がある理由付けにもなっていると思います。

戦兎が龍我の一時間前に葛城を訪ねていたことがわかりましたが、これは被験者を探す口実で殺害されたのは葛城の影武者で葛城は本当は生きているのかもしれないですね。
コメント (2)

仮面ライダービルド 「第5話 危ういアイデンティティー」

2017-10-01 10:07:27 | 仮面ライダーシリーズ
戦兎は石動にファウストのメンバーなのかと問い詰めるが一笑に付す。

美空はスマッシュの成分を浄化できる能力のためにかつてファウストに捕らえられており、石動がファウストのアジトから美空を連れて脱出する際にパネルとボトルを奪った。美空が秘密基地にいるのはファウストに狙われているためだ。

石動は火星の影響とはいえなぜパンドラボックスの光を放出したのか理解できずにいる。石動は美空を救うためにファウストのメンバーになりすましていたがパネルを政府に返さなかったのはファウストが本気になれば研究所はひとたまりもないためである。

石動はファウストを許せずにいるが自身や美空ではどうすることもできないために戦兎と出会った時にボトルの力を正しく使いファウストを倒してくれるだろうと戦兎にビルドとしての使命を託した。パネルの件は戦兎が気づいた時に話すと決めていた。そのために石動は戦兎を研究所に斡旋した。

紗羽が戦兎の過去を知る人物・岸田立弥を発見。戦兎は本名・佐藤太郎でかつてツナ義ーズというバンドを組んでおり戦兎をアニキと慕う立弥はそのメンバーだった。桐生戦兎という名は石動がつけたのだ。

戦兎が失踪した9月5日に戦兎は石動と出会った。戦兎はその日開発中の新薬を試すバイトに行っていた。

スタークが現れ戦兎は変身して応戦するが逃がしてしまう。

新たなボトルが完成し、龍我が新たなベストマッチを生み出す。戦兎は新たな武器を完成させる。

立弥がスタークに捕らえられプレススマッシュに改造されてしまう。そして東都研究所を襲撃。

スマッシュが立弥だとスタークから聞かされた戦兎は怒りを燃やし変身してスタークに立ち向かう。スタークは退却。

氷室はソルジャーにビルドをスマッシュもろとも射殺を命令するが、ビルドは龍我とともにソルジャーを蹴散らす。

ビルドは新フォーム・ニンニンコミックに変身しスマッシュを倒し立弥を救出。龍我はスマッシュのアジトを突き止めるために立弥をスマッシュに戻した・・・


石動の過去が明らかになりました。とりあえず石動が完全な善人で安心したと同時に意外と早く明らかになったのは予想外でした。

過去といえば戦兎の過去も少し明らかになり、本名は佐藤太郎という平凡な名前だと思いました。

スタークが戦闘に絡み出している辺り、スタークがビルドのライバルキャラクターなのでしょうか。スタークが今後物語をひっかきまわしそうな気がします。
コメント (2)