ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

「電人ザボーガー」が劇場映画で復活

2010-06-13 21:59:07 | 特撮その他
1974(昭和49)年4月~1975(昭和50)年6月にフジテレビ系にて放映されていた「電人ザボーガー」が来年劇場映画で復活するそうです。以前からウワサは聞いていましたが、本当だったようです。

ザボーガーは、主人公の秘密刑事・大門豊の怒りの電流によってオートバイからロボットに変形、大門のヘルメットのインカムから繰り出される指令で作動し、大門自身も戦闘力が高く、ザボーガーと共にΣ団に立ち向かいます。ラスト1クールには恐竜軍団が出現、松江健のマシーンバッハとザボーガーが合体し、ストロングザボーガーにパワーアップ。以前にも書きましたが、オートバイがロボットになるというのは、「仮面ライダー555」のオートバジンでもやっており、「仮面ライダーW」の仮面ライダーアクセルのバイクフォームの変身にも受け継がれています。主人公の大門豊を演じたのは、直前まで「仮面ライダーV3」でライダーマン=結城丈二を演じていた山口暁(後・山口豪久)氏で、大門のライバル・秋月玄は後に「ジャッカー電撃隊」でクローバーキング=大地文太を演じる風戸佑介氏が演じていました。
リアルタイム時は私はまだ生まれて間もない頃だったので、見たのは再放送でした。

主人公・大門豊の「青年期の章」、「熟年期の章」の2部構成となっており、青年期の大門は、「炎神戦隊ゴーオンジャー」でゴーオンレッド=江角走輔を演じた古原靖久氏、熟年期の大門は板尾創路氏が演ずるとの事。ザボーガーのデザイン、大門の衣装などほぼ当時のものに忠実なデザインとなっています。

マシーンホークやストロングザボーガー、ザボーガー基地(笑)などが出るのかどうか気になったりしますが、来年の公開が待ち遠しいですね。



コメント

サウンドミニプラ しゃべるケータイ捜査官7 フォンブレイバー7

2009-01-12 20:18:36 | 特撮その他
昨年末に、ミニプラケータイ捜査官7シリーズから音声ユニットを内臓した仕様のフォンブレイバー7、3、ゼロワンが発売されました。

3種類とも、通常版と同様にモバイルフォームからアクティブフォームへの変形のみならず、箱に記載されている4種類のセリフに加え、1種類のシークレットとなっている計5種類のセリフをランダムに発します。

私が購入した7は、「私が7だ」、「ケータイを投げるな」、「バディ」、「君の気持ちを受信した」、とシークレット扱いの「やるじゃん」の5種類のセリフです。劇中の7に比べて、本商品のセリフは棒読みかなという気もします。

これらサウンドミニプラは、音声ユニットを内臓しているために、通常版に比べ本体に厚みがあるものの、その他の部分は通常版とほぼ同じ仕様のため、別売の同シリーズのブーストフォンを装着することが可能です。
コメント

牙狼がパチンコに

2008-11-11 06:25:10 | 特撮その他
先日、パチンコ店の前を通ったら牙狼が目につきました。 まず思ったのは、『えっ、パチンコになったの?』ということです。 『牙狼』は2005年10月から2006年3月まで深夜に放送されていました。その後、新作スペシャルがCSで放送されました。 放送中にはバンダイからE&P(イクイップ&プロップ)シリーズというS.I.C.みたいなフィギュアも発売されていました。 私の行きつけの池袋のカラオケ店でも、この作品の主題歌がかかることがあります。でも、『牙狼』のパチンコ化は予想外でした。うまくいけば、このパチンコに便乗して人気が再燃するかもしれないですね。 この調子だと、数年後には『ケータイ捜査官7』もパチンコ化したりして…。“7”なだけに。
コメント

ケータイ捜査官7

2008-09-15 19:01:23 | 特撮その他
録り溜めしていた「ケータイ捜査官7」を試聴しました。「圏外の女(前後編)」、「黒い過去」の3本です。「圏外…」は、主人公・網島ケイタが旅先の熱海で出逢った不思議な女性と行動を共にし、翻弄されるという内容です。その間にケイタにアドバイスする背中に3本の引っ掻き傷のあるヤクザ風の男がいい味を出していました。本作品の中ではこの前後編は異色といった感じでしょうか。もう1本の「黒い…」はフォンブレイバー01を巡る過去を描いた話です。この回に登場した01に破壊されたセカンドや、フリーズしたフォース、フォンブレイバー3が装着していたブーストフォンは今後登場予定があるのでしょうか。
コメント

ミニプラ ケータイ捜査官7

2008-07-07 23:36:33 | 特撮その他
今日7月7日にちなんで、ミニプラ「ケータイ捜査官7」シリーズ(バンダイ)よりフォンブレイバー7の紹介です。…といいつつも、私は「ケータイ捜査官7」、先日放送された(関東のみ)総集編しか見てないです。5月20日頃だったと思いますが、コンビニに行った時にちょっと気になったので買いました…という次第です。ミニプラはテレビ同様携帯電話からロボットに変形して、ブーストフォンという別の携帯電話から変形するロボットを合体させることが可能です(劇中では着身というそうです)。変形で手足を折り畳む都合で、関節の自由度が高いです。同時に、フォンブレイバー3、ブーストフォンシーカー、ブーストフォンスピーカーも発売されました。それらはまた別の機会に紹介したいと思います。先日の総集編を見たところ、なかなか面白かったので、本編の方も見てみようと思います。…フォンブレイバー7の「ケータイは投げるものではな~い!」というセリフが頭から離れないです。
コメント