ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダーセイバー 「第29章 その時、剣士が動いた。」

2021-04-04 10:37:52 | 仮面ライダーシリーズ
現在のマスターロゴスが真の悪であることを知った倫太郎の前に玲花の兄・凌牙こと仮面ライダーデュランダルが立ちはだかった。

飛羽真の小説の構想のように倫太郎がマスターロゴスこそが真の悪と気付き、ソフィアの無事も確認されたことで飛羽真達の結束が再び強固になって反撃開始ということになるのかもしれないですね。
コメント (1)

仮面ライダーセイバー 「第28章 記す過去、描く未来。」

2021-03-28 11:16:19 | 仮面ライダーシリーズ
飛羽真は芽依からゆき編集長がロストメモリーの続きの執筆を依頼していることを聞き、再び絆を取り戻すためにも二つ返事で承諾する。

飛羽真のロストメモリーの続きが結末に向けて大きな要因となりそうな感じがします。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第27章 哀しみを、笑顔に変えて。」

2021-03-21 10:57:09 | 仮面ライダーシリーズ
飛羽真は本の中の少年を救い、セイバーはプリミティブドラゴンからエレメンタルドラゴンへと変身した。

本の中の少年を救ったことで飛羽真は問題をクリアしましたが、それを目撃した倫太郎の覚悟とはいかなるものなのでしょうか。

コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第26章 深き闇、剣と共に。」

2021-03-14 10:46:45 | 仮面ライダーシリーズ
賢人は世界を救うために全ての聖剣を封印しようとしていた。

一方、マスターロゴスは全知全能の書を手に入れ、世界を創り替え、支配しようと目論んでいた。

賢人がシミュレーションで予測した未来は絶望的なもので、そのために聖剣を封印という手段に出ましたが、そこは飛羽真が結末を決めるという流れで未来を変えるということになりそうです。

3人のメギドは元々はロゴスのメンバーで、ロゴスを裏切ったことが明らかになりましたが、初代マスターと共に残った男がタッセルでしょう。

後半戦は飛羽真達、賢人、マスターロゴスの思惑が複雑怪奇な様相を呈してきそうな気がします。

あと関係ない話ですが、マスターロゴスを演じる相馬圭祐氏はかつて「侍戦隊シンケンジャー」でシンケンゴールドを演じており、後枠の新番組「機界戦隊ゼンカイジャー」にもレジェンドでゲスト出演するのでしょうか。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第25話 煙をまといし、真紅の刺客。」

2021-03-07 10:27:46 | 仮面ライダーシリーズ
玲花が仮面ライダーサーベラに変身し亮と大秦寺の前に立ちはだかる。

倫太郎はロゴスの使命と飛羽真との友情の狭間で揺れていた。

玲花はマスターロゴスの片腕として信頼を得ていることを利用して悪事を働いていることは多分マスターロゴスは気付かないふりをしているだけでお見通しかもしれないですね。

前回登場したカリバーの正体は賢人でしたが、この事は今後の展開への影響は少なからずあると思われます。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第24章 父の背中、背負った未来。」

2021-02-28 11:11:19 | 仮面ライダーシリーズ
亮は迷いながらも飛羽真と一太刀交えたことで飛羽真の可能性を信じ、共に戦うことを決意する。

飛羽真と亮が和解しましたが、和解の方法が一太刀交えるというものでよくあるパターンですね。

ロゴス分裂の原因は玲花らしいですが、次回予告から玲花がシリーズ後半を引っ掻き回す役どころになりそうです。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第23章 荒れ狂う、破壊の手。」

2021-02-21 10:19:38 | 仮面ライダーシリーズ
飛羽真と大秦寺はマスターロゴスに会うためにサウザンベースに向かう。

その時、ストリウスが禁書を手にした。

禁書の力でプリミティブドラゴンに変身した飛羽真はその力を制御できなかった。

マスターロゴスがいよいよ物語に絡み始めようとするところをみると、マスターロゴスがシリーズ後半の重要な人物になるのが明らかですね。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第22章 それでも、人を救いたい。」

2021-02-14 11:48:19 | 仮面ライダーシリーズ
玲花は亮に飛羽真の火炎剣烈火とワンダーライドブックの奪取を命ずる。

亮、倫太郎、蓮が飛羽真の行動を目の当たりにしたことで腑に落ちない蓮を除き少しずつロゴスから距離を置きそうな気配がしたように感じました。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第21章 最高に輝け、全身全色。」

2021-02-07 10:55:47 | 仮面ライダーシリーズ
飛羽真の可能性を見出だした大秦寺はロゴスを脱退し、飛羽真と共に戦うことを決意する。

一方、ユーリはタッセルから新たなワンダーライドブックを受け取り、仮面ライダー最光エックスソードマンに変身した。

飛羽真の可能性に賭けた大秦寺がロゴスを脱退しましたが、これがきっかけとなり次々とロゴスを脱退するメンバーが出てきそうです。

コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第20章 牙城を崩す、剣の意志。」

2021-01-31 11:12:58 | 仮面ライダーシリーズ
生前の賢人を慕っていた漣は飛羽真から雷鳴剣黄雷を取り返そうとする。

漣は初登場時は何かと飛羽真と張り合っていたものの、徐々に影が薄くなった印象があったのですが、今回のデザストとの交戦でデザスト側につくのではないかと感じました。

マスターロゴスの存在が玲花の口から明かされましたが、真の悪でソフィアを捕えているのはこのマスターロゴスでしょうね。
コメント (2)