ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダーセイバー 機界戦隊ゼンカイジャー 映画公開記念合体スペシャル

2021-07-18 10:48:57 | 仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーセイバー 「特別章 界賊来たりて、交わる世界。」

飛羽真達の前に並行世界から来たというゾックス・ゴールドツイカーとゾックスの敵であるオリヒメワルドが現れる。ゾックスはツーカイザーという戦士に変身してセイバー達と共にオリヒメワルドを退ける。

機界戦隊ゼンカイジャー 「第20カイ! 剣士と界賊、兄の誓い!」

ゾックスにワンダーライドブックを奪われた凌牙は玲花とともにゾックスを追うが、玲花はヒコボシワルドに囚われてしまう。やはりヒコボシワルドに捕らえられたマジーヌ(ゼンカイジャーの1人)とともに脱出し、凌牙達と合流し神代兄弟はゼンカイジャーと共闘する。

今回は7月22日からの劇場映画公開記念として久しぶりの仮面ライダーとスーパー戦隊シリーズの合体スペシャルとなりました。

両番組に共通して出演したのはゾックスと神代兄弟で、ゾックスにはフリントという妹(更にカッタナーとリッキーというSDキャラの弟もいる)がいるところも共通しているところから兄弟というのがキーワードなのだと思いました。

さらに合体スペシャルということで普段ゼンカイジャーはセンタイギアというかつてのスーパー戦隊の能力を使えるアイテムを使用しているのですが、今回は仮面ライダージオウ、ゼロワン、セイバーのギアを使ったりしていたので特別感がありました。ちなみにゼロワンは私の地域で再放送をやっています(今は高校野球でお休み中なので放送再開は8月になります)。

あとはツーカイザーの新フォームが今回お披露目となりました。

合体スペシャルなので普段とは違った形で楽しむことができました。
コメント

仮面ライダーセイバー 「第43章 激突!存在する価値。」

2021-07-11 10:56:20 | 仮面ライダーシリーズ
余命幾ばくもないことを悟ったデザストと蓮は雌雄を決することになった。

蓮とデザストの決着が着きました。デザストは蓮を焚きつけて蓮を更なる高みへと導いたところで役割を終えてデザストの退場ということなのかもしれません。

蓮はやはりこの後は飛羽真達に合流することになるのでしょうか。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第42章 はじまる、美しい終わり。」

2021-07-04 10:32:14 | 仮面ライダーシリーズ
タッセルがストリウスによって倒され、ワンダーワールドがこの世界を侵食し始める。

飛羽真達は侵食を阻止せんとする。

タッセル亡き後、飛羽真達がタッセルの意志を受け継ぎストリウスとの最終決戦ということになりそうです。葛藤を続ける蓮も最終的には飛羽真達に合流することになるのかもしれません。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第41章 二千年、綴られた願い。」

2021-06-27 11:00:59 | 仮面ライダーシリーズ
飛羽真はタッセルからワンダーワールドの成り立ちを聞かされる。

飛羽真はやはりルナの件で究極の選択を迫られる形になりました。飛羽真はどのような選択をするのかが鍵となりそうです。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー  「第40章 輝く友情、三剣士。」

2021-06-20 11:52:34 | 仮面ライダーシリーズ
飛羽真、倫太郎、賢人は友情の力でソロモンことマスターロゴスを退ける、

その頃タッセルはルナにルナが何者かを伝える。

全知全能の力を失ったマスターロゴスはストリウスに始末された。


タッセルがルナに彼女が何者かを伝えましたが、この事は飛羽真にとって究極の選択になりそうな気がします。

マスターロゴスの結末は今までソードオブロゴスの剣士や神代兄弟を捨て駒のように扱っていましたが、能力を失った今、ストリウスに捨て駒扱いされたところはまさに因果応報でした。

この事からストリウスがラスボスに確定ということになりますね。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第39章 剣士よ、信じる道を行け。」

2021-06-13 11:38:59 | 仮面ライダーシリーズ
マスターロゴスと対峙した飛羽真は変身し、ソロモンを退ける。だがマスターロゴスはルナに魔手を伸ばそうとしていた。

マスターロゴスは自らは神になったつもりなのかもしれませんが、自身が神代兄弟を切り捨てたようにマスターロゴスも因果応報な結末を迎える可能性もありますね。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第38章 聖剣を束ねる、銀河の剣。」

2021-06-06 10:14:36 | 仮面ライダーシリーズ
10本の聖剣が集い、飛羽真は刃王剣クロスセイバーを手にし、仮面ライダークロスセイバーに変身、崩壊しかけていた世界を元に戻した。

今回のトピックはセイバーの最終フォームが登場しましたが、この姿になると毎度のことながら最終決戦が近づいていることを感じますね。

飛羽真達のもとに蓮や神代兄弟、そして賢人が集結したところを見ると飛羽真の構想が着々と完成しつつありますね。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第37章 未来を変えるのは、誰だ。」

2021-05-30 10:23:03 | 仮面ライダーシリーズ
世界を救うには飛羽真か賢人が犠牲にならなければならない。

賢人を説得しようとする飛羽真の前に蓮が現れ飛羽真に挑むが軽くあしらわれる。蓮は何のために、誰がために戦うのか。

カリバーはソロモンを道連れにしようするもそれをセイバーが阻止してかえって状況が悪化するも最光がソロモンを退けた。

孤立していた蓮と共闘を望む飛羽真ですが、蓮の考え方が改まるのはいつの日か、というところでしょう。飛羽真と蓮が張り合っていた頃の方がうまくやっていたような気がします。

蓮だけでなく神代兄弟、賢人、ユーリと芽依が説得しているバハトも合流して何だかんだで共闘して最終決戦に向かうことになるのかもしれません。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第36章 開かれる、全知全能の力。」

2021-05-23 10:35:40 | 仮面ライダーシリーズ
不完全ながらも全知全能の書を手中にしたマスターロゴスは全世界に宣戦布告する。

3クール目終盤ということもありマスターロゴスの宣戦布告はいよいよ最終決戦が近づいてきたようです。

マスターロゴスの家臣だった神代兄弟が離反、賢人を説得するユーリ、そして蓮とまた結束することができるでしょうか。

火炎剣烈火こそがマスターロゴスを食い止める切り札と言われていることから最終フォームの伏線と見ることができますね。
コメント (2)

仮面ライダーセイバー 「第35章 そして私は、神になる。」

2021-05-16 10:27:26 | 仮面ライダーシリーズ
ルナを捕えたマスターロゴスは全知全能の書を手中にしようとするが、飛羽真がルナを救出する。

前回から登場したバハトは特に重要な人物ではなく単なるゲスト出演だったのですね。今回は劇場短編に登場したセイバーのフォームも登場しました。

マスターロゴスがついにラスボスとして牙を剥き出し始めたところを見ると最終クールへの下準備といった感じがします。
コメント (2)