ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダーゴースト 「第16話 完璧!白い仮面ライダー!」

2016-01-31 09:50:44 | 仮面ライダーシリーズ
マコトはケジメをつける覚悟を決める。

ゴーストとスペクターが眼魔を蹴散らすと仮面ライダーネクロムが立ちはだかる。アカリは眼魔アイコンの破片を拾う。ネクロムに変身するのはアランだ。

ネクロム:「(ゴーストに)お前のせいでスペクターは変わってしまった。」

スペクター:「オレは変わっていない。お前達の考えを受け入れていたわけじゃない。オレは人間として生きる道を選んだだけだ。」

ネクロム:「体か。そんなものに固執するとは。」

ゴースト:「違う。命には意味がある。」

ネクロム:「その命を互いに奪いあっているのが人間ではないか。人間同士でいがみ合うのがそんなに楽しいか?この世界を我々の世界と同じにしてやるよ。それが君達にとっても幸せというものだ。私はお前達の支配者となる。」

アデル:「あいつがどこまでやるか見せてもらおう。」

ゴーストとスペクターの攻撃はネクロムに通用しない。ゴーストとスペクターは退却。

タケルはカノンからアランに眼魔の世界で厄介になり、マコトと親友だったことを聞く。

アカリは眼魔アイコンを調査する。

タケル:「友達ならわかり合えるはずだ。きっと。」


マコト:「アラン、お前は本当のことを知らないだけだ。」

アラン:「本当のことならわかっている。我々が正しい。」

マコト:「やはり無理か。」

アラン:「君らしくもない。私が君を向こうへ帰してあげよう。力ずくでね。」

アランはネクロムに変身、マコトもスペクターに変身して応戦。タケルがゴーストに変身。

ゴースト:「友達なのにどうして闘うんだ。お前達が言っていることが全然わからない。命や体に意味がないなんて間違ってる。」

スペクター:「あいつに何を言っても無駄だ。」

ゴースト:「眼魔と友達になれたんでしょ。オレ達が眼魔を理解しようと努力したら眼魔にだって人間の考えもわかってもらえる。」

ネクロム:「理解不能だ。」

ゴーストはネクロムに立ち向かう。ネクロムがスペクターにトドメを刺そうとするがゴーストが阻止。ネクロムは時間切れとなる。


タケル:「命や体が無駄だって、でも、マコト兄ちゃんの友達だからわかり合えると思うんだよな。」

ロビンフッド:「相手を理解しようとするお前の心は素晴らしい。」

タケル:「友達になれたわかり合えると思うんだ。」

ロビンフッド:「自分の正義を押し付けるのは、私と闘った者達に彼らなりの正義があった。」

タケル:「でも闘ったんだよね。」

ロビンフッド:「相容れない正義だったからな。正義は一つとは限らない。それを忘れるな。」

タケル:「あいつも正義か・・・」



今回はアランが変身するライダー・ネクロムが登場しました。アランを中心にしばらくは物語が動きそうです。

タケルは眼魔を理解しようとするも、アランは真逆の考え方をしており相容れることはなさそうですが、アランの兄・アデル大帝とのこともあるのでどうなるかわからないですが。

ロビンフッドがタケルに伝えた正義は一つではないという言葉は正義というものの意味が一定していない今の世の中を言い表していていたように思いました。
コメント (2)

仮面ライダーゴースト 「第15話 苦悩!頑固な脱出王!」

2016-01-24 11:14:11 | 仮面ライダーシリーズ
グンダリが空から現れる。

マコトがフーディーニアイコンを使えないことに対しタケルはフーディーニと仲良くなればいいと助言する。

アランはジャベルを召喚、自身の命令に従うよう指示する。

タケルはマコト達がいた眼魔の世界が気になっていた。仙人はそこは地獄だと言って煙に巻く。

マコトの前にアランとジャベルが現れ、マコトはスペクターに変身しジャベルに挑む。タケルはゴーストに変身しスペクターを救出、スペクターはジャベルに歯が立たない。ゴーストがジャベルに応戦、アランが制止。ジャベルはカノンを捕え退却。
タケル達はカノンを探す。

フーディーニはマコトに試練を与える。

マコトはスペクターに変身しジャベルに立ち向かう。ジャベルはグンダリと一体化。タケルはゴーストに変身しグンダリに挑む。

スペクターはマシンフーディーと一体化、フーディーニ魂に変身しカノンを救出、グンダリを倒した。


ムサシ:「友を信じ、よくぞ見守った。あの者達も真摯に向き合えば必ず応えるであろう。ただし、全ての者が協力的とは限らんぞ。心して挑め。」

タケル:「これからも共に闘ってください。」

ムサシ:「わかっておる。タケル、決して折れぬ心を持つのだ。」

仙人:「龍よ。お前の息子はまた一歩進んだようだぞ。」

何者かがネクロムアイコンを手にしていた・・・



今回はスペクターの新たな姿、フーディーニ魂の登場がトピックでした。ライダー専用マシンが一体化というのは前作「ドライブ」においてタイプトライドロンがありましたが、それとは違い、オートバイがライダーのアーマー(この場合はパーカーゴースト)に変身してライドアーマー(「機甲創世記モスピーダ」)よろしく一体化するというもので、個人的に以前から見てみたかったシチュエーションです。

マコトがフーディーニを使いこなすための試練に挑む最中タケルはマコトが己の戦いに挑むのを目の当たりにしてマコトを信じ抜いたことはタケルの今後に大きく影響しそうです。
コメント (2)

仮面ライダーゴースト 「第14話 絶景!地球の夜明け!」

2016-01-17 13:06:28 | 仮面ライダーシリーズ
通信障害の範囲はさらに拡大。事件は御成達に任せ、タケルは薩長同盟を結ぶことに専念する。

長正の兄・祥之はかつて薩之進と共に人工衛生を作るプロジェクトに参加していたが、薩之進と祥之の意見が対立、そんな時祥之が交通事故で亡くなり薩之進は宇宙開発から離れた。タケルは薩之進が宇宙開発の夢を捨てきれていないことを知る。タケルは何としても薩長同盟を結ぼうとする。薩之進と長正は和解、同盟は結ばれた。

御成とシブヤの前に眼魔が現れマコトがスペクターに変身し眼魔に挑む。


アデル:「肉体を手に入れる力など我等にとって何の価値があるのだ。あるとすれば兵器としての力のみ。」

アラン:「それ故に何も告げずにジャベルに命令を。」

アデル:「我等の世界のためには向こうの世界の人間が必要だとわかっているはずだが。」


プラネット眼魔が薩之進の設計した衛星を乗っ取り人々の魂を奪っていた。

タケルはリョウマアイコンを得、マコトとともに変身して眼魔に立ち向かう。

田村親子の努力で人工衛生を奪い返す。

ゴーストはリョウマ魂に変身、宇宙に向かったプラネット眼魔を追ってキャプテンゴーストを使いゴーストも宇宙に向かい眼魔を倒した。

田村親子による新たなプロジェクトが始まった。

タケル:「オレも想いを繋げないと。まずはムサシ。」



田村親子の和解がリョウマ魂登場のきっかけになり、タケルにとって想いを繋ぐという使命が重要になりそうです。

そしてアランの兄であるアデル大帝が姿を見せ、この兄弟に確執があることをにおわせていましたが、どうなることでしょうか。
コメント (2)

仮面ライダーゴースト 「第13話 豪快!自由な男!」

2016-01-10 14:40:06 | 仮面ライダーシリーズ
マコトはカノンと共に眼魔の世界にいたことをケジメをつけてから話すとタケルに伝える。

アランは刀眼魔とプラネット眼魔に行動に移すよう指示。自身は大帝である兄に会いに行く。プラネット眼魔は電波障害を発生させる。

田村長正にリョウマアイコンが憑依。

タケルは仙人に龍のことを聞きに行くと仙人はタケルを救うために龍は消えたが99日でアイコンを集めればお前と龍の魂を救えるかもしれないと言う。次の偉人は坂本龍馬だ。

プラネット眼魔によって次々と人々が倒れるが、タケルが向かった先は人生相談をしている長正のもとで、タケルはユルセンから長正にリョウマアイコンが入っていることを聞かされる。

タケルは長正に力を貸してくれと言うが、長正は薩長同盟をなしてみろと言う。

タケルはゴーストに変身し刀&プラネット眼魔に挑むがスペクターがゴーストを援護するが2体の眼魔は退却。

アカリに一瞬タケルに異変が生じたかのように見えた。

長正は亀山重工業宇宙開発事業部に籍を置き、人工衛星を作っている。長正は新たな衛生開発プロジェクトのために長正の親父・薩之進の力を必要としているが、薩之進はなかなか力を貸してくれない。田村技術製作所を経営する薩之進は元々人工衛生の設計技師だった。タケルは薩之進と長正の薩長同盟を結ぼうとするが、薩之進に追い払われてしまう。薩之進は昔のことに拘っているようだった。
刀眼魔が現れタケルはゴースト闘魂ブーストに変身、眼魔に立ち向かう。ゴーストは御成からゴエモンアイコンを受けとりゴエモン魂に変身、眼魔を倒した。

プラネット眼魔は衛生通信管理センター関東支局から人工衛生をジャックし通信障害の範囲を拡大させる。

アラン:「さあ、始めようか・・・」



長正にアイコンが憑依して人格が変わるのは「仮面ライダー電王」でイマジンのそれを思わせます。

田村親子に確執があって親父の薩之進はセガレの長正の協力の申し出を拒絶していますが、たぶん次回でわだかまりが解けてプラネット眼魔の野望を砕く要因になりそうです。
コメント (2)

新年のご挨拶

2016-01-02 18:05:49 | 雑記
遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。

無事に新年を迎えることができました。

本年も何卒よろしくお願いいたします。
コメント (2)