ボンクラ中年の暴走日記

とあるオタク気質な中年男の日記

仮面ライダー鎧武 「第27話 真実を知る時」

2014-04-27 11:58:48 | 仮面ライダーシリーズ
龍玄は紘汰にトドメを刺そうとするが、バロンに阻止される。龍玄はあんたのためにもなるとバロンに言うが、バロンは
「この男は邪魔者であっても敵ではない。オレの敵とは強い者を背中から撃つような奴だ!」
と言って龍玄に挑む。龍玄は退却。
「どこで誰の恨みを買っているのか。貴様ほどのバカなら気付くこともないんだろうな。」
と戒斗は紘汰を見てつぶやく。

貴虎はかつて戦極ドライバーの試作型の被験者であった。貴虎は一台でも多くドライバーを量産して一人でも多くの人々を救うことを使命としており、凌馬は貴虎のためのドライバーを作っていると言うと貴虎はオレが人類を救うための夢を託したドライバーだと言う。その時から貴虎と凌馬とは考えの違いがあったようだ。

貴虎は凌馬に量産ドライバーの生産体制を見直す余地があるかと聞くと凌馬はないと即答。レアメタルの埋蔵量に限度があるためだと言う。

紘汰はヘルヘイムに迷い込んだピエールに会う。

オーバーロードが調査隊を襲撃。連絡を受けた貴虎はヘルヘイムに向かう。斬月・真の前にオーバーロードが立ちふさがる。鎧武とブラーボが斬月を援護。鎧武はなおもオーバーロードとの対話を試みるがオーバーロードは聞く耳を持たない。鎧武は斬月にオーバーロードのことを説明し、オーバーロードに話を聞けば世界を救う方法が見つかるかもしれないと言う。説明を受けた斬月はオーバーロードとの対話に持ち込もうとし、鎧武と共闘。オーバーロードが斬月に一撃放つがブラーボが阻止。オーバーロードにオーバーロードの長からのテレパシーが届く。オーバーロードは退却するが鎧武と斬月が後を追う。貴虎は紘汰に絶望以外の選択肢があったと感謝する。そこにシグルドが鎧武と斬月の前に現れ、斬月がシグルドを阻止。鎧武をオーバーロードの元に向かわせる。

「遅かれ早かれこうなることは分かり切っていた。傷つき、疲れきった戦士のために休息の時が必要だ。」
と凌馬はつぶやいた・・・。


凌馬達が貴虎を通さずに事を進めていたのは戦極ドライバーの量産に対しての意見の違いからだったことがわかりましたが、このことから貴虎は純粋に人類を救おうとしていたことがわかりますね。

その貴虎がオーバーロードを知り、紘汰から説明を受け、新たな選択肢を知ったことで紘汰と共闘するにまで至りましたが、貴虎(というか斬月)に恐れをなしていた頃の紘汰からすると予想外でした。

次回からは対立構造が変わってきそうな気がします。そのあたりも楽しみですが、来月公開の「キカイダーREBOOT」のキカイダーとも共演するのでこちらも楽しみです。
コメント (2)

仮面ライダー鎧武 「第26話 バロンのゲネシス変身!」

2014-04-20 10:25:38 | 仮面ライダーシリーズ
舞は紘汰が隠し事をしていることを見抜く。紘汰は舞に裕也が変身したインベスを自らの手で倒したと告げる。

貴虎はユグドラシル上層部にプロジエクトアークの経過を報告していた。その一部始終を見ていた光実に貴虎は
「特別な力や地位を持つ者には果たさなければならない責務というものがある。それがノブレスオブリージュというものだ。そのためには自らの手を汚さなければならぬこともある。お前にもいずれその時が訪れよう。覚悟を決めることだ。」
と言った。

紘汰からユグドラシルの件を聞いた舞は他のビートライダーズと共にこのことを沢芽市民に伝えようとする。その時光実はインベスを呼び出す。ザックと光実はそれぞれナックル、龍玄に変身、そこに鎧武も駆けつけインベスを蹴散らした。光実は舞を巻き込んだと紘汰に怒りをぶつける。

「舞さんを悲しませるあなたにもうヒーローの資格なんてない!」

舞は光実を平手打ちし頭を冷やせと言った。

戒斗は用済みだという凌馬に対し耀子は戒斗は底知れぬ何かがある気がしてならないためにもう一度戒斗にチャンスを与えみてはと言う。そしてオーバーロード居場所を特定する手がかりがあれば、と言うと光実が現れ、交換条件として僕の計画通りに動いてくれと取引をする。

戒斗は耀子から凌馬からの贈り物であるゲネシスドライバーを受け取る。ザックはその様子を見ていた。ザックは戒斗に利用されているだけじゃないのかと言うと戒斗は
「奴らが姑息なだけな弱者ならオレがこの手で淘汰するまでだ。お前も力を手に入れた。ならば未来は己の手で勝ち取って見せろ。」
と言う。

紘汰と光実はヘルヘイムの森でオーバーロードを探す。紘汰はジンバーピーチに変身してオーバーロードの居場所を特定する。鎧武がオーバーロードの居場所に向かう隙に光実は耀子にオーバーロードの居場所を伝え、耀子は戒斗に伝える。龍玄とマリカは一芝居打ち、龍玄がマリカに撃たれてすぐマリカが鎧武の足止めをする。

戒斗はゲネシスドライバーとレモンエナジーロックシードでバロンに変身してオーバーロードに立ち向かう。

鎧武はカチドキアームズに変身してマリカを退けた。

バロンとオーバーロードの間に鎧武が割って入り対話を求めるが双方取り合わずオーバーロードは退却。バロンに怒りを燃やす鎧武がカチドキアームズに変身しようとした瞬間、龍玄のブドウ龍砲が火を放ち鎧武の変身を阻止。紘汰は銃弾に倒れた・・・。


光実が紘汰に対しついに牙を向きました。やはりこうなることは避けられなかったのでしょうね。光実がまさかここまで悪どい人間になるとは思いもしませんでした。舞のことも絡んでいるのか冷静さも失っていて光実らしくなくなっています。光実を演じる高杉氏の顔つきも初期の頃と大分変化していますね。

そして今回トピックとしてバロンがゲネシスドライバーとレモンエナジーで新たな姿に変身しました。
コメント (2)

仮面ライダー鎧武 「第25話 グリドン・ブラーボ 最強タッグ」

2014-04-13 11:09:37 | 仮面ライダーシリーズ
鎧武、龍玄、ナックルは大量発生したインベスを倒す。クラックが増えているためオーバーロードを何とかしなければならないという紘汰に対し光実は無茶をしてしくじれば誰も街を守れないことを自覚しろと言う。ザックはまだ余裕だという。街の人々のアーマードライダーに対する誤解が少しずつだが解けつつある。だが城乃内は面白くない。見かねたピエールは城乃内に特訓を施す。

紘汰はヘルヘイムの森で戒斗と会う。紘汰は戒斗になぜユグドラシルに頼らずに世界を救う方法をおしえなかったかと聞く。戒斗は
「あいつ等に都合のいい話を期待しているのか、オーバーロードが人間を助けるとでも、有り得ないな。オーバーロードは圧倒的に強い。オレは戦ってそれを確かめた。奴らにとって人間はとるに足らない弱者だ。助ける理由がどこにある。」
と言う。それを聞いた紘汰はいちいち相手を怒らせるマネをするのかと聞く。戒斗は
「頼み込めば人類を救ってくれると思うのか。貴様のことだ。どうせ相手にもされず追い返されたんじゃないのか。奴らと交渉するのはまだ早い。もっと力が必要だ。奴らをねじ伏せ屈伏させる力が人間にもあると思い知らせてやる。その上で要求を伝える。」
と言う。

凌馬達の前にサガラが現れる。凌馬はサガラに何者かと聞く。サガラは
「オレはただの観客だ。だからあんた達が一方的に有利になる試合運びは気に食わない。ついつい不利な方に声援を送りたくなる。だがあの坊やだけをフォローするっていうのもそれはそれで不公平だ。あんた達の敵だって勘違いされるのも困るしなぁ。あんた達の本当の狙いを確認したい。そうすればあんた達が一番知りたがってるはずの疑問に答えられる。人類救済、プロジェクトアークなんてものはユグドラシルという組織を都合よく動かすための方便でしかない。あんたの狙いは他にある。そうだろ?プロフェッサー凌馬。」
と言う。それを聞いた凌馬は
「ヘルヘイム世界との接触はおそらく有史以前から幾度となく繰り返されてきた。異世界からもたらされた果実の伝承は古今東西の神話に数多く登場する。それらの伝説の起源をあのヘルヘイムに遡るのが私の仮説だ。だとしたらあそこにあるのは人間をインベスに変えるための侵略的外来種だけではない。手にした者に神秘の力を授ける禁断の果実もまた存在するはずなんだ。」
と言う。サガラは
「それこそがヘルヘイムの真実だ。あの森は世界を蝕むだけじゃない。次の世界を支配するに相応しい新たな種族に進化をもたらす役目も担っている。だが進化の本質は闘争だよ。禁断の果実は誰にでも分け隔てなく与えられるわけじゃない。奪い合い勝ち残った一人だけがそれを掴み取ることになる。」
と言う。凌馬は
「覚悟の上さ。いつだって黄金のリンゴは血塗られた悲劇をもたらしてきた。全て神話通りだ。」
と言う。シドはサガラが事情に通じていることに対し気になっている。

「オーバーロードを探せ。目当ての果実は今アイツらの手の中にある。」
と言ってサガラは姿を消した。

ピエールの特訓に耐えきれなくなった城乃内はピエールにやりたいことがはっきりしててあんたはいいよな、オレは自分のやりたいことがはっきりしてないと言う。ピエールはそんなのは当たり前だと言う。城乃内は紘汰に胸の内を打ち明ける。紘汰も城乃内に自身が不安を抱えていることを打ち明ける。そこにピエールが現れ成り行きで鎧武とブラーボは一戦交える。そこにインベスが現れる。城乃内もグリドンに変身してインベスに挑むが良いところがなかった。鎧がカチドキアームズに変身してインベスを全滅させた。

ピエールは城乃内を少し認めつつあった。そしてピエールはクラックの存在を知った。

「どうやら調べてみる必要がありそうね・・・」
ピエールはヘルヘイムに突入した・・・。


サガラは凌馬達にもタダモノではないことが明らかになり、サガラは完全に今後の展開においてキーパーソンになりつつありますね。

そしてインベスはビートライダーズと関係していると決めつけていたピエールはクラックの存在を知ってヘルヘイムに突入しましたが、ピエールの運命やいかに。
コメント (2)

烈車合体 DXトッキュウオー

2014-04-12 09:00:34 | スーパー戦隊シリーズ


「烈車戦隊トッキュウジャー」の1号ロボ・トッキュウオーの紹介です。今回のキーアイテムである“トッキュウレッシャー”は分離状態の各烈車の先頭車両も兼ねており、ロボットとなりきり商品が密接に連動しています。




レッドレッシャー。トッキュウ1号の烈車。SL機関車がモチーフとなっています。




ブルーレッシャー。トッキュウ2号の専用烈車。こちらは新幹線をモチーフにしています。




イエローレッシャー。トッキュウ3号専用。普通車両モチーフです。




グリーンレッシャー。トッキュウ4号専用。ブルーと同じく新幹線モチーフになっています。




ピンクレッシャー。トッキュウ5号専用。イエローと同じ普通車両。







先頭車両を分離させ、接続器を引き出して連結することが可能です。

そしてメインギミックの烈車合体。












5台の烈車が並列に合体することによってトッキュウオーが完成します。並列に合体するというのはそれまでの戦隊ロボではなかったので新鮮な印象です。




武装のフミキリケンは剣モードと銃モードにすることが可能です。





スーパー戦隊シリーズ初の列車モチーフとなったトッキュウジャーですが、今後も列車にとことんこだわるらしいのでキーアイテムであるトッキュウレッシャーを始めロボットも含めて今後の展開が楽しみです。





コメント (2)

仮面ライダー鎧武 「第24話 新たな強敵 オーバーロード」

2014-04-06 11:29:56 | 仮面ライダーシリーズ
バロンはオーバーロードに苦戦。マリカがバロンを援護、その隙にマリカとバロンは退却。戒斗と耀子の背後に新たなオーバーロードの姿があった・・・。

舞は紘汰が何か隠していることを感づいていた。

光実は紘汰からユグドラシルとは違う方法で世界を守れるかもしれない、サガラからインベスの親玉であるオーバーロードのことを聞いたと言う。そしてサガラはオレ達の味方をしてくれると言う。それを聞いた光実は紘汰にサガラに騙されているだけだと言う。紘汰は騙すだけの目的がサガラにあり、それを探すだけでも前に進めると言う。紘汰は裕也を死なしてしまったことで後には引けず、ユグドラシルのやり方を見過ごしたら大勢を見殺しにすることになると続ける。光実はまた取り返しのつかないことになると言う。その時は光実が真っ先に気づくと言う。

この人はもっと痛い目にあわないとわからないっていうのか・・・

光実は貴虎、シド、凌馬、耀子にサガラが紘汰の手助けをしていると報告。だが誰も信用しようとしない。貴虎は光実にサガラは紘汰を操り何をしようとしているのかと聞くと光実はヘルヘイムの森の支配者を見つけ出すのが目的だと言う。その時シド、凌馬、耀子の顔色が変わる。3人はユグドラシルに知られる前に紘汰の口封じをしようとする。シドがその役割を担うことに。

2体のオーバーロードの前にサガラのホログラフィーが現れ、油断大敵といってだ、と言う。

戒斗は舞に本当の目的・・・ユグドラシルにすら及ばない力、誰に屈服することもない本物の強さを手に入れると言う。舞は誰よりも強くなって誰にも理解されなくなったら誰よりも惨めだと言う。そして戒斗は
「オレとお前では強さの意味が違うと言ったのはお前だろう。もうすぐ全ての弱者に裁きが下る。己の信じた強さにどれだけの価値があるのかはっきりする日が来る。どれほど圧倒的なものに踏みにじられ、絶望を味わったとしてもそれでも踊り続けられるというならオレはお前の強さを認めよう。」
と言う。舞はこんな時紘汰だったら何で言ってあげるのかな、と思う。

鎧武はジンバーピーチの超感覚でオーバーロードを探す。その時鎧武の前にシグルドが現れスイカアームズを遠隔操縦して鎧武に攻撃。鎧武はカチドキアームズに変身して応戦。スイカアームズを破壊すると鎧武はに変身してオーバーロードがいる場所に向かう。鎧武の前に2体のオーバーロードが現れ鎧武に挑む。

あれが、この森の支配者・・・

紘汰はオーバーロードの力になすすべもなかった・・・。


鎧武がオーバーロードと対峙し、圧倒的な強さに歯が立たないのですが、今後どう対処していくのでしょうか。そしてオーバーロードはサガラとも繋がっていて、もしかしたらサガラがラスボスなんじゃないかと思ってしまったのですが、果たして。タダモノじゃないのは明らかですが。

光実が紘汰に聞いたことを貴虎が聞くまでオーバーロードの存在を知らなかったのは凌馬達から貴虎がますます孤立した印象を与えていました。

ジンバーピーチの特殊能力は「サイボーグ009」の003やクウガペガサスフォームのような超感覚なんですね。ジンバーピーチ初使用時に様々な人々の声が聞こえて一瞬戸惑う場面はペガサスフォームのそれを思い出しましたが、そういえばその回も今回の監督の巨匠こと石田監督でした。
コメント (2)