新・眠らない医者の人生探求劇場・・・夢果たすまで

血液専門医・総合内科専門医の17年目医師が、日常生活や医療制度、趣味などに関して記載します。現在、コメント承認制です。

更新頻度が下がりすいません

2020-11-17 23:04:47 | Weblog

こんばんは

 

最近、本当に更新が遅くなり、コメントの返信も遅くなり申し訳ございません

 

臨床医としての忙しさという意味では母校の頃が一番忙しかったのですが、やはり父親という役割と他の仕事が増えたことで総合的に忙しくなっております。

 

11月、12月に合計4つの講演があるため、スライド作りに時間がかかっております。まぁ、これについては概ね準備ができて、こうしてblogにも向かっております。

しかし、年明けるとまた別の講演の話が・・・ってこういうのが増えてきました。

 

他、もうすぐ出版予定の本は手元から離れたと思っておりますが、別の出版社さん(2社)から1冊は執筆(前かきました)、もう一つは血液内科領域の企画の依頼が来て、いろいろ考えております。

 

執筆の方はイメージが出来上がったので、書き始めれば良いのですが、締め切りが早いのはもう一つの方なので、今いろいろ考えております。これについてはどうすれば人の役に立つ本になるかを考えなくてはいけないわけで・・・。しかも、自分がかくのではなく、書いていただく必要があり・・・難しいなぁと。

 

書いていて思い出しましたが、先日撮影したケアネットTVはいろいろ書かれてやな感じがしました(笑

そこまで書くならもっと上手くやれるのだろうな・・・という話(30代感染症内科w)と、5年間で変更されたガイドラインと新薬を20分×6回でやれば詰め込みになる・・・というのと、ポインターがないんだからしょうがないだろ(笑・・・というところがやった側しかわからないことでしょうかね。

 

さて、新しい職場に来て3ヶ月半で100名以上の患者さんになって来ましたので、このペースだと本当に1年後は200-300人になるなぁと思っているところです。臨床医としてもそこそこ忙しくなってくるかもと思う今日この頃でした。

 

では、引き続き多くの皆様の役に立てるように頑張ってまいります

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

42歳になりました

2020-10-15 22:26:08 | Weblog

こんばんは

 

昨日は外来の新患、飛び込み急患、救急搬送されてきたかかりつけではない患者さんなど新規患者さんが多く、バタバタとしておりました。そのため誕生日らしいことは何もせず(笑

 

ただ、長女は誕生日コメントを手紙で書いてくれましたし、次女は絵で手紙(?)を書いてくれました。

 

非常に嬉しく思っております。

 

新しい職場に来て2ヶ月半になりますが、血液内科領域の患者さん(僕の外来)は100名近くに膨れ上がりました。想定より早いペースで増加しております。

 

おそらく1年以内に200名は優に超えるだろうなぁと・・・(汗

 

患者さんの数も増えて来てやりがいもあり、嬉しいところです。さらに講演会・勉強会の依頼が4つに増え、現在執筆している本(というか、もう僕の手は離れていますが)以外に別の出版社から単著の執筆依頼がありました。それの企画が昨日通ったようです。

 

かなり忙しいかも・・・・(笑

 

一昔前だと子供達がいなかったので、仕事に集中でもよかったのですが、今はそういうわけにも行きませんしね・・・。

 

一人体制とは言いながら患者さんのニーズが高いので、頑張るしかないなーと。

 

母校の後輩とか何人か来て欲しいというのが本音です(笑

 

その上で血液センターみたいに抗癌剤の施設(無菌室含む)とかを作れたら、この地域の血液疾患を見る中心施設になると思うのですけどね。

 

まぁ、それを将来的には達成したいなぁと思っています。

 

とりあえず、明日も早番なのでこの辺で。

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今はまだ小さな光ですが、導かれ大きな光となり・・・

2020-09-24 21:59:47 | Weblog

こんばんは

 

1ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。

新しい病院に就職して1ヶ月半が経過しました。ようやく職場にもなれて来ました。

 

メインの職場に関しては今までいた病院の中では「一番仕事はしやすい・・・」と思っております。問題が全くないわけではないですが、そこが解決して、新しい血液内科医が集まってくれたらなと思っております。

 

もともと医療過疎の埼玉県ですが、血液内科はその中でも少ない診療科です。9月に入ってからは週に2−3人は新しい患者さんが来ている状況です。僕と一緒に病院を移動した患者さんを含めると70-80人くらいに既になっております。1日他の病院に言っておりますが、そこにも新規の患者さんが増えて来ております。

 

とはいえ・・・メインの病院で対応できる患者さんのレベル(もうすぐホームページが刷新されますが、そこにも記載しております)と対応できないレベルがありますので、今は無理をしないで紹介をして行く方向で行きたいなと思います。

 

常勤の血液内科医が2−3人になると移植適応の白血病以外は診ることができるようになると思います。今は患者さんの人数が少ないので、僕一人の方が病院の収益的にも良いと思いますが、このペースだと1年後には200名近くになるかなと思っております。そのあたりで少し医師が増えると良いなぁと。

 

また、この1ヶ月の間にいろいろな手続き(血液学会の専門研修教育施設の申請をして承認されました。それに伴いいくつか準備中)をしておりました。そして・・・自分の本の準備、現在講演会の依頼が3つ(結局大学病院でなくても変わらない・・・現在準備中です)。臨床は忙しすぎないので(一度だけパタパタしましたが・・・)、いままでと同じようなことをしながら・・・病院に体を慣らしています(心も慣らしております)。

 

血液内科をいろいろな意味で軌道にのせて、僕自身が「この病院・ここの血液内科は高いレベルになって来た」と思えるようになれば、多少は僕の待遇が良くなり、その分誰かが来た時に良い待遇で迎え入れることができるだろうというのが今の考えです(隗より始めよ・・・というやつです)。

そうすれば地域の患者さんたちへの貢献もできますし、病院そのものの評価も上がって行くのではないかと。

 

夢みたいなことを書きますが、5年くらいで一定のレベルまで押し上げられたらなと思っています。

 

看護師さんやクラークさんから「先生はやめないで欲しい」と言われましたが、やめる予定はなくどうやって血液内科を高いレベルに持って行くかを楽しみながらやっているのが現状です。

 

できれば大学の後輩をはじめ・・・若手の先生(失礼ながら一定の知識や経験はあって欲しい)がきてくれて、一緒にやっていければと思っています。

 

冗談のようなことを書きますが・・・昔のゲームのセリフです。

「今はまだ小さな光ですが・・・・導かれ大きな光となり・・・・」

そんな血液内科ができれば良いなと思っております(笑

 

というか、作り上げるつもりですけど・・・

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2週間が経ちました

2020-08-18 22:40:08 | Weblog

こんばんは

 

勤務を始めて2週間が経ちました。慣れたといえば慣れてきたのかもしれませんが、まだまだというところです。

 

血液内科の体制づくりを少しずつ進めて行きたいなと。

本当の意味での新患(今は僕がもともと見ていた患者さんや、母校や同僚だった先生からの紹介が多い)の方がやってくるような病院にしないといけません。

 

新しい本の著者校正(初回)も終わり、秋のうちには発刊される予定です。時間を見て、もう一冊かきたいなと思っております。

 

今日は少し疲れているので失礼いたします。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい病院での勤務が始まりました

2020-08-04 21:31:28 | Weblog

こんばんは

 

8月1日から新しい病院での勤務を始めました。

 

病院が変われば色々変わります。特に僕は大学病院ばかりでしたので、勝手が少しわからないところもあります。

 

まず、電子カルテ。なんとなくわかるところも多いのですが、検査の出し方はともかく、どこを選ぶかがわからなかったり、抗癌剤のオーダーの仕方もわからず・・・など。

 

まぁ、来てすぐにできるようになるのであれば苦労しませんが・・・。

 

病棟のシステム。大学病院だと「血液内科病棟」というのがありましたが、そんな風にはなっていません。その代わり母校の後輩ドクターから「病床が空いていないという話は出ませんよ。空いていればどこの病棟でも使えます」と言われました。

 

大学病院ではコンビニ弁当ばかりでしたが、最上階の食堂(3密避けています)で食べました。交通系カードをチャリンとやったら食事ができます。ありがたい話です。

 

医局は診療科ごとではなく、全診療科の医師がいるのも個人的には新鮮です。ちなみに外科の先生方の机の列におります(笑

 

血液内科の患者さんは急増して来ておりますが、僕が関与していない(はじめましての)患者さんもすでに数名受診されております。

 

僕が異動することを知っていた母校はともかく、都内の大学病院から紹介されて来たのはびっくりした。

 

なぜ、ここに紹介を?

 

そんなこんなで慣らし運転を始めていますが、多分1ヶ月くらいで普通に勤務できるようになるのではないかなと・・・思っております。

 

とりあえず少しずつ頑張ります。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1つの夢:医局の垣根を超えた人を循環できる新しい病院・血液内科を作る

2020-07-08 05:22:36 | 医療

おはようございます。

 

今日は来月から新しい病院に勤務しますので、最近色々考えていることを書いてみたいと思います。

 

というか、最近ではなく、もう医者になってから10年以上ずっと考えていることです。そしてその状況は今も変わっていないというだけですね。

 

もともと僕は研究に関しては大学病院や研究機関ごとに差がなくてはならないと思っていますが、患者さんを診る診療という面では大きな違いはない方が良いと考えています。

ですので、過去にもこのような記事を書いていました。

医学部の横の連携を

医局は村社会と言いますよね

医療連携:縦と横と心

 

もう5年以上前にうちの後輩が某大学病院のやり方を学んできたとき(母校の大学病院は僕も含めて様々な病院のやり方を学んできますので、違いが良くわかります)、今までの母校のやり方と違うやり方をしていることがありました。

 

「そのやり方をしている理由は何?」

と聞くと、

「僕も知りたいと思って聞いたのですが、『これが標準だろう』と言われました」

と、答えが返ってきて、色々調べたりしたものです。

 

色々な病院のやり方の違いを知り、僕が根拠を調べることで色々な知識が拡充されてきたと思うのですが、この違いを学ぶことは本当に役立ちます。自分たちのやり方が普通と思っていたら、それ以上の発展は見込めません。

 

このブログを介して僕に相談をくださる方(なかにはメールアドレスを書かれて、オープンにできないためメールでやり取りしている方もいますが)からの話でも、色々やり方が違うことは伺えます(たまに僕が引いてしまい、セカンドオピニオンをおすすめした方もいましたが)。

 

血液内科という分野は医師の数が少なく、医局ごとの関係性がやや強いような印象を受けます。なんの分野でもそうかもしれませんが。

 

他の病院のやり方を学ぶことは自分を高めるきっかけになるものです。

 

僕も今の大学病院に来て幾つかの治療法の違いをみにつけ、自分の考え方に取り込んでいます。もちろん、論文で統計学的なものは確認した上でですが。

 

それゆえどこまでできるかはわからないですが、「医局の垣根を超えた連携が取れる病院・血液内科」を目指したいと思っています。少なくとも母校と現所属の2つの大学病院は結べますし、東京都内や自治医大さいたまとも近いですし・・・。

 

僕はいつでも「これより良いやり方があるのではないか」と思いながら診療をしています。

 

例えば標準治療で行くのか、治療反応性をみて個人ごとに対応を変える(遺伝子ではなく、治療反応性をみたオーダーメイド治療)のか・・・ということについては「標準治療で介入を開始し、治療反応性を2コース目までで確認して、このままで良いか、先々のことを見通したときにその後の方針をどうするか」を決めているので、どちらかというとオーダーメイドなのですが、これも病院ごとの考え方があります。

 

本来はガイドラインで「〇〇療法を6コース」と決められているから、その通りにやるというのが標準なんだと思いますが、それを理解した上で1ー2割の患者さんは治療法を途中で変えている、もしくはそのままにはせずに相談していると思います。これは理屈で説明できてしまいますので・・・。

 

そういうことも含めどういうやり方が良さそうか。この情報にさらに他の病院ではこういうことをしている、あそこの医局ではこんなことをしている・・・特に患者管理の面で・・・というのがあれば、どんどん取り入れていきたい。

うちが標準と思っていてはできないので、各病院・各大学・各血液内科医の違いを取り入れてより良い医療を作り出して行く。色々なところの違いを学び、新しいやり方を作り上げて行く(すぐにはできませんが)そんな病院・血液内科を作り上げて行きたい。

(国立がんセンターだと治験が多いでしょうし、第一にがんセンターのやり方を学ぶところだと思っています。それを持ち帰る。そうではなくて多くの医師と作り上げて行く病院にしたい)

 

それには10年以上かかるでしょうし、そこまでの病院を作ることを次に行く病院の管理者の方々が望んでいるかはわかりませんが、分野が限られたとしても「医局の垣根を超えて、より良いものを作り上げて行く病院」を作っていきたい。

 

これが1つ目の目標です。

 

2つ目に今お世話になっている大学病院、母校の大学病院ともに埼玉県内だけでなく全国でも血液疾患の患者さんが多い病院です。そしてそこに患者さんが集まっているわりに医師数は埼玉県は少ないですので、負担が大きくなります。その負担を多少なりとも軽減することです。

 

医療圏がこの2つの病院と重なっているので、そのエリアは対応可能にして両病院と連携しつつ両病院の負担を軽減すること

 

3つ目に埼玉県の血液内科医が大学病院以外で血液内科診療を行える病院は限られています。もし、医師がこの2つの大学病院を含め、全国から集まってくださるような病院にすることができれば、人を循環させることができるかもしれない。これは特に母校の後輩たちや今いる大学病院の若手医師で子供ができたり、大学での医療ではなく一般病院で医療を行いたいと思ったときに勤務しやすい位置にある病院(血液研修施設には早期にしたいところ)で、必要になったら大学に戻れるようにする。関連病院と言われるほど医師数を依存することはなく、色々な意味で循環させることができるような病院

 

そういう病院・血液内科を作ることができればと思っています。

 

それが大学病院というアカデミックなところから出て行き、新しい場所で「医療・教育」に関わる方法だと思いますし、私がお世話になった2つの病院にできることだと思いますし、本当に僕が思い描いているようなことができれば全国区で多くの医師・患者さんに良いことができるようになるかもしれない。

 

今はただの夢ですが、その夢を10年、20年かけて達成することを目標とし、それを成し遂げて、後世にその産物を譲って行くことができれば僕が生きている(先の話ですが、生きた)意味になるかなと思っております。

 

ということで、まずは少しずつ血液内科を作り上げていこうと思っております。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

近況報告:第3子が生まれました

2020-07-06 22:31:14 | Weblog

こんばんは

 

更新がどうしても遅くなってしまい、申し訳ございません。どうしても疲労感が強く、やる気を出すのが大変で(汗

さて、退職と次の病院が決まってからは次を向いて進んでおりますが、精神的には気持ち悪いのが続いております。立場が中途半端というのはどういう状況でもよくないですね。多分、辞めることになっても期待されていたり、今後もよろしくという雰囲気であればどうとでも気持ちを切り替えられるのですが

 

母校は「辞めます」と言っても快く送り出してくださいました(今でも連絡取り合い・・すでに患者さんの紹介などの相談もありますし)が、中途半端に入ってきて「辞めます」と言われても気に入らないというのは普通のことだと思いますので、仕方がないのですが・・・

 

どうせ辞めるのであれば「気持ち良く辞めたい」ですし「ありがとうございました」と言って辞めたいと思っております。

 

清々しい気分でやめて、次の道へ行きたいと心から思っております。

 

これから毎週50名(メインの外来40名+オプション外来で10名くらい)が続きますが、病院の先生方の負担と外来の密度が上がりすぎないように紹介先の調整、終診なども行いつつ・・・。

移植の患者さんも再移植はない年齢の患者さんや再発リスクが少ない患者さんは僕がみても良いかなと思っていますが、再移植の可能性がある方は流石に残っていただかないと。

僕が移植をして再発された患者さんは概ね100日以内、一部が100日を少し超えたあたり、180日など1年以内が多いです。100日以内というのはOn diseaseと言いますが、白血病などが寛解に入らないまま移植に突入した患者さんたちの再発はそのくらいが多いかなと。

先日、最後に移植をした患者さんは無事に100日は超えた(はず・・・・ぼかしたつもり)ので、ひとまずはOKと思っています。僕は同種移植での非再発死亡は0で終えることができました(仮に次の勤務先を移植施設にすることができたとしても、10年以上経過するでしょうし、移植ができるようになったら主治医としてはやらないだろうと思います)。かなりリスクの高い移植(敗血症性ショックでday0がいたなぁ・・・。病棟主治医を引き継いで・・・この移植は切り抜けて退院寸前まで行きましたが、再発されました)も多いですが、うまく管理してどうにかなりました。

 

ということで移植から3年くらいたったら・・・再発リスクが低いならば移植施設でなくても大丈夫ではないかと思うところもあります(LTFUも僕がやりますし)が・・・再移植できる年齢だとそのままがいいかなぁ・・・。

 

近況報告になりますが、先週第3子の長男が生まれました4000g超えの大きな赤ちゃんでした。姉2人は可愛い可愛いと可愛がってくれています。特に次女は色々心配する気持ち(気持ちが言葉に出ているので、すごく優しくなったなと思っております。まだ3歳前ですが)を表してくれているので、成長しているなぁと思っております。

 

そんな子供達の成長を見ながら、子供達のためにも頑張らないとと思っている今日この頃です。

周りの雰囲気にとらわれずに「主体的」に生きないといけないと思いながら、気持ちを切り替えるためにも新たな環境で頑張っていきたいと思っております。

 

そんな最近の出来事でした。

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

近況報告:8月1日から別の病院に異動します

2020-06-16 05:41:27 | Weblog

おはようございます。

 

3ヶ月ぶりに投稿します。

 

コロナウイルスの関係もあり、病院の勤務もそうですが就職活動が難航しました(笑

 

多くの病院は現在減収になっております。血液内科は基本的に患者さんが来られますので、収益はあまり変わらないのですが新規立ち上げはどの病院も現在は厳しいという感じでした。

 

母校のバックアップがあっても近隣の病院が新規に血液内科を立ち上げるのは難しいという話になり、なかなか微妙な状況でした。

 

そんな中で血液内科の募集をしていた病院があり(同系列2つ)、その2つの病院と調整をしておりました。結局、私鉄とJRが交わる地点の病院に就職することになりました。

 

この病院の系列もコロナ前と後で待遇は悪化している(ホームページの記載金額と実際にグループで定めた金額が違っていた)ようですが、状況が状況だけに仕方がないだろうなと。

 

というわけで、2020年8月1日から他の病院に移ることになりました。現在いる病院の体制が縮小傾向になっているので、可能な限りで患者さんを減らして欲しいという話があり、移動できそうな患者さんや地域によっては血液内科医がいる病院もありますので、そういう施設にご紹介をしております。

 

だいぶ遠くなりますが、一緒に移動したいという患者さんもおりますのでありがたい限りです。

 

1月頃に撮影した動画が来月から医療従事者への情報通信を行なっている会社から配信されます。これもコロナウイルスの関係で血液専門医試験がなくなり(専門医もそうですが、専門医を取ってからしか受けられない移植認定医とかどうするのかしら)、総合内科専門医試験も延期になったため、配信が遅くなりました。1月に撮影したのでどうしても情報が去年の年末までの情報になっております。ご容赦いただければと思います。

 

また、新しい本についてはもうすぐ校正までくるのではないかと期待しております。おそらく新しい病院に移動してから出版になりそうですが、母校と現在いる大学病院と両方と連携することを示すためにも両教授に一言いただけないかなと思っているところです(現所属の教授には相談してOKいただいておりますが)。

 

あとは診療体制ですが、少しずつ構築して行きます。ただ、血液内科医の数が増えれば色々できるようになりますし、おそらく位置的にも良い位置なので患者さんもそれなりに受診されるのではないかと思っております。病院は患者さんが集まれば、いろいろ対応してくれるようなので。

 

あとは大学病院と異なるところを僕自身がいろいろ調整できればと思います

 

とりあえず近況報告でした。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

地域医療への貢献を目指して

2020-03-02 23:26:28 | 医療

こんばんは

 

最近、いよいよ調子が悪くなってきました。そこで心配になってきたのは妻や子供達のことです。収入源が僕しかいないので、僕が働けなくなるだけで家族が路頭に迷ってしまいます。

 

それはさすがにまずいので、状況を変えねばならないと思っているところです。

 

今のままでは状況が変わらないので、やはり体調が完全にダメになる前に環境を変えるほかはないのだろうと思っています。

 

僕は主に母校の血液内科で臨床の基礎・応用を、研究については北海道の大学病院で学びました。母校は少し特殊な環境であったため、血液内科の外来抗癌剤治療を行うことができず、卒業生が開いているクリニックで抗がん剤治療が行われてました。そのため母校ではできなかった外来抗癌剤治療の多くを今いる病院で学びました。治験もやっていましたし、なかなかいろいろと違いを学ばせていただきました。

 

これによりさらに僕の幅は広がってきたと思います。

 

それだけでなく、研究会の演者として使っていただいたり、教授からの依頼で原稿を書く機会も与えていただきました。そういう機会も多くいただいたことは本当に感謝しております。

さらにもともと教育者としてよりより医師を育てたいと思っておりましたので、教育の機会を与えていただいたことにも感謝しております

 

しかし、体調がなかなか厳しく、このまま続けてもどこかで倒れそうな気がします。仮に倒れた場合は上司・同僚や患者さんに迷惑をかけますし、何よりも家族が路頭に迷いかねません。

 

そういう意味では環境を変えないといけないと思っております。

 

今いる施設も母校もいろいろ学ばせていただいた病院で、この2つの病院はともに日本全国でも有数の血液疾患患者を抱えています。すなわち患者数に対して医療施設も医師数も少ないことになります。

 

医療過疎の埼玉ですから仕方がないかもしれませんが。

 

その大学病院2つが同種移植や白血病、自家移植などマンパワーと設備がそれなりに必要な患者に集中するためには、高齢者などの診療を頼める血液内科のある施設があれば地域医療にも貢献できますし、現在の施設や母校にも少しは貢献できるのではないかと思っています。

 

可能であれば、1人ではなく2、3人でやりたいところですが、そういうことができないかなと思っています。

 

今はそんなことを考えながら、過ごしております。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

早朝覚醒?

2020-02-26 03:37:18 | Weblog

おはようございます。

 

あまりに早く目が覚めて眠れないもので、時間が勿体無いので記事を書いております。

 

これを書き終わったらとりあえず執筆作業をしますが、昨年11月頃から早朝覚醒気味です。元々が5時起き、4時起きの人間なので2時、3時に目が覚めてもなんとも思わないのですが、明らかに早朝覚醒していると思う今日この頃です。

 

理由もわかるし、自分が医師なのでコントロールしておりますが、この病院は「なんだかな〜」と思うところがあります。研修医や医学生に対する教育がなければ、この病院にいる理由はないなーと思っております。

 

逆に研修医や医学生に「根拠のある診療」を行えるように教育をすることや、それが求められているのであればもう少し頑張る理由にはなりますが。

 

とりあえず看護部が気に入らない。病床利用率95%という無理な目標で運用しているからでしょうけど、少しでも関係ない疾患だとわかると無理に他の病棟に押し込んでくるし・・・。

 

対応した診療科には「待っている患者さんもいるので(待てる状況の患者であり、骨折のリハビリしてくれと)2週間くらい待ってほしい」と言ったら、看護部が勝手に転棟させていたり・・・(病棟の転棟予定者にも入れていましたし、できるだけ早く対応できるように気を使って調整していたら3日でうつされましたしね)。それに抗議したら反論できない状況で上層部の方で悪者にされるし。ここの看護部とはやっていけないなと思う今日この頃です。

できるだけの看護師教育などもしているつもりですが、そういうことは評価せずに一方的にいわれることが繰り返されたので、基本的に看護部とは付き合いきれないなと。

で、最近はすごく体調不良ですね。胸痛で目も覚めるし・・・。ストレスで異型狭心症になっているのではないかと思ったりしております。

 

とはいえ、とりあえず生きているうちに色々やっておきたいことはあるので、まず研修医教育にも繋がる執筆作業を進めていきたいと思います。ストレスでもう無理〜と思ったら、この病院やめるしかないなと思います。本当に体調不良なので。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加