新・眠らない医者の人生探求劇場・・・夢果たすまで

血液専門医・総合内科専門医の15年目医師が、日常生活や医療制度、趣味などに関して記載します。現在、コメント承認制です。

残業2000時間問題:むしろ地域医療を崩壊させると思います

2019-01-20 09:51:00 | 医療

おはようございます。

 

昨日は地鎮祭などを行いました。これでいよいよ着工です。

色々あって1年以上の月日がかかりましたが、今年は新しい家で過ごす時間が長くなりそうです。

 

今から越谷レイクタウンに行きたいという娘の希望のため、出発予定ですが1つだけ記事を書きます。

コメントにもいただきましたが、勤務医の残業上限2000時間という話の続きです。TBSニュースからです。

 

勤務医らの労組、「残業上限2000時間」に反対

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3576295.html

 医師の残業時間の上限を年間2000時間とする案について、勤務医らでつくる労働組合などが会見し、反対を訴えました。

 「(一般労働者の残業上限の)2倍というのは、とても法律の基準に近いというものではあり得ないので」(全国医師ユニオン 植山直人代表)

 

 厚生労働省は医師の残業規制について、地域医療を維持するため、特定の医療機関では過労死ラインの2倍に相当する年間2000時間を上限とする案を示しています。これに対し、17日に会見した労働組合や過労死を考える家族会の代表らは「厚労省の暴挙だ」、「過労死が絶えない現場では優秀な人材は集まらない」などと強く批判しました。

 

 「医師の善意の使命感に支えられてきた。どれだけ多くの医師が命を落とされたことか」(東京過労死を考える家族の会 中原のり子共同代表)

 労働組合などは、週明けにも厚労大臣に反対する声明を提出する予定です


いただいたコメントの返信にも書きましたが、多分「残業時間上限2000時間」は地域医療の崩壊を促すと思います

 

先日、残業2000時間もやっていた時期あったなぁ〜。できなくはないかもしれないなぁ・・・(笑

みたいなコメントを書きましたが、これはやれと言われてやっているわけではなく、自分の経験と患者さんのためにできることを追求した結果がこうなったというものです。

 

それに対して「2000時間までは残業して良い」というのは個人的にはNGのような気がします。

 

まず1つ目に医師の動機の問題。

人から言われて残業する(地域医療が成り立たないから、2000時間までは残業しろ)のと自分の意思で残る(地域の人たちのためにできることをしよう)では、医師のモチベーションの違いが大きいと思います。

2つ目に過労死の問題。

2000時間までは働いていても良いとされてしまうと、1800時間(普通の人だと上限の約2倍)で過労死したとして、医師の上限はまだ超えていないので許容だとされかねないこと。

3つ目に地域の病院の収益の問題

残業代というからには残業代出すんですよね?2000時間分の残業代。

今まで医師の良心でその辺をごまかしていたのに・・・(笑

 

そんなことを思っております。ということで、これから家族サービスです。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

 

 

コメント

住宅ローン関係の諸々がほとんど終わりました

2019-01-14 23:02:39 | Weblog

こんばんは

 

今週は住宅ローン関係で、ちょこちょこ半休とって銀行に行かせていただいておりました。

 

大体の手続きは終わり、住宅の発注もかけて・・・ようやく一区切りついた感じです。

 

来週の土曜日に「地鎮祭」をして、周囲の方々への挨拶などをして着工です。

 

今日は娘の希望で武蔵村山のイオンに行きました。たまたま後輩夫婦とすれ違い、お子さんの顔も見させていただきました。

 

明日から改めて色々な仕事に取り組んで行きたいと思います。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (4)

ぎっくり腰中です:1−2年に1回冬場にきます・・・(汗

2019-01-06 13:16:02 | Weblog

こんにちは

 

1/2の外来対応から始まった新年の勤務ですが、1/3からの日当直でどういうわけかあまり眠れず(急患はこなかったのですが、2−3時間しか眠れませんでした)。1/4の仕事を終えて22時くらいに寝たのですが、翌朝

 

こ、腰が痛くて動けない(汗

 

妻の実家が近いので、妻は1/3から帰省中。

自分で状況を確認し、椎間板ヘルニアではなくぎっくり腰と判断しました。動けるのであれば、動かした方が良い(急性期は安静で良いのですが、動かしていかないとぎっくり腰はダメです)ということで(仕事があるからというのもありますが)、なんとか薬を飲んで、シャワーを浴びて、湿布を貼って・・・。

 

動けるうちに病院に行こうと車に乗って病院へ・・・。

 

なんとか仕事をこなし(動き方が変でしたが)、家に帰る車の中で痛み止めは切れておりかなり大変でした。以外と腰も動いているらしく、急に曲がったりした場合は腰が悲鳴を上げておりました。

 

で、昨夜からは痛み止めを飲んで、休憩中です。動きたくない・・ということで、パソコンで見たかった噂の映画「カメラを止めるな」をとりあえず借りて見ておりました。

 

そういう話か・・・と思いましたが、結構楽しめました。好き嫌いが分かれそうですが、僕は好きな人です。

 

今も腰が痛いなぁと思いながら、少しずつ腰を動かしております。

 

本当に腰が固まるんですよね・・・。ぎっくり腰って・・・。

 

来週は家のローン契約もあるので、仕事以外も大変です。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (8)

越谷レイクタウンへ再び:渋滞回避にgoogle mapsは役立ちますね

2019-01-02 23:04:14 | Weblog

こんばんは

 

本日は午前中は外来輸血などがあり出勤でした。入院中の担当患者さんは全員予定通り外泊、ないし退院されておりますので、あとは休み明けからどうなるかを見極めて・・・というところです。

 

勤務が終わって帰って来たら、長女がままごとの新しい食材を買いに行きたいと言い出し、越谷レイクタウンへ行きました。ただ、びっくりするほどの大渋滞・・・

 

30分ほとんど動いてません・・・(汗

 

google mapsで検索をかけて抜け道があったので、ぐるっと回りましたが、そこからは30分くらいで目的地にたどり着きました。

 

まぁ、駐車スペースも探し回りましたが。

 

で、20時半過ぎに家に着くと・・・(汗

 

まぁ、子供達は喜んでおりましたので、よしとします・・・。

 

明日は日当直で1日勤務です。時間を見ながら外来患者さんのannual summaryを作成しようと思っています。

 

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (6)

あけましておめでとうございます:2019年もよろしくお願いいたします

2019-01-01 21:42:34 | Weblog

皆様、明けましておめでとうございます。

 

 

今日は昼過ぎから初詣に行ってまいりました。僕も声をかけられて驚きましたが、10年前に入院で担当していた患者さんに声をかけていただきました。妻から「誰?」といわれましたが、「〇〇さん。10年前にいたでしょ」と言ったら思い出しておりました。

 

私服ではわからないと言っておりましたが、私服でもすぐ気づかれる僕は一体(結構気がつかれて、声をかけられます)。

 

高校時代からあまり変わっていないらしいのですが、それは昔が老けていたということか・・・(汗

 

僕は若いつもりなのですが・・・。

 

そのあと、ご当地キャラクターらしいパンダhttps://twitter.com/luckypanda_club)さんとすれ違い、次女がじゃれあっておりました。長女は怖かったらしく、離れて行きました(笑

 

長女は幼稚園の友達ともすれ違いまして、そのあと焼きそばを食べたいと言ったので焼きそばを買って帰りました。

その後は、親戚で集まってお食事会をして、今に至ります。

 

2019年は飛躍の年にしたいと思っております。今年の最初の事業は家を建てて引っ越しだ・・・と思う今日この頃です。お金で悩むのは嫌だなぁ・・・(笑

 

 

今年も色々あるかと存じますが、皆様応援をよろしくお願いいたします

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

 

コメント (4)

2018年も終わりですね:今年もありがとうございました

2018-12-31 22:17:03 | Weblog

こんばんは

 

今年も残すところあと2時間を切りました。

 

今日は昼に近くのお蕎麦やさんで年越しそばを食べに行きました。久々にうまい蕎麦を食べたと思いました。

長女は年越しそばとして初めて蕎麦を食べていたような(去年とかは冷たいそばは嫌いと食べていませんでした)。

 

その後買い物に行き、今日はゆっくりと無人島サバイバル生活を見ております(笑

 

今年はコメントにもいただきましたが、転機の年でした。新しい職場に来て、新しい事に取り組んだ1年だったと思います。そのそも退職するってストレスですよね(汗

 

しかし、ようやく軌道に乗って来ましたので、来年は飛躍の年にしたいと思います。

 

今年も1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

 

コメント

病床のダウンサイジングはともかくDRGはどうかしら?

2018-12-29 07:32:40 | 医療

おはようございます。

 

いよいよ今年も終わりに近づいてきました。今年は僕にとっては大変動の年で、何よりも母校から移動して他大学に来たということです。

 

当初はどうなることかと思いましたが、9ヶ月が経過し新しい職場の一員として普通に仕事ができるようになりました。ありがたい話です。

 

さて、今日は少しきになる記事がありましたので紹介します。

 

メディウォッチからです。

 

1996年から2017年にかけて「人口10万対病床数」は変わらず、病床削減やDRG導入を検討しては―厚労省

https://www.medwatch.jp/?p=24155

 1996年から2017年にかけて「医療施設」の状況を見ると、一般病院数は緩やかに減少し「集約化」しているようにも思えるが、人口10万対病床数に大きな変化はなく、十分な「集約化」は進んでいない。医療の質向上のために「再編」や「ダウンサイジング」をより強力に促していく必要がある。また、2005年から17年にかけて一般病院の平均在院日数は短縮したが、病床利用率も低下してしまっている。やはり「ダウンサイジング」などを考える必要があるとともに、「DRG/PPS」の導入などを検討していく必要があるのではないか―。

 厚生労働省が12月27日に公表した、2017年の「医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況」から、こういった状況が伺えます(DRG導入などはメディ・ウォッチの見解です)(厚労省のサイトはこちら)。

 

(中略)

 

まず(1)の施設数、(2)の病床数に関しては、「有床診療所の減少が著しい」ことが特筆できます。1996年には全国に2万452施設ありましたが、2017年には7202施設となり、およそ30年で3分の1強(35.2%)に減少しています。直近の医療施設動態調査では、2018年度診療報酬・介護報酬により「減少スピードにややブレーキがかかった」ようにも見え、今後も動向を注目していく必要があります(関連記事はこちらこちら)。

(中略)

 

国・公的・社会保険団体を「公」とし、医療法人・個人を「民」とした場合の公民比率を見ると、1996年には施設数ベースで「21.9対78.1」、病床数ベースで「37.9対62.1」でしたが、2017年には施設数ベースで「21.2対78.8」、病床数ベースで「34.6対65.4」となり、「公」の比率が明らかに下がってきています。一般に「公」病院は大規模であり、「施設の減少」よりも「病床数の減少」が大きくなります。「公立病院改革」や「地域医療構想の実現」などに向けて「合併や民間への移譲」などが進んでいることは確実ですが、さらに「閉院」や「ダウンサイジング」がどの程度進んでいるのか、より詳しい分析が期待されます(関連記事はこちらこちらこちらこちら)。

(中略)

また、2017年における「人口10万対病床数」を見ると、一般病床では全国平均で703.1ですが、最多の高知県「1109.8」と最少の埼玉県「497.4」では2.2倍の格差があります。ただし、メディ・ウォッチでは「バラつき」はもちろん、「数字そのもの」に着目します。

 我が国では、先進諸国に比べ「患者当たりの病床数が多い」と指摘されます。これは「医療従事者1人当たりの患者数が多い」ことを意味し、在院日数の短縮を阻む要因の1つとも指摘されています。さらに、後述するように「医療の質の向上」を阻んでいるとも考えられます。「病床数が多い=アクセスが良い」と考えがちですが、症例の分散による弊害も否定できません。この点、グローバルへルスコンサルティング・ジャパン(GHC)と米国メイヨークリニックやスタンフォード大学との共同研究では、「症例数と医療の質(例えば医療安全)は相関する」ことが明らかになっています。

(図:本文をご参照ください)

したがって1996年から2017年にかけて、一見「大幅に減少している(症例の集約化が進んでいる)」ようにも思えます。しかし、実は2001年の医療法改正で「一般病床」と「療養病床」が区分されており、両者を比較する場合には「2017年の一般病床と療養病床を合算する」必要があるのです。そこで、2017年の「一般病床+療養病床の人口10万対病床数」を見てみると、全国平均では959.8でやや減少しているものの、最多の高知県では2023.8で増加してしまっています(最少は神奈川県の652.1、埼玉県は657.3)。

(中略)


 なお、都道府県別に「人口10万対医師数」を見ると、最多は高知県(259.7人)、最少は埼玉県(124.9人)と大きなバラつきのあることが分かります。医師偏在対策を検討している「医師需給分科会」では、この「人口10万対医師数」をベースに、地域人口の構成・地域医師の構成などを加味した「新たな医師偏在指標」をまとめました。それに基づき、全2次医療圏について「医師が相対的に多いのか、少ないのか」を把握することが可能となります(関連記事はこちら)。

 

(中略)

 なお、在院日数コントロールの背景には、我が国の入院料設定も影響していると考えられます。我が国の入院料は、出来高でもDPCでも「1日当たり」で設定されており、「長く入院させると収益が上がる」構造となっています(DPCでは、「●日間の入院が最も利益率が高い」との「解」を見出すことも可能)。

ちなみに都道府県別の平均在院日数(一般病床)を見ると、最長は高知県の21.3日、最短は神奈川県の13.7日となっており、「病床数が多い」→「空床が生じやすい」→「在院日数をコントロールして病床利用率を高める必要がある」→「平均在院日数が長い」という構図が見え隠れしています。


ここで、例えば米国等で導入されている「1入院当たり」の支払い方式(DRG/PPS)にシフトさせていけば、「早期退院のほうが利益率は高くなる」ことは確実なため、不要な在院日数コントロールは相当程度消滅していくと予想されます(もちろんDRG/PPSですべての問題が解決するわけではないが)。DPC制度でも「D方式」(入院初日に入院基本料以外の報酬が全て償還される仕組み)という、DRG/PPSに近い仕組みが導入されていますが、さらなる拡大なども検討していく必要があるかもしれません。


 まぁ、DRG方式云々の前に色々解決すべき問題がありますが、ダウンサイジング・病院の集約化は進めるべきだと思います。

 

ただ、それを行う前にそういう形で病院が成り立つようにしなくてはいけないと思います。

 

ちなみにDPCで長期入院させれば元が取れるとすれば、療養型のように何もしなければという前提になります。例えば積極的な診療をして、救命のために手を尽くしたりすると赤字になったりします

 

よくあるのは内服抗がん剤(分子標的薬)を使用して入院管理をしていると、その薬剤を使用している平均入院日数を超えたあたりで赤字になるように設定されております。

ですので、この記事の根元にあるのは空床が多いために「無駄な入院が多くなる病院」があるので、それをどうにかしましょうということだと思います。実際、OECDの報告もそういう内容になっています(https://www.oecd.org/eco/surveys/Japan-2017-OECD-economic-survey-overview-japanese.pdf)。ただ、一方で積極的な治療を赤字ながらやっている病院もあります。そういう病院が成り立つように(必要な入院で赤字になるのは避けたいところ。そうでなければそのうち人の命をお金で切らざるを得なくなるかもしれません。病院が成り立たなくなれば、より多くの患者さんを救命できなくなるので、赤字の患者さんをきるという話になるかもしれません。・・・まぁ、そんなことは日本の医師の良心がさせないわけですが)

 

無駄な病床は減らしつつも、それで病院が成り立つような医療制度改革にする必要はありますが、DRGがどうなのか・・・は僕は「?」と思っています。

 

DRGの1入院あたりの支出というところに注目されていますが、DRGは手術や処置を優先して「ドクターフィー」を確保するのが目的の医療制度ですので、日本の現状の医療には合わないかもしれません。ついでに手術などを行わない場合はDRGも疾患群ごとの診療報酬になります。

ついでに言うと・・・入院診療を短くすればするほど収益が上がるので・・・病院周囲にホテルなどが建って、そこから受診する患者さんが増えたりするわけです。入院ではないけど、病院の周りに宿泊されているわけで・・・。

日本の医療を同じようにするためには環境整備が必要で、現実的には対応は不能だと思います。DPCは疾患群から処置で報酬を分けていく制度です。これは日本独自の制度ですが、不要な入院を抑えるためには病院の集約化を進めるとともに住み分けと医療制度改革を行う必要になります

 

病院が潰れていったら意味がないので・・・。

 

ちなみに埼玉では入院ベッドの確保の方が大変(ベッド空き待ち)で、入院させたくてもできない患者さんが結構いる感じです(汗

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (4)

予約通りにいかない外来:医師ー患者の需給バランスの問題もあるのです・・・

2018-12-27 22:34:26 | Weblog

こんばんは

 

本日も外来でしたが、患者さんからこんなことを言われました。

 

「●時予約なのに1、2時間も待たせやがって。俺は約束を守らないやつは嫌いなんだ」

「データの説明なんていらん。後で見るからデータだけよこせ」

 

 

まぁ、患者さんの気持ちもわかるのですが、本当に日本・・特に埼玉に関しては医療過疎なので頑張っても予約の時間に間に合わせるのが厳しいです(汗

 

開始時間がどうしても採血などのデータ待ちをしているので遅くなるというのもあります。ついでに僕は確かに説明もそれなりに丁寧にしますし、質問は極力全て答えています。ちなみにこの患者さんからの質問もきちんと答えております。

ついでに新患さんは僕の外来に全てきますので、本物が3名いた今日の外来は患者さんや家族への説明だけで新患1人あたり30分くらいかかっています(本物ではないだろうと思う患者さんも10分はかけます)。これを合間に挟むだけで、時間がずれ込みます。予約も優先したいのですが、朝から待っている初診患者さんもいるので・・・予約の合間に初診をなんとか挟んでいるところです。

 

それでどうしても遅れていくのですが・・・、毎回この患者さんからは怒られている気がします(汗

 

ただ、僕の側からの意見ですが、データを渡されて薬をもらえれば良いのであれば、僕である必要はないのだよな〜と。

 

「〇〇で治療中ですが、安定しておりますので、3ヶ月に一度採血をして・・・の範囲内であれば継続でお願いします」

と書いて開業医の先生に薬の処方と血液検査を出してもらうのが・・・患者さんにとっても僕にとっても良いのではないだろうか・・・?

 

ちなみに昼食は17時で、それまでにとっていた水分は500mlのお茶がなくならない程度で、別に怠けていたわけではないのです(汗

 

同僚の先生とも話をしましたが、そんなことを思いました。

 

本当に時間通りに診療をするためには患者さん一人あたりの時間にゆとりがないと難しいですし、そのためには医師の数がもっと必要ということになります。もしくは患者さんを減らすか。

また、時間を区切って淡々と行うのであれば成り立つかもしれませんが、状況が悪い患者さんなどは厳しいかなと思います。特に外来治療をしている患者さんは何かが起きることもありますので、診察時間が長くなる可能性はあります。

なかなか改善が難しいですね。

 

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

 

コメント (8)

クリスマスイブ:子供達が喜んでいたので良しです

2018-12-24 23:10:54 | Weblog

こんばんは

 

クリスマスイブですねー。1日早くクリスマスプレゼントを子供達に買ってしまいました。サンタクロースの夢は見ないだろうな・・・うちの子供達は。僕もだいぶ早い時期から図書券だったしなぁ・・・。

 

22日は名古屋で会議がありましたが、その会議に参加中から悪寒戦慄、節々の痛み、頭痛と・・・まるでインフルエンザのような症状が出現して大変でした。家に帰ったら38度台の発熱があり・・・

 

インフルエンザだったらどうしよう・・・汗」

と思いましたが、とりあえずその日は葛根湯を倍量内服して、カロナールを飲んで寝ました。

 

翌日は患者さんのご家族への説明をしに午前中は出勤し、午後は注文住宅の打ち合わせに行きました。午前中に出勤したついでにインフルエンザの検査も行い、陰性だったので(約24時間後)大丈夫ということにしてマスクのみ着用し仕事を継続・・・。

打ち合わせの後クリスマスプレゼントの下見に近くのトイザらスに行きましたが、欲しかったものがなかったらしく本日レイクタウンのイオンモールへ行ってきました。レイクタウンへ行ったのは長女の「ショコラうさぎちゃんがいるレストランでご飯が食べたい」という希望を叶え、かつ「木のママごとセット」(すごく高かったです)が置いてあるお店に行くためです。喜んでいたので、多少の出費は良いのです・・・。年に何回かなら。

 

その前に昨夜も病院に行き、家に帰り着いたのは午前3時でしたが(笑

 

風邪もぶっ飛ぶ集中力で、1日は乗り越えました。本日は家族との約束(レイクタウンでは当初はなかったのですが、24日はみんなで買い物に行くという話だったので)があり、ともかく今日は病院にはいかないと決めて・・・同僚の先生に色々とカバーをしていただきました

 

カバーしあっていかないとやっていけないですし・・・。今の職場はそういうカバーし合う体制はできているので助かっております。

 

前は状況に応じて一定レベル以上の医師が立ち会う必要があったので、病院から徒歩5分の圏内に住んでいた僕が呼ばれることが多く、ほぼ第2オンコール(笑

 

今は逆に病院から家までが車で1時間近くかかる(夜中は40分くらい)ので、予測していなかったら駆けつけられないので、様々な先生にお世話になっているなあと思っております。

 

ありがたい話です。

 

とりあえず、まだ体調が完全ではないので、そろそろ休もうかなというところです。

明日以降も頑張ります。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (2)

風邪ひきました:娘対マイコプラズマ戦・・・抗菌薬の効果おそるべし

2018-12-18 05:30:14 | Weblog

おはようございます。

 

土曜日から体調を崩して、ようやく今朝まともに動けるようになりました。

昨日の朝はゾクゾクしていたので、熱を測るのをやめました。

熱を測って発熱していると微妙ですし、代理はいませんし・・・(少なくとも外勤先は)

 

マスク+解熱剤で対応・・・

 

ただ、本当に行きの車の中で渋滞にはまっているときに気が遠くなりかけました(笑

暖房をとりあえず切って、風を入れて・・・。

 

なお、娘や妻が先週末から風邪気味でかなりひどい咳をしていました(僕だけ少し症状が違うが)。夜中、咳やたんで目が覚めて長女は「苦しい」と泣いていましたが、昨日病院に行ったらマイコプラズマでした(金曜日は普通の風邪で帰って来ました)。抗菌薬を飲んだら嘘のように一晩寝ております。今夜は一度も目が覚めず。

 

抗菌薬の援軍が来たら一晩で優勢になったか・・・(免疫が)

 

ちなみに咳で苦しそうにしていると、僕がまず反応して背中をさすったりするのですが、娘は

「お父さんは嫌、お母さんがいい」

と、泣きながら妻の方にすりよって行きます。泣きそうなのは僕ですが・・・(T_T)

 

ただ、調子が良くなると普通によってくるので、機嫌が悪い時は僕ではダメということなのだと思うようにしております。

 

 

昨日よりは今日の方が僕の体調は良いのですが、何と無く妻たちはマイコプラズマだろうなと。僕は普通の風邪かもしれませんが(なにせ外勤先では接点が多いですし)

 

ということで、昨日初めて現所属の大学病院で受診券を作成しましたが、2日連続で薬をもらおうかなと思っております(クラリスロマイシンとか授乳中の人も飲めるやつ)。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?602868

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします

 

それでは、また

コメント (8)