赤帽さんのブログ

山登りを主体とした日常の生活を写真中心に記録して参ります。

11 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山(続き)  「堂床山」山頂を目指して

2018-12-16 | 日記



2018(H30).11.20(火)
12:39
ただ今 安佐北区の「可部冠山」から「堂床山」へと 登頂を目指しているところです
アップダウンを繰り返して 見晴らしが得られるようになりました どこが見えているのでしょうか 早く「堂床山」の山頂に着きたいものです





12:49
この急坂を上がれば 山頂到着なのでしょうか





12:55
どうやらピークと思える状況になって来ましたが この先が頂上なのでしょうか 上ってみればまた次のピークになるのでしょうか とにかく前に進みます





13:07
後続の仲間たちも元気に上がっています 早く先行した者から「山頂に着いたよ」との声を聴きたいところですね
コメント

12 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  「堂床山」山頂で昼食も

2018-12-16 | 日記



13:13
ようやく 先行者が「ここだよ」との声を出してくれました ようやく「堂床山」の表示を確認することが出来ました 山頂へ到着です





13:18
とにかく「里山キング」への申請が出来るように 先に登頂を証する集合写真から撮影しました



13:19
引き続いて 「赤帽さん」の三角点タッチです 彼女たちが賛同してくれました 皆で一等三角点タッチを味わったところです


  
13:30
少し遅くなった お待ちかねの昼食となりました
コメント

13 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  「南原ダム」を周回して下山へ

2018-12-16 | 日記





13:54
これから 下山へと行動の開始です





14:10
かなり急な斜面の下りです でも上りよりか楽でいいですね 





14:14
下る先は 「南原ダム」を周回するようにしながら下山を続けています スタート地点の「南原峡」の案内表示がありました
コメント

14 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  登山開始した付近へ下山

2018-12-16 | 日記





15:00
しばらく良い登山路と思えていましたが この付近から厳しい岩場となって来ました





15:05
ようやく「加賀津の滝」近くの岩場へと戻って来た雰囲気ですね





15:11
登山の開始当初の厳しい階段部へと帰って来たところです やれやれ苦しい登山を終えたとの実感が湧いてきたところですね
コメント

15 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山(終了)  登山の実績など

2018-12-16 | 日記



15:23
無事に駐車場まで帰って来ました 途中で出会った単独登山の女性1名と トレランをしていた男性2名の方々の車は見当たりませんでした もう下山されたのでしょうか



最後の本日の 歩行経路等をGPSの軌跡に基づき作成しましたので 添付します
歩行距離:12.02km、累積標高:1,126mとなりました また所要時間:7時間10分(休憩及び食事時間含む)、歩行数:25,086歩でした


(以上で 「可部冠山・堂床山」登山関係は 終了です) 
コメント

6 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山(続き)  間もなく冠山に

2018-12-15 | 日記



2018(H30).11.20(火)
9:51
安佐北区里山マスターズの対象になっている 一番困難な山へと挑戦しているところです
可部冠山の案内標がありました





10:10
可部冠山の山容も見えて来ました 良い登山路が続いています







10:40
冠山が間近に見えて来ました もう少しです頑張りましょう 



10:48
現在位置などを確認している所でしょうか 間違いがあれば修正してくれる仲間達です ありがたいと感謝してご一緒させて頂いています
コメント

7 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  「可部冠山」山頂に

2018-12-15 | 日記







10:56
どうやら 「可部冠山」の頂上へと上がって来ました 「赤帽さん」は先頭を歩かさせて頂きましたので 一番乗りを果たさせて頂きました







10:57
先ずは  山頂からの眺望を楽しむことになりました








11:02
仲間達もそれぞれ「可部冠山」山頂からの眺望を 楽しんでおられることでしょう
コメント

8 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  「可部冠山」登頂を

2018-12-15 | 日記

11:09
山頂から 一通り眺望を確認してから 登頂記念の写真撮影となりました





11:10
引き続いて 各自「里山キング」認定申請のために 証拠写真を撮る運びとなりました
コメント

9 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  トレラン者とすれ違って

2018-12-15 | 日記



11:13
これから次の目標の山「堂床山」へと向かいます かなり遠くに大きな山容が控えています 行けるのでしょうか
先ずは 先の可部冠山から「堂床山」へ向かうために 先に通った分岐地点まで帰って来ました 結構近いと思っていても結構なアップダウンを踏破して来ました



11:52
アップダウンの良い登山路ですが この登山路を「可部連山トレイルラン競技」で数百名のランナーが駆け抜けるのかと思えば 狂気の技としか思えませんね
でも南原ダムの湖面は 一時の安らぎを与えてはくれますね





12:06
急な斜面には 補助のためにかロープも取り付けられています 何度か助けを頂きながら踏破しています





12:14
厳し坂を上がって来て やや平らとなって来たところですが ここで堂床山方面から駆け下って来た2名の男性とすれ違いました トレランの練習のようですが怪我しないようにして頂きたいですね
コメント

10 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山(続く)  アップダウンを繰り返して

2018-12-15 | 日記





12:38
これから樹林帯へと入る雰囲気になって来ました 急な斜面が続くのが目に入ってくると苦しさも感じますが 樹木の緑が面前に広がって来ると すこしは安らぎも感じられますね







12:39
時には立ち止まって 紅葉や景色を眺めて登山を楽しむように配慮もしながらの登山を行っています でも立ち止まりは実際は疲れをいやすのが主たる目的であったかもしれませんよ





12:49
今回の登山に同行して頂いている若手の男性が 「堂床山」の山頂はどのあたりかと 先を確認するとして先行されています こちらは急ぐ必要はありませんから確実に歩を進めているだけです


(この登山は 明日へと続きます)
コメント

1 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  里山キングチームにて

2018-12-14 | 日記



2018(H30).11.20(火)
8:13
今日は 「赤帽さん」の誕生日でもありますが 家族からの祝福よりか登山を愛する日々を過ごしていています 
今回は「里山キング」を目指す仲間からの誘いを受けて 安佐北区の高峰「可部冠山・堂床山」登山に参加しました
南原峡駐車場から登山を開始し 「可部冠山」登頂後 「堂床山」へと上がって この駐車場まで戻ってくる 長くて苦しい登山になりそうです







8:24
先ずは 「加賀津ノ滝」へと向かいます 滝の滝つぼ近くまで行って 滝の荘厳さを味わったところでもあります





8:26
滝を堪能して これから厳しい登山へと向かいます 松茸シーズンは「山止め」となっていますが 「可部連山トレイルラン」の時期にも重なることから 登山路以外には立ち入らないようにとの注意ですね
コメント

2 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  急な階段上りから

2018-12-14 | 日記







8:26
最近は紅葉の見ごろも終盤かなと思われますが 意外と紅葉は鮮やかな様子を呈してくれています



8:31
急な階段を上がって 「堂床山」への登山路と同じですが 今回は「石采の滝」を見てから 先に「可部冠山」へと登頂してから 「堂床山」を目指す登山を開始しました





8:36
この地点から「堂床山」への登山路と別れて なだらかなスタートとなる右側へと向かいます
コメント

3 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  「石采の滝」経由で

2018-12-14 | 日記





8:42
小さな小川を渡渉して 「石采の滝」へと向かっています







8:46
あまりこの滝経由で上ることは少なくて 久しぶりにこの滝に出合いました そして滝の上部へと向かっています





8:54
「石采の滝」の最上部へと上がって来ました わずかにその部が見える程度でした
コメント

4 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山  舗装道路に出合

2018-12-14 | 日記





8:55
中国電力の「南原ダム」関連の施設があるのでしょう 金網に沿って上部へと向かっています









9:16
舗装道路へと出合いました ここに隧道がありますが 電力会社の専用道路のようですね でも紅葉は鮮やかですね
コメント

5 可部冠山・堂床山(736・860m:安佐北区)登山(続く)  可部冠山へと

2018-12-14 | 日記





9:23
南原ダムのロックフィル方式の擁壁が見えていますね このダム湖を一周することになりますので 後刻湖面も見ることになるでしょう









9:24
可部冠山の登山口へと来ました これから厳しい上り斜面を上がることになります





9:45
この写真を見て頂ければ 急斜面に挑戦していることはご理解が得られることでしょう 厳しい上りでした


(この登山は 明日へと続きます)
コメント