それでも・・

ここに日々の全てを記す

2018年4月現在の自分

2018-04-23 15:46:38 | においのこと
昨日少し書きかけていたけど
消えたから

改めてタイトルもカテゴリーも
それ用にして書いてみることに


昨日とか、今日もそうだが

人とほとんど接触しないで
一日を過ごすと

とても平穏な時間を過ごせている。

それだけは確かだ、


これは何を表しているかと言えば

俺が気持ちを乱すというか
落ち込んだりネガティブになるのは

人との接触によって起こっているんだということ、

つまり、

俺自身が自分の思考で堕ちているとか
そういうことはほぼない、ということ。

これだけはハッキリしている。

まぁこのことは過去からずっと書いていることだけど


だから、極論ではあるが

内服薬的な
精神薬等を用いたところで
問題が解決することはあまり期待できない、ということは
間違いないわけで

だからこそそっちで何とかしようという気が
まるで無いとも言えるんだが

それはそうだ、
解決するのは簡単なんだから

人と接触しなければいい、それだけのことなんだから・・・


それで俺の生活が上手く回って行けば、っていうだけの話で

そこが上手く回らないから
困っているわけで


で、

身体のことを具体的に書くと

3度目の手術の時とほぼ変わっていない。
というか

俺の憶測なんだが

恐らく1度目、2度目の手術の時も
それほど変わっていないんだろう、

まぁ勿論、1度目、2度目、3度目と
脇という部分に関しては変化はあったんだろうが

手術をするに際し
俺は毎回思っていたこと

手術後、すぐに反応される。

普通ならあり得ない。


他の人が俺のことをどういう人間と
評しているのか

俺自身はよくわからないが

俺自身でココだけはハッキリしている。

俺は最低でも物事は論理的に考えれらる人間だと
自分では思っている。

基本オカルトは信じない、

だから

原因を取ったにも関わらず
事象がなくならない、

そんな現象はあり得ないんだ。


つまり、

今の俺に起こっていることにも
勿論それなりに
確実な原因とそうなっている論理がある筈なんだ。


脇の原因を取ったにも拘らず

たまに感じるそれ、と反応は
ほぼマックス、

その後ケアをしようが
手術をしようが

何も変わっていない。

つまりそういうこと・・・

いじっていないところが原因なんだろ

勿論これは仮説



で、

少し話を変えるというか
切り口を変えるが


結論としてどうなったら
俺としては嬉しい、というか
進歩なのか、

それは多分コントロールできるようになったら
嬉しいんだろうな、

0にすることは難しい、
そうなれば、
いいだろう・・

とは正直あまり思わない。

この分野は相変わらずあまり
研究が進んでいないのは感じるが

快、不快があるもので
それには個人差がある。

だから不快に感じる人に合わせて物事を考えると
何もかもが凄いシビアな基準になってしまって
世の中が非常に生き辛いものになる。

ここ何年か
世の中がにおいに非常に敏感になっていて

それ自体が俺自身かなり生き辛いと感じるようになってしまっているのも
確かで

日常でも俺自身からあまり臭いとかにおいの話とかをすることを
躊躇うようになったのも確かだ。

バランスの問題っていうのを
結構前から
常々考えるようになったのも
そういうこともあるんだが

簡単に言うと
潔癖って言われる男性と結婚したがる女性はあまりいないと思うんだな、

結局行き過ぎると逆に付き合いづらくなる、っていうのは
間違いないんだと思う。


今現在で
というかそれよりも前からずっとなんだろうが

俺自身で一番困っているのは腋臭のにおいなんだと思う。

勿論、俺自身はそれ以外にも
口臭とか体臭(ノネナール系)加齢臭とかもある。
それに洗濯物の生乾き臭もあって
それを全部無くすっていうのは
かなり大変だと思う。

ただ、
腋臭臭とそれ以外では
レベルが違うというか

それ以外については
対応のしようがあるにはある。

でも腋臭臭に関しては
結局言えば何も変えられていない、ということなんだろう。


具体的な話を書くと

今現在でも
洗濯物とかで腋臭臭を感じるのは下着

つまり、陰部、尻とかだな。

確かにそこは手術する前から
何にもしてこなかった、

毛を剃ったりはしたことはあるが
それで変化をしたりもほとんどない、

まぁ過去から何度も書いているし
今更あれこれ書く気はないが

腋臭というものを持っている人は
基本デオドラントとかそういうものは一切効かない。

手術して取るか、そのままか
2択みたいなところがあるからなぁ

言ってみれば、それを知っているからこそ
昨今悩んでいるライトな人を見ても
そんなので手術しても・・・って
思うわけで


まぁでも

結局あれこれ書いたところで
俺の理想というか

考えとして、最初の部分に戻ってしまうことに変わりはないわけで

誰とも接触しなければ
落ち込むことも行動が抑制されることもないわけで

フラットな自分でいられるんだから
そっちになった方が楽なんだけどね。

それでも
何かしらの変化を期待して
人に近づいたりしているっていうのが
昨今なんだろうね。


でも、

異性の話は別として

この身体の問題で何がどうなったら
良い方向へ行くのか
そういう理想的な展開を考えてみてもなぁ


ちょっとカテゴリーの違う話になってしまうが

夢を実現する、的な話というか

空想を実現する人の論理を書くと

道筋が見えているものは現実になる。
っていう風に俺は思うんだ、


野球の話なんかを前に書いたかもしれないが

野茂さんは偉大だっていう話ね、


当時メジャーに行く方法がなかった、

いくら実力があってもMLBに行く手段がなかったので
メジャーの選手になれなかった、

それを道筋を作ったから、野茂さんは偉大だと
評価されるんだ。

選手としての凄さ、というよりも
その道を作ったことが偉大だと後世に言われるだろう。


もう俺がココを書き出しても10年近いか、

悩みだしてからは既に30年以上

何がどう変化した?

手術方法が多少変わったくらい、
デオドラントは確かに研究しているみたいだけど
そんなに大きく変化しているとも思えない、

つまり、この分野は結構遅れているんだっていうのは感じる。

出す方だけじゃなくて
受ける方にしかりね、

嗅覚の方の分野もそれほど
進歩をしている、とも思えないんだな、

嗅覚の機能判定、

俺も年齢的にもというか、
俺の鼻の方が悪いんじゃないのかって
疑ったりもしたけど

それを調べることすら
簡単には出来ないような世界なんだな、今

そのくらいのレベルなんだよ、今の世の中でも

ほとんどが手探りでやっているような感じで

こうなればああなるっていう結果を望んだところで
出るわけもなく



俺は相変わらず仕事が嫌いで

そりゃそうさ、

仕事の評価=幸せにはならないから

俺の身体の評価=俺のすべて

変わることはないんだし

お金をどれだけ貰おうが
結果、一人で居られる可能性が高くなれるっていうだけで

ほとんど良いことなんかない。

自己実現したいと思っても
俺の身体とはどうやっても切り離されることはないし

何処に行っても居ない方がいい存在なのは変わらないわけで

普通の人の感覚で動いていないことだけは確かだ。

それを理解してくれる人が居れば
それでも幸せなんだろうけど

それすらあまり居ないっていうのが現状かな


やりたいことはほぼ叶ったんだと思う。

少なくとも14の時に絶望して以降

その時点で描いていた夢なんて
ほぼほぼ叶えたわ、

そういう意味じゃ幸せだった。


今のままで老いていくことは正直不可能だろう

この先に行くには
この問題を何とかしないとならないと思う、

でもそれは世の中の制度でどうにかするのか

俺を精神疾患もしくは障がい者扱いで年金出すか
それとも
治る道筋が見つかるか

いずれにせよ、なるようにしかならないだろうが
俺の居場所が出来ないことには

いずれは終わる。


今はたまたま、偶然で存在出来ているに過ぎないんだから





闇の部分

2016-05-30 07:11:07 | においのこと
旅記事にこの記事を挟むのは
展開としておかしいのかもしれないが

ここであえて
今回の闇の部分を書いておこう


正直結構俺の中ではタブーと言うか
かなり
精神的にやられているから
あまり書きたくなかったということなんだと思う、

でも、
なっていることは事実なので


相変わらずだったな、


ひめぎん、
アレに行った時と
状況はほぼ一緒

違うことと言えば
アリーナに行った時から
洗濯ものの生乾き臭

そして動いているとたまに腋臭臭


もうね、
色々ガッカリ

俺だけが違う空間に居るならいいんだけどね、

周りの人も気にするでしょ

俺の言っているこの意味は
二通りあってさ

周りが俺に対して嫌な気持ちになるだろう。
っていう
意味と

もう一つ

周りの人が自分からしてるんじゃないかって
気にするようになってしまうんだ、

それも問題でさ


これは俺っていう特有の問題っていうか

ナチュラルな人だった場合は
こんな感覚にはならないのかもしれないけど

俺は手術を複数回している人間なんで
状況が結構ややこしい


あまり自分で自覚することがない、

多分、よく知ってる周りの人からすれば
俺は全然腋臭なんだろうなぁって
最近は思うんだけど

全く俺を知らない人からすれば
一瞬でこの人が、って
思わなくなってしまうのが
手術をした効果なのかもね

これは前にも書いたかもしれないが

俺が居る空間にそういう臭いがするんだけど
俺からハッキリしているわけではない、

みたいなそんな感じになるんだ。

でも、状況から考えると
俺しかいないだろ、みたいな感じで
特定できるんだろうけど

なんか色々な二次被害を出しているような気がしないでもない、


何度も書いているが

もういい方法なんかないよ、


冷静に解決策を考えるしかないってことなんだろうけど

ほぼ完全に崩壊していたわ


この身体の人は
まぁなった人にしかわからないだろうが

色々な人を見てきたけど
とにかく蓄積なんだよね、

男女間みたいに
積もり積もりっても
別れればスッキリっていうそんなことは出来ない、

俺は俺自身と別れることはできない。


いくら逃げても俺は俺からは逃げられない

起こったことは消えないし
記憶はどんどん溜まっていく


本当にくだらないことなんだけど
このライブの前に行った
神社のおみくじとか
かなりくるのよ

一般的な言葉だよね、

仕事に一生懸命励めとかさ
世のため人のために尽くせとかさ


俺がやればやるほど
人と関われば関わるほど
おかしくなっていくのにさ

いかに距離をとって
上手く行く方法を考えているんだけど



どこかで
俺は俺でしかないからって
思うことも考えた、

結論から言えば
どうやっても変わるわけではないから
腋臭な俺を変えないで
そのままで生きていくしかないって
思っているのも事実なんだが

でも、周りが自分じゃないのか?って
気にしてしまっているのは
俺からすれば本位ではないな、

原因はすべて俺だから


現状で言えることは
とりあえず
相変わらずだけど
コントロールが出来ていないんだよね、

しかも、手術をした後は
認知すらできなくなっている、

状況からすると最悪なんだけどね、

まぁ手術前の方がよかったっていうのも
おかしいけどね、

認知は出来ているけど
対処が全くできないのと
どっちがいいかって
言われても

どっちもそれなりにキツイことに変わりはないから


ただ、ひめぎんの時も書いたけど
終演後に着替えたTシャツに
においはしていないんだよ、

だから余計コントロール不可なわけなんだけどね、

でも、火のないところに煙は立たないって
ことなんだけどさ



ずっと家に引きこもって
誰とも関わらないことが
一番じゃないかって
思うかもしれないけど

それは実際のところ何も解決ではないと思うし

人間は存在している時点で
何かしらの消費はしているわけでね、

前にも少し書いたけど
無人島にでも行って
自分自身ですべて自己完結出来ている人間だけが
本当の意味で自立している人なわけでね、
それでも厳密に言うと地球との共依存関係なんだけど

つまり、誰にも関わらないで生きていくことなんて
どうやったってほぼ不可能なわけでさ

俺の中での答えは

この身体で存在していることを
受け入れて生きていくことが
俺の生きていく道というか
さだめなんだろうなとは思っているんだが

まぁこの話は
旅の続きにも繋がるので




2016年の4月現在の考え

2016-04-13 16:31:26 | においのこと


しばらく本題のネタにも関わらず
一切の更新をしてこなかったんだけど

久しぶりに一回まとめて書いてみたいと思う。

何年か前に某SNSを追い出されてから
俺はこっち関係の人と関わるのを
ほぼやめた、

まぁそこまでに相談関係だったり友達関係になっている人には
こちらからも相談したり
相談されたり、遊びに行ったりと
プライベートな付き合いもしているが
それ以外の人との
接触はほとんど絶ってしまった、

自分自身としては
誰かのためになりたいという
気持ちがなくなったわけではないんだが

それよりも自分自身が完全に回復した?わけでもなく
解決法が見つかったわけでもないので
そんな俺が関わったところで
いい方向へは行かないかもなって
思ったこともあり、
それと
こちらもあまり嬉しくない影響を受けるのも
嫌だったというのもあり

接触を断っていたということもある。

それでも、
完全に情報を遮断していたというわけでもなく、
俺は暇だから
時間があれば
ちょこちょこ掲示板を覗いたりとかはしていた、

袋小路に迷い込んでいる人が
毎年のように現れは消えていくという
どこまでも変わらない日常が
繰り返されていたけど


とりあえず、
この身体の問題が起こってから
既に28年
初の手術から、はや27年くらいかな

本当にあれこれと
思いはあるけど

今更ながらに、今の俺の心境とか考えを
少し真面目に書いてみたいと思う。

まず、初めに
やっぱりココからだけど

手術についてね、

俺の現状での賛否としては
それでもやっぱり
手術はしてよかった、と思う。

たまに本編の日記でも書くことがあるけど
初期の段階の俺の身体で
今の世の中で暮らしていくと考えたら
スタート時点で破綻しているだろうって
思えるから、

そのくらい、初期値の俺は酷かった。

かと言って今が酷くないかと言えば
それは違うんだが・・


だからと言って
人に手術を勧めるか、と言われれば
それはイエスとは言えない。

これはケースバイケースだし
完全ではない、と
俺自身は自覚しているから

それを承知でもやる意味があると思える人は
やればいいと思うし、
そうでない人はやらない方がいいと思うし。


次にオフについて、というか
人との関わり方とか
その辺のことなんだけど

俺がしばらくこの問題について
深く書かなかったことに

勿論、それほど深く悩んでいなかったというのも
あるにはあるんだけど
それ以外にも、もうこれ以上悩んだところで
どうにもならないっていうのもあった、

過去、何度も同じ悩みの人と思う人にも会ったけど
俺自身が
これ以上は無理だって思うことも
あったのは事実、

よくこの文章を書いていたと思うんだけど

ミイラ取りがミイラになる。

集団の論理ではないが
Aの意見が強ければ強いほど
Bの人の意見は飲まれてしまうというか、
それが正しい論理でなかったとしても
そっちに傾いてしまう、ということは
往々にしてあるもので

この話を書くと
批判的に見られる方が
多数出てくるかもしれないが

俺自身、関わってきた経験で言うと

この問題の難しいところは

3つのタイプの人が居る、
そしてそれが交錯していて
どこが本当の主原因であるのかが
分からなくなっているという部分だと思うんだ。

1つ目は
純粋なわきがの人

手術もしていない、
本気でにおいがしている、
自他ともに認める、確実な人

勿論手術をすれば変化を認められるだろう、
でも、それに踏み切れないか
しないと決めているか
いずれにせよ、そういう形で生活に困難を極めている。

2つ目は俺と同じタイプの人
手術をしたが改善しない、

この人たちからが結構ややこしい
一度目、二度目、三度目、それ以上
どこで手術をしたとか、
あれこれの経歴を持っている、
ただ、俺自身が持っている記憶と
似通っている症状の人が多数いるのは知っている、
それもあって、これを書く気になった、とも言えるんだが

3つ目の人
ハッキリ書いてしまうが
精神疾患方面の人

まったくにおいはしないんだけど
している、と頑なに信じている人、
もしくは
主因が精神疾患からきている、

この3タイプが混在していて
更に2と3を複合的に持っている人も結構いる、

これは自惚れか、
勝手な仮定と捉えてもらっても構わないが

俺自身は現在、精神薬も飲んでいない、
精神はクリアな状態だと
思っているが、
まぁ多少のバイアスはかかっているのかもしれないが

その俺から言わせてもらえば

1、2の人の事実はあるが
3の人の事実はない。

これはハッキリしている、

しかし、2から3になってしまった人は
残念ながら
事実とは違うことを言い出してしまう人もいる、

俺はこの部分だけは意識して
おかしくならないように心掛けてはきたつもり、

別にそれが悪いとは言わない、

ただ、過去の記事を読んでもらえばわかるが

俺は一時期、薬を飲んだりもした、
でも、
まったく効果がなかった、

そこで精神薬を飲むことを拒否して
その後、大学に行ったり
あれこれあり

自身の中ではある程度、自分で認知行動療法はセルフで出来るように
なっているとは思う、

心理療法は意味があるのか
とか
そんなの意味がないとか

それをあれこれ言う前に

俺は前に書いたと思うんだが

清原被告が捕まった時に
麻薬を抜くのは一人じゃ難しいって
あれこれテレビで言っているのを見て
書いたと思うんだけど

本当の一人になったら勝手に抜けるだろ、って

日本っていうのは本当の一人にはなれないから
誰かが薬を与える結果になって
止められないんであって

無人島に一人なら
どうやったって薬は抜かざるを得ないんだから
物理的にないものは
自分で精製できなければ止めるしかないだろう。

それと同じ論理かなって
思ったりもする、

くさい、
と悩む人は

自分がにおいがしているのを認知して嫌な気分になるのか

それとも周りの人間の反応に悩むのか

大きく分けてこの二種類がある、

そして
周りの反応に悩む人は
誰とも接しなければ基本、治る筈なんだ、

治らないにしても
誰とも接していない時間が増えれば増えるほど
回復するというか
気持ちは堕ちなくなる筈なんだ、

だって原因にさらされないわけだから

まぁ現実的にはそれを
可能にすることはかなり難しいのは確かなんだが


ただ、俺の考えというか
この先の未来を考えた時に
一番の問題は
2と3の切り分けが出来ないことなんだと思う。

少なくとも俺は困っている、
俺以外にも困っている人は沢山いると思う、

でも、俺らの言い分は
ほとんどが3の精神疾患だと扱われて
まともに声としては
聞いてもらえていないと思う。

それがこの状態の人をどんどん闇に落として行っている、というか
解決の方向へは
一向に進まないものにしているんだと思う。



まず、社会情勢的に言えること

においを許容しない世の中になっている、
レベルの低いにおいでも不快だとして
排除しようとしている風潮がある、

とりあえず言えることだけど
体臭を嫌っている人レベルの人だと
腋臭の人なんて生存できないレベルだと思う、

俺から言わせれば
食べ物のにおい、
ハンバーガーとか、あのレベルで嫌だとか言われたら
ほとんど無臭以外許容されない世界なんだろうと思うが・・・

そのレベルに合わせようと必死になる人は
ほぼ3のタイプになっていく、

俺は世の中が行き過ぎていると思います、
まぁ反論しても構いませんよ、
常に書いてますが
デジタル脳、1か0の判断に繋がるような
思考は俺はなるべく持たないようにしていますから

少なくとも
手術を経験した人間のほとんどは
最初は誰しもが気が付くくらいの
酷い腋臭だった、
という仮定で言うなら

手術をしても
まだあの酷い状況が存在しているから
反応される、と認識するわけでね、

更に言うなら
術後臭っていう造語も生まれましたが
俺はそれに関しては否定的です。
それを言う人はどちらかというと
3の方面に行きつつある人か
きちんと認識をしていない人かなとは思います、
でも、それに関しては
未知な部分がないとは言えません、
否定できない部分があるのは事実です。

それは、俺も前から書いているけど
俺アレルギーと仮定して定義しているやつです。

つまり、俺自身がアレルゲンなんだろうという仮定です。

俺が接近すると異様にくしゃみをする、鼻水が出る、
そういう人が数多く俺の周りでは見られます、

これは事実です。

でも、そこから何かしらの飛躍的な論理展開を
する気はありません、

大事なことなんです。

これを読んでいる人が
それに該当する人かどうか

それは分かりません。

ただ、これだけは言えます。

大学であれ、それなりの医療機関であれ、
世の中であれ

データと現実に起こっている証言、もしくは
きちんとした裏打ちされた論文、

そういうものでなければ
周りは納得しないんです、

いくら感情で訴えても
何も物事は変わらないんです、

ただの精神を病んでいる患者さんにしか
ならないんです。

それに気がついてください。



俺は認知行動療法は必ず意味があると思います。
少なくとも
3の傾向の人は
これがきちんと出来れば
何らかの変化は起きます、

100%の改善となるとは言えないかも
しれないですが
少なくとも思考の歪みを
自分で矯正できることで
ある程度の緩和は望めると思う、

でも、これが重要なんですが
1と2の人は
治りません。

これは間違いないんです、

認知行動療法は決してポジティブな考えにしていくという
技法ではありません、

現実を直視する、
思考の歪みを修正する方法なので

本来の原因が身体にある人には
ある意味では残酷な方法とも言えるかもしれないです。

ある意味では見ないようにしていた現実を直視する必要が
出てくるから


少し前に
ほんまでっかTVで

有名な心理研究家の人も
言ってましたが

人のにおいのことを指摘すること
その作業は
どの悩みを扱うよりも大変でハードルが
高いと言っていたと思うんだけど

まさにその通りだと思う、

指摘されるのも指摘するのも
物凄い苦しい、そしてエネルギーがいる、

出来るなら避けて通りたい。


そして、人は嘘をつける生き物である。

正確なデータが知りたいと
こちらが願っても
実際に正しい答えが返ってくる可能性が
100ではない、

その中には優しさ、と陥れたいというマイナスな感情、

そのどちらもあっては
正確な答えは得られない。

そもそもがそれを聞いたところで、その人の感覚であって
それが万人の感覚ではないから

一体誰の基準に合わせているんだ、っていう
話になってくる。


上でも書きましたが
今の世の中は許容範囲が
とても狭くなっています。

少しでも0でないものは
否定する、排除する、という
風潮にあります。

この傾向はにおいの話だけではないです。
全てにおいて言えると思います。

この中で生きていくのは凄く大変だと
自分は実感しています。

だからどうしろ、と言われても
それに対しての答えを書くことは
できないんですが・・・

ただ、少なくともそれを認識して欲しい、
とは思います。

これも俺はたまに書いていますが
右からきたものを左に流す、

上から受けたストレスをただ下に流す、
それは
一番下の人が、一番端の人がただ壊れていくだけなんだ、ということ

誰かがそれに気が付いて少し止めるなり
緩和するだけで
物事は変わっていくかもしれないということ、

だから、少しでもこの流れを認識して欲しいということを
願っているという感じですかね。



俺が新しく人と関わらないことに
少し触れますが、

1,2,3のタイプの人によって
俺自身が接し方を変えないといけないから、
というのがあります。

少なくともオフでこの3つのタイプの人が混在すると

想像してもらえばわかるんですが
1と2の人が3の人に引っ張られます、
もしくは
2の人の(俺もそういう感じかもしれないが)
論理に引っ張られる、

1の人に関しては
一番重要なのは
本人の意思である、
現実問題で存在している、においをどうしたらいいか、と言うことなんだと思う、

でも、2の人は
どちらかと言うと
理解できない現実と戦っているので
状況が知りたい、と思っていたり
どちらかと言うとこれからどうやって
生きて行ったらいいのか、と言う部分で悩んでいる、

3の人は現実を見失ってしまっているので
それを取り戻す作業をしないとならない、

この3タイプの人に同じ場所で
同じことを語ったところで
効果は全然違う、

だから俺はあまり多くの人数で集まることに
意味を見いだせなくなった、というのは確か。
勿論ネット上の掲示板等も含めて

個別で付き合いのある人には
その人に合った
話をしているし

結局のところ、抱えている背景とか
進みたい道とか考え方が違うので
全ての人が同じ回答にはならないと
俺は思っているから

そしてもちろん、それは
俺自身にも同じことが言えるわけで

だからこそ
これは常々意識しているが

俺の生き方は俺が作って行かないとならない、
そしてそれは
誰も参考には出来ない、

初めての道を進んでいるんだろうから・・


ちっとも嬉しくないけどね。

誰か参考に出来ればどれだけ楽か
って
よく思うよ。



・打算的な話

俺は自分の人生をここに記すことで
後から来る人に少しでも参考になればと思って
ほぼ毎日更新をし続けてはいるけど

どこかで打算的な考えがないわけではない、

それは誰かがこの問題を解決してくれないかな、
っていう打算をどこかに持っているのは
事実、

つまり、それを自分がやろう、とは思っていない。
と言う部分が打算的なんだろうね、

それは上でも書いたけど
自分でやることになるということは
あれこれ傷つかないと
先へ進めない部分が多分にあるからであって

そこを超えられる精神力だったり
協力を得られる環境が揃っていないから
というのが
大きいんだと思う。


たとえ話で言うなら

80年生きられれば幸せだと言っている人間が
不老不死の研究をするか?といえば

それはしないだろう、っていうのと
似ているかな

この悩みを抱えている人は
結構居るだろうが
結局のところ
自分が悩むことがなければ
別にそれを完全に治す必要なんかないっていう
考えになると思うんだよね、

においを無くすという方向性自体が
既にデジタル理論なわけで
つまり
1を0にするって話なわけだから

それを願っている時点で
既にその人もデジタル思考なんだよね。


そう突き詰めていくと

俺の理想は
俺が許される社会であるならば
俺はこの悩みを考えることは減るんだ、と
思っているし

それを願っているんだってことかな

俺を許容してくれる人と付き合っていければ
それでいい、

そういう考えで暮らしてきたから
今までやってこれたんだと思う、

それは確かに環境依存なんだろうけどね、



長々と書いてしまったけど
今の時点での俺の
考えはこんな感じかな、

勿論、時間が経過することで
またあれこれ変わって行ったりも
するのかもしれないけど

また夏がくる、
同じことが繰り返されるんだろう

俺にあとどれくらい
命があるのかわからないが

俺はある時点からは
本当にやりたいようにやってきたから
悔いはほとんどない、

いつ終わってもそれほど問題はない、

残りの時間で
何か楽しい事でもあればなぁ
くらいに思って生きているわけで

生きている間に
この問題に大きな変化があれば
それはそれで
そういう世界で生きてみたいっていうのも
あるかもね。

でも、わざわざ辛い思いをしてまでそうなりたいかと言えば
決してそうではないってことなんだろう

まぁ満足したってことなのかもね

そわそわ

2014-09-17 06:53:55 | においのこと
最近このカテで書くこともなく

本編にもそれらしいことを何も書いていないので
もう治ったんだろう


思う人がほとんどだろう、

でも、
長いことこれで悩んでいる人間は
多分だけど
これは一生消えることのない
持っているもの、
という
扱いは変わらない、


少なくとも俺に関して言うならば

環境を俺のやり易いように
変えてきたに過ぎないので

俺自身がケア用品を変えたとか
手術をしたりした、のように
何かの変化があったわけではないので

5年前の手術のあと
かわることはあり得ないわけでね、

あの時と反応も
周りの空気も
変わってはいない、筈なんだよ。


ま、俺の頭の中が変わったというか
考え方を変えた、というのは確かだけどね

受け入れること
それに焦点を当てるのをやめること
自分がなりたいこと、したいことをするために
やりやすい方法を模索すること
そういう考え方にするようになった。

つまり、

俺はくさい。ということを受け入れた、

まぁ悩んでいる人からすれば
諦めた、という表現をする人がいるが
そう思いたければそれでもいい、

俺はそれを治すために必死になって
時間を無駄にするのは無意味だと思った。

それが次の文に繋がるが
人は
願ったものは叶う
強く念じれば念じるほど
意識すればするほどその事柄に寄って行く、
だから
自分がにおいのことに焦点を当てれば当てるほど
そういうことが自分に集まってくる、

それを避けるためには
他の物事と同列になるくらい
意識を他に向けなければならない、

というか、
俺はそれのプロになろうと言う気がないから
それ以外のことに興味を向けた、
それだけのことだが

でも、何処へ行っても
ふと酷いわきがのにおいは感じる、
昨日も普通にね、

俺は相変わらずだな、と
思いながら
通過するんだが

ただ、
どうにも
ここにこんな記事を久しぶりに書くぐらいに
俺が
気にしてしまうのは

夢のことだな

夜に寝ることができる時は
最近も夢を覚えていることがある、
そして増えてきた。

最近それ系の夢の頻度が上がっている気がする、
仕事をやって
上手くいかなくなっている夢とかも
見ることがあったな、

前から書いているが
俺の夢は予知夢を含んでいることが
あったので
そういう未来を俺は心配しているというか
おびえているのかもな


2014年2月現在での俺の考え

2014-02-25 16:25:35 | においのこと
さて、どこから書いたものか

まず、今の俺が上手く行っているのか?
という部分から
書いたほうがいいのかもしれないが

このブログが始まった2009年の時点
最後の手術をした、
しかし、その直後ガーラでなんかおかしな感じになり
派遣の仕事へ行って相当凹んで
その後秋まで仕事はなかった、

あの年のことを考えれば
あの時から今まで
俺は身体を基本そういう方向ではいじってはきていないわけだ、

ま、レーシックをしたり歯医者に行ったり
関係のない部分はいじってはいるが

基本はあの時点となんら変わらない、

でも、現状では
毎月定期的に収入はある、
仕事も行っている、
日常で不自由があるかといえば
さほど不自由は起こっていない。

大きく変わった、と言えるのか
それは何とも言えないが
変わったと
俺自身が言えるとするならば
俺の頭の中が変わったのかもしれない。

それは間違いない。


俺は事あるごとに書いているが
今の俺が完成形ではない。

俺の理想はもっと先にあると思っている、
つまり、
今の俺はまだ本当の俺ではない、

結局、今振り返ってみれば
俺を大きく変えたのは09年の出来事であって
あの時にやったこと、とか
覚悟が
今の俺を作るスタート、基礎になっているんだと思う。

思えば30から始めたスノーボードも10年は続けているが
これもここまで続けた要因は
これと同じ考えがあったからだと思う、


それは自分本位、自分主体、
今ある自分を受け止める。

それだけのことなんだよね。

世界の中の自分じゃなくて
自分の居る世界

ボードを始めた頃にここには書いていなかったかもしれないが
俺はしばらくやろうと考えていたことがあったんだけど

初心者注意。
とか
よく転びます。
とか
避けれないので避けてください。
とか書いてあるTシャツを作ってウエアの上に着て滑ろうかとね。

俺が初心者の頃に思っていた感情

恥ずかしい、
情けない、
迷惑だろう、

的な感情

今でもボードに行くときに記事に書くけど

俺はあくまで転びに行っている。
転ばないやつは上手くならない。

これはすべて上の感情をどうにかしないと辿り着けない感覚なんだよ。


それをどうしたらいいのか、

初めから自分は初心者です。
と宣言してしまえばいい、
それだけのことなんだ

滑りに行ってない、転びに行っている、

上手そうな格好してキャリアも増えてくると
当然まわりも上手いんだろうなって目で見てくる、
そんな中で滑れば当然失敗できないだろ

だからはじめっから初心者です、よく転びますって
宣言してしまえばいい、

そうすれば転んでも普通、当たり前としか見られない、


それと同じ

俺はくさいんです。

それを受け入れた、それだけのこと


悪者だと世の中では言うのかもしれない、
でも、自分から悪者になればいいだけのこと

ま、嫌われ者でもいいよ。

要は、悪役にされるのと
自分から悪役になるのでは意味合いが全然違うということ

確かに俺も10代20代
過去は一生懸命消臭、くさくない人になろうと必死だったし
願ってもいたよ、

でも、意味がないんだ。

無駄だって思った、

俺のやりたいことってそんなことじゃないから


一人でボードにも行ってるし
釣りにも野球もライブも見に行ってる。
仕事も完結してる、

別にくさくても生きてはいける、

楽しくないかって?
楽しいけど・・・


俺がまだ完成形ではないと書いているのは
俺自身、まだまだ隠している部分があるからと思うから

もっと前面に俺はくさいんだよ~~
って言う部分を出していけてないことかな
その部分が俺には
まだまだだって思う、


そうだなぁ

俺のプロフに人生においで悩みぬいた男
とか書けない部分がまだだなって
感じか

俺くさいけど、どっか行く?
とかいう誘い方が出来ないのも
まだまだだな、

くさい人を売りに出来ていないから
俺としては全然上手く行ってないって感じだな

特に仕事に関してね、

まだ、くさいことを前提に仕事が出来ていない、
その辺がね、
俺が一番改善したい部分なんだよね、

それが居心地が悪いと言うことに繋がるし
ストレスにもなるからね、


結局どうだったのか(身体編)

2009-09-28 16:51:03 | においのこと
まず、車で出かける時は
人からの反応は受けづらい、

ほとんどが車の中にいるので

だから俺の気持ち的には全然普通

時期もいい加減9月も終わりだから
先月ほどどこ行っても
反応されるよとか
言われるみたいな感じでもないのかもな、

今回で言えば
俺の気持ち的に
切り替わってしまったのは
二日目のアリーナに入ったところからだな、

ただ、振り返ってみると
一日目も俺の後ろの席とかでは
なんかあったのかもしれないが

急にデオドラントのにおいがしてきたりも
してたから
周りが気にしてはいたのかなって
今思えば思うけど、
でも俺自身は何も感じなかったんだよね、
会場を出て
Tシャツとか胸の辺りが
汗臭いなって感じたくらいで

でも、二日目にアリーナに入ってからはダメだった、
俺が席に行った瞬間から
後ろからはげしい反応をしていたし

この時点でこりゃヤバイことになるぞって
思ったんだけど
まぁ、帰るのもなんだしなぁって
思って
最後まで居たけど

ひめぎんの再演だったね、
においの話的には

わきがのすごいのがしてるんだよね、

やっぱり俺なんだろうなぁ・・・

隣も当然俺と同じでオークションで買ってるチケットなんだろうけど
お姉さんだったから
初めからかなり気を使ったな、

後ろに居た兄ちゃんは言ってたけど
まぁそりゃあんだけにおいしてれば
気がつきはするだろうな、

でもまぁ
一日目はわからなかったのに
なんで2日目はあんなにハッキリわかったんだろう
っていう
差の部分が
俺にはよくわからないんだけど

まぁそこまでの時間経過が違うからなって
ことなのかもしれないが

なんとなくだけど
シートで拭いたりとかケアをすると
悪い結果になりそうな気がしなくもないんだが

まぁ何度も書いているけど
どうも何かしらの原因はありそう
なんだよな、

正直な話
ライブが終わった時にでも
隣のお姉さんとか
後ろの兄ちゃんとかに
色々聞ければ一番良いんだけどね・・・

さすがに見ず知らずの人に
そこまでは俺も勇気がないというか
なんというかで
出来ないな、
逆に言えば
相手が何かアクションを起こしてくれた方が
何かが出来そうな気はするけど
それもないんだよね、

まぁ実際迷惑かけちゃってる面もあるからなぁ

あの状況下で
盛り上がるのはさすがに難しいな、

帰ってからも色々書き込み調べたりもするけど
書いてないし

証拠がないと
動けないってのも
ある意味辛いというか

この状況じゃ病院に行っても
気にしすぎと言うだろうしね、

実際この前と同じで
着ていた服を嗅いでもにおいはしていないし

相変わらず
深みにはまったままだよ、

でも、なんとなくだけど
こういう形で進んで行って
いつか証拠を見つけて
医者と話し合いとかになっていくというのが
俺の狙っている方向性なのかなって
思うんだよね、
そういう意味では
俺はもっとある意味では傷つかないとならないし
もっとオープンに人と関わらないといけないなって
思った、

普通の人はそんなことをしないっていう
ことをしないと
これは変えられないって思うから

履歴書の時もそうだったけど

狙いがあるからあえてやっているんであって

何かが変わってくれないと
馬鹿な奴で終わっちゃうからね、



8/13

2009-08-14 00:14:43 | においのこと
今日もカテゴリーは
においのことだけど

内容は日記と一緒です、

まず、チケット届きました、
これで多分週末には行くと思います、

行かないという選択は消えたと思いたい


で、

今日は主に3つのキーワードがあり

そして
俺のただの感情のぶつけるところがない
愚痴になるかもしれないけど

できるだけ俺が思っていることを
正確に書きたいと思う、



何で俺のような人が
後を絶たず次から次へ現れるか、

そして何で深みにはまる人は
抜け出せないのか、


それは切り分けができない、

わきがと体臭or自臭症

言うなれば身体に原因がある人
(心)頭に原因がある人、
大きく分けてこの二つが原因になっていて、

この切り分けが難しい、

なぜ難しくなっているのか、
それは一つは人は嘘をつく生き物だから、
もう一つは
においというものは性質上
目には見えないから人間が感知しづらい、
人によって感じるレベルが違う、
こういう部分が
この悩みを奥深いはまりに引き込んでいる、


今日、あまり嬉しくないものを
見てしまった、

同じ悩みの人は見ないほうが
いいかもしれない、


これはたまたま俺がこれから行こうとしている
ライブのレポを見たくて
2chで見てしまったレス

「昨日1階○列×番の奴体臭臭過ぎ!
ライブどころではなかったよ 」

列と番号はあえて伏せさせてもらったが
実際には書き込まれていた、
これは完全に行った奴には
特定できる話だ、

当然本人が見ていれば
かなりショックだろう、


実際に俺は芸能人でもないし有名人でもない、
でも芸能人や有名人も
日々こうして
自分の名前を出されて
あることないこと散々批判されている、

それが商売だといえばそうなのかもしれない、

でもこれは実際どうなんだろう・・・


そして実は俺も過去に同じようなことをやられたことがある、

パチ屋の掲示板で
店への苦情や意見が書き込めるようになっていたところで
明らかに俺のにおいが迷惑だというような
書き込みをされた、



そして次のお話

俺はここのところ
あちこちのブログを読ませてもらっているが
特にはまって読みふけっているのは
癌患者さんや病気で闘病されている方のブログ、

そこでちょっと俺の中で考えさせられたこと、

患者さん本人がやっているブログに関しては
特にここで書くことはないんだけど
家族の方が書いておられるブログを読んで
たまに俺が思ったんだけど

がんに限ってなのかもしれないけど
今の時代、結構末期でも
本人に告知するというのが今の社会の流れになっている
みたいなんだけど
家族の方の協議で本人に告知すると
自殺してしまうかもしれないとか
QOLが落ちるからっていうことで
告知なしで闘病される方がいる、

そんな中で本人が家族や医者に私は本当は・・・?
って聞いてきても
本当のことを言わないことの辛さみたいなのを
書いていて
看護士さんやまわりの人が
患者に聞こえないところで
それとなく病気のことを話したりしているのを
激しく咎めたりしているのを
読んで
俺はこれってどうなんだろうって
思ったりした、


もちろん命が関わっていることなのかもしれないから
俺や俺みたいな人の悩みに当てはめるのは
正しくないのかもしれないけど

私、がんだよね?
周りの人が言ってるのとか雰囲気で
なんとなくわかるよ

いいえ、あなたががんなわけないでしょ
絶対治るんだから
しっかり治療しようね・・・



俺が俺はくさいよね?
周りでもくさいって言われるんだけど・・・

と聞いても
絶対にあなたはにおいなんかしない、
周りの人が言ってることなんか
嘘だから
気にしないでいいの、

とやってることは同じでしょ

そんでそれを言う身内って
本人にとって味方か??


最後に

これはあまり書きたくはないんだが

夜に知り合いが家に来て
渡すものがあって
会ったんだけど
家の前で少し話し込んでいた、

隣の家の人がたまたま出てきて

「すごいにおいだね~」
と家族で話していた、

これは俺の事じゃないないよな?

今の俺は
これを聞いたとき
動揺したよ、
汗の噴出量は倍増、
知り合いとの話も上の空、

だけどこれでわめき散らしても
しょうがないじゃん、

何この人、
違うにおいの話してるのに
何一人でわめいているの?
ってなったら、俺は何?

それか、すごいにおいだなんて
言ってないけど、
って言われたら、俺はただの幻聴を聞いたことに
なってしまう、


この3つを
読んでどんな風に思ったかな


当人が自分の鼻で感知できないことを
言われていると
俺がいくら訴えても

それを証明するのは
難しいと思いませんか?


言った人が居て
言われた人が居て
更に間違いなくその発言が形として
残っていなければ
それが現実にあったとは
認めてもらえません、

更に事実を捻じ曲げられていないで
という条件もついてね、



とにかく、
今日は俺が何が言いたいかも
よくわからなくなったけど



俺みたいになっている人に
言いたいのは
まず、初めに自臭症を疑ってください、

これが間違いなく否定できたら
身体の病院に行って下さい、

それが多分解決する早道だと思います、


それと
自臭症傾向の人を色々見てきたけど
結構、同じ考えを持っています、
考えてみてください、


あなたは自分のこと好きですか?


あなたと同じわきがや体臭がする人のことは
どう思いますか?
その人を許せますか?


きっとこの二つの問いには
自臭症の人は同じ答えを出します、


NO,NOとなると思います、

ひょっとしたら
違う答えの人もいるかもしれないけど

自臭症が改善してくると
絶対に答えは
YES,YESになる筈

俺はそう思う











8/10のその2

2009-08-11 00:42:12 | においのこと
カテゴリーだけ少し変えて
続き、

このブログのカテゴリー機能は正直俺には使いづらい、

読む人には分けた方がいいんだろうけどねぇ、と
最近あちこちの人のブログを読んでて
思ったけどさ・・・


さて、
3択を迫られて
月曜だから一応求人とかも調べて
受けれそうならどんどん受けたいところなんだけど

とにかく昼過ぎてハロワに行きました、

昨日から親とは喧嘩している、

初回の手術の時から
俺は親を信用していない、

俺と同じ内容のブログを書かれている人も
なんてタイムリーなのか
俺の頭に引っかかることを書いていましたが、

肉親ほど本当のことって言わないのかね?

今日は別にわきがとか関係なく
台所へ行くと科学的なにおいがしていて
妙に鼻につくので
親にこれなんのにおい?と聞いた、

昨日の今日だからなのか
完全に逆ギレ
知らないわよ、
わからない、
生きているんだからにおいはするものでしょう・・・

だと、

俺がにおいのことを言うのが
どうしても気に食わないらしい、

逆に言えば何でそんなに神経質になっているんだと・・

ちなみにこの科学的なにおい、相当気になるんだけどね・・

何か特定できないんだけど
どうもフキンを漂白しているのかもしれない、

今まで嗅いだことのないにおいだったから
気になったんだけど
洗剤変えたりしたってことなのかな

だいたい、この強いにおいに気が付かないって
ホントかよって
感じなんだけど


とにかく、これ以上話していても話がこじれるので
俺はハロワへ


一応、気になったのがあったので
印刷してこようと思ったし
よさげなら明日早速受けようと思ってた、

でも、

でもさ


タッチパネルの前まできたら
するんだよ、

強烈な、

わきがのにおいが

何でなんだよ

そんでさ、
それでも俺は「うわ~」なんて言って
発狂して逃げ出したりはしないけどね、
これも結構ありがちなことだし、

でも、やっぱり隣の兄ちゃん反応してるんだよね、

とにかく、
俺が言いたいのは

俺の感じたこのにおいは、どこから出ているの? 

この後、散歩して結構汗かいて家に帰って
自分でにおいかいだけどさ、
Tシャツも脇もにおいなんかしていないんだ、

少なくともタッチパネルの前で
感じた、アレはどこからもね

ちなみにアレって
俺が手術する前の
本当にわきがが酷い人の
何にも対策をしていない状態の人が
出している位のにおいなんだよ、

あれなら誰が嗅いでも
わきがだよ~~
ってわかるレベルだ、

いつも思うんだけど
アレを
俺からと
周りは思うんだよな

だから俺に対しての風当たりは強いんだから

でもさ、
今日感じたアレは
俺の脇からは全然しないんだよね、


もう、訳わかんねーよ


って散歩しながらず~~~っと考えてた、


たった数分の出来事で
受けようと思った仕事も
ひょっとしたら電車で行ってみるかと思っていた
ライブも
全部考えは吹っ飛んだ、

今日の隣の兄ちゃんみたいによ
わざと意識して鼻ならしたりするんだよ、
そういうのは
いつもなんだけどさ、
京セラドームとかもそうだったな、

もう大変なんだから・・・

ってなんか最近、俺ブログのキャラ変わってるな

誰かにメール書いてるみたいになってるな


もう誰も頼りにならねーんだよ、
普通じゃないんだろうな、
手術して実際脇のにおいはしないんだから
それなのに
相変わらず俺の周りは
わきがのにおいがしてるんだろ

まわりは俺のせいにするんだよな、
でも、医者は俺は全然そうじゃないって言うんだ、

どうにもならんじゃん、


そんで結局俺が精神的にヤバイって言うんだろう

さいてーだな


もう別にいいけどさ
慣れたよ、この状態


ただ、俺は俺に起こったありのままを
ここに書き続けるだけだから


俺の頭がイカれていないのならば
俺はある意味難病というか
過去の判例には当てはまらない状態に陥っている筈だから

俺という存在を書き記していれば
誰かが気が付くか
問題視することになれば
解決策も生まれるかもしれない、

まぁ仮に俺が死んでしまったとしても
次にまた同じような人間が現れた時に
次の人は
頭がイカれていると
診断されないかもしれない、


そうやっていつか
俺の生きたことが
意味のある日がくればいいかな


旅の裏

2009-08-03 13:34:24 | においのこと
表向きな旅は
何事もなく淡々と予定通りに時間は
過ぎて行き
無事に家に帰ってきたわけだけど

俺の頭の中、というか
心の中はめちゃくちゃだった


2月に最終的に自分で自覚できるわきがのにおいを
消すべく右だけを再手術して
それ以降
俺の鼻ではどんなに汗をかいても
脇からあのにおいを感じることはない、

その事実を踏まえての今回の旅

手術後長い時間家を離れるのは今回が初めて

どんな感じになるか
気にはなっていた、

少なくとも去年よりはマシな状況で
居られるんじゃないかと
期待はしていた、

今回は前回みたく移動が電車ではない、

なので俺としては厳しい状況はそう長い時間には
ならない筈、

そして
向かった

初めに異変を感じたのは京セラドームの2階を歩いている時

突然あのにおいを感じた、

人が沢山居る場所で
俺ではないだろうと思った、


ある一定の場所に行くとあのわきがのにおいが
することがある、
エスカレーターとか
今回もホールだったので
その類かもしれないと
思い
更にあちこち移動

明らかに周りの反応がおかしい

一度トイレに入って
自分からにおいを感じてみるが
服からも脇からもあのにおいはしない、

更に今回はドームに入る前に
わざわざ新品のTシャツに着替えた、
なのでいわゆる汗臭いという
洗濯物の嫌なにおいすら
感じなかった、

周りの反応でおかしな反応というのは
具体的には
俺の周りにいる人間が
妙に自分の身体のにおいを嗅ごうとする、
自分のというのは俺のことではなく
相手の身体のということね、

これから先は
想像でしかないので
ただ俺がテンパっててきとうに書いていると思ってもしょうがないが
これは今回の手術よりも前
かなり昔から思っているんだが
俺を指摘したり
嫌がっている人たちは

=俺の脇からのわきがのにおい
を指摘の対象にはしていないのかもしれない

俺はかなり前から
思っているんだが
ふとした瞬間に物凄い腋臭のにおいを感じることはある、
でもそれは
=俺の脇からしているにおいではない、

俺がたまに感じるそれは
何も対策をしていない
強度の人がただ汗をかいた時に出す、
俺が手術をする前に何もつけていないで
いるようなにおい

もし、仮にそれが俺の周りでしているのだとするならば
今の俺の目に映る光景というのは
事実としては説明が付く

とにかく、周りのほとんどの人が
何かしらの反応をしている、

そしてとうとう後ろを歩いている奴らに
言われてしまった、

でも、相変わらず俺にはそれがわからない、

ドームで5階に行ったのは
いくら空いているとは言え
3階にいればそばに人が来るだろうから
初めから人がこなそうな5階へ行った、

でも、座っていると小学生のグループが来て
そばに座ってきた、
俺と一番近くに座っていた子が
結構厳しそうな反応をしていた、
(咳き込み系)

左後ろに座った家族連れは
だんなさんは自分の身体のにおいを何度か嗅いで
自分ではないか確かめていたね、


気にしている、今の状況の俺からすれば
この程度の反応
気にしすぎの部類に入ってしまうし
これで確実に俺が・・・という
確証には何もならないのはわかる、

でも、もう今の俺には
それだけでも充分まともに
試合を観ていられる状況ではなかった、

席を移動してからは周りに人がいなかったので
少しはまともに試合を観れたが
更に厳しい状況が
この後待っていた、

去年もそうだったが
今年もだった、

ネットカフェ、

嬉しくないことに
周りの声が結構聞こえてくる、
最悪ヘッドホンして
寝てしまえばいいのかもしれないが
音を聞きながらはなかなか寝れないので
眠いんだけど横になる、
すぐ眠れるかと思えば
全然寝れない、

ペアシートに入っているカップルだろう

くさいんだよ、
耐えらない、
なんていう話が聞こえてくる、

そのうちいびきとか寝言とかも
混じって
予想以上に色々な音が聞こえて
益々寝れなくなる、

最終的には周りの音は
ほぼ全部が帰った後
静かになったが
3時近かったかもしれない、
5時には出たので
2時間も寝ていないだろう

帰りもSAで
微妙な空気を作り出し
たまにふっとあと凄いにおいを感じて

精神的にくたくたになって帰ってきた、

年々酷くなる、
ではないな、
実際の所は
何をしようが一定、
と言った感じかも

手がなくなっていっている、
仕事とか対策とか
そういう意味で精神的に追い詰められていっているから
状況は悪くなっているのかもしれないが
俺の現実的なにおいにおいての
環境は何も変わっていないというのが
真実だろう

でも、上で書いたが
手術もして自分でも感じないものが
俺の周りからしている、なんていう
論理があるのか?と
自分自身でも思ってしまうんだが・・・


俺の仮説(オカルトかも)

2009-07-22 23:55:03 | においのこと
さて、
これから書くことはあくまで俺の勝手な仮説ですので
読んで鵜呑みにしないでください、

俺はこう思った、
みたいな文になっていますので
よろしく、


わきがの手術を両脇とも二度終えて
自分ではわきの腋臭のにおいをほとんど
感じることがなくなった昨今ですが

今でも街ではおかしな反応と場合によっては言動も
聞くことがあり
俺としてはあまり改善が見られない毎日なんですが

こういう追い込まれた状況になっている人
(手術しても良くならないと言う人)が
改善したと言う書き込みや
ブログを見ると
必ずと言っていいほど出てくるのが
体質改善、
食事療法的なものですね、

実際に効果がない、とは俺は思っていません、
たぶん、やればそれなりに効果はあるでしょう

でも、俺は一人暮らしをしているわけではありません、
俺と同じ食生活をしている人間がいるにも
関わらず俺は悩み他の人間は悩んでいない
これはおかしな結果だと思うのですが・・・

それに俺自身他の人よりも特段変なものを沢山食べている
と言えるかといえば
ある程度はノーマルな食生活をしていると
思います、

そして俺自身
菜食主義にして生活することを望んでいないので
そういう改善方法は望んでいません、


で、話はここでいきなり変わるのですが

俺は昨日ふと気が付いてあることを調べていました、

ちょっと前の日記にもチラッと書いたんだけど
最近よくテレビでも宣伝している
AGAってやつです、
俺自身薄毛は結構きています、
でも、積極的に治そうとは思っていません、
においのことに比べて
相手に迷惑をかけている、と感じる部分で
大きく違うので
頭の毛が無くなる事にはほとんど興味がないです、

しかし、医者で治す薄毛とは
どういうものなのか?という
知的好奇心はあり、
俺自身別に医者でもないのに
やたらと調べたりするのが好きだったりするんだけど

昨日もそんなことで調べていた、

で、調べてみると
どうも飲み薬を処方するようだった、
そしてこの飲み薬が
プロペシア、というもので
これは元々前立腺肥大もしく癌の治療薬ということで
使用されていて
その患者が使用中に頭髪の薄毛に改善が見られたというところから
薄毛治療に運用されるようになったというものらしい、

ここで俺はふと気が付いた、

前立腺肥大、薄毛、
これらはどうして起こっているのか?

男性ホルモンの影響らしい

薄毛になる原因は
男性ホルモン、ストレス、生活習慣、食生活

?さっき書いた何かと似ているような?

まぁよく頭皮の拡大写真とか
出しているよね、
そんでその類の人は必ずこんな事を言っている、
皮脂が毛根のまわりにべっとりですね、
洗い方が良くないので
洗えていない、とか

たしかに俺もかなりの脂性だし
薄毛になってくると何故かわからないけど
頭が光ってくるんだよね、

要するにこの油、皮脂ってのが
関係しているんだろうな、色々

で、この皮脂が多く出てしまうのが
男性ホルモンの影響ということなんだろうね、

ってことはこの薄毛の治療薬を飲んだら
薄毛、じゃなくて
皮脂の出方にも改善があるんじゃないのか?

そして更に飛躍させると
皮脂って要するに汗だよね、

皮膚からの分泌物

それってにおいにも関係してるよね、当然

アポクリン腺は取ってしまったから
わきがのにおいには直接関係ないだろうけど
エクリン腺の汗のにおいの
状況改善にはなるかもしれない、

となんとなく思った、

まぁ俺の場合は
そもそもが薄毛なので
表面上薄毛の治療と思って使えば
なんの問題もなく使え
薄毛が治ればそれはそれで
やってみる価値はあるな、と思った

しかし、
このプロペシア日本では処方箋がないと買えない
薬だった、
更に保険適用ではない、

う~ん高い、

ところが
薄毛に悩む多くの人がこの世にはいるので
調べれば違うルートでどうにかなるもんなのね、

個人輸入でネットで買うことが
可能だった、
更に調べると
ジェネリックでフィンカーという物も出ていた、

このフィンカーって薬は
前立腺用の薬なので1錠5mgで作られている、
薄毛用には一日1mg摂取らしいので
1/5に割って使えと書いている、
ということは5倍使えるということで
お得感ばつぐん、

早速注文~
するお金すらない俺でした・・・・

てか、マジで
このブログ薄毛を治療しよう~な
ブログになっていってしまう・・・

まぁ、お金ないんで
このネタは保留ということで

ちなみにこの薬は男性用ですので
女性と子供は使えません、

それと何度も書いてますが
俺の勝手な妄想ですので
信じないでね、