Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

朝、目覚めると、戦争が始まっていました

2018-09-20 08:31:13 | 読書
方丈社編集部 編集,方丈社 (2018/8/3).図書館本.☆☆☆☆

Amazon に引用された出版社からのコメント*****
意外なことだが、知らないうちに始まっていた太平洋戦争に、多くの国民、知識人は感動した。戦争を体験したことのない世代が、ほとんどとなりつつある現在、日本が体験した直近の戦争を振り返り、「あの日、日本人は戦争をどう感じ、何を考えたのか?」を追体験するという意図のもとに、本書は編まれた。太平洋戦争の勃発に、短編小説『十二月八日』で応えた太宰治は、こう書いている。「きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう。昭和十六年の十二月八日には日本のまずしい家庭の主婦は、どんな一日を送ったか、ちょっと書いて置きましょう」太宰治が書き、伝えようとした言葉を、77年後の私たちは、どう受けとるのだろうか。*****

カバーは当時の新聞写真だが,一面に「米英に宣戦布告」のみだし.でもふたりは娯楽面を読んでいるような表情.

見開きの右ページに名前・肩書き・当時の年齢・出典,左ページに文章.発言者の年齢順に並べてあるようだが,女性は皆無.最後に太宰治が主婦の言葉で書いた小説があるのみだ.

例えば,54 歳の折口信夫は
「戦線のみことのりの降ったをりの感激,せめてまう十年若くて,うけたまはらなかったことの,くちをしいほど,心をどりを覚えた.」
...8 割がたがこの調子.

正反対が神山茂夫.中野重治は「瞬間,うちに帰れば,特高が来ているだろうな,と思った」.
その他,残り2割から拾ってみると.
岡本太郎 「...もう入隊はきまっている.ああ,オレは間違いなく死ぬんだ...」
野口冨士男 「...アメリカと戦闘状態に入ればアメリカ映画は見られなくなる...その日私が妻子をともなってみにいった...フィルムは「スミス都へ行く」であった」
古川ロッパ 「...ラヂオが盛んに軍歌を放送している...三時から支度して,芝居小屋のセットへ入ったら,暫くして中止となる,ナンだい全く」

政治家 (近衛文麿,松岡洋右,木戸幸一) はおおむね冷静で客観的.軍人・真崎甚三郎曰く
「最初は勿論勝利を得れども終局の見へざることが最大の癌なり」.
例外は東條英機で,「いよいよルーズベルトも失脚だね」と浮かれるのみ.

目次*****
ラジオニュース(午前七時)
吉本隆明/鶴見俊輔/黒田三郎/加藤周一/ピストン堀口/新美南吉/岡本太郎
ラジオニュース(午前十二時・東條英機首相演説)
野口冨士男/保田與重郎/竹内 好/埴谷雄高/中島敦/火野葦平/高見順
ラジオニュース(午前十二時三十分-1)
亀井勝一郎/坂口安吾/伊藤整/神山茂夫/木山捷平/阿部六郎/山本周五郎
ラジオニュース(午前十二時三十分-2)
古川ロッパ/島木健作/今日出海/中野重治/上林暁/矢部貞治/尾崎士郎
ラジオニュース(午後三時)
井伏鱒二/横光利一/金子光晴/獅子文六/河合栄治郎/近衛文麿/清沢洌
ラジオニュース(午後五時)
青野季吉/木戸幸一/室生犀星/中江丑吉/長與善郎/折口信夫/木下杢太郎
ラジオニュース(午後七時)
東條英機/秋田雨雀/高村光太郎/斎藤茂吉/松岡洋右/正宗白鳥
ラジオニュース(午後九時)
永井荷風/真崎甚三郎/徳田秋声/鶯亭金升/幸田露伴/徳富蘇峰
「十二月八日」太宰 治
略歴
解説 「始まりは,大々的には始まらない」武田砂鉄 *****
コメント

森林官が見た 山の彼方の棲息者たち

2018-09-19 09:26:35 | 読書
加藤博二 河出書房新社 (2018/8).1937 年刊「深山の棲息者たち」の再刊.なぜ今? とは思うが,同じ著者による「森林官が語る 山の不思議 飛騨の山小屋から」も,おなじ出版社から 2017/9 に刊行されている.

全24話.タイトルから好奇心を刺激したものを挙げると,
 山女,密造酒,巌窟ホテル,猿の宝もの,性神を祀る村,娘のいない村,略奪結婚部落,...
山の未婚の男女は精神的恋愛には無縁だが性的には早熟で奔放.しかし結婚後は至って固いというのが著者の認識らしい.

しかし
 森林官の生活,山火事,雪崩,雪の猟師
のような生活に密着したタイトルも読み応えがある.

ワンゲルと称して山の中をうろついたのは 1960 年代以降だが,多少はこの本の刊行時の雰囲気が残っていたような気もする.

Amazon の内容(「BOOK」データベースより)*****
奥山の残酷と至福の物語。山役人というものは山奥を生活の場とする。山の彼方で、山暮らしに一生を終わる、さまざまな人と袖振り合う。炭焼き、猟師、山宿の親爺、サンカ、薬売り、山芸者、山娘、蘭を愛でる病人…だれもがみな、懐かしい想い出のひとたちだ。*****

文体には,戦前の大衆文学のような趣があった.
カバーは吉田博の版画.
☆☆☆☆
図書館本.
コメント

さらばピカソ!

2018-09-18 09:09:50 | 読書
アルファベータブックス (2017/8).
副題「画家ゴッドワードの日記」たしかに何月何日を順番に章立てにした書き方.しかし過去の事件もこのスタイルで書き通されると,読む側としては抵抗を感じる.

Amazon の内容紹介 *****「この世には、ピカソと共存する場はない! 」―「大理石か海を背景に思いにふける若い美女」を描き続けたネオ・クラシック派画家の、ローマでのピカソとの葛藤の日々を描く迫真のノンフィクション・ノベル! *****

ジョン・ウィリアム・ゴッドワード(1861 〜1922)はネオクラシック派のギリシャ風の美しか認めない英国人画家であった.「あとがき」によれば,オークションで1957年に百ポンドだったゴットワードの『SummerIdleness:Day Dreams』(『けだるい夏~白昼夢』)という絵が,2012年のオークションで38万ポンドの値がついたそうだ.

画家ばかりでなくディアギレフ,コクトー,アンセルメなど,有名無名人が続々と登場する.しかし小説としてはつまらない.ゴッドワードの 20 歳年下のピカソ非難は遠吠えに終始する.暴力沙汰にでも発展しないかという俗な期待は裏切られ,ピカソに美しいモデルを奪われておしまい.

カバーはゴッドワードの Violets, sweet violets.もともと丸い絵らしい.

絵画について深い記述があるわけでもない.読む人が読めば良い本かもしれないが,ぼく的評価は☆☆.
図書館本.
コメント

QJKJQ

2018-08-30 08:45:08 | 読書
佐藤 究 講談社 (2016/8).

Amazon の内容(「BOOK」データベースより)*****
猟奇殺人鬼一家の長女として育った、17歳の亜李亜。一家は秘密を共有しながらひっそりと暮らしていたが、ある日、兄の惨殺死体を発見してしまう。直後に母も姿を消し、亜李亜は父と取り残される。何が起こったのか探るうちに、亜李亜は自身の周りに違和感を覚え始め―。第62回江戸川乱歩賞受賞作。*****

巻末に一昨年の乱歩賞選評.
有栖川有栖は,平成の「ドグラ・マグラ」であると絶賛.ほく的には,京極夏彦作品を若作りにした感じ.
選者中では,辻村深月のいうことの方がうなづけた.「部分を説明しつくさないところも作品の味なのだろうとわかったうえで,ならば,逆に,...(中略)...細かい点については説明しすぎではないか,と感じる」,なるほど.「QJKJQ は、文章が巧い」とおっしゃるが,辻村さんは文章がうまい.

最初に説明不能な状況が提示され,それがヒロインの幻想であったとされてしまって,がっくり.しかしすぐに国家の大陰謀が提示され,強引に興味を引っ張る.
力作にして怪作.意外に読後感は悪くない.
図書館本.☆☆☆
コメント

工学部ヒラノ教授の終活大作戦

2018-08-28 08:33:58 | 読書
今野浩 青土社 (2018/1).
先週は J 子のいとこの訃報.まだ 60 台だった.というわけ,でもないが,自分とわりとよく似た年齢 (著者は自分の1歳上)・境遇の人の本を図書館で借りた.☆☆☆★ まぁ何か(ら)始めようかという気にさせられたのは収穫か.

このシリーズは「工学部ヒラノ教授の介護日誌」に次いで2冊目.妻は逝ってしまい,残された独居寡夫は喜寿を前にして,PPK(ピンピンコロリ)ならぬNNS (望ましい二人称の死) を迎える準備を開始する.
一人称の死すなわち自分の死は,考えてもどうにもならない.三人称の死,すなわち縁もゆかりもない人の死はどうでもいい.ちょっと論理がおかしいが,NNS とは家族や友人に迷惑をかけない,もしくは恥ずかしくなし死なんだそうだ.

目次は 
エンジニア廃業 (退職) / ステマノフスキー (断捨離) / 再婚力 / 語り部という仕事 (著述業) / 五大後悔 / 健康対策 / 病気あれこれ / 自殺計画 / 遺言書 / 平均寿命を目指して

おおいに参考になったのは,断捨離,健康対策,病気あれこれ.
奥さんも娘さんも不治の病とか,著者に比べると我が人生はまことに平穏無事であって,自殺を計画したことは,あるかもしれないが覚えていない.子供がいないから遺言書についてもまじめに考える気にならない.

奥さんに対する DV とか,懐事情などが赤裸々に描いてある.一方,「自分のことはいかに卑下して書いても,結局は自慢話になる」という阿刀田高の言が引用してあるが,たしかに自慢話と言い訳が多い.本の印税は 35 冊で 2500 万円だそうだが,自分のことをネタに書くのはさぞかしストレスだろう.
コメント

あの日のオルガン

2018-08-26 08:57:18 | 読書
久保つぎこ「あの日のオルガン 疎開保育園物語」朝日新聞出版 (2018/7/20).☆☆☆☆★

Amazon の内容(「BOOK」データベースより)*****
太平洋戦争末期、子どもたちの命を守った保母たちがいた。日に日に空襲が激しくなる東京から、園児53人を連れて埼玉の無人寺へ。「疎開保育園」を作る、それはこれまで誰もやったことがないことだった。戦争への怒りと空腹、24時間保育に疲れ果て、もうやめようか?と迷い、それでも―園児たちの命を守り抜いた若き保母たちの戦いの記録。*****

1982 年に「君たちは忘れない」のタイトルで草土文化から出版された本が,映画化を機に新装版となった.タイトルは映画に合わせたのだろうが,本を読んだ限りではもとの方が良い.

自分はまさにここで保育された世代と重なるので,興味を持って読んだ.
著者は当時の園児の証言が入手できないことを悔しがっている.「覚えていない,ぼんやりとしか.もう彼らは,ほぼ一人残らずそう言う」そりゃそうだ,自分だってぼんやりとしか覚えていないもの.原題を変えたのはそのため?
しかしこの本で,思い出したくないことを思い出してしまった.母方の遠い親戚を頼って1944年冬あたりから疎開したのだが,そこで寝小便ばかりして怒られたこと,田舎の子にいじめられたことである.同じことがこの本に書いてあったからだ.

若い保母たちの,ガラスも障子ももない荒れ果てた無人の寺に子供達を連れて引っ越した後で,カマドを作ったり便所を作ったりの奮闘ぶり.オネショを防ぐために子供達を夜起こして便所に連れて行くから,眠る暇もない.東京大空襲で何人かの子供は孤児になるばかりか,保母の中にも家族を失うものがある.当時の戦争は敵国民皆殺しを目標としたものだった.

保母たちの個性も描き分けられている.彼女たちのうちで,その後結婚生活を送ったのはひとりだけらしい.この保育園自体は「恩賜財団大日本母子愛育会疎開保育園」と称するものだったが,多くの保母たち保育の場でリベラルな運動を展開したと言うことだ.

この本をどう映像化されるか,多少意地悪く期待している.
コメント

奪われた家/天国の扉

2018-08-16 09:50:30 | 読書
フリオ・コルタサル, 寺尾 隆吉 訳「奪われた家/天国の扉 動物寓話集」光文社古典新訳文庫 (2018/6).

Amazon の商品説明 ***** 内容(「BOOK」データベースより)
古い大きな家にひっそりと住む兄妹をある日何者かが襲い、二人の生活が侵食されていく「奪われた家」。盛り場のキャバレーで、死んだ恋人の幻を追う「天国の扉」。ボルヘスと並びアルゼンチン幻想文学を代表する作家コルタサルの「真の処女作」である『動物寓話集』。表題作を含む全8篇を収録。*****

岩波文庫の「悪魔の涎・追い求める男 他8篇」を読んだはずだが,著者の奇妙な名前の響きだけしか記憶していなかった.アルゼンチン幻想文学の代表的作家だが,訳者による解説によれば,彼を創作へと駆り立てたのは,精神疾患の苦悩と憂鬱であったという.諸説執筆は一種のセラピーでもあった.
幻想文学といっても,現実を幻想的に捉えるという傾向が大きいようだ.おおむね読後感が良いとはいえない.
学生時代だったら高く評価したと思うが,今の自分にはちょっと...
コメント

猫だって夢を見る

2018-08-14 08:53:11 | 読書

丸谷才一,文藝春秋 (1989/10).

Amazon 商品の説明 ***** 内容(「BOOK」データベースより)
中年男はなぜセーラー服を好むのか、宮本武蔵は大変な見栄っぱりだった、文芸春秋社長と専務の若き日のマル秘エピソードなどよりすぐりの名品36篇。*****

カバーの「猫」という字に惹かれ,100円で買った.装丁はもちろん和田誠.でも文庫本では別なデザインのカバーが用いられている.

中身はオール讀物連載のエッセイ.でも各編の長さが一定していない.
当時の著者は60代半ば.晩年まで書き続けられたらしいが,エッセイに関しては,歳を重ねるにつれだんだん良くなったと思う.その目で見れば,しょうしょうくどい部分もあり,まだ未熟な作品集.
和田誠の挿画は現在より神経が行き届いていて,快調.
☆☆☆

「ナポレオン伝説」の項は「息子に言はせると,わたしの話によく出て来る西洋人は,ニュートン,エジソン,ワシントン,ナポレオンの四人ださうである」.日本人について,統計がないが,宮本武蔵はよく登場するほうだろう.でもここの「宮本武蔵論」の実体は吉川英治批判である.ぼくも,鳴門秘帖は好きだが宮本武蔵はごめんだ.

まえがきで触れてはいるが,ここには「猫だって夢を見る」というタイトルのものはない.
コメント

白き嶺の男

2018-08-02 08:11:09 | 読書
暑いので冬山小説.
谷甲州「白き嶺の男」山と渓谷社 ヤマケイ文庫 (2018/6)単行本は 1995/4 集英社刊.

Amazon 内容紹介*****
山岳会の新人山行として冬の八ヶ岳縦走に参加した加藤武郎。山岳会の常識にとらわれない彼の行動に、リーダーは戸惑い、怒りを覚えるが、その夜、猛吹雪がふたりを襲う--(白き嶺の男)。
『新編 単独行』から『単独行者(ルビ・アラインゲンガー)』に連なる不世出の登山家・加藤文太郎 (1905~1936) の魂を継いで、南アルプスの渓谷や冬の北アルプス・滝谷、そしてヒマラヤの高峰を舞台に谷甲州が描く「もう一人の加藤の物語」。
1996 年度新田次郎文学賞受賞作。*****

ワンゲルなるサークルに入っていたので,加藤文太郎の名前は知っていた.ブン太郎と言っていたがフミ太郎が正しいそうだ.自分たちがやっているのは mountain walking であって climbing ではないと自覚していたので,文太郎の名著「単独行」に手を出したことがない.

この本に登場する加藤武郎は文太郎を現代に置き換えた人物で,この本には彼を中心とする5編と,「七つ針-山岳ホラー」が収められている.連作5編の最初の舞台は八ヶ岳,最後の2編はヒマラヤで,主人公は徐々に成長する.個人的には日本の山岳地帯を舞台とする最初の3作に親しみを感じた.この辺りでは主人公も若くて愛嬌を感じさせる.身辺で豪雨災害があったばかりなので,第2作「沢の音」の鉄砲水の描写をリアルに感じた.
あとがきにもあるが,最後の「七つ針」を収録したことにちょっと違和感.著者自身が「山岳ホラー」と副題? をつけることにも違和感を持った.
クランポンとかアイスアックスとか聞きなれない山道具が頻出.アイゼン,ピッケルは死語なんだろうか.
解説 加藤芳樹.

☆☆☆★
コメント

ペーパープレーン

2018-07-27 08:27:55 | 読書
スティーブ・ワーランド, 井上 里 訳,小峰書店 (2018/1).

図書館の,夏休みに読みなさい図書の一冊を,読む資格がないものが借用,優等生的な児童文学.自分は小学生時代は優等生であったためか,とても楽しく読んだ.
☆☆☆☆

Amazon の内容紹介*****
オーストラリアのちいさな町で父親とふたりで暮らすディラン。紙ひこうきを作って、飛ばす楽しさに出会ったディランは、国内の紙飛行機大会を辛くも勝ち抜き、東京で開催される世界大会の切符を手に入れたのだが……*****

オーストラリア映画脚本のリライト版.映像で見たいと思わせる場面が続出する.
日本人ミキが主人公の彼女という儲け役で登場.母親に死なれて廃人みたいになってしまった父親,それと対照的な祖父,ワシのクライブなどが良い.結末は大人の小説と違って「人生は紙ヒコーキ」とはならない...いや,やっぱりなったのかな.ファンタスティック...というと褒めたことになるが,リアルでない.そこまでの展開が科学的だったのに,ちょっと残念.

巻末の「紙飛行機の折りかた」は自分の約70年前の方法と同じだった!
コメント

reading

/Users/ogataatsushi/Desktop/d291abed711d558e554bf7af66ee57d7.jpg