いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

観に行きたいな。

2018-01-21 19:45:56 | 日本映画

福山雅治&ハ・ジウォンら出演、ジョン・ウー監督作品「マンハント」2月9日より日本公開!日中韓トップ俳優の共演に期待

日本映画への愛に溢れるジョン・ウー監督が、高倉健主演でも映画化された原作「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」の再映画化に挑んだ映画「マンハント」(邦題、ギャガ配給作品)の公開日が2018年2月9日(金)に決定し、TOHOシネマズ新宿他にて全国ロードショーされる。

世界中のアクション映画ファンを熱狂させたジョン・ウー監督独自のアクション流儀はそのままに、チャン・ハンユー、福山雅治他、アジアを代表するキャストがスクリーン上で躍動する。

「マンハント」は「レッドクリフ」シリーズのジョン・ウー監督久々のアクション映画で、舞台は日本。2016年、大阪を中心にオール日本ロケが敢行された。チャン・ハンユーが無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウを、そして福山雅治が彼を追う孤高の刑事矢村聡を演じて、ベネチア国際映画祭やトロント国際映画祭など、世界各国の映画祭で上映されるや話題をさらい、先日の北京プレミアは大盛況となった。

福山雅治とダブル主演を務め、ドゥ・チウを演じたチャン・ハンユーは、2007年に公開し大ヒットした「戦場のレクイエム」で主演を務め、中国の大スターとなった。本作のオファーが来た時に、興奮と感動でうれし泣きしたという彼は「『マンハント』は血が沸くクライム映画だ」と作品について語っている。

また、謎めいた美女の真由美を演じたチー・ウェイも、中国で多数の人気ドラマに出演し、歌手活動も行うなど幅広く活躍しており、今回の撮影では激しいアクションに挑戦した。そして、ジョン・ウー監督作品では初登場となる女殺し屋・レインを演じたハ・ジウォンは、多彩な役柄を演じ人気女優の座を確立した韓国のトップスターだ。「アクションができる唯一の女優」と称される華麗なアクションも見どころの一つとなっている。2人のアジア美女たちが魅せる緊張感と、圧倒的なアクションシーンにも期待が高まっている。

矢村のアシスタントの百田里香役には桜庭ななみが、天神製薬社長・酒井義廣役には國村隼と、その息子・宏役には池内博之が抜擢されるなど、豪華日本人キャストがいかにストーリーを盛り上げるのかも要注目だ。

「マンハント」は2月9日(金)に全国の映画館で公開される。

■公開情報
「マンハント」
2018年2月9日(金)TOHOシネマズ新宿ほか、全国ロードショー

【キャスト】
主演:チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン
友情出演:國村隼
特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工
共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠

【スタッフ】
監督:ジョン・ウー

撮影監督:石坂拓郎(「るろうに剣心」)
美術監督:種田陽平(「三度目の殺人」)
音楽:岩代太郎(「レッドクリフ」)
アクション振付:園村健介(「GANTZ」)
衣装デザイン:小川久美子(「キル・ビル」)

原作:西村寿行「君よ憤怒の河を渉れ」/徳間書店刊 および 株式会社KADOKAWAの同名映画
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved

【ストーリー】
逃げる弁護士。追う刑事。魂の出会い。撃ち抜け、この世界。
実直な国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)が目を覚ますと、女の死体が横たわっていた。
現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。
何者かにハメられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。
孤高の敏腕刑事の矢村(福山雅治)は独自の捜査で彼を追っていく。
鍵を握るのは謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。
ドゥ・チウに近づくほど、この事件に違和感を覚え次第に見解を変えていく矢村。
そしてついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追及を決意する。
身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人の追われながらの真相究明。
果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

■関連サイト
マンハント:http://gaga.ne.jp/manhunt/

 

ハ・ジウォンさんかっこいいなぁ。

國村さんも友情出演してるんですね。

 

舞台挨拶ないのかな?

コメント

久しぶりに

2018-01-14 19:05:06 | 日本映画

大谷亮平初主演作「ジェニー」、5月に日本公開

映画「鳴梁」の俳優大谷亮平の初主演映画「ジェニー」が日本で公開される。

14日、日本映画媒体クランクインの報道によると、大谷亮平は5月26日公開される映画「ジェニー」で不法貸付者演じる。映画「ジェニー」は真夜中の後高金利貸付をして債務者を圧迫する小さな桟橋のパブジェニーの所有者の兄弟の話を描く。 

2016年話題のドラマであるTBS「逃げるのは恥だが役に立つ」に出演して、日本で注目された大谷亮平は「ジェニー」のほか、ドラマ「チェイス第1章「映画「家に行けば、妻が必ず死んだふりをしてます」(夏公開)などの作品の公開を待っている。

大谷亮平は韓国でモデル兼俳優として活躍し、日本に帰って「逆輸入俳優」として注目を浴びた。過去2016年4月に福山雅治主演のフジTVドラマ「ラブソング」に中間投入され、正式に日本のドラマにデビューした。

 

“逆輸入俳優”大谷亮平、初主演映画「ゼニガタ」が5月に日本で公開

映画「バトル・オーシャン/海上決戦」に出演した俳優大谷亮平が初主演を務める映画「ゼニガタ」が日本で公開される。

14日、日本の映画媒体クランクインなどの報道によると、大谷亮平は5月26日に公開される映画「ゼニガタ」で違法な金貸しを行うハードボイルドなダークヒーローを演じる。映画「ゼニガタ」は、深夜0時から闇金業を始めて債務者たちを圧迫する、とあるひなびた漁港の居酒屋「ゼニガタ」のオーナー兄弟の物語を描く。

2016年に話題になったTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演して日本で注目を集めた大谷亮平は「ゼニガタ」の他にもドラマ「チェイス第1章」、映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(夏公開)などにも出演した。

大谷亮平は韓国で俳優として活躍した後に日本に戻り、“逆輸入俳優”として注目を浴びた。2016年には福山雅治主演のフジテレビドラマ「ラブソング」に出演し、日本の地上波ドラマにデビューした。

 

大谷亮平さん。

映画のタイトル「ジェニー」なのか「ゼニガタ」なのか。「ゼニガタ」なんだろうなぁ。翻訳よく分からないことあるし。

 

大谷さんというと、大泉さんと共演した映画があるのですがその公開はどうなってるんだろう。


逆輸入俳優・・・なのか?

コメント

3万人

2018-01-07 19:24:21 | 日本映画

福山雅治&是枝裕和監督、韓国ファンに向けて感謝のメッセージ…映画「三度目の殺人」観客動員数が3万人を突破

映画「三度目の殺人」(監督:是枝裕和、配給:T CAST)の観客動員数が3万人を突破したことを記念し、是枝裕和監督と福山雅治が感謝のメッセージ動画を公開した。

公開されたメッセージ動画は3万人突破を記念し、是枝裕和監督の感謝の挨拶から始まる。「作品が出るたびに劇場で上映され、韓国のファンの皆様に心から感謝しています。今回『三度目の殺人』も多くの方々が劇場に見に来てくれて、ありがとうございます」と改めて感謝の挨拶を伝えた。

また是枝裕和監督は今回、ソウルに訪れることができなかったことに対して残念な気持ちを伝え「より多くの観客の方々に映画を楽しんで頂きたいです。また会える日を楽しみにしています」と次を約束した。

福山雅治は韓国のファンに「監督が韓国に訪問する回数ほど僕も訪問する回数を増やし、カンジャンケジャン(新鮮な生のワタリガニを漬け込み醤油ダレに漬けて熟成させた料理)を食べに行きたいです」と話し、是枝裕和監督を微笑ませた。「また『三度目の殺人』を1回ではなく、2回でも3回でも鑑賞してください」と伝え、最後に福山雅治と是枝裕和監督が順に「ありがとうございます!」と韓国語で感謝を述べた。

是枝裕和監督の「三度目の殺人」は、他の新作の勢いにも関わらず観客動員数3万人を突破し、韓国で爆発的な反応を受けている。映画を見た観客たちは、真実という話題を通じて質問を投げかけ、映画を見た人と共に話を交わしたいという口コミが広がり、これが20~30代を超えて40代の観客まで劇場に呼ぶ原動力になった。

特に「三度目の殺人」は1月2日、CGVアートハウスDAY1月の上映作として選ばれ、熱い反応を招いた。今年も是枝裕和監督が伝える重い響きと深い余韻を続けていく予定だ。

 

もっともっと観客動員数が増えるといいですね。

コメント

アンコール上映?

2017-12-22 20:12:15 | 日本映画

「あなたの名前は '、来年1月4日に公開1周年記念アンコール上映確定

国内歴代日本アニメ興行1位、日本映画興行1位を記録した新海誠監督の「あなたの名前は。」が2018年1月4日、公開1周年を記念したアンコール上映に再訪れる。

「あなたの名前は 'は夢の中で体が入れ替わっ都市少年」炊き」と田舎の少女「みつし」、会ったことのない二人が作っていく奇跡と愛についての話だ。

「秒速5センチメートル」、「言語の庭園」などの作品で厚いファン層を持った新海誠監督が実写映画より洗練されたファンタジーより驚異的な映像美を披露した作品で夢の中で体が入れ替わっこと興味深い設定と喜怒哀楽が詰まったストーリーに愛された。

ここで「ハウルの動く城」神木隆之介と「オオカミの子供」上白石萌音の声の出演で映画的楽しさと感動を加えた。「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリの多くの作品で作画監督を務めた安藤まさしの参加で完成度を最大化した。人気ロックバンドラドウィンプス(RADWIMPS)とのコラボレーションで完成されたOSTも観覧展開を北出た。当時367万人の観客(映画振興委員会統合ネットワーク基準)の愛を受けた。

開封1周年を迎えた「あなたの名前は 'の2018アンコール上映」あなたの名前は' リー:メンバー[REMEMBER]は、来年1月4日から全国の劇場で限定期間中に会うことができる。

今回のアンコール上映時先着順で未公開画像が入った限定版のカレンダーとステッカーが贈呈される。 

 

しかも、未公開映像が入ったカレンダー貰えるの?いいなぁ。日本でも配られたのかなぁ。

先着順だから早く並ばないとね。

コメント

すごいなぁ・・・

2017-12-18 19:55:46 | 日本映画

是枝裕和「第三の殺人」、3日ぶりに1万人の観客を突破

第三の殺人ポスター©News1

世界的な巨匠、是枝裕和監督の新作「第三の殺人」が公開3日で1万人の観客を突破した。

18日、映画振興委員会の映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、「第三の殺人」は、17日封切り3日で1万人の観客を突破(累積観客:1万3598人)だった。

観客らの「第三の殺人」に向けた高い満足感は実観覧の評価CGVゴールデンには、指数99%で期待することができる。それだけでなく性別前売り分布では、男女の観客に選んだ分布を示しており、年齢別前売り分布は2030世代の全面的な支持と40代の観客にまで愛されて、今年の冬に見たい映画に浮上した。

現在、この映画は観客と近く会う席を続けて続けている。15日にはベクウンハ映画ジャーナリストやシネトルクを盛況裡に終え、19日にはビョンヤングズ監督、キム・ドフンハフポストコリア編集と一緒にライブラリフリック、来る21日にはジョンソンイル評論家と一緒にシネトークまで、様々なゲストと一緒にリレーGVが設けられた。

一方、「第三の殺人」は勝利しか知らない弁護士を掛け森が自分を解雇した工場の社長を殺害して死刑が確実視されているミスミの弁護を引き受けることになり、広がる話を描いた。

 

やはり、是枝監督は人気があるんですね。福山雅治さんも出ているし。3日間で1万人ってすごいですよね。

もっともっと、観客動員数増えるといいですね。

コメント