いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

動画2本

2017-06-30 20:26:55 | Highlight

[Behind] 하이라이트(Highlight) HIGHLIGHT LIVE 2017 `CAN YOU FEEL IT?` MD 촬영하는 날

HIGHLIGHT Congratulatory Message for TENASIA Thailand Branch Opening

コメント

向いてると思う^^

2017-06-30 20:21:40 | ドゥジュン君

キュヒョン不在月、次世代MC誰?「ミン・ギョンフン - ユン・ドゥジュン "

「ラス」キュヒョンの不在た月に本次世代MCは誰か。

スーパージュニアキュヒョンが軍に入隊してから一ヶ月が過ぎた。キュヒョンがMCを務めていたMBC「ラジオスター」(以下ラス)は、これまでのスペシャルMCを立てキュヒョンの空白を満たし、新しいMCの買物をした。ウィンナーカン・スンユン、チョン・ジュニョン、インフィニットソンギュ、シャイニーのキーなどがスペシャルMCとして出の可能性を見せた。最近芸能大勢ソ・ジャンフンが出ることもした。しかし、芸能関係者は「まだ」ラス」側から適任者を見つけられずに悩みを継続する雰囲気だ」と伝えた。

次に、キュヒョンの代わりに「ラス」のMCをクウェチャルスターは誰だろうか。一時「ラス」のスターとして、現在復帰を模索しているシン・ジョンファンもいるが、今はニューフェイスを見つける時だ。「ラス」は、これまでスーパージュニアキム・ヒチョルをはじめ、キュヒョンまでMCで登用し、次世代のMCを発掘してきた。

現在キム・ヒチョルは縦横無尽、すでに次世代MCとして脚光を浴びている。JTBC「知っている兄」の人気牽引に一役買ったのはもちろん、この間、新しく改装されたtvN「人生のパブ」に投入し、「人生のパブ」に大きな活力を与えている。だからといってキム・ヒチョル以外の選択肢がないわけではない。

オリーブTV「今日何食べ」のミン・ギョンフン。提供| CJ E&M

ある放送関係者は「ミン・ギョンフンが最近の雰囲気が良く、ユン・ドゥジュンも可能性を十分に見せてくれた」と挙げた。ミン・ギョンフンは「知っている兄」で頭角を現した後、オリーブTV「今日何食べ」も抜擢され、進行の実力を発揮しているところだ。特に、各プログラムのカン・ホドンとシン・ドンヨプも驚かせる口が達者を誇っている。

ユン・ドゥジュンは芸能に大きな人気を呼んほど格別な芸能感覚を誇る。おかげで現在tvN「おうちごはんベクソンセン3」に出ていて、この間までtvN「コンビニを打ち明けなさい」でイ・スクンと共同MCで活躍した。また、JTBC「団結浮かぶ」でもキム・ヨンマン安キム・ソンジュなどビッグブラザーの間で、自分だけのペイスで存在感を見せた。この関係者は「ミン・ギョンフンとユン・ドゥジュンの両方格別な芸能感に好感が持てるマスクで良いMC資質を備えている」と評価した。

tvN「おうちごはんベクソンセン3」のユン・ドゥジュン。

コメディアンたちもいる。MBC「無限挑戦」の固定メンバーになったヤン・セヒョンをはじめ、MBC「私一人で住んでいる」、MBCエブリワン「ビデオスター」で活躍し全盛期を享受しているバクナレもある。ある関係者は「パク・ミソンチョン・ソニソンウンフイ信奉などにつながったコメディアン出身の女性MC系譜を後である人にジャンドヨンバクナレなどを最近挙げることができる。しかし、コメディアンは頭角を現し近づいてもすぐに国民の関心から抜け出すもして流れをよく乗らないようだ」と見た。


MC。ドゥジュン君器用だし、頭の回転早いし。なんでもできる人だと思う。

ドラマもやってほしいなぁ。

 

コメント

ちょっと怖い・・・

2017-06-30 20:19:58 | ナックスさん

大泉洋がハマり役と話題 “クインケ”を持った真戸の新ビジュアルが公開に 映画『東京喰種』

世界累計発行部数3000万部突破を誇る話題沸騰の超人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」。その人気は世界を席捲し、アニメ、舞台、ゲーム化を経て、実写映画が7月29日(土)に公開となる。

舞台は、人の姿をしながら、人を喰らう怪人「喰種(グール)」が潜む東京。ある事件に遭遇し、半分人間・半分喰種になってしまった主人公・金木研(カネキ/窪田正孝)は、人の命を奪い、喰い生き永らえる“喰種”の存在に疑問を抱き、人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤しながら生きることに…。喰種は人間と同じ世界に生きるため、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(喰種対策局)の捜査官が現れ、熾烈な戦いに身を投じる様を描く。

CCG本局所属の上等捜査官・真戸呉緒を演じている大泉洋。キャスト発表時には、「真戸呉緒を演じさせて頂けることは、役者として大きな挑戦であり、非常にやりがいを感じています」とコメントを寄せ、気合い十分で撮影に挑んだが、ビジュアルが解禁されると、原作から飛び出してきたようなクオリティの高さに「大泉さんの真戸呉緒はんぱねぇ」「めちゃくちゃ真戸さん」「思いのほかハマってて感動してる」の声が続々とあがった。CCGは喰種に対抗するために捕獲した喰種から摘出した赫包を加工し独自に開発した武器“クインケ”を使用。喰種の捕食器官である赫子(カグネ)は、赫子または赫子を材料にしたこの“クインケ”からのみダメージを負う。普段はアタッシュケースに収納されているが、喰種との闘いにおいて人間側には必要不可欠な武器。そんな“クインケ”に異常なまでの執着を持つ真戸は、同僚たちからは変人扱い。鋭い勘と冷酷な手段も厭わない姿勢で様々な“喰種”を仕留めてきた実績がある、ベテラン喰種捜査官という役どころだ。先日解禁された特別予告では、遠目からクインケがチラ見せとなったが、今回解禁された写真では“クインケ”のディテールが明らかに。真戸がこの“クインケ”を巧みに操りながら、喰種たちとどのような闘いを繰り広げるのか、期待が高まる。

作品概要


累計発行部数2300万部を超える超人気コミックが、アニメ、舞台、ゲーム化を経て、衝撃の実写映画化。

『東京喰種 トーキョーグール』

【原作】石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」集英社「週刊ヤングジャンプ」連載
【出演】窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋
【監督】萩原健太郎
【脚本】楠野一郎
【配給】松竹

2017年7月29日 全国公開

あらすじ

人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。

ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。

自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。

関連リンク


© 2017「東京喰種」製作委員会 © 石田スイ/集英社


久しぶりの大泉さんの記事。

今は、舞台の稽古真っ只中みたいです。もう一つ映画の情報があるのですが・・・事務所も情報解禁してないので載せることができません。


観に行けたら行こうと思います。地元の映画館で上映するかなぁ。

コメント

優しい・・・

2017-06-30 20:14:30 | Highlight

ドンウン君のインスタです。

訳:ニューヨークも楽しかったです!サンキュー!! それと久しぶりに行った日本で公演できず、あまりにも残念。長く待ってくださった日本のファンの方遠く予約までして一緒にしていなかった私たちの韓国ライトゥもほんとにごめんなさい。これからももっといい思い出をたくさん作りましょう。

そうだね。これからたくさんいい思い出たくさん作っていこう。

まだなんとなく気持ちが沈んでるけど・・・忘れることできないと思うけど・・・

コメント

期待したい。

2017-06-30 20:08:11 | Highlight

やはり「ハイライト」... テンプラススター発行日で完売珍記録

グループのハイライトが「テンプラススター」7月号のグラビア撮影中にポーズを取っている。 /写真=イ・スンヒョン記者lsh87 @

ボーイズグループのハイライトが多エンターテイメント総合マガジン'10 + Star」(テンプラススター)7月号の表紙モデルに抜擢された中の発行日でオンライン、オフライン全量完売されている珍記録を立てた。 

出版流通業界によると、「ハイライトが表紙を飾った多言語芸能マガジン'10 + Star」(テンプラススター)7月号がオンラインとオフラインで全量売り切れた」と述べた。過去28日発行、一日のことである。 

業界関係者は「今回の完勝の記録は芸能分野の印刷媒体の市場が梗塞を強いられている状況で、異例のこと」とし「昔のビースト時代から粘着性に受け継いできたハイライトだけの強力なペンシム影響を及ぼしたものと把握されている」と評価した。

海外の反応も尋常でない。公開された写真集カットがsns(社会関係網サービス)などを通じて全世界のファンに知られると、日本とタイ、台湾、ポーランドなどテン、アジアの現地支社は発行前のプレビュー初度物量を増やし受ける案を検討していることが分かった。

今回のハイライトの写真はロマンチストコンセプトで行われた。メンバーたちはさわやかながらも紳士、多少相反コンセプトのポーズを消化しメンバーそれぞれのユニークな魅力を発散した。メイン表紙は強烈な色味が引き立って見えるスポーティールックで華やかに飾った。

'10 + Star」(テンプラススター)7月号には、ハイライトのメイン画報と一緒に各メンバーたちの魅力を生き生きと感じることができる写真集Bカット(ビハインドカット)が22ページにわたって入れられた。Bカットページでは、メンバー間の熾烈なボードミントン試合、「彼氏組む」の定石を見せてくれた目合わせて、AカットのようなBカットが多彩盛らた直筆サインはもちろん、フォトカードも収録された。その他セブンティーン、FTアイルランド、硫黄激しく、クリーシャーチューなどの歌手とパク・ヘジン、キム・オクピン、キムミンヒョクなど俳優、大勢の新人清河などの「ペンシム狙撃」のインタビューも載って注目された。

一方、昔のビーストでチーム名を変えたハイライトは、3月の最初のミニアルバム「缶油フィル・イット?(CAN YOU FEEL IT?)」にリスタートした。去る5月29日リパッケージミニアルバム「コーリング・ユー(CALLING YOU)」と同名のタイトル曲でカムバックし、各種音源チャートと音楽番組「1位」にランクされ、K-POPを代表する第2の全盛期を謳歌ている。


日本版出て欲しい。22ページだもの。見たい。日本版制作してるんだから・・・発売されなかったら

コメント