いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

ドゥジュン君いろいろ

2021-11-03 20:38:07 | ドゥジュン君&Highlight

【PHOTO】Highlight、済州島でのスケジュールを終えソウルに到着(動画あり)

2日午後、Highlightが済州島(チェジュド)でのスケジュールを終えて金浦(キンポ)国際空港を通じ、ソウルに到着した。

 

「正直な候補2」クランクアップ… ラミラン×キム・ムヨル×ユン・ギョンホ、「へそ泥棒になる」[公式]

さらに強力になった'真実の鼻'に戻る映画'正直な候補2'が先月31日(日)すべての撮影を終えてクランクアップした。

政治家チュ・サンスク(ラミランの方)が政界復帰を夢見て繰り広げられる左衝ウドルコメディ「正直な候補2」(監督チャン・ユジョン、提供配給NEW、製作スフィルムホンフィルム)が和気あいあいした雰囲気の中で3ヶ月間の大装政を終えたと配給会社NEW側が3日明らかにした。

'正直な候補2'は昨年2月健康な笑いに満ちたウェルメイドコメディ映画という好評を受けて興行に成功した'正直な候補'の後続作。「キム・ジョンウクを探す」「ブラザー」のチャン・ユジョン監督が今回もメガホンを握った。これに第41回青龍映画賞キツネ主演賞を受賞し、コメディ系代替不可存在感を立証したラミランを含む「援助口軍団」キム・ムヨル、ユン・ギョンホが合勢した。

新たに合流したソ・ヒョヌ、パク・ジンジュ、ユン・ドゥジュンまでキャスティングのニュースを知らせ、以前よりも多彩な笑いをプレゼントすると期待を集めた。古い友達に会う気持ちでまた団結したという'正直な候補2'が去る10月31日(日)すべての撮影を終えてクランクアップを知らせた。

真実の鼻を再装着したチュ・サンスクに戻ってきたラミランは、「正直な候補2」のクランクアップ所感について「受賞感想で約束した「へそ泥棒になってあげる」という言葉を守るために、すべての俳優と制作陣が一緒に努力した。観客の皆さんが楽しく見ていただきたい」と伝えた。

続いて、「正直な候補2」でも、やはりチュ・サンスクの隣を心強く守る補佐官パク・ヒチョルに扮したキム・ムヨルは、 ”と開封を待つ心を現わし、チュ・サンスクの鉄のない年下夫ボンマンシクに戻ってきたユン・ギョンホは“楽しい心で臨んだこの作品が観客の皆さんにも幸せに伝えられてほしい風”と話し、作品に向けた格別な愛情を明らかにした。

最後に撮影現場を陣頭指揮し、「正直な候補2」を導いたチャン・ユジョン監督は「始まったときに本当に感謝して良かったが、無事に終わって幸い、さらに感謝した気がした。後半の作業までうまく仕上げて来年に観客の皆さんの中で涼しい笑いで探してみる」と明らかにして共にしたすべての人々に感謝した心を伝えた。

このように新しい話と新しいラインナップでさらに豊かに戻ってきた「正直な候補2」は後半作業を経て観客たちと会う予定だ。

 

動画です。

 

済州島ではどんなお仕事で行っていたんだろう。Twitterに画像上がっていたけど。楽しみです。

 

撮影お疲れ様でした。

 


ドゥジュン君インスタといろいろ

2021-09-19 19:58:27 | ドゥジュン君&Highlight

訳:遅い時間まで一緒にいただき、とても楽しく幸せでした!おやすみなさい!!!!!

画像

 

【PHOTO】Highlight、AB6IX、Wanna One出身パク・ジフンら、9月18日「KCON:TACT HI 5」フォトウォールに登場

9月18日(土)から26日(日)まで、YouTubeとオンライン配信動画サービス「PIA LIVE STREAM」にて開催されているオンラインKカルチャーフェスティバル「KCON:TACT HI 5」。

1日目となる9月18日、AB6IX、Highlight、Wanna One出身のパク・ジフン、WEi、Weeeklyがフォトウォールイベントに登場した。

*Highlightだけ上げました。

【PHOTO】Highlight、9月18日「KCON:TACT HI 5」でステージを披露

Highlightが9月18日(土)、YouTubeとオンライン配信動画サービス「PIA LIVE STREAM」にて開催されているオンラインKカルチャーフェスティバル「KCON:TACT HI 5」でステージを披露した。

「KCON:TACT HI 5」は9月18日(土)~26日(日)の9日間、毎日ライブが行われる。

1日目となるこの日の公演には、Highlightのほかに、AB6IX、Wanna One出身のパク・ジフン、WEi、Weeeklyが出演した。

動画は、メンバーにならないと観れないんですね。観たかったな。

 


Highlight関連記事

2021-06-13 20:10:38 | ドゥジュン君&Highlight

ユン・ドゥジュン、旅行YouTubeチャンネルオープン」のハイライトの中で初めて、小規模直接製作」(放浪者)

グループのハイライトユンドゥジュンが個人旅行YouTubeチャンネルをオープンした。

6月9日「放浪者ユン・ドゥジュン」のYouTubeチャンネルには「放浪者ユンドゥジュンを紹介します」というタイトルの映像が掲載された。

映像でユン・ドゥジュンは「最初の計画は長いされた。(チャンネルを運営)することを決意したのは長くなったが、コロナ19のために支障があって、これが趣味だから、優先順位の押し出されたのも事実だった。余裕がなかったし、今となって少しシステムが取れて始めることができるよう皆さんに挨拶することになった」と旅チャンネル運営きっかけを明らかにした。

続いてユン・ドゥジュンは「普段の映像を撮ること、旅行通うのが好き趣味で撮った映像を見て旅行の思い出を振り返ってみるとされるように良かった。映像で記憶にナムウニカ写真より立体感があり、その時の記憶が存続らしく、多くの方々と共有希望のチャンネルを作ることになった」とし「どのように見ると、ハイライトのメンバーの中で初めての個人ユーチューブを始めることになったが、ファンの方にも良い贈り物になったら良いだろう "という風を伝えた。

「放浪者ユン・ドゥジュン」チャンネルの目標も公開された。ユン・ドゥジュンは「旅行の有用な情報を掲載。どんな旅行があるかご紹介するチャンネルであり、私の旅行の専門家でもなく多くの旅行に行って見ていない立場で推薦して差し上げる申し訳ない気持ちもありますが、ある程度の代理満足を感じながら旅のヒーリングを感じさせるヘッドリーのが「放浪者ユン・ドゥジュン」の目標ではないかと思う」と述べた。

また、ユン・ドゥジュンは「旅行通う時計画なし通うことを好むした撮影しながら旅行して見たら計画がなければ、時間を浪費することになったよ。計画を忠実に絞っ旅行される方へのチャンネルの映像が助けたら良いだろう。紆余曲折の末、皆さんに挨拶することはできようになってあまりにも感謝します。気になる点は「放浪者ユン・ドゥジュン」チャンネルが専門プロダクションで製作するのではなくその一人で本当に小規模で製作してみると、アップロードが不規則であることができ、優先順位がこれしてはいけないから、アップロードが途中で切断されることもでき、気になる」と打ち明けた。

最後に、ユン・ドゥジュンは「寛大に理解してくださると信じており、時間が許す範囲内で、ハード撮影し撮っ皆さんと共有するようにします。「放浪者ユン・ドゥジュン「チャンネルを見て幸せましたら、ヒーリングましたらと思います。次の週に放浪者ユン・ドゥジュンの最初の旅行この公開取得多くの期待はないましたら良いだけで、そうより。仕方がないながら見た欲しい。ありがとうございます。健康で幸せにしてください」と付け加えた。

一方、この日の「放浪者ユン・ドゥジュン「YouTubeチャンネルでは、美しい景色を収めたトレーラー映像も公開された。

 

Highlight、除隊後初のアルバムリリースの感想を語る「デビューした時より緊張した」

3年7ヶ月ぶりにメンバー全員そろって再びステージに立ったHighlightの新しいグラビアが公開された。

Highlightはデビュー12年目のベテランアイドルらしく、より一層成熟した雰囲気で存在感をアピールし、現場の雰囲気をリードした。

撮影後に行われたインタビューでHighlightは、除隊後に発売する初のアルバムについて「むしろデビューした時より今の方がワクワクし、緊張しています。過去の成績や、ファンの期待もあるでしょうし、それらすべてを満たしたい気持ちが僕だけでなく、メンバー全員にあります。久しぶりのことだからワクワクしていますが、より慎重になって、心配事も増えました」とアルバムを準備する過程で感じたことを打ち明けた。

また、12年目という時間が与えるプレッシャーについて「この市場で、特定のトレンドをリードする軸になることは難しいです。トレンドの最前線と僕たちがいるところのギャップを縮めることが課題です。それでも、僕たちを愛してくださるファンの存在が活動し続ける原動力になっています」と語った。

 

 


ドゥジュン君インスタ記事とタワーレコード渋谷

2021-05-18 19:20:29 | ドゥジュン君&Highlight

ユン・ドゥジュン、よくでるがハイライト... カリスマ目つき "ファイティング!"【M +★SNS]

 
 記事の0番目の画像

ユン・ドゥジュンは18日午前、自身のインスタグラムに「昨日オルリョトオヤしたか食べる」という文と写真を掲載した。

彼は「ああ、2週間前に戻りたい!!」と語った。

続いて「今日も良い一日送ってファイティングてみましょう!」と付け加えた。

写真の中のスーツを着てイケメン角度を誇るユン・ドゥジュンのセルカが含まれている。

鋭いアゴの線とオトクな鼻柱などを誇った彼は、男性美あふれるカリスマも発散した。
 
 

Highlight、タワーレコード渋谷店にて5月21日よりポップアップストア開催決定…コメントも到着!

メンバー全員の兵役を経て2年半ぶりに完全体での活動をスタートさせたHighlightが、タワーレコード渋谷店にて期間限定のポップアップストアを開催することが決定した。

3rdミニアルバム「THE BLOWING」の発売を記念してオープンする「HIGHLIGHT『THE BLOWING』POP UP STORE」は、5月21日(金)~6月6日(日)までの17日間にわたって、タワーレコード渋谷店2階にて開催される。

本日公開された動画でHighlightのメンバーたちは「グッズ販売やパネル展、そして映像も準備していますのでぜひ遊びにきてください」とファンにメッセージを送った。さらに、グッズ購入者を対象に抽選でイベント展示パネルが当たるスペシャルなプレゼント企画も行われる予定だ。

なお、5月3日に発売されたHighlightの3rdミニアルバム「THE BLOWING」は、長い間待っていてくれたファンに向けて、これから再び楽しく輝く瞬間を共に作っていこうというメンバーたちの願いと希望のメッセージを込めたアルバムだ。韓国のBugs!、genieでリアルタイムチャート1位、MelOnの24ヒットチャートでアルバム全曲がランクインしたほか、音楽番組でもSBS MTV「THE SHOW」とMBC「ショー!K-POPの中心」で1位を獲得し、変わらない人気を証明した。さらに、ブラジル、モンゴル、タイ、ベトナムのiTunesアルバムチャートで1位、日本、香港、台湾、チリ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、サウジアラビア、シンガポール、イスラエル、トルコ等でもiTunesチャートTOP10入りを果たすなど、世界的人気の高さも証明した。



■ポップアップストア概要
HIGHLIGHT 「THE BLOWING」 POP UP STORE
開催期間:2021年5月21日(金)~6月6日(日)
開催場所:タワーレコード渋谷店2F
展開内容:グッズ販売、パネル展示、メンバーからのスペシャルメッセージコメント&MV上映

詳細ページ(タワーレコード):https://towershibuya.jp/news/2021/05/17/153829

※新型コロナウィルス感染症の影響により、営業時間が変更となる可能性がございます。
※ご入場はフリーとなりどなたでもご入場・ご購入いただけますが、当日の混雑状況によりご入場・ご購入整理券を配布させていただく場合がございます。
※「ご入場・ご購入整理券」を配布する場合は、渋谷店ホームページならびにTwitterアカウントでご案内させていただきます。

 

今は、東京行けないなぁ・・・

 

行った方のレポ見ようかな?


ドゥジュン君インスタと1位おめでとう\(^o^)/

2021-05-11 20:06:03 | ドゥジュン君&Highlight

訳:#ハイライトが吹いてくる
#賞品は大丈夫、私も

<svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg>
この投稿をInstagramで見る

윤두준(@beeeestdjdjdj)がシェアした投稿

「ドショ」ハイライト、カムバック後初の1位 "本当に夢みたい」(総合)

3年7ヶ月ぶりにチームの活動を再開したグループのハイライト(ユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、ヤン・ヨソプ、ソン・ドンウン)が音楽放送1位を獲得した。

ハイライトは、5月11日放送されたSBS MTV「ザ・ショー」で3枚目のミニアルバム「The Blowing(より吹い)」のタイトル曲「吹き込む」で1位に該当するより多くのショーチョイストロフィーを胸に抱いた。

舞台に上がったメンバーたちは "と。ライト私たちの賞受けた」と喜びを表した。ヤン・ヨソプは「本当に夢のようだ」と話した。

イ・ギグァンは「私達両親も感謝します。この曲を作って一緒に作業していた作曲家の方々、一緒に舞台に飾ってくれたダンサーの方、会社の家族、ヘアメイクアップスタイリストチーム感謝します。3年7ヶ月ぶりに戻ってきたように多くの愛与えられた大衆の方々、光(ファン)の方、一緒にしたメンバーたちに感謝する」と述べた。

続いて「私たちの歌を聞きながら、要塞天気のようにすべての方に、常に幸せで楽しいことだけいっぱいになる祈り願いたい。とても感謝します。この賞を受けただけさらにオシャレ良い舞台に報いる。感謝する」と付け加えた。

ユン・ドゥジュンは「ライトありがとう」と言った。

一方、この日放送された「ザ・ショー」には、新村タイガー、ダブルレス、チェックメイト、ホットイシュー、レディ、ジョンドンウォン、ENHYPEN(円ハイフン)、このビシクス、オンエンオフ、騒ぎ、ハイライトなどが出演した。

 

ほんと嬉しいですね・・・長かったなぁ・・

 

早くステージが観たいです。THE SHOWより、ミューバンが先に観れるかな?楽しみです。