いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨日

2014-05-31 13:39:39 | 韓国

チャンドンゴンさん出演の映画「泣く男」のVIP試写会がありました。

「紳士の品格」チーム(笑)からは、この方々が参加されてました。

まずは、テサンさん&ユンさんミンジョンさん相変わらずかっこいいですね。

キム・スロさんお久しぶりです。

埋め込み画像への固定リンク

そしてジョンロクさん変わらないですね。ジョンロクさんのまんま

埋め込み画像への固定リンク

次はコリン君。日本でツアーやっていますよね。頑張ってね。そして8月のサマソニにもFTIslandと一緒に出演しますね。\(*⌒0⌒)♪

埋め込み画像への固定リンク

この方を忘れてはいけません。ヒョンビンさんも参加されてました。

相変わらずかっこいいけど、なぜその髪型?メットみたい。

そしてもうひとりのお仲間「奇皇后」に出演されてたチュ・ジンモさん。「男たちの挽歌」DVD持ってます。

前から思っていましたがガタイがいいですね。

それにしても昨日の試写会はSMさんからずいぶん来てましたね。BoAちゃんとかEXOとかスーパージュニアとか

チャン・ドンゴンさんがインタビューの中で「SMに入って良かったことは?」と聞かれて「試写会にアイドルが来てくれる」と言っていましたが

全くその通りで。チャン・ドンゴンさんだからというのもあるかもしれませんが。

私も早く観たいです。日本も版権買ってください

コメント

ラジオ出演^^

2014-05-30 13:56:15 | 韓国

埋め込み画像への固定リンク

28日の水曜日事務所の後輩、少女時代のサニーちゃんのラジオにゲスト出演したミンジョンさんです。ミンジョンさんかっこいいですね。サニーちゃんも可愛いいなぁ。お兄ちゃんと妹みたい

後輩思いのミンジョンさんなので絶対に出演すると思っていました。スーパージュニアのシンドン君のラジオにもゲスト出演していましたから

最後までは聴けなかったのですがとても楽しそうでした。

言葉がわかったらどんなにいいか途中ミンジョンさんの曲「美しい痛み」がかかりました。「紳士の品格」バージョンではなく

2000年バージョンでした。とても素敵な曲なので機会があったら是非聴いてみてください。YouTubeで見つかると思います。

一枚目と四枚目の写真はすぐ上がっていてアメブロに上げましたが二枚目と三枚目の写真はお初です。このユンさんの写真のサイン欲しいなぁ。

 

ミンジョンさんの素敵な歌声聴きたいです。お待ちしてます。っていうかずーっと待ち続けてます。

コメント

こんな公約も

2014-05-23 15:37:07 | スンホンさんとサンヒョンさんとジェウォン

ソン・スンホン主演「人間中毒」海外4ヶ国に販売確定&観客300万人突破で明洞でのセルフショットを公約!

未公開シャワーシーンの公約の実行で注目を集めた映画「人間中毒」の俳優ソン・スンホンが、今回はセルフショットの公約を掲げ、視線を引き付けている。

ソン・スンホンは20日、自身のTwitterで観客動員数300万人突破の公約が知りたいというあるファンの質問に「明洞で300人とポラロイド撮影、もしくはセルフショット?どうですか?」と答えて注目を集めた。

写真提供=ソン・スンホン Twitter

14日に公開した「人間中毒」が21日までに動員した累積観客数は、85万1532人である。公約実行のためにはあと220万人ほどの観客の関心が必要だ。

そんな中、「人間中毒」は日本、台湾、香港、シンガポールなどアジア4ヶ国に販売される快挙を成し遂げた。

香港の配給会社「Bravos Pictures」のリッキー・チェ(Ricky Tse)代表は、「海外でも人気の高いソン・スンホンの初の19禁ラブストーリーという点が、香港の観客にアピールできると確信した」と「人間中毒」の香港配給を決めた理由を明らかにした。シンガポールの配給会社「Clover Films」のリム・テック(Lim Teck)代表は、「映画が完成する前にプロモーションだけ見て『人間中毒』を購入すると決めた。ソン・スンホンはシンガポールでも熱いファン層を獲得している。彼の映画の公開を待っている観客の熱気は信じがたいほど強烈だ」と説明した。

キム・デウ監督がメガホンを取った「人間中毒」は、ベトナム戦争が終盤に差し掛かっていた1969年を舞台に、厳格な位階秩序と上下関係が存在する軍官舎の中で起こる男女の秘密に包まれた大胆なラブストーリーを描いた作品だ。

 

220万人ガンバレー

 

そして、日本でも版権を買ったんですね。いつ観れるのかな?

日本でも舞台挨拶よろしくお願いします。

コメント

舞台挨拶^^

2014-05-23 15:32:35 | スンホンさんとサンヒョンさんとジェウォン

24日と25日に舞台挨拶があります。

24日は釜山、25日はテグです。

釜山は近いので行ける方もいるのではないでしょうか?

どんな装いで登場するのか楽しみです。

コメント

いひひ(^_^)

2014-05-23 15:28:48 | スンホンさんとサンヒョンさんとジェウォン

「人間中毒」ソン・スンホン&オン・ジュワン、未公開のシャワーシーンを公開“鍛え抜かれたボディライン”

映画「人間中毒」(監督:キム・デウ、制作:アイアンパッケージ)側がソン・スンホンとオン・ジュワンの未公開シャワーシーンを初めて公開した。

「人間中毒」は公開第一週はもちろん、二週目の平日にも興行成績1位を軽々キープし、5月の韓国映画のプライドを守った。このような観客の熱い声援に応えようと「人間中毒」側は、映画館では決して見られないソン・スンホンとオン・ジュワンの未公開シャワーシーンを早くも公開し、新たな見所を届けている。

多くの観客たちの希望を叶えるかのように公開された今回の映像では、シャワーの蒸気の間から密かに見えるソン・スンホン、オン・ジュワンの二人の男性の鍛えられたボディラインを確認することができる。

この他、出世のためなら妻のチョン・ガフン(イム・ジヨン)さえも利用するキョン・ウジン(オン・ジュワン)の隠された一面も垣間見ることができ、視線を引きつけた。

映画を見た観客たちはシャワーシーンの未公開映像の公開に満足し、もう一度映画を見たいとコメントする一方、まだ映画を見ていない人たちは映画への期待感を表しチケットの購入を急いでおり、公開二週目も安定して観客動員数を伸ばすことが予想される。

「人間中毒」はベトナム戦争が終盤に差し掛かっていた1969年、厳格な位階秩序と上下関係が存在する軍官舎の中で起こる男女の秘密に包まれた大胆なラブストーリーを描いた作品だ。「情事」「スキャンダル」の脚本と「春香秘伝 The Servant 房子伝」「恋の罠-淫乱書生-」の演出を手がけたキム・デウ監督がメガホンを取り、ソン・スンホン、イム・ジヨン、チョ・ヨジョン、オン・ジュワンが熱演を披露した。


監督さん公約を実行しましたね

今のところ興行成績もいいみたいで良かったです。

これから話題の作品が次々と公開されるので興行順位も変わってくると思います。

ちなみに私はチャンドンゴンさんの「泣く男」が観たいです

コメント