いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

行かれる方楽しんできてくださいね。

2018-01-31 18:50:36 | 韓国俳優

ソンホジュン側 "日ファンミーティング、手紙のほか花輪、ギフト仕様。俳優を意味する" [公式]

俳優ソンホジュンが自分のファンミーティングでは、すべての花輪と贈り物を受け取ってないと教えて注目を集めている。

ソンホジュンは来る2月4日、日本東京で単独ファンミーティングを持つ。2018年2月に「告白夫婦」日本放送を控えて設けられたファンとの最初の出会いと、その意味がより一層特別だ。

最近ソンホジュンの東京ファンミーティングイベント案内が公開された中で「ソンホジュン俳優の要求に応じてファンの方々のメールに加えて、すべての花輪およびギフトはありません。予めご了承お願いします」というフレーズが注目を集めている。ファンと密接に会って時間を持つことが、集中するという俳優本人の意志が反映されたものと解釈される。

これを見たネチズンは、「概念俳優」「ソンホジュンよりかっこいい」「これだからないのに対し、? " などの反応を見せている状況。

また、ソンホジュンはこの日のファンミーティング終了後、ファンと握手会も開いて直接目を合わせて挨拶をする予定である。

一方ソンホジュンはtvN芸能プログラム「三試三食」シリーズとMBC「吹きとマ風雅」が日本で人気リー放送され、現地で浮かぶ韓流スターとして注目されている。

 

今まで手紙もプレゼントも用意したことないです。用意していた方もいると思いますが、ご本人の意向なので守りましょう。

ハイタッチじゃなく握手会なんですね。いつも思うことですがみんなお話するのかな?わたしなんて言葉できないし、本人目の前にした・・ら・・・放心状態になりそう。胃も痛くなるし。

 

ドラマの放送が決まるとファンミ開催しますよね。第一の彼も、第二の彼も2月、3月にBS、CSでの放送が決まっています。が、なにもない。

アンコール放送とかだからかな?

第一の彼はドラマの撮影が始まるから多分期待できないと思うけど、第二の彼は期待したいなぁ。

コメント

これでいいのかな?

2018-01-31 18:45:09 | ユチョン君

パク・ユチョン、3月に日本でファンミーティング..招集解除後の最初の公式日程

パク・ユチョン[聯合ニュース資料写真]

グループJYJのパク・ユチョン(32)が、3月、日本の東京でファンミーティングを開く。

ソウル江南区庁社会服務要員として軍代替服務を、昨年8月25日に召集解除された後、最初の対外一定である。

31日、パク・ユチョンはJYJの日本公式ホームページに「2018パク・ユチョンのファンミーティング&ミニコンサート・イン・ジャパン - 再会、リメンバーよりメモリースティック(remember the memories)」というタイトルの文を載せた。

彼は、3月10〜11日の東京都武蔵野(武藏野)市総合スポーツプラザメインアリーナでファンと会う。ファンミーティングはミニコンサート形式で行われ、入場券は全席1万800円(約10万6千ウォン)だ。

パク・ユチョンは2016年性暴行論議、2017年南陽乳業創業者の孫娘黄某さんとの結婚説などで世間の注目を受けた。

彼は性的暴行の疑いで相次いで告訴をされた後、相手の女性を誣告罪でマトゴソし工房を広げてきた。

 

ファンは着いて来てくれてるのか?やり方が違うと思うけどなぁ。

コメント

インスタとドラマ記事

2018-01-31 18:40:35 | ドゥジュン君

事務所のインスタです。

かっこいいな。

 

「ラジオロマンス」ユンドゥジュンがグリーントップスターの場合


「ラジオロマンス」ユンドゥジュンが派手なトップスターの場合を描いた。

過去30日に放送されたKBS2新しい月火ドラマ「ラジオロマンス」(演出ドアジュナ黄勝機、脚本ジョンユリ)で台本なしでやってない爆弾級トップスター指数号(ユン・ドゥジュン)の傷や秘密が公開された。

劇中指数号は硬い演技力にあらゆる賞の賞をさらって人気街道を走っているトップ俳優だ。マサチューセッツ堂々としてゆったりとした態度を見せたが、カメラがオフになると、何の表情もなく、シャープな姿にサヌルハムが漂っていた。

彼は慢性うつ病に苦しんでいる。特に相次ぐスケジュールで毎晩危険な撮影が繰り返される悪夢に睡眠薬なし眠れない状態に至った。和解して見せていた家族もすべて嘘で過去ナムジュハ(オ・ヒョンギョン分)からの警告が一生のトラウマになって、心を固く閉めるされるなど華やかなトップスターの生活の中で隠された傷と秘密が公開され、見る人の切なさを催した。

長い時間商品に生きてきた守護にある日現れラジオのDJを提供するソング図(キム・ソヒョン)。彼は、自分自身をキャスティングするために苦労している映像に「ラジオと稼ぎが良いのか、私はカメラの前に立つことよりも巨大一つだけ言ってみろ」ときっぱりと断った。

しかし、図はあきらめていなかった守護は絵が自分を説得するために撮影された映像を見てラジオを考えている図の本気に心を開いた。以後ラジオDJを受け付けて以来、来週の展開の気がかりなことを高めた。

「ラジオロマンス」は毎週月、火曜日の午後10時放送される。
 
 

「ラジオロマンス」の精神科医グァクドン凧ユンに与える影響

ラジオロマンスキム・ソヒョンユンオ・ヒョンギョンキム・ビョンセイ・ウォンジョンゆらユンバクグァクドンヨン

「ラジオロマンス」のグァクドン凧ユン・ドゥジュンの心強い味方になる見通しだ。

30日夜放送されたKBS2新しい月火ドラマ「ラジオロマンス」(脚本ジョンユリ・演出ドアジュナ)2回では、トップスター指数号(ユン・ドゥジュン)、ラジオサブ作家ソング図(キム・ソヒョン)、PD川(ユンバク)、20年目の俳優陣タリー(ユラ)などが繰り広げるドタバタ放送界ストーリーが描かれた。

指数号は、誰が見ても羨ましいことのない人気、お金、名誉をすべての若いトップスターが、心の片隅欠乏を持ったような人物として描かれている。彼は、自分自身をお金を稼ぐアーティストとしてここうわべだけの冷たい親ナムジュハ(オ・ヒョンギョン)かユンソク(キム・ビョンセ)に不満を表出することができない境遇であった。週するマネージャーギムジュンオ(ハジュン)を指数号の横にずっと付けて置いている状況である。

そんな守護に太い綱のように現れた存在があった。精神科専門医のジェイソン(グァクドンヨン)であった。ジェイソンは、守護の長年の友人でもある、医学部を首席で卒業したエリートでもあった。

ジェイソンは、むやみに守護の家に押しかけた。守護を監視するマネージャーギムジュンオ(ハジュン)を押し出しているようにしたジェイソンは、守護に「私今ここ歳だろう」とオタクのような容貌を誇示した。

このように、ジェイソンは粗悪なようとんでもないように、最初の登場から視聴者の視線を奪う存在感が格別だった。彼は今後守護の心を撫で与える心強い味方、友人に機能する見込みである。

 

「ラジオロマンス」グァクドンヨン、ユン・ドゥジュンガムかさぶた医師初登場。「他人ケミ」

俳優グァクドン凧コミカルさと真剣さを自在に行き来風変わり演技変身を予告した。

過去30日放送されたKBS2月火ドラマ「ラジオロマンス」では指数号(ユン・ドゥジュン)とジェイソン(グァクドンヨン分)のうれしい再会が描かれた。ジェイソンの関心が負担あくまで拒否する指数号とその指数号不平をした耳流してしまうジェイソンのなんだかんだケミストリーが温かをかもし出した。

「指数号マネージャー」を自任して派手なスーツ姿で登場したジェイソンは、頭の先からつま先まで独特で武装して、平凡でないオーラを漂わせた。何よりも限りなく軽く見せるが度、日常の中の指数号を観察し、精神科主治医という本分を失わないジェイソンの姿は、今後、彼の活躍を気にした。

派手な衣装で示すように、普通ではないようなジェイソンのキャラクターはグァクドンヨンも新しい挑戦である。そしてこの日、2回目に初登場グァクドンヨンは限りなく明るく快活な姿裏面に冷徹を持っジェイソンをディテールに表現安定した演技力を証明した。

特にグァクドンヨンは見るだけでも目を引く派手なファッションを彼だけのスタイルで消化して目を引いた。冷水と温湯を自由に行き来グァクドン年表ジェイソンが今後の「ラジオロマンス」にいくつかの楽しみを吹く入れるか期待を集めて.


月火ドラマ「ラジオロマンス」ユンバク、キム・ソヒョン・ユン固執する理由?

月火ドラマ「ラジオロマンス」のユンバクがキム・ソヒョンをメイン作家としてこだわっている。韓国に帰ってきた以来、着実にキム・ソヒョンをメイン作家として押しているユンバクの行動に疑問が加えられている。だけでなく、ユンバクがユンドゥジュンをDJにしようとしていることへの関心もつながっている。

去る29日午後、初放送を始めたKBS 2TV月火ドラマ「ラジオロマンス」(脚本ジョンユリ・演出ドアジュナ、硫黄ギ)でユンバクは川PDを演じる。劇中イガンウンラジオ局の「ならず者」と呼ばれるPDで放送事故以来、インドでの休暇を去った韓国に帰ってきた。川の登場にラジオ局人物たちは緊張感を隠せなかった。

ユンバクは戻ってくるやいなやソング図(キム・ソヒョン分)に会った。既存のラジオ番組が廃止されたキム・ソヒョンはユンバクが自分をメイン作家として書いてやるという提案に移る指数号(ユン・ドゥジュン分)を交渉しに四方に優れ通い始めました。しかし、ユンドゥジュンが容易に越えて来ないのでキム・ソヒョンは交渉を放棄させるためにユンバクを説得した。

キム・ソヒョンの説得にもユンバクはびくともしなかった。むしろ「交渉してきたら理由を教えてくれた」とDJがユンなければならない理由を明らかにしなかった。ユンバクのこだわりはここで終わらなかった。ラジオ局長ガンフイソク(イ・ウォンジョン分)の圧迫にもかかわらず、キム・ソヒョンをメイン作家として立てるという意味を曲げなかった。  

月火ドラマ「ラジオロマンス」のユンバクは、ユニークな性格を示している。これと同時に、ドラマの展開に疑問を加える役割まで消化している。過去にラジオ番組をしたと予想されるキム・ソヒョンにユンバクがどんな特別さを感じ、メイン作家としてこだわっているのか、キム・ソヒョンの痛み訴えにもかかわらず、ユンドゥジュンをDJとして交渉する本当の理由は何なのかについての正解が明らかにされていない展開に関心が加わっている。

今後、「ラジオロマンス」のユンバクはユンドゥジュンとキム・ソヒョンを置いて三角ロマンスを継続することになると予想される。特にユンドゥジュンがキム・ソヒョンとユンバクの間を誤解したり、嫉妬することになる可能性が高い状況である。この過程でユンバクこの二人にどのような態度を示してか期待される。  

他にも「ラジオロマンス」のユンバクは、プログラムを一緒に導いていくのチームを構成する過程で自然な笑いを加えることで表示極に新しい活気を吹き込むことが期待される。 

 

月火ドラマ「ラジオロマンス」で活躍しているユンバクは、これまでとは相反した魅力をアピールしている。既存の作品では、すっきり都市的イメージを見せてくれたユンバクが「ラジオロマンス」では、ひげを伸ばして、ほこりの中でも気にせずに、手に負えないと呼ばれるほど無謀な姿まで見せてくれている。今後、「ラジオロマンス」の展開過程でユンバクがどのような姿を見せてくれるようになるのか、彼の行動が極にどのような影響を与えるか注目される。

「ラジオロマンス」ユン、最終的にはキム・ソヒョン本気に同化」のようなのです」(総合)

「ラジオロマンス」ユンドゥジュンがキム・ソヒョンの心に、最終的にラジオDJをすることに決心した。

30日午後放送されたKBS2月火ドラマ「ラジオロマンス」(演出ドアジュナ)で指数号(ユン・ドゥジュン分)は、ラジオDJキャスティングのために苦労している作家ソング図(キム・ソヒョン分)の心に同化されている様子が描かれた。

前指数号は、自分自身をキャスティングするために撮影現場で帯域演技まで消化したソング図で気になるような雰囲気をかもし出した。特に、彼はソング図を取るうと広告撮影までパンク出しいつもと違う姿を見せた。

 

「ラジオロマンス」ユン・ドゥジュンXキム・ソヒョン写真=「ラジオロマンス」放送キャプチャー

このニュースを聞いナムジュハ(オ・ヒョンギョン分)は、携帯電話やマネージャーもなく独自に行動する指数号を不満していた。家に訪れたナムジュする「昨日パンクたスケジュールのために会社が監修した損害と信用度が落ちたことはどのようにするのか」と問いただした。

続いて「私たちの家族の話でドキュメンタリー映画を撮ることにした。いつものように台本通りにすればいいじゃない」と冷笑的に語った。指数号は「私は24時間の間に、カメラの前で笑う自信がない」と断った。しかしナムジュハまた退かずに「君が上手ことから呼吸ものまで私に被害与えないように言った」と打ち上げ付けた。

特にこの日の指数号悲痛家庭事情が明らかになった。過去ナムジュ指数号の誕生日 "私はあなたの実の母ではない」と打ち明けた。続いて「君が上手って、できないこと、ただすること、呼吸するのも私に被害がないように良いことになる」とし、指数号に傷を与えた。指数号は昔の記憶を思い出させて、簡単に眠れなかったし、友人と精神科医のジェイソン(グァクドンヨン分)は、「あなたが嬉しくて私悲しくや泣きまで薬はない」と心配を示した。

一方、ソン図は、指数号をキャスティングするためにあきらめずにクトクトヒ突き付けた。彼は指数号に「ラジオ円カメラと編まれた脚本がない。だから、本当に良い」と紹介した。しかし、指数号は、「私は笑いながらしないとしたが、なぜできない知っているドゥトニャ?ラジオなんてないない」と答えた。これソング図が「なぜラジオの後ろなんてという言葉ブトニャ」と「ラジオを無視?これからずっと沿って通わなければならない "と宣戦布告した。

彼の心を得たい指数号撮影チームの会食の席にも参加した。次の日の朝指数号家で目を覚ましたソングの図は、飛び上がった。しばらくしてナムジュハが家に訪ねてきて、指数号は冷静に「ラジオミーティング中だった。スケジュールのため、映画の撮影はできない」と対抗した。これを見たナムジュする二人の関係を誤解して、「二人で数ヶ月も遊べるのか?」と意味深長な言葉を残して去った。これは、ソングの絵が「今母と気力の戦いに私利用して奇妙な女性作ったのか」と怒った。

指数号「ラジオなくて好きですか」と言うとソングの図は、「脅迫のように聞こえる。なぜ怒ら笑いながら話か」と激怒した。

ラジオ局に戻ったソングの図は、局長から「実力もないのに、本当にメインというのか」と言われた。だけでなく、作家先輩は「お前の主題をよく知っている。あなたの実力に指数号連れてくると、本当にメイン作家でもあることを知っか」とミョンバクを与えた。

ソングの図は、どうしても反論していなかったし、目頭が赤くなったまま黙々と聞いのみあった。この時、指数号登場し」のようなのです」と宋図の手を握ってたまま目を引いた。


「ラジオロマンス」ユン、3年ぶり帰ってきた「ロコ職人」容貌

歌手兼俳優ユン・ドゥジュンは出演ドラマの数があまりないが、出てくるたびに、次世代のロマンチックコメディの主役に強い存在感を披露してきた。自分の地上波初主演作であるKBS2月火ドラマ「ラジオロマンス」でも彼は俳優としての自分自身の能力を遺憾なく披露している。 

過去29〜30日に1〜2回が放映されたKBS2新しい月火ドラマ「ラジオロマンス」は台本なし何もしていない爆弾級のトップ俳優指数号(ユン・ドゥジュン)と彼DJとして交渉した文章を書くことはすべてが上手ラジオサブ作家ソング図(キム・ソヒョン分)が絶対台本通り流されないラジオブースで繰り広げる歳震える」センバン感性ロマンス」を標榜する作品である。 

特にこの作品は、ユン・ドゥジュンの地上波主演デビュー作で関心を集めている。2015年「フォンダンフォンダンLOVE」以来3年ぶりに「ラジオロマンス」を通じたテレビ劇場に復帰した彼は、先に自分が引き受けたトップスター指数号駅の「守護は、自分は全く異なり、従ってより魅力的な人物である。ラジオの中、誰かの事情を聴取するように共感しながら視聴していただければ、よりおもしろく見ることができるだろう」という覚悟を伝えた。 

2010年MBCシチュエーションコメディ「丸ごと私の愛'を通じて演技を始めたユン・ドゥジュンはKBS 2「アイリス2」を経て、tvN'式シャルルましょう」、「式シャルルましょう2」、MBCウェブドラマ「フォンダンフォンダンLOVE」などで存在感を露出した。特に「食シャルルましょう1」では、イ・スギョンと年上年下カップル演技を、「式シャルルましょう2」では、ソ・ヒョンジンといきいきとした同い年のカップル演技を披露し「ロコ職人」としての可能性を打診したウェブドラマ「フォンダンフォンダンLOVE」でフュージョン史劇とは容易ではないジャンルにも金知恵と自然ロマンス演技を披露した。 

どの女優とも自然な呼吸を披露するという評価を聞くユンについてある放送関係者は「今回の「ラジオロマンス」でユンドゥジュンが引き受けた主人公指数号は事情多く人物である。以前に彼が引き受けた役割よりも複雑な内面を持ったキャラクターだ。キム・ソヒョンとロマンチックコメディ呼吸だけでなく、さらに広くなった演技スペクトラムも確認できる作品になるだろう」という期待感を表現した。 

 

ジュノ→イ・スンギ→ユン・ドゥジュン、「国民男」の巧妙な変身

「国民男」の変身に女心が揺れている。

一番最初に変身信号弾を撃ったのはジュノだ。ジュノは自他共に認める「国民獣石」2PMのメンバーで、アジアを号令した韓流スターだ。そんな彼が昨年KBS2「ギムグァジャン」でしらじらしいコミック演技を披露したところ、今年の初めからJTBC月火ドラマ「ただ愛する間」で視聴者の涙腺をぐいっと抜いている。

彼は崩壊事故のトラウマで、世界に背を向け生きるカンドゥの反抗的な面からの唯一の避難所を明け渡した婆(ナ・ムニ)とのどうのこうのChemie社、生と死の境界を越えた文殊(ウォンジナ)との切ないラブラインまで複合的な感情線を滑らかに描かことに成功しました。安定した発声と発音、繊細で自然な表情演技まで加えられジュノがすぐに川置いて、カンドゥはすぐにジュノがされている奇妙な現象がボルオジョトゴ視聴者は、そのようにカンドゥが導くヒーリングと涙の世界にはまってた。おかげで「ただ愛する間」は、2004年初めのヒットを記録したメロー物レジェンド、「ごめん、愛してるだ」の系譜を引き継ぐ「ウェルメイド正統メロ」という絶賛を受けてのに成功した。


 

バトンを受け継いだのはイ・スンギだ。イ・スンギは、「私の女だから」で「国民年下の男 '症候群を取り上げてきた張本人である。また、生徒会長の出身という履歴が公開されて正しく誠実な「国民厳親」で全年齢層をカバーする幅広い愛を受けた。そんなイ・スンギが軍除隊後tvN土日極」化有機」でカムバックした雰囲気を180度転換させた。

劇中孫悟空役を担ったイ・スンギはルックスにあふれる能力まで整えた恋愛においてだけ粗末な孫悟空の反転魅力で視聴者をひきつけた。自分を束縛する金剛との強い不満を吐露し、ともすると「食う」と真善美(オ・ヨンソ)を脅迫するが、どんどん彼に向かう心を持て余すことができず、オドバンジョンを上昇させる姿はかわいい愛らしい。一方、真善美が危機に処するたびに風のように現れ、彼を救ってくれる頼もしい姿と「金剛との所有者は、あなた一つ」と「金剛と動作キス」を交わす「愛屋」の姿を見せてくれて上の人の魅力を噴出こともある。かつてない「メロ目つき」を装着したイ・スンギの反転に視聴者はすでに解き放たた雰囲気だ。彼の活躍に支えられ、「化有機」は、序盤の悪材料を勝ち抜い週末ドラマ強者に位置しています。

最後のランナーは、ユン・ドゥジュン(ハイライト)である。ユン・ドゥジュンは「国民ナムチンドル」の始祖である。ビースト2集「ショック」の活動時期 '日夜 - 恵みの雨」に出演を並行していた彼は、荒れ模様の環境でも、黙々と引き受けた仕事を終える心強い姿を見せ「国民ナムチンドル」という愛称を得たことがある。以後代表作とすることができる「式シャルルましょう」でも馬鹿正直なキャラクターを演じて人気を集めた。

そんなユンドゥジュンが、今回は「彼氏石」どころか、「彼氏候補」にも距離が遠い「恋愛初心者」に変身した。KBS2新しい月火ドラマ「ラジオロマンス」でユン・ドゥジュンは指数号役を引き受けた。指数号は俳優の父の影響で子役俳優から始め、16歳でカンヌ映画祭最年少主演男優賞を乗っ自己発光の花俳優だ。しかし、あまりにも若い年齢での厳しいビジネスの現実を知ってしまい、完全に作られた仮面の中に隠れてシミュレーションを回し台本を組まなければならだけ生きていくことができる空のキャラクターだ。恋愛はともかく、自分の本当の感情や考えをどのようにさらすかも知らなかった指数号率直で重武装したソング図(キム・ソヒョン)と会って行われるドタバタロマンスは「ラジオロマンス」を貫通する重要なラインだ。

ユン・ドゥジュンは29日初放送から撮影トラウマに毎晩薬がなければ、眠れないトップスターの苦い場合とソング図との妙な関係をドラマチックに描き出して視聴者の好奇心を刺激するのに成功した。導通の中を知ることができない二重引用符号の姿が、今後繰り広げられるアナログロマンスを期待して作るという評価。視聴者は、最初の放送だけで「本邦死守」を叫んで、本格的な「守護病 'を予告している。

2000年代後半に振った「国民男」の変身に視聴者は歓声を送っている。今まさに殻を破って出てきたこれらこれからどのようにより多くの魅力を見せるのか気持ちの良い期待が集まっている。

 

昨日もリアル視聴しました。

クァク・ドンヨン君を弟かと思っていたら精神科医でした。ヒョンって呼んでなかったから変だなぁと思っていました。

クァク・ドンヨン君先日初ファンミを開催しましたね。これからも日本のファンに会いに来てくださいね

 

昨日の放送を見て、ユン・バクさんとドゥジュン君とソヒョンちゃんの関係が描かれるのかなぁと思ったり。

親子関係も気になったし。

 

それにしてもドゥジュン君は、表情の作り方うまいなぁと思いますね。ずっと思っていました。

 

視聴率は下がってしましましたね。5.2%・・・11年前のドラマ「白い巨塔」が5%・・・

本がダメなのか?言葉が分からないから何とも言えませんが・・・

 

見守るしかありません。



コメント

ドラマ記事

2018-01-30 19:49:07 | ドゥジュン君

キム・ソヒョン・ユン・ドゥジュンの「ラジオロマンス」5.5%で出発

[KBS提供]

青春ロマンスらしく重くなく若々しく足を引いた。

30日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、前日の午後10時放送したKBS 2TV月火ドラマ「ラジオロマンス」初回視聴率は5.5%を記録した。前作である「ジャグラーズ」初回成績(5.6%)とほぼ同じ水準である。

1回では、ラジオ作家ソング図(キム・ソヒョン分)がトップスター指数号(ユン・ドゥジュン)をDJとして渉外するために苦労している姿が入れられた。

「ラジオロマンス」は、キム・ソヒョンが大人になった後の最初の試みロマンチックコメディであり、ユン・ドゥジュンの最初の地上波ドラマ主演作で関心が傾いた。

1回目の放送後には「意外な組み合わせ」である二人が思ったよりよく似合っは反応あったが、キム・ソヒョン、この役割よりも幼く見えるという指摘もあった。

少女漫画や「インソール」(インターネット小説)を見るような展開と演出を置いても、各自の好みに応じて評価が交錯した中で2回で本格的に開始される「アナログロマンス」を期待する声も少なくなかった。

【tvN提供]

これ早い午後9時30分に放送したtvNの新しい月火ドラマ「クロス」は、3.9%(有料プラットフォーム)の視聴率でスタートした。

初回では、天才的な医術で自分の家族を殺した犯罪者に復讐しようとするガンインギュ(ゴギョンピョ)と彼の殺人を防ごうとする昔の「メンター」ゴジョンフン(チョ・ジェヒョン)の対立が照明された。

最近の放送でよく見ることができる刑務所背景と手術室の出会いが新鮮に近付いてきた評が多かった。映画のようなカメラの撮影テクニックと緊張感を極大化した演出を置いても好評がほとんどだった。ただし分極過程で、いくつかの非現実的な状況が没入を阻害するという指摘はあった。

夜10時の視聴率1位は12.8%を記録したKBS 1TV「歌謡舞台」が占めた。放映終了を控えたSBS TV「謎のイルスン」は7.1%-8.1%、MBC TV「また会う白い巨塔」は3.2%-4.4%と集計された。JTBC「ただ愛する間」は、1.5%(有料プラットフォーム)であった。

 

[ラジオロマンス初めての部屋②]地上波初主演ユンは、秘密多くのトップスター役」好評」

「ラジオロマンス」ユンドゥジュンが秘密と傷が多く、トップスター指数号キャラクターを引き受けて、安定した演技力を披露した。 

去る29日初放送されたKBS2新しい月火ドラマ「ラジオロマンス」では指数号(ユン・ドゥジュン)とソング図(キム・ソヒョン分)の過去の縁をはじめ、ラジオDJ交渉に絡み合う過程が公開された。

ユン・ドゥジュンは劇中に若い年齢でカンヌ映画祭で最年少主演男優賞を受賞し、自他共に認める大韓民国最高のトップ俳優と呼ばれる指数号を引き受けた。母ナムジュハ(オ・ヒョンギョン分)は、最もクールJHエンターテイメント代表であり、父かユンソク(キム・ビョンセ分)は、国民の夫である35年目のベテラン俳優だ。芸能界でも、金カトラリー中の金のスプーンであるわけだ。

しかし、指数号は、完全な仕様と外見とは異なり、カメラがない時は、表情からがらりと変わった。スケジュールが終わった後は、マネジャーなしで一人で行くのを望んで、カラフル外見の裏には終始孤独寂しさを表わした。さらに、睡眠をよく時、悪夢を見るのような姿を見せることもした。

ユン・ドゥジュンは、過去のドラマでグリグリして、性格の良い、明るいキャラクターを主に演じて好感イメージを築いてきた。しかし、今回は傷や秘密、トラウマを持つ暗いトップスターを見せなければならない。

彼は取材陣の前で世界親しい笑顔を見せるが、戻って書かれた笑い期を芽なくし冷える指数号をよく表現した。感情の変化を簡単に出さないトップスターキャラクターを無難に消化しながら、今までリリースした演技と違う姿を見せた。放送を見た視聴者たちも肯定的な評価がほとんどである。 

2010年に放送されたMBC「丸ごと私の愛 'を通じて本格的に演技を始めたユン・ドゥジュンはKBS2「アイリス2」助演を経て、ケーブルtvN'式シャルルましょう」シリーズの主演として活躍した。ウェブドラマ「フォンダンフォンダンLOVE」以来3年ぶりに「ラジオロマンス」でテレビ劇場に復帰した。

アイドルビーストデビュー直後、すぐに演技を並行しユンドゥジュンは助演を経て、地上波主演まで横取りして代表演技となった。「ラジオロマンス」で人生小さい残すことができるか期待されている。

これと共にユン・ドゥジュンは1回から相手役キム・ソヒョンとどうのこうのケミを明らかに、これからピンクに発展するロマンスも気にさせた.

 

「ラジオロマンス」ユン・ドゥジュンの苦情。不眠症+約まで

/写真= KBS 2TV「ラジオロマンス」放送画面

「ラジオロマンス」でユン・ドゥジュンの特別な苦情は別にあった。

29日放送されたKBS 2TVドラマ「ラジオロマンス」では指数号(ユン・ドゥジュン分)の特別な苦情が公開された。

「ラジオロマンス」は台本なし何もしていない爆弾級のトップ俳優指数号(ユン・ドゥジュン)と彼DJとして交渉した文章を書くことはすべてが上手ラジオサブ作家ソング図(キム・ソヒョン分)が絶対台本通り流されないラジオブースで繰り広げる感性ロマンス。

指数号は家に持ち帰る与えるというマネージャーの勧誘を振り切って一人で車に乗って家に向かった。以後指数号のどこかに追われる姿が公開されたし、暴行もあった。このシーンは、映画のワンシーンだった夢だった。

指数号は引き続い芸能界スケジュールに疲れていた、後に薬物がシーンに映っていた。

 

【決定的シーン]初めての部屋「ラジオロマンス」ユンバク "ナマステ"オタクPD初登場

ユンバクがときどき「ナマステ」を叫ぶオタクディレクターで独特の初登場した。

1月29日に初放送されたKBS 2TV新しい月火ドラマ「ラジオロマンス」1回(脚本ジョンユリ/演出ドアジュナ硫黄勝機)で川(ユンバク分)は、インドから戻ってきた。

とディアサブ作家ソング図(キム・ソヒョン分)がメインライターララ希(ギムヒェウン分)に原稿を理由によどみなく怒られる放送局のロビーに「ナマステ」を叫ぶ不審人物が登場した。彼はソング図が持っていたサンドイッチまで不意に奪って食べた。

ソング図が恥ずかしいと、彼は「お前はまだパンシャトルしてるね」と遠ざかった。ソングの図は、遠ざかる川を見て「ですよね?私が知っている彼ですよね?」と驚愕し、コフン正(ジョビョンギュ分)は、「私のラジオ局手に負えない!」と川の悪名高いニックネームを言った。

ラジオ局局長ガンフイソク(イ・ウォンジョンの方)は、川を見て、「精神チャリと休暇送ったところ狂っ帰ってきた」と嘆いた "上では、その時、その事件のためにならないとして、下にあるものもお前ならないというつもりはわずか説得して進めてている。無条件聴取率3倍上げろ」と指示した。

イガンウン「5倍は上げなければならないだろうか」と答え、以降ソング図に指数号(ユン・ドゥジュン分)をDJので交渉してくると文だけ書いメインライターをさせてくれるという特命を下した。

 

いっぱい記事が出ていました。気になる記事を載せました。

 

昨日、リアル視聴しました。ソヒョンちゃんの問題のシーンも放送されましたね。確かにあれは寒そうで大変だったと思います。

 

視聴率は「クロス」に抜かれたなぁと。ケーブルで3%いけば合格ですからね。5.5%って・・・ちょっとびっくりしました。

まっ、初回なのでこれから面白くなることを期待したいと思います。

 

今日から、2人の関係が動き出すのかな?担いでたし。シートベルトつけてあげたり、私が一番やられるのは・・・手首を掴んで引っ張って連れて行くシーン・・・

 

ユン・バクさんの登場も面白かったです。大笑いしちゃいました。ナマステ・・・

 

ドゥジュン君演じる、チ・スホさんが乗っていた車マセラティだったかな?かっこよかったなぁ。

ダブルのスーツも良かったし。

 

今日も楽しみです。言葉全く分からずだけど、ドゥジュン君の顔見てるだけだけど

 

コメント

インスタ

2018-01-29 20:29:39 | ドゥジュン君

訳:1月29日今日!KBS2TVで10時に始まる<ラジオロマンス>ドラマ本放送に先立ち午後7時にネイバーのVアプリ「アットライブ」でほかの主演俳優の方々と一緒に皆さんとまずお会いしました!Vアプリたくさん観ていただいて、その勢いを維持して11時まで本邦視聴お願いします!ああまた寒さに風邪に注意してください。健康最高!

 

うん。注意する。ドゥジュン君も注意してね。

 

Vアプリですが、途中7時30分から観ました。ドゥジュン君の朱肉色?のセーターと髪の色が同じだった。

ドゥジュン君は、無地が絶対似合うと思う。言葉は分からないので、じーっと観てるだけですが。

なんとなく、NG王は誰?みたいなこと聞かれてたような気が。

 

そして、やはりKBSワールドでの放送が決まったみたいですね。観れない。次に放送されるなら衛星劇場を期待したいです。

というか期待してます。

コメント