いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

今年もお世話になりました。

2017-12-31 20:25:54 | ごあいさつ

あと、4時間ほどで2017年も終わろうとしています。

 

今年もこんな自分の思うままのことしか書いてないブログに来ていただいてありがとうございました。

 

もしかすると私の書いていることで気分を害している方もいるかと思います。申し訳ありません。

 

これからも、私の思うままの事を書いていきたいと思っていますのでそのへんはご了承ください。

 

来年の韓流はどんなことになるのか分かりませんが、日本にとってもどんなことになるのか分かりませんが応援していきたいと思っています。

 

来年もどうぞよろしくお願い致します。そして良いお年を。

 

コメント

おめでとうございます。(^-^)

2017-12-31 20:10:30 | バラエティ

キム・ビョンマン「体調100%ない、対象亀裂を思った」

「2017 SBS芸能大賞」キム・ビョンマン/写真= SBS放送画面キャプチャー

'2017 SBS芸能大賞」キム・ビョンマンがプロデューサー賞を受賞した。

「ジャングルの法則」キム・ビョンマンが30日、ソウル麻浦区上岩SBSプリズムセンターで開かれたSBS「2017 SBS芸能大賞」でプロデューサー賞を受けた。

キム・ビョンマンは「昨日の夜から今朝まで、今回の授賞式は、静かで私に快適であるとした。周辺でもしかしたら受賞所感準備したかに準備しなくて本当に安心してきたが、監督に認められたというゴエについて対象より返済と思う」とし「私の最後の7月に不注意で大きな負傷で賞を受けた、また賞を与えられた」と感謝の言葉を伝えた。

続いてキム・ビョンマンは「多くの方々が私に祝福された人だというのに、あなたたいようで、それを撮ってくれてたいことすることについて、7年間つながるくれたことも感謝している」とし「それ応援してくれただけでも、ありがとうございましたのに賞までいただき、回復が早くなりそうだ。完璧な100%ではないが操業のために熱心に運動している。来年も一生懸命「ジャングルの法則」」と覚悟を固めた。

 

何年か前に大賞を獲った時すごく泣いていましたよね。印象に残っています。そうそうたる先輩方を追い越して受賞したわけですからね。

今年は、大怪我にあわれてここまで回復したのはすごいですよね。神経に損傷がなかったのも不幸中の幸いだったと思います。

 

これからも、怪我に気をつけて頑張ってくださいね。毎週必ず「ジャングルの放送」は録画して観ています。

コメント

おめでとう\(^o^)/

2017-12-31 19:40:00 | テジュン君

チェテジュン、「最高のキャラクター賞」悪役部門受賞

【2017 MBC演技大賞]チェテジュン、「最高のキャラクター賞」悪役部門受賞

俳優チェテジュンが「最高のキャラクター賞」悪役部門を受賞した。

30日夜9時から生放送で行われた「2017 MBC演技大賞」には俳優キムソンリョンと放送オ・サンジンがMCで呼吸を合わせた。MBCアナウンサー出身のオ・サンジンは今回の授賞式が、彼は退社後、初めての進行を引き受けることになったMBCプログラムである。

この日の「最高のキャラクター賞」悪役部門には「ミシンナイン」のチェテジュンが呼称された。

そんな中、今年の演技大賞選定方式は、昨年まで行われたARS投票方式ではなく、専門家の投票で大賞受賞者を選定している。また、「最高のキャラクター賞」部門を新設し、ホームページを通じて投票を行った。視聴者が直接選んだ最高の悪役、最高のセンゴセン、最高のコミックスターは誰か注目される。だけでなく、「今年のドラマ賞」と「男・女人気賞」の投票結果も期待ポイントだ。

何よりも、今年の最大の特徴は、'26年目無名俳優」チェギョ式対象部門授賞者として舞台に上がるということである。毎年「演技大賞」対象部門の授賞は、前年度優勝者とMBC社長や副社長が表彰を一緒にしたという点で異例である。

チェギョ式「逆賊:民を盗んだ盗賊」、「お父様、私運ぶよ」、「泥棒ドヅクニム」、「装飾オスンナム」などMBCドラマ約10編を出演した俳優。その前年度大賞受賞者である俳優イ・ジョンソクが「2017 MBC演技大賞」の対象授賞者に出る予定だ。

 

毎年、投票していましたが今年から出来なくなりました。でも、専門家?の方たちが選んだということで嬉しいです。

 

でもこのタキシードの生地はどうなんだろう。かっこいいんだけど・・・ワニ革?

 

チェテジュン - キム・ミョンス - チョン・ギョンホは、最高のキャラクター賞主人公

チェテジュンキム・ミョンス、チョン・ギョンホは、特別なトロフィーを持っていった。

12月30日午後、ソウル麻浦区MBC社屋で開催された「2017 MBC演技大賞」は今年新設された最高のキャラクター像が発表された。

まず、最高の悪役賞候補には、「吹きとそよ風よ」クムボラ、「泥棒ドヅクニム」ソイスク、「ミシンナイン」チェテジュン、「装飾オスンナム」ハンスヨン、「君主」ホ・ジュノが上がった。

これらの受賞者はチェテジュンだった。チェテジュンは「「ミシンナイン」今のように寒さに、海の中に入って撮ったりして、寒さの中に苦労された方が多い。悪役を引き受けながら演技に欲私の部分が多かった。その欲を同僚俳優の方々、周辺監督、俳優、スタッフの方が情熱的に見てくれて優れ遊んでくれました。煙に当たり責任を持って、より熱心にするように努力する "と所感を明らかにした。

「次回はどんなキャラクターを引き受けてたいか」というMCキムソンリョンの質問には「金持ちに、環境の良いところでは、海中にない入ることでしたい」と話して笑いを抱かれた。

闘魂演技賞部門には「君主」キム・ミョンス、「逆賊」キム・サンジュン、「ミシンナイン」リュウォン、「見張り」イ・シヨン、「帰ってきた福単に「移住呉候補に上がった。

受賞者はキム・ミョンス。彼は「私だけでなく、すべての俳優、スタッフらが苦労をされた。その方たちに代わって受ける商人らしい。「君主」の撮影寒さ苦労しましたが、すべて苦労された。これからもっと努力するキム・ミョンスよう努力する」と所感を伝えた。

最後コミックキャラクター賞は「ツーカプス」ギムソンホ、「食卓セットする男」キム・スミ、「死ぬ生きる男」シン・ソンロク、「ミシンナイン」チョン・ギョンホ、「お父さん、私を運ぶよ」ファンドンジュが候補に上がり、チョン・ギョンホが受賞したが、スケジュール上参加していできなかった。

 

「悪役賞」チェテジュン "寒さに苦労。金持ちで演技したくて"

最高のキャラクター賞部門で最高の悪役賞に俳優チェテジュン、闘魂演技賞にインフィニットエル(キム・ミョンス)、コミックの文字上に俳優チョン・ギョンホが呼称された。

30日、ソウル麻浦区上岩洞MBC公開ホールで2017 MBC演技大賞が俳優キムソンリョン、放送オ・サンジン司会で進行された。

「ミシンナイン」チェテジュンは「「ミシンナイン」は、今のように寒さの両方に苦労しとった。悪役で欲私は部分が多かったが周辺の同僚俳優、スタッフの情熱に存分にトィノルできるようにしていただきます。責任持って演技する "と今度は「金持ちの家に良い環境で(演技したい)」は、風を付け加えた。

「君主」で熱演たエルは、「撮影しながら、すべて苦労が多かった。これからもっと熱心にするキム・ミョンスになる」と述べた。

コミックキャラクター賞を受けた「ミシンナイン」チョン・ギョンホは、撮影の関係で参加した。

 

来年は、ぜひ日本でファンミを。そしてドラマや映画での活動も期待してます。

コメント

KBS演技大賞

2017-12-31 19:27:48 | ドゥジュン君

まだドラマ始まってないのにね。でも、ひさしびりにタキシード観れて嬉しい。来年は、ノミネートされればいいなぁ。

今日も、かっこいいぞ。前髪は絶対上げてたほうがいいよ。

いい画像。

コメント

ドラマとドゥジュン君記事

2017-12-31 14:55:09 | ドゥジュン君

この画像観たとき一瞬「KBS演技大賞もう放送されちゃった?」と思ってびっくりしました。でも相手の女性・・・外国人だし。違うなぁと

 

今日ですものね。KBS演技大賞は。ちなみに彼も?出演します。一度に2人観れるなんて。どんな装いで出演するか楽しみです。

彼のドラマってKBSだったんだなぁ

 

今日、PM9:15分からVLIVEがあるみたいです。少しなら観れるかな?

 

「このようにだけ着てください」チェックスーツさえあれば彼氏ルックOK!

私のボーイフレンドが被って欲しいスーツと式を与えるないファッショナブルなパターンチェックが会った。チェックスーツは上下の続きのスタイルを一層特別にするスタイリッシュなアイテムだ。

チェックスーツを挑戦してみたいスターたちのファッションに注目してみよう。ユン・ドゥジュンからチョン・ヨンファ、エディ・キムまで彼らのスタイリングにチェックスーツの魅力を調べた。

 「ドゥジュン二準じ」、ユン・ドゥジュン

ユン・ドゥジュンはスーツファッションを素敵に消化兄米を表わした。バーガンディ色のチェックスーツと一緒にブラックカラーで、他のアイテムを合わせて科していないスタイルを演出した。また、スーツにスニーカーを着用して、カジュアルでリラックスしたムードに発散した。

「しっとりとしたイケメン目」、チョン・ヨンファ

チョン・ヨンファはブラウンカラーのスーツを着て雰囲気あり自信に満ちポーズで目を引いた。写真の中のスーツはブルー、グレーなどの色でチェックパターンを成し遂げており、薄くていない素材を使用して、季節感をもたらした。これと共にパテントレザー素材の靴でスタイルを仕上げました。

 「雰囲気があるたよ!」、エディキム

エディキムは紳士の品格が感じられるダンディーなスーツを選択した。グレーカラーのすっきりとしたチェックスーツはエディキムをさらに輝かせた。これ白シャツとユニークなネクタイを着用してスーツの定石を見せ、サスペンダーまで添えクラシックなスタイリングを完成した。 


私は、ドゥジュン君は、無地のスーツが似合うと思います。柄物じゃない方が・・・



2018ドラマトレンド#メロモード#続編戦争

2018年テレビ劇場がピンク色に染まる。地上波3社すべて新年最初のドラマでロマンス水を掲げ女心攻略に乗り出す。

また、これまで以上に多様なシーズン制ドラマが視聴者との出会いを待っている。「推理の女王」から「近所の弁護士鳥達号」、「秘密の森」、「シグナル」と「神のクイズ」などがそれである。

新年部ピンク風...地上波3社すべてメロモードON

月火ドラマはまさにロマンス物豊作だ。MBC「ツーカプス '後続で編成された「ラブゲーム - 偉大な誘惑」がその主人公。ウド環レッドベルベットの締めが出演する。フランスの小説「危険な関係」を原作にした「ラブゲーム - 偉大な誘惑」は、先に、2003年にペ・ヨンジュン・チョン・ドヨン主演の映画「スキャンダル - 莫大」で脚色された。

ユン・ドゥジュンとキム・ソヒョン、二大勢のスターの出会いで、かつて話題になったKBS2「ラジオロマンス」は「ジャグラーズ」の後続として視聴者に会う。ユン・ドゥジュンは台本なし何もしていないトップ俳優指数号を、キム・ソヒョンは彼DJとして交渉したラジオ作家ソング図を演じる。アナログ感性濃いラジオ局を背景に二青春男女が描き出す荒っぽいロマンスが期待を集める。

これ対抗SBS「キスまずでしょう」は、接続が、他の40代の中年のロマンスを前面に掲げた。「上品な彼女」で復活を知らせキム・ソナの次期作であり、メロキングカム・ウソンの4年ぶりの復帰作では、この両方の出会いだけで最高の期待作になった。「恋人がいます」のベユミ作家が脚本を、「三回結婚している女性」のソン・ジョンヒョンPDが演出を引き受けた。これらプレゼントする大人メロにすでに女心が揺れるべきである。

この他にも、映画「二十」のイ・ビョンホン監督が脚本を引き受けたドラマ「メローが体質」など多彩な愛の形がお茶の間を見つけるために準備を終えた。

シーズン制ドラマ全盛時代、続編ジンクスケルカ?

映画界では続編が公開される「型のみなアウない」という言葉が慣用のように使われる。それほど成功したオリジナルの続編がオリジナルほど成功するのは難しいということを示唆したりする。

映画界で頻繁に使用されていたこの言葉が、最近はドラマでたまに登場する。映画の中で続編と同様のシーズン2。映画と同じくらい優れた完成度、マニア的人気に力づけられて、ドラマ界でもシーズン2制作に向けた動きが続いているからだ。

実際に2018年にはこれまで以上に多様な続編が視聴者との出会いを待っている。「推理の女王」から「近所の弁護士鳥達号」、「秘密の森」、「シグナル」そして「神のクイズまで '。このうち前作の重量を支え、また、ワン大ヒット主人公はだれであるか。期待と懸念を同時に座ったシーズン制ドラマ3編を紹介する。

◇「推理の女王」シーズン2 
KBS2新水木ドラマ「推理の女王」シーズン2が来年2月21日初放送を確定した。今年上半期に放送した「推理の女王」は、主婦探偵芝峰類説翡翠(チェ・ガンヒ)と刑事し完勝(クォン・サンウ)の空調を扱い、従来にはなかった新鮮なケミと楽しさを同時にプレゼントした。この二人大小の事件を解決し、隠された真実を明らかにするプロセスは、マニアを生むほど人気を集めるた。

先シーズン1の主役だった俳優クォン・サンウとチェ・ガンヒが再び意気投合するという事実が知らされてマニアの支持を受けた。特に感覚的に新鮮な筆力を発揮していたシーズン1のイ・ソンミン作家と遊泳はPDの組み合わせに「ギムグァジャン」のチェユンソクPDが合流して出すシナジーが期待される。

シーズン1に続いてシーズン2でも極を導くチェ・ガンヒは「クォン・サンウと一緒に視聴者の方々に会うことができて、特別な気持ち」と戻ってきたソルオクに果たしてどのような変化が生じたか、推理力はそのままである多くの関心を持っていただきたいだろう」とし、関心をお願いした。

◇「近所の弁護士鳥達号」シーズン2 
2016年痛快展開とパク・シニャンの熱演で人気の下に放映終了した'近所の弁護士鳥達号」もシーズン2の制作を決定し、来年編成が確実視された。上半期で下半期に一度編成が延期たものの、シーズン2の制作を無理なく進行される形だ。

「近所の弁護士鳥達号2」は、クール検査鳥達号検察の不正を告発して地獄に落ちた後の人生2幕を開く話を描くリン作品。シーズン1が17.3%の自己最高視聴率を記録するなど、視聴者の多くの愛を受けた。

シーズン1の人気を牽引していた俳優パク・シニャンが出演を確定したしtvNドラマ「もうオヘヨウン」と「変革の愛」を演出したソンヒョンウクPDが演出を務める。

◇「神のクイズ」シーズン5 
ジャンルムルの名家OCNは「神のクイズ」第5シーズンを準備中だ。「神のクイズ」は、2010年8月の最初のシーズンが放送された後、第四まで続けてきたシーズン第ジャンル極である。韓国の法の管事務所のエリート医師が迷宮に陥った謎の死を追跡し、難病にまつわる謎を解いていく過程を描いたドラマだ。

あまりにもマニアをたくさん養成したせいで、今までも追加シーズンの要求が絶えない。シーズン5が放送されると、2014年に放送されたシーズン4以降4年ぶりの復活であるわけだ。

特に四回のシーズン中の主人公を引き受けたリュ・ドクファンが7日、除隊し出演にさらに力を入れている。具体的な組み合わせは未定だが、放送関係者たちは、来年7月から8月のストランドを保持している。

このほか、2017年最高のドラマに選ばれたtvN「秘密の森」と「シグナル」もシーズン2の制作を確定した。シーズン1の主役たちの出演するかどうかをめぐり調整されている中で、間もなく再び視聴者たちに楽しさを奥行きと思われる。

 

 

今は、地上波よりもケーブル局の方が視聴率いいですよね。地上波では出来ないことが出来るからだと思うのですが。

地上波も、いい作品があると思うのですが・・・なかなか視聴率に結びつかないんですよね。

 

とにかく私は「ラジオロマンス」に期待しています。ドゥジュン君久しぶりのドラマですしね。



コメント