いつか、きっと・・・

BEASTからのHighlight(ユン・ドゥジュン君)、チェ・テジュン君、大泉洋さん。
いろんなこと書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そういえば・・・

2018-03-18 19:25:22 | 音楽

テ・ジナX江南、第3呼吸... コーラボゴク「中指バッジ」17日に発表

トロット歌手テ・ジナと歌手江南この3番目のコーラボゴクを発表する。

「伝統市場」「人の運命」で幻想の呼吸を誇示したテ・ジナと江南は17日正午、中指バッジ」を公開する。


テジンが作曲しコイルが作詞に参加した「中指バッジ」は、両親に感謝して希望に満ちた人生を生き、安全と火の用心などを守って楽しく生きていこうという内容を盛り込んだ健全です。

簡単で楽しい歌詞と楽しいリズム、テ・ジナと江南の情味ボーカルが交わって多くの愛を受けると期待を集めている。

 

カンナム君、インフルエンザで「ジャングルの法則」を降板しましたがその後音沙汰無いですね。元気になったかなぁ。

歌聴いたことないですが・・・上手なのかなぁ。

コメント

いろんな方たちと・・・

2017-12-25 19:13:11 | 音楽

撮っていたんですね。なかなか観れない方たちですものね。貴重です。

渡辺直美、TWICE&防弾少年団らと笑顔で記念撮影…「Mステ」出演の豪華インスタが話題

防弾少年団とTWICEが12月22日、テレビ朝日「ミュージックステーション」の年末特集番組「ミュージックステーションスーパーライブ2017」(以下「Mステ」)に出演し注目を集める中、同じ番組に出演していた渡辺直美が投稿したMステ出演記念のInstagramが話題を集めている。

渡辺直美のInstagramには、この日同番組に出演した豪華アーティストたちと撮影した記念写真が投稿された。AKB48や荻野目洋子、山崎育三郎のほか、ダンスで話題を集めている登美丘高校ダンス部メンバーとの写真に加え、防弾少年団、TWICEとの写真もUPされた。

インスタのコメントには「TWICEの皆さんと!激かわ」「BTSの皆様と!その髪は本当ですか?と聞かれて、いいえ嘘のです。と言ったら何故かホッとしてましたw」というコメントと一緒に投稿され、ファンから熱い視線を集めている。

22日に放送された「ミュージックステーションスーパーライブ2017」(以下「Mステ」)には防弾少年団とTWICEが出演し、印象的なステージを披露した。TWICEは日本内で旋風的な人気を集めた「TT」の日本語バージョンを、防弾少年団は「DNA」の日本語バージョンをを披露した。

韓国人に人気のある日本人って誰だろう。

 

 

コメント

日本進出^^

2017-12-18 20:01:50 | 音楽

移籍し、来年3月に日進出 "アイドル以外の歌手の紹介異例"

歌手移籍が来年3月に日本に進出する。

最近4年ぶりに新譜を発表した移籍は来年3月14日、「移籍BEST SELECTION良かった」ベストアルバムを日本で正式発売する予定だ。

日本のポニーキャニオン社シンガーソングライター移籍のオフィシャルウェブサイトもすでにオープンしました。また、移籍の活動内容などのプロファイルも詳細に紹介しながら期待感を高めた。移籍はソウル大学出身で小説、絵童話などを発表した作家活動だけでなく、ラジオDJを長い間進めており、韓国では非常に有名な歌手と付け加えた。

アイドル歌手ではなく、韓国のアーティストについて、このように詳しく大々的な導入は非常に異例なことだという評価だ。ポニーキャニオンのニュースは移籍の歌とミュージックビデオをオフィシャルサイトで公開し、日本のファンも移籍の音楽に接することができるようになったと期待感を表わした。

特に現在、日本でも人気を呼んでいる韓国ドラマ「グルミグリーン月光」と「応答せよ1988」のサウンドトラックに参加した実力派ミュージシャンと絶賛しながら注目を一身に受けている。

一方、過去2013年11月5集 '孤独の意味」以来、約4年ぶりに「痕跡part 1」を公開した移籍は来る30日から31日までソウルのCOEX Hall Dで「素敵な冬の日」というタイトルで2回公演を持つ。12,000全席売り切れを目前にしている。 

移籍は昨年11月、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館で全国ツアーコンサート「響く」を開いて、釜山、大邱、光州で3万人の観客と遭遇して底力を誇示したことがある。移籍は2015年から2016年にかけて「2015移籍小劇場コンサート - 舞台」で1年間のファンたちに会った。全国12都市で計66回の公演全席売り切れという大記録を立てながら小劇場と大劇場を行き来する国内唯一のミュージシャンに位置づけた。

 

イ・ジョクさんというと、ソウル大学卒業していて、日本語ができる方ということしか分からないのですが・・・

「花より青春」にも出ていましたよね。その時に日本人とお話されてるのを観て日本語ができる方だと分かったんです。

 

アイドルではない歌手の日本進出は、ほんと異例かもしれませんね。コンサート開催されたら聴きに行きたいです。

コメント

MAMA関連記事

2017-11-20 20:35:23 | 音楽

 AKB48、韓ガールグループと「MAMA」の舞台に立つ

日本のガールグループAKB48と国内ガールズグループが一つの舞台に上がる。

した芸能界関係者は20日、日刊スポーツに「AKB48が29日に開催された2017 MAMA(Mnet Asian Music Awards)の舞台に立つ」と述べた。

Mnet関係者もこの日「AKB48の舞台を準備しているのは事実だが、まだ正確な参加返信が来なくて待っている中だ "と話した。

関係者によると、同日AKB48の単独舞台の後、国内のガールグループと合同公演も用意されている。MAMA新人賞候補に上がったのwikiミッキー・プリスティン・求めるなどと一緒に上がる日韓ガールグループのコラボが準備された。

MAMAはこれまで、香港で開催しクインシー・ジョーンズ・ティンバランド··ウィズ・カリファ・ペトシャプボーイズ・ジョン・レジェンド・仕事ビスなどの特別公演が行われた。今回は3カ国でするように、日本でAKB48が出撃する。

今年9回を迎えたMAMA 2010年から、マカオをはじめとグローバル進出、2011年にシンガポール・2012年から2016年まで香港で開催された。今年は「MAMA WEEK」を設け、ベトナム(25日)・日本(29日)、香港(12月1日)の3つの地域で開催する。「共存」をコンセプトに、多様な文化の共存と地域の交流、音楽の共感が一団となって、多彩な公演からパフォーマンスまで準備する。

 

「韓流スター」ソン・ジュンギX泊宝剣、「2017 MAMA」のホスト確定[公式]

俳優ソン・ジュンギとパク宝剣が「2017 MAMA」のホストに出る。

20日、「2017 MAMA(Mnet Asian Music Awards、エムネットアジアンミュージックアワード)」側は「ソン・ジュンギとパク宝剣がホストに確定した」と明らかにした。

まず、ソン・ジュンギは「2017 MAMA in Hong Kong」のホストとして出演を確定した。ドラマ「太陽の末裔」を通じてユシジンという歴代級キャラクターを誕生させ、最高の韓流スターに成長したソン・ジュンギはアジア圏で熱い人気を得ている。これらの彼がこの「2017 MAMA」の舞台を介していくつかの挨拶を前にするか、グローバルファンたちの耳目が集中されている。

朴保黒い「2017 MAMA in Japan」のホストとして舞台に上がる。人気の下に放映終了した「グルミグリーン月光」とtvNドラマ「応答せよ1988」などを通じて視聴者たちをひきつけた彼は「2016〜2017アジアツアーファンミーティング」を通じてアジアの様々なファンと会ってもう一度「宝剣病 'を導く祈り。国内を越えてアジアの世子」に浮上した彼は、日本の現地と世界の視聴者の注目をひきつけることが予想される。

一方、今年の9回を迎えた「MAMA」はNo.1総合コンテンツ企業CJ E&Mが主催するアジアを代表する音楽授賞式だ。「2017 MAMA」は、MAMA WEEK期間中、ベトナム - 日本の - 香港の3つの地域で開催され、名実共アジア最高の音楽授賞式に成長する。「共存」をコンセプトに、多様な文化の共存と地域の交流、音楽の共感が一団となって、多彩な公演からパフォーマンスまで、全世界が一緒に楽しむことができる音楽祭になる見通しだ。


「2017 MAMA」アイ・オーアイXAKB48、お互いのヒット曲呼ぶ

©News1 = AFP、ニュース1 DB

アイ・オー子供AKB48がお互いのヒット曲を一緒に歌って、日本と韓国、両国の国民アイドル和合の場を作る予定だ。

キム・キウンMnet音楽本部長は20日午後2時、ソウル麻浦区上岩洞CJ E&Mセンターで開かれた2017 MAMA(Mnet Asian Music Awards)の記者懇談会で「今年MAMAは3つの地域で進めコラボステージが多い」とし「特に申し上げたい舞台は日本の横浜公演をするとき、AKB48と(国内アーティストの)コラボステージがある」と発表した。

続いてキム本部長は、AKB48の「日本では、現在までに10年以上の国民アイドルとして活動している。トップクラスの最高のアイドルだ。AKB48も国民が選んだアイドルである」とし「(AKB48と)アイ・オーアイで活動していたが、今は自分のグループで活動するメンバーとコラボをする」と述べてMAMAに対する期待感を与えた。

今回のコラボの核心は、「二つの国民アイドルの出会い」である。両国のメンバーは、お互いのヒット曲を一緒に歌って風変わりな舞台を見せてくれる見込み。キム本部長は「日本人が働くのがディテールして大変だったが、よく成功になった」とし「そちらで私たちのアーティストの曲も一緒にしてくれと言ったし、私たちのアーティストもそのチームの歌を一緒にすることができる舞台を見せることができるようだ "と予告した。

AKB48は、現在、日本で最も人気のあるアイドルグループである。サバイバルオーディションプロジェクトの形式で多数のガールグループのメンバーを選抜した点が「プロデュース101」出身のプロジェクトグループアイオワ子供似ている。2005年の最初の線を見せた後、10年以上、複数のスターを誕生させ、様々なユニット活動を介して様々な魅力を発散してきた。これら我が国の国民のアイドルたちと会って繰り広げる一風変わった舞台への期待感が高い。

2017 MAMAは今年初めてMAMA WEEK期間ベトナム、日本、香港の3つの地域で開催される。「共存」をコンセプトに、多様な文化の共存と地域の交流、音楽共感が調和音楽祭を飾る。

2017 MAMA Premiere in Vietnamというタイトルで進行されるベトナムの公演には、セブンティーンとワーナー員がアーティストとして、2017 MAMA in JAPANというタイトルで行われる日本公演は、EXO-CBX、セブンティーン、ツリーワイス、モンスターXは、ワーナー員がアーティストとして、キム・ソヒョン、ソ・ガンジュン、ソンフン、イソンビン、イホジョン、イム・ジュファン、秋山矢野志保夫婦が授賞者に参加する。

また、香港で行われる2017 MAMA in Hong Kongには、スーパージュニア、エキソ、防弾少年団、たてセブン、赤ベルベット、ワーナー員がアーティストとして、権慄、キム・ミンソク、ギムセロン、キム・ユジョン、キム・ジェウク、南ジュヒョク、パク・チュミ、ソン・ジヒョ、アン・ジェヒョン、ユン・ゲサン、イ・ボムス、イ・ヨンエ、イ・ジェフン、イ・チョンア、イ・ハニ、ジョーBoA、指数、チャ・イェリョンなどが授賞者として参加する。

一方、2017 MAMAは、ベトナムホアビンシアター(11月25日)、日本の横浜アリーナ(11月29日)、香港W(11月30日)、香港アジアワールドエキスポアリーナ(12月1日)で開催される。

 

「2017MAMA」側は「韓国の開催を検討したが、失敗に終わっ、今年3カ国」

'2017MAMA」側が韓国での授賞式開催を検討したと述べた。

20日午後、ソウル麻浦区上岩洞CJ E&Mタレントスタジオで開かれた「2017MAMA」(Mnet Asian Music Awards)の記者会見には、キム・キウン音楽部門エムネット本部長とキム・ヒョンスコンベンション事業局長が参加して話を交わした。

キム・ヒョンスコンベンション事業局長側は「毎年韓国開催を検討している。アジアの国と地域で韓国開催を今年も考慮した。韓流の拡散と観光客の誘致などを考慮したが、最終的に今年は3カ国で開催することになった。毎年、アジア拡大のために努力している。多くの方が多くの叱責をしている。他の人がいなかったことについて検討している」と述べた。

続いてキム・ヒョンス局長は「様々な言語、互いに異なっている。異なる排斥するようになる、毎年、私たちだけでなく、アジア各国の優秀な現地パートナーと一緒に、アジアの授賞式にするために、1年の間に昼と夜のハードが、まだ足りない部分が多い」と打ち明けた。

一方、今年の9回を迎えた「2017MAMA」はCJ E&Mが主催するアジアを代表する音楽授賞式で今年初めてベトナム、日本、香港の3つの地域で開催される。

ベトナムホアビンシアター(11月25日)を皮切りに、日本の横浜アリーナ(11月29日)、香港W(11月30日)、香港アジアワールドエキスポアリーナ(12月1日)で開催される。

 

「韓グラミー夢見る」..2017 MAMA解決すべき課題セット

'MAMA」は、より華やかに戻ってきた。まだ韓国のグラミーを夢を見た。しかし、越えなければならない山は高い。今回はこれを飛び越える認められるのか。

20日午後2時、ソウル麻浦区上岩洞CJ E&MセンターでMnet「2017 MAMA(Mnet Asian Music Awards、エムネットアジアンミュージックアワード、以下2017 MAMA)」の国内記者懇談会が開催された。キム・ヒョンスコンベンション事業局長、キム・キウンMnet本部長などが参加した。

今年9回目を迎えた「2017 MAMA」は来る11月25日、ベトナムホアビンシアター(Hoa Binh Theatre)を皮切りに、11月29日、日本の横浜アリーナ(Yokohama Arena)、11月30日、香港横(W Hong Kong)と12月1日、香港(AWE AsiaWorld-Expo、Arena、アジアワールドエキスポアリーナ)で開催される。初めての3つの地域で一週間進行されるだけ期待が大きい。

◆容易ではない公平さ、そして真正性

「MAMA」は、毎年話題を集める授賞式。今年も多くのアーティストが参加し、その名声を継続する予定である。エキソ防弾少年団レッドベルベットなどは、香港舞台に、アップデートワイスなどは、日本の舞台に、それぞれ上がる。ワーナー員はベトナムと香港に続き、日本の舞台まで出撃する。俳優イ・ヨンエ、ソン・ジュンギパク宝剣など出る。

しかし、一部の公正性と真正性を指摘している。「MAMA」側、これを知らないはずはないはず。キム・ヒョンス局長は「文化使節団の役割を忠実にすると真正性が通じると思う」とし「公正のために毎年努力している。今年は審査の公正性のために専門の審査に反映比率を高めた」と重ねて強調した。

◆繰り返し不正投票し

「2017 MAMA」によると、審査部門はKポップ、アジア音楽、プロフェッショナルの3つの部門に分けられる。視聴者投票(インターネット、モバイル)とMAMA専門審査委員団の審査、デジタル統合チャート(音源販売量)、アルバム販売量の計4つの部門の結果を総合して、最終的受賞作を選定する。

毎年出てくる問題の不正投票の問題を欠かすことができない。今回も同様。最近の投票が中断される日までに発生した。これに対してキム・ヒョンス局長は「今年はSNSで1次認証し、2次登録して認証手続きを経た後、投票をするようにする新しい方法を導入した。その部分で機械的に接近した事例が発生した」と発表した。

続いて「不正確な認証には、ユーザ名の削除をした。毎年、全世界で多くのファンが投票に参加してイトタ。私たちも正当な方法で一票を行使する大切さを知っている。不正投票は毎日監視している。今後も強硬に対応する」と付け加えた。

◆毎年繰り返される韓国開催中止

10年には強酸も変わるとした。「MAMA」も2009年から行ってきたのでノウハウも侮れない。これは明らかに武器の強みである。

キム・ヒョンス局長も「これまで他の人々が行かない道を歩いてきた。多くの課題があった。今回も困難な課題があった」とし「これまで集約された能力とノウハウをもとに準備中だ。正常に終了しようとしている。技術的な面でも一層した。既存の「MAMA」とは異なり、確定性ということを感じるだろう」と報じた。

韓国のグラミーを夢見る「MAMA」。キム・キウン本部長は「行く道は遠いが、韓国のグラミー以上になることが目指すところは正しい。10年前を考えると、多くのことがあった。サイの成功から海外で認められるアーティストが多くなった」と評価した。

また、「数年の間に何が起きるかわからない。グラミーとも共存することができる授賞式になることができると考えている。多くの地域や国が共に長大きくなるグラミーよりも優れた賞をMnetが作らないかと思う」と自信を表わした。

しかし、「MAMA」は、国内で開催されなくて残念声が大きい。今回も国内開催を検討したが、失敗に終わっなったのは、物足りなさより大きな状況。

キム・ヒョンス局長は「毎年韓国開催を検討しており、今年も同じだった。しかし、韓流拡散と観光客の誘致など、いくつかの点を考慮したとき、今年は最終的にベトナム、日本、香港の3つの地域で開催することにした。多くの出演者が出てくる授賞式だから、一定の調整などの困難があった」と説明した。

まだまだ記事が載っていましたが気になる記事を載せました。

やはり気になるのは、なぜに3ヵ国開催と韓国だけ開催なし。結局場所がないんでしょ?お外でやるわけにはいかないし。寒いもの。

IOIが日本に来るのもびっくりだけど・・・グループないのに。

 

彼に日本に来てほしいなぁ。


コメント

紅白歌合戦

2017-11-16 19:48:32 | 音楽

「第68回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表

「第68回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手発表記者会見が16日、東京・渋谷の同局にて行われた。

(左から時計回りに)Little Glee Monster、TWICE、WANIMA、竹原ピストル、三浦大知、エレファントカシマシ、丘みどり、SHISHAMO「第68回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表記者会見より(C)モデルプレス

出場歌手は紅白合わせて46組。初出場は紅組4組、白組6組の合わせて10組。会見には初出場歌手から紅組の丘みどり、SHISHAMO、TWICE、Little Glee Monster、白組のエレファントカシマシ、竹原ピストル、Hey! Say! JUMP、三浦大知、WANIMAの全9組が出席した。

丘みどり (C)モデルプレスSHISHAMO (C)モデルプレス
TWICE (C)モデルプレスLittle Glee Monster (C)モデルプレス

丘は「天国の母との約束を果たせました」と亡き母に思いを馳せ、「これまでの人生で1番の1年です」と歓喜。SHISHAMOは「高校の時から活動していて、紅白歌合戦という舞台につながっていたと思うと嬉しいです」と感慨深げにコメント。“TTポーズ”でおなじみのTWICEは「日本デビューをしてまだ間もないにも関わらず紅白歌合戦に出場させていただくことになって、本当に光栄です」と喜び、Little Glee Monsterも「私たちは出会って結成してから紅白を夢見ていましたし、そのためのいろいろなステージだったと思っています。私たちの全力を尽くします」と意気込んだ。

エレファントカシマシ (C)モデルプレス

三浦大知 (C)モデルプレス

エレファントカシマシは今年デビュー30周年。ボーカルの宮本浩次は「年末の締めを、精いっぱいみんなで盛り上げられたら」と話し、デビュー20周年の三浦は「日本で歌を歌っている以上、全員が目指す場所だと思っているので、出させていただけて本当に嬉しく思っています」と感激しきり。またHey! Say! JUMP山田涼介は「デビュー10周年の締めくくりに、関わってくださった方々へ素敵なプレゼントができたなと思います」と節目での吉報を喜んだ。

竹原ピストル (C)モデルプレスWANIMA (C)モデルプレス

さらに「歌い手として1度は経験してみたかったので嬉しいです」(竹原ピストル)、「じいちゃん、ばあちゃんに認めてもらえる」(WANIMA)とそれぞれ初出場に歓喜。このほか白組でトータス松本が初出場する。

今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

「第68回 NHK紅白歌合戦」出場歌手

(カッコ内は出場回数)

<紅組>
AI(3)
E-girls(5)
石川さゆり(40) 
市川由紀乃(2) 
AKB48(10)
丘みどり(初)
倉木麻衣(4)
欅坂46(2) 
坂本冬美(29)
椎名林檎(5)
SHISHAMO(初)
島津亜矢 (4) 
Superfly(2) 
高橋真梨子(5)※「高」は正式には「はしごだか」
天童よしみ(22) 
TWICE(初)
西野カナ(8)
乃木坂46(3) 
Perfume(10)
松たか子(3)
松田聖子(21)
水森かおり(15)
Little Glee Monster(初)

<白組>
嵐(9)
五木ひろし(47)
X JAPAN(8)
エレファントカシマシ(初)
関ジャニ∞(6)
郷ひろみ(30)
三代目 J Soul Brothers(6)
SEKAI NO OWARI(4)
Sexy Zone(5)
竹原ピストル(初)
トータス松本(初)
TOKIO(24)
氷川きよし(18) 
平井堅(8)
福田こうへい(4)
福山雅治(10)
Hey! Say! JUMP(初)
星野源 (3)
三浦大知(初)
三山ひろし(3)
山内惠介(3)
ゆず(8) 
WANIMA(初)

 

安室ちゃんも和田アキ子さんも出ませんね。今年キンキキッズ出ないんだ。キンキキッズの代わり?にヘイセイジャンプ?(カタカナにしちゃった。)(笑)倉木麻衣ちゃんでるの?

 

TWICE何歌うんだろ?日本語バージョンはやめてほしいなぁ。韓国語でお願いしたい。

コメント