明日につなぎたい

老いのときめき

東京オリンピックの煙幕

2017-05-12 14:22:08 | 日記

 「安倍総理は共謀罪も憲法改定も、2020年夏の東京オリンピックで煙に巻く気か」。9日のテレビで参院予算委員会の模様を視ていて感じた。ウソでもこじつけでも何でも、オリンピックを持ち出せば、その場はしのげる、逃げられる、そう思っているのだろうか。無茶苦茶なオリンピックの政治利用だ。さらにオリンピックそのものの精神も汚している。オリンピック憲章の「人間の尊厳保持に重きを置く、平和な社会を推進すること」が分かっていない。東京開催に便乗したカジノ解禁にもそれが表れている。

 

 安倍総理は国際オリンピック委員会(2011・5・16)で「(福島原発事故)の状況はコントロ―ルされており、東京に決してダメ―ジを与えない」「汚染水による影響は、福島第一原発の港湾内0・3平方キロの範囲で完全にブロックされている」と大ウソをついて東京開催を手に入れた。『福島見捨て五輪優先だ』との厳しい批判があったことを覚えている。そして今春、改憲を表明した。「五輪が開催される2020年を日本が新しく生まれ変わるきっかけにする」と。期限を区切った改憲発言など露骨きわまる憲法違反ではないか。

 

 それでもやるというのは極右政権だからだろう。安倍内閣が今国会で成立を狙っている共謀罪にそれが現れている。この法案は、72年前まで存在していた、反戦・平和、自由のための思想、言論を弾圧した残酷法・治安維持法と共通している。これが強行されたら、国民は警察など捜査機関によって自分たちの日常を覗かれ、監視されることになる。これが戦時体制なのだ。たまったものではない。それをオリンピックで騙そうとする狡猾さは見え見えである。共謀罪反対は自由と平和のための闘いだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友疑惑―クロの原点 | トップ | 誰に寄り添うのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。