逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

日本政府による「風評被害対策」 PM2.5、報道ステーションの次が美味しんぼ

2014年05月14日 | 放射能と情報操作
『中国(北京)より何倍も悪い、インド(ニューデリー)の大気汚染』

5月7日世界保健機関(WHO)は、インドの首都・ニューデリーの大気が世界でもっとも汚染されているとする報告書を発表した。
WHOが世界91ヶ国1600都市を対象に行った大気環境に関する調査によると、ニューデリーのPM2.5濃度は1立方メートル当たり153マイクログラムに達し、北京の3倍、ロンドンの10倍の数値となった。同数値は2010年から13年にかけてニューデリー市内にある5カ所の観測ポイントから得た数値をもとに算出された。
国連の報告書では汚染濃度が高い上位20都市のうち、インドの都市が半数以上を占めている。
WHOの調査結果以外にも、2014年1月に米エール大学とコロンビア大学が発表した『2014年環境パフォーマンス指数』では、『ニューデリー(インド)の大気汚染の程度は北京の2倍』、『ニューデリーは世界でもっとも大気汚染が深刻な都市とされている』と発表している。
WHOは同調査を、汚染度に関する都市のランク付けが目的ではないと説明しているものの、当然ですが世界最悪と名指しされたインドが反発する。
すぐさまインドの専門家は翌日の5月8日『ニューデリー市内にある10カ所の観測ポイントから得たデータによれば、11年から14年にかけてのPM2.5の平均濃度は北京市の数値とほとんど変わらない』と主張、WHOの調査結果に反論しているらしい。
WHOより4ヶ月も早い今年1月のアメリカの大学によるニューデリーが世界最悪との『2014年環境パフォーマンス指数』が発表された時にも、インド国内では強い反発の声があがっていた。
しかし一部メディアの姿勢は、これらのインド版御用専門家とは逆で、『ニューデリーの大気の質が北京より悪いかどうかにかかわらず、大気汚染対策の取り組みが北京より遅れていることは明らかだ』との良識ある意見も出されていた。

『2013年2月に突然日本のマスコミに沸きあがった中国の大気汚染騒動』

日本では去年2013年2月初めに、テレビや新聞など全ての日本国内のマスメディアが、中国のPM2.5が『日本にも気流に乗ってやってくる』との『大騒ぎ』(キャンペーン)が突如として発生していた。(報道の最初は去年1月31日)
前年の年末の総選挙で成立した安倍政権による初めての小児甲状腺がんの10人発症の驚愕の発表は、日本のマスコミ総がかりの中国のPM2.5騒動の直後であり北朝鮮の核実験で新聞各社の号外が出た『特別な日』と日付が同じ。(2013年2月13日)
ところが去年に突如起きた大気汚染騒動では、中国より悪いインドなど他のアジアの新興工業国諸国の深刻な大気汚染の実態が少しも分からなかった。
去年2月のメディア報道の内容ですが、中国の北京や上海の大気汚染の深刻さ自体は少しも間違っていない。(一部分だけなら正しい)
ただし、『インドの方が何倍も悪い』とか『以前よりも汚染対策で少しは改善している』事実は、日本のマスコミが絶対に言わないのである

『情報の一部分だけを勝手につまみ食いしていた日本のマスコミ』

世界最悪のインドを絶対に出さない訳は、インドは遠すぎるので無理だが、お隣の中国の大気汚染なら日本にも気流に乗ってやってくるので福島第一原発の放射能被害の煙幕として使えると思ったのでしょう。
日本のマスコミですが都合が悪すぎるので、5月7日の世界保健機関(WHO)の報告書を誰も報道しない。中国の環球網が9日に報じているとのサーチナの記事をライブドアニュースが報じているくらい。
(7日のWHOの発表から1週間も遅れたが、ネットニュースが報じたので仕方なく日本国内でも13日に報道する)
今年1月に突如として日本のマスコミで起きた挙国一致の中国の大気汚染騒動ですが、日本政府とマスコミが二人三脚で進める悪質極まる放射能の『風評被害対策』ですね。
福島第一原発事故から3年目で、通常の『安全・安心。心配ない』(大本営発表)の放射能安全神話だけでは追いつかない。
小児甲状腺がんの爆発的発症に見られるように、最早『マスコミ全員で何も報じない』(マスコミ総動員で『無かったことにする』作戦)では隠せなくなったと悟ったのでしょう。
73年前にアメリカにハルノートを突きつけられた日本と同じで乾坤一擲、歴史は繰り返すで日本政府はトラトラトラの一か八かの真珠湾奇襲攻撃を行うと決めたのでしょう。

『古舘伊知郎(報道ステーション)の腰抜け原発報道』

5月12日毎日新聞は、『官庁・公共機関:事実上の圧力 意に沿わぬ報道に「見解」や「反論」』、『官庁など 事実上の圧力』と題する1ページのオピニオン記事を掲載している。
毎日新聞の記事では、
『官庁や公共機関などが自分たちの意に沿わない報道をされた時、その内容が抗議や 訂正要求の対象ではないにもかかわらず、「見解」や「反論」を発表して事実上報道を 批判するという手法が目立っている。「表現の自由」を尊重する観点から、法学者らは『見解の相違を理由にとして報道への事実上の抗議が許されるのか、疑問だ』と指摘する。
福島第一原発事故の発生から3年目の3月11日に、映像メディアとしては初めて朝日系テレビの報道ステーションが小児甲状腺がんを取上げていた。
この時のTBS(テレビ毎日)の40分の報道内容自体は決して、反原発でも脱原発でもなくて、小心者がおそるおそる行った腰砕けの御用番組だった。
話は逆なのである。
『小児甲状腺がんは福島第一原発の放射能と無関係』とする福島県や政府権見解や東電の言い分に近い学者の意見を多く報道していたのである。(放射能被害を訴えた学者の発言は極少数しか報じない)
ところが、テレビ報道で小児甲状腺がんを報道したこと自体が、日本の一番大きなタブーに抵触したのであろう。

『安倍晋三政権によるマスコミに対する露骨な風評被害対策』

3月11日の報道ステーションが放映されると、すぐさま日本政府(環境省)が一般論では無くて、『報道ステーション』と番組名を特定した上で、『事実関係に誤解を生じる恐れもある』とする見解文章をホームページで公開して、事実上反論しているのである。
環境省ですが朝日テレビ系の『報道ステーション』の放送内容に対して『事実誤認がある』とは一切言っていない。
幾ら政府が無茶苦茶でも、事実関係では文句が付けられないのである。
居丈高に拳を振り上げた環境省の高圧的な言い分ですが、仕方なく『誤解を生じる恐れもある』との腰砕けなのである。
こんな曖昧模糊、あやふやな及び腰の理由で一番組を報道ステーションと『名指し』までして批判の政府見解を出す理由ですが、政府権力による暗黙の威圧とか脅迫以外に何があるでしょうか。
この政府見解の分かり難いお役所の官僚言葉を、分かりやすく正しい日本語に翻訳すると『小児甲状腺がんなど放射線被害は、如何なる理由でも方法でも、日本国内のマスコミが報道するな』(政府が絶対に許さない)ですね。
挙国一致の大本営発表を利用した、政府による言論統制とか言論封殺の典型である。

『政府も認めている「誤認ではない」報道ステーション』

『毎日新聞日の「誤認ないのに」福島県県健康調査報道』
2012年度から福島県県民健康調査は不透明。
福島県や県立医大が画像やリポートなどのデータを外部から評価されるのを嫌がり、情報公開に消極的。
避難者の増加を恐れて原発事故による被曝との因果関係を拒否しようとする『結論ありき』の姿勢が背景にある。
報道ステーションの3月11日特集番組は毎日新聞紙上で報道していた内容だ。
チェルノブイリも福島も被曝のデータが不足。行政も情報公開が消極的。しかし甲状腺がんと被曝の因果関係だけは否定する。
番組は県や医大の主張を時間をとって放送した事実は環境省も『見解』で認めているし、事実誤認による訂正を求めていない。
それにもかかわらず、事実上反論する文章を公表するというのは異常な対応と受けとらざるを得ない。(概略)
野行介記者は最後に、県や政府が説明責任を果たさずテレビ報道を批判する態度は『むしろ不信や疑念を深める結果になる。』と締めくくっている。

『テレビ報道(マスコミ叩き)の次の標的は漫画「美味しんぼ」バッシングの異常事態』

国連(WHO)の大気汚染の調査を否定するインドの御用学者は笑えるが、政府や福島県当局とぐるになり挙国一致の大政翼賛会で一個人の創作物である『漫画』を否定、全員でバッシングする日本国の有様は笑えない。
インドでは、愛国的なお笑い御用学者と共に、当たり前ですが真面目な正しい学者や報道人が存在していたのである。
ところが日本では積極的に政府に盾を突く政党がゼロ。学者も少数過ぎて『声』が一般庶民にまで届かない。
結果的にマスコミでは横並びの金太郎飴の様な大本営発表を垂れ流して日本の恥を世界中に広めているのである。これ以上に自虐的な恥ずかしい亡国行為があるだろうか。
日本国の民主主義ですが『これから終わる』のではなくて既に終わっている。
ご臨終なのは日本の民主主義だけではなくて、3年前の3月11日の福島第一原発の事故で国家自体が終わってるのでしょう。
(漫画『美味しんぼ』に対する浅ましい政府環境省や福島県、県立医大の常軌を逸した数々の言動ですが、日本人の一人として余りにも恥ずかしく情け無いので今回だけはあえて省略します。
呆れ果てて書く気がしない。まさに国辱である)

『世界中が恐れている日本(福島県周辺)の農林水産物』

日本政府ですが本当に福島県の農産物の風評被害を考えているなら、今のような鼻血を描いた漫画家個人を攻撃するなど『弱いもの虐め』ではなくて、東北など日本産品の放射能汚染を理由にして輸入禁止処分を続けている韓国やロシア中国など、全ての日本近隣諸国の政府に対してこそ、日本政府は厳重抗議して輸入禁止を撤回させるべきである。
ところが、自民党政府は是正処置を何もしていない。
『原発事故と鼻血』が許せないと本当に思っているなら、2年前の民主党政権下での野党時代の自民党議員が国会質問で『原発事故での鼻血』問題で政府を追及していた。
幾ら正しくても『風評被害は許せない』なら、『先ず隗より始めよ』これらの自党の議員こそ、最初に懲戒処分するべきである。
『原発事故での鼻血』の国会質問では、特に責任が重いのは安倍政権で『風評被害対策』の責任大臣である森雅子大臣である。
森大臣は福島県選出の参議院議員でもあるばかりか、『風評被害対策』と同時に、何が秘密であるかが秘密の『特定秘密保護法』の所轄大臣でもある。単純計算でも3倍悪い。
放射能汚染の事実を『風評被害』と否定する日本政府ですが、強気なのは日本国内の国民限定であり、大臣や自民党議員など責任ある立場の人々を除外する逆さまのダブルスタンダード。
今現在ですが、世界が放射能汚染を理由とした福島県など東北各県の農林水産物を輸入禁止にしている事実を日本政府もマスコミも問題としていない。
日本国内で漫画程度でも許さないが、外国に向かっては事実上福島県だけではなくて東北とか北関東の放射能汚染を認めているのである。
口先だけの抗議は外交では何の意味も無い。(反対ポーズだけのパフォーマンスは世界からは馬鹿にされるだけ)
外交や貿易とは常に相互互恵であり、相手国が無謀で理不尽な輸入禁止をしたのであれば、対抗上日本国も同じように相手国に対して、同一基準によって輸入禁止処置をとりバランスをとる。ところが、日本政府による韓国産の輸入禁止など聞いたことも無い。基本的にインチキ(擬装)なのである。



関連記事
福島県、3万8千人中で小児甲状腺癌3人確定(10人発症)の異常事態
2013年02月20日 | 放射能と情報操作
(記事の元々のタイトルでは『3人発症』と誤った表記になっていましたが、福島県検討委のトップである山下俊一甲状腺学会理事長は、日本国内とは大きく違いアメリカの関連する学会の講演では『福島県では10人が小児甲状腺がんを発症している』はっきりと事実を認めている。
大変遅くなりましたが「10人発症」と書き加えて、記事のタイトルを訂正します)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痕跡も情報も「何も無い」マ... | トップ | 益々加熱する「美味しんぼ」... »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお、怖っ! (十澄)
2014-05-12 21:18:26
ブログ主さんも気をつけてください。
わが地元の県庁さんは今や、著名人とはいえ一個人に総力を挙げて「抗議=言論封殺」を仕掛けることをヨシとするほど余裕もプライドも失い、血迷っています。
自分の死を受けいれられず、生者への嫉妬から誰彼かまわず暴威をふるう悪霊のようなものです。
雁屋氏程度でここまで襲われるのなら、「甲状腺ガン、増えてるし」とツッこみ実証し明言している当ブログなんかは…。
百叩きのうえ市中引き廻し、打ち首獄門級じゃないですか(笑)。
マジな話、妙な人間の接近にはご注意ください。
PM2.5について (通りすがりの神奈川県人)
2014-05-12 22:36:53
初めてコメントさせていただきます。
PM2.5問題をTVで初めて見たのは報道ステーションの特集で、確か2006年ごろだったと思います。
それ以後は全く放送はありませんでしたが、原発事故後に日本中で放射性瓦礫を燃やす事になり、九州で汚染瓦礫を焼却するしないでもめているところに突然九州でPM2.5の濃度が上がって危険だとNHKなどで放送し出したと記憶しています。
これを見て放射性瓦礫の焼却問題をすり替える為にPM2.5を電通が仕掛けたんだなと思いました。
一石二鳥 (ちどり)
2014-05-13 00:08:21
放射能対策と反中プロパガンダの一石二鳥ですね。
現政権や御用マスコミ、知識人がこんな美味しいネタに飛びつかないわけがありません。
非常事態宣言(恐怖政治により) (日和見)
2014-05-13 00:38:21
十澄さんと同意見です。
どうか用心されてください。
貴ブログは私の心のよりどころです笑

全く関係ない話ですが最近拝見した雁屋哲さんのブログの自発的隷従論という記事が良かったです。笑
韓国セウォル号の船長 (宗純)
2014-05-13 14:03:23
十澄さん、コメント有難う御座います。

マスコミの中国の大気汚染とかTBSの報道ステーションのバッシングまでは、『逝きし世の面影』記事に書く気がしたのですが、今回の漫画の鼻血バッシングでは呆れ果てて、あいた口がふさがらない。
これはもう、駄目ですね。
御指摘の通りで、相手は『一個人』の創作物ですよ。
『余裕もプライドも失い、血迷っている』としか表現の方法がない。
浅ましい限りです。
何も知らない客室乗務員とか乗客には『安全の為に、その場を動かないで下さい』と言っておきながら、自分だけ逃げて助かった韓国の船長の国家版ですが、69年前の敗戦前夜の日本でも、今の状態と同じだったのですよ。
全員が日本が負けている事実を知っていたが、誰かがうっかりと『日本が負ける』と真実を口を滑らしたら日本人の全員で袋叩きにしていたのですね。
だから誰一人も『日本が負けている』などとは、命が惜しいので喋らなかったのですね。
恐ろしい話ですが、69年前の8月15日以前の大日本帝国に、日本国が丸ごとそのままタイムスリップしている恐怖のSFホラーですね。これでは助かるものでも助からない。
漫画『美味しんぼ』のバッシングですが、これは以前の頭が空っぽで目が節穴の右翼が行った映画『靖国』のバッシングに似ています。
映画『靖国』と、靖国神社の不思議
2008年04月11日 | 政治・外交と天皇制
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/eac4dec0afd0b6f4f54b91546ba0ef0c
映画「靖国」のような、こういった大手映画会社の配給ではない独立系の映画は、マイナーな観客席の少ない劇場や映画館で上映された後は、お蔵入りして一般視聴者が関心を持つことは無い。
何の妨害も無かったなら、ひっそりと静かに上映され、そして何事も無く終わっていた。
ところが右翼の妨害で、一マイナー映画から、一躍超有名なメジャー映画に。
映画広告の費用に換算すると何十億円ではきかない。
今まで何の関心も無くても、『絶対に見てはいけません』といわれると、日本昔話の鶴の恩返しではないが、大概の人は見たくなる。
逆効果なのです。今の日本ですがわざと大騒ぎしていて滅亡を早めているのですが、本人たちにはお馬鹿過ぎてその程度の単純な事実が判らないのです。
2008年の北京オリンピック (宗純)
2014-05-13 14:28:23
神奈川県人さん、はじめまして。コメント有難う御座います。

震災瓦礫ですが重いし嵩張るので、東京よりも以遠では償却費よりも輸送費が上回る。
地元です焼却施設のプラントをリースで借りた方が安上がりであり地元の雇用も少しは生まれる。
費用が地元での処理の何倍にもなる北九州市での焼却などゼネコンを無駄に儲けさせる以外の利点はない。
大反対を押し切っての、民主党政権による広域処理ですが、放射能の拡散以外の意味が無いでしょう。無茶苦茶にしても酷すぎる話です。
欧米の日本いじめを誘発した無茶苦茶な野田政権のオリンピック便乗商法
2012年08月07日 | 放射能と情報操作
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/785b9f54c4db94a331ce4c888ebf2f52
6年前の北京オリンピックの時には大気汚染を嫌って参加を辞退した有名選手も出るくらいに、外国では中国の大気汚染の酷さは有名だったが、逆に日本国内での報道は無かったのです。
去年の2013年には中国も日本の2倍にGDP値が成り世界第二の経済大国にまで成長して、大気汚染対策にも努力している。その結果何もしないインドよりも中国の方が良くなっていたが日本国内の報道では逆を描いていたのですから、何かのプロパガンダであることは間違いようのない事実ですね。安倍晋三とマスコミが二人三脚で行った印象操作です。
放射能対策もイカサマ手品なら反中プロパガンダもインチキ (宗純)
2014-05-13 14:54:18
ちどりさん、コメント有難う御座います。

それにしても辻褄が合っていないのですよ。
今までのマスコミとか政府の放射能対策なんかは全員で『無かった事にする』作戦ですが、こんなイカサマ手品が通用する筈がない。
それで中国の大気汚染とかテレビの報道番組とか漫画の鼻血にまで噛み付いているのですが、余計に悪くなるでしょう。
尖閣問題に代表される日本の対中バッシングですが、これには日本中のマスコミが共産党の赤旗までが協力する挙国一致の大政翼賛会だったのに、
オバマが来日した日米首脳会談では、本土のマスコミとは大違いで、何と沖縄県の地元紙琉球新報が裏切って、真実を語っている。
先の日米首脳会談でのオバマは、尖閣の主権の存在を認めないばかりか、中国では無くて、日本の安倍晋三を名指しで『重大な誤り』と叱責する有様。
必死に努力しているが、中国バッシングでも放射能被害の『無かった事にする作戦』でも同じで、少しも成功していないのです。
今の自民党政権にマトモな知性を期待するなど、娼婦に処女性を期待する以上に無理だとは承知していても、無茶苦茶が過ぎるでしょう。
ワールドワイドなインターネットの死 (宗純)
2014-05-13 15:14:42
日和見さんコメント有難う御座います。

アメリカ政府が突然マイクロソフトのインターネット・エクスプローラーの脆弱性に言及してグーグルなど他に乗る替えるように警告したが、こんなことは前代未聞、一つの先例が無い。
インターネットですが突如として戦国乱世に突入したのかも知れません。
本当かどうかは不明だが、2014年中に今のワールドワイドなインターネットは消滅するとの恐るべき警告が出されています。
日本の特定秘密保護法アメリカのQE3、アポロ疑惑と中国月探査機映像
2013年12月23日 | アポロ11号・宇宙開発
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/5e2550d610ab3a094f3f8ef8954b9d9b
インターネット上の情報ですが、存在するようで個人のものではなくてネットサーバーのメインコンピューターが一元的に管理しているので、この『逝きし世の面影』ブログの記事は、パソコン内には何も存在しないのですね。言論統制で『不都合である』として、サーバーのスパコン内の情報の抹殺は即座に可能なのです。
対策として『何か』考えるべきでしょう。
世界帝国アメリカの衰退は、必然的に個々の国家によるネット管理が強まることが予想される。
インターネットを一元管理していたアメリカの縛りが緩まるので、今後は国家単位のネットに分割される可能性が高い。(今は中国だけが行っている)
日本政府に都合の悪いことが書いてあるサイトは特定秘密保護法によりアクセス遮断なんてことまでが、今後十分に予想される。
ブログ記事とかメールなどをワードに書き換えて、ハードディスクなど外部機器に保存する保護処置を早急に実施して置く対策が考えられる。危機管理の鉄則ですが、常に起こりえる最悪のパターンを考えておくべきでしょう。
大阪市民です (ちょここ)
2014-05-13 15:58:25
【中国大気汚染:流入の西日本「物質濃度が急上昇」】とPM2.5が大々的に報道され始めたのは去年1月31日でした。
中国からのはずなのに、記事の画像で真っ赤に汚染されているのは日本海側ではなく大阪、しかも真っ赤な汚染画像の左先端は大阪市の舞洲焼却場方面でした。
http://ameblo.jp/masakari-sonna-banana/entry-11460609345.html
大阪市の瓦礫焼却は公式には2月1日からとされていましたが、1月末から突然、鼻血や体調不良、目の痒みなどツイートが激増しました。
私も末頃に突然、身体中が激痛で朝、起きることができませんでした。
瓦礫焼却は2月1日からなのにおかしい、でも放射能以外に考えられない、既に焼却を始めたとしか考えられない、と思っていましたが、1月29日から焼却開始したと松井知事がツイートしていました。
大阪市で鼻血や体調不良が多発した証拠があります。去年3月、大阪市議の井戸まさとし氏が「放射能で鼻血が出たなどと、およそ医学的にありえないデマばかり」と言って陳情書をゴミ箱に捨てた事件がありましたから。
「美味しんぼ」の異常なバッシングには心底吐き気がします。
エートス (紙さま)
2014-05-13 18:44:23
について、ツイートしたジャーナリストへの刑事告訴を福島県警が受理したそうです

テンパってますね(特に福島)
天皇機関説再び (izumi)
2014-05-13 21:34:50
天皇機関説事件のように政府の意を受けた右翼が言論弾圧を目的に見せしめ的にリンチにかけるやり口が再び行われ始めましたね。>美味しんぼ、エートス

80年前と違うのは宗純さんの靖国の記事やはだしのゲンへの攻撃のように逆効果になる点であるのですけど、おそらく美味しんぼの次号のスピリッツは相当な売上増につながるでしょう。もしかしたら誰か(福島県or東電or小沢裁判同様謎の市民)が裁判所に出版差し止めの仮処分を求めるかもしれませんね。戦前同様の言論弾圧を眼前で見ることになるかもしれません。
直ちに鼻血はまずい (元谷駅前)
2014-05-14 07:05:41
政治家が被災地の農産物を食べるパフォーマンスをTVでよく見ましたが、「直ちに影響はない」んだからなにも起こるわけないですよね。セシウムの塊(そんなものがあるのか?)を彼らの鼻に詰めてやったらどうでしょう。おそらく、全員が直ちに影響ないはずなんですから。
以前観たドキュメンタリーで、広島市内の空気中や野晒しの路上の放射線量を調べたら、けっして高くはなかったようです。しかし、戦後すぐに建てられた家屋の床下の土を調べたら、自然界ではありえない線量が示されました。震災前だったためあまり興味がなく、残念ながら、どの放射性物質が検出されたか記憶していません。

広島の平均寿命が長いのは、被爆者と認定された人が手厚い医療を受けられているからのようです。つまり、長生きできる体質の人がより長生きできる仕組みがあるということ。
福島もそうなってほしいと思いますが、現状では難しいですね・・。
そして、ウヨのうわごと (元谷駅前)
2014-05-14 07:33:24
頭の中で、「自虐史観」やら「日本を取り戻す」などと唱えているくせに、口先では「風評被害」だと騒いで福島への同情を表す人たちを、どうしたらいいんでしょう。
事務方の自衛官(つまり田母神)みたいなネットウヨの相手を、私にはとても出来ません。国会で気持ち良さげにスピーチした田母神がそうでしたけれど、一見、論理的・理性的・知的・冷静に見えたりするんですよね。それに、多くの人が騙されてしまう(私は騙されなかったし、やはりバカに見えましたけれど)。その本性は、自衛隊の訓練を受けて銃に触って喜んで、ホフクゼンシンを習って喜んで、なんやらレンジャーに憧れて変身ポーズをとる子供みたいな人格でしかないんですもの。
そんな人をバカだと思うのは私の主観でしかないですけれど、欺瞞をやめてほしいですね。
「自虐史観」=「風評被害」で中身も意味も同じだった (宗純)
2014-05-14 15:04:52
みなさん、コメント有難う御座います。

漫画『美味しんぼ』ですが実は一度も読んでいない。しかし今回の出来事で見直して、読みたいと思っている読者諸氏は多いのではないでしょうか。
日本政府までが参加した今回のMANGAのバッシングは世界から見れば異様な光景ですよ。
海外のマスコミも注目するぐらいですから、宣伝効果としては、6年前の映画『靖国』へのバッシング以上ですね。
スピーディの情報を隠蔽して、多数の福島県民を放射能で傷つけた福島県当局ですが、
漫画『美味しんぼ』の表現が、『福島県を傷つける』として作者に対して抗議しているらしい。
『風評被害で傷つけている』と言いたいのですね。
ただ問題の個所ですが、作者自身の体験とか、福島県の町長とか地元の学者の『今まで行っていた発言なり主張』であり、何も目新しいものが無い。
これ、今回の作者の新しい『創作』ではなくて、既に今までに広く世間に広まってる言説を集めて一つにまとめた程度の話なのです。
ところが以前からの町長の発言とか学者の主張は、問題視されていない。(少なくとも今までは誰も問題視していなかった)
漫画で描かれたので、仕方なく福島大学の当局が『大学の立場ではない』との声明を発表する騒ぎに発展する。
原発事故と鼻血なんかは2年前に自民党議員が何回も国会で発言している。
いまさら『風評被害だ』と騒ぐのは、不真面目すぎて到底大人が論じる話ではない。
『風評被害だ』ですが、これ、頭が空っぽで目が節穴のネットウュの『自虐史観だ』と意味するところが丸っきり同じです。
ですから『風評被害』を言い立てる福島県とか日本政府ですが、ネットウヨですね。彼等は原発事故と鼻血などと言う日本人など愛国心が足りない、それは『自虐史観だ』と言いたいのです。
以前の『美味しんぼ』の福島編では、露骨に『食べて応援する』とは言わないまでも、それに近い立場からの漫画を描いていたのと一部情報もあります。
それなら今回は180度態度を翻して原発ムラを『裏切った』との怨恨も考えれれます。
イスラエルと日本が軍事だけではなく風評被害でも連携 (宗純)
2014-05-14 15:08:07
今イスラエルのネタにエフ首相が来日中なのですが、安倍晋三首相と日本とイスラエルとの軍事問題での連携を強化することで一致した。
世界の市民から見て、一番危険だと思われているのは北朝鮮ではなくてイスラエルですよ。これは日本にとって危機的な状況です。
今大騒動のウクライナ問題も、実はイスラエル(ユダヤ人)問題が根底にあり、紛争の問題点をより複雑にしている。
そもそも人種的ユダヤ人はアラブ人のセム族の一派であり今のイスラエルのアシュケナージ(ドイツや東欧系の白人)とはまったくの別人種。
いわゆる白人のユダヤ人ですが、1000年前まで今のウクライナの位置にあった改宗ユダヤ人であるカザール人の末裔なのですね。
モンゴルとかイスラムの攻撃でカザール国は滅亡し人々が離散したのが今のアシュケナージ(白人のユダヤ人)なのです。
ナチスによるユダヤ人の絶滅政策(ホロコースト)の神話は広く知られているが、実は1970年大以降に出来た新しい神話で事実ではない。
ユダヤ人大虐殺は以前からあったがホロコーストはそもそもがインチキです。
ユダヤ人の強制収容所は、何故かドイツ国内ではなくて、東方のポーランドにあったのですが、理由はナチスはユダヤ人の絶滅ではなくて、ドイツ国内など西欧からの追放を目論んでいた。(パレスチナはイギリスが支配していたので無理なので、ユダヤ人をウクライナ以東への移送しようとしていた)
だから強制収容所をドイツの東部のポーランドに建設されたが、強制収容所が出来たこ路にはソ連軍の反転攻勢で、ユダヤ人の東方移送が出来なくなり結果的に虐殺が起きてしまったのです。
日本人領事の『命のビザ』で有名なバルト三国などではユダヤ人追放をドイツ軍が行った。
ところが、逆にウクライナではドイツ軍が占領していたにもかかわらず、ユダヤ人の強制収容や追放が行われない。
ユダヤ人協会などのシオニズム(パレスチナにイスラエルを建国)とナチスドイツのユダヤ人の東方移送は恐ろしいことに一つのコインの裏表の関係なのです。
ナチスが企んだユダヤ人の東方への追放(移住)とは、第二次世界大戦後にはイスラエルの建国と言う形で結実するのですが、今のイスラエルがパレスチナ人を強制収容所紛いの扱いをしているには、歴史上の必然が存在している。

今日の毎日新聞の社説『日本・イスラエル 平和と安定への協力を 』で、不思議な記述を見つけました。
『イスラエル側が東日本大震災後に課していた輸入規制の撤廃を確認したことも、いまだ国際的な「風評被害」に悩む日本にとって朗報であろう。』
何処であれ、世界中で日本であれどこであれ、地震を理由にして規制の緩和を行うことろはあっても、輸入規制を行うところは一つもない。
輸入規制は福島第一原発事故での放射能汚染が理由なのですが、毎日新聞社では『放射能』とか『汚染』がタブーで新聞紙面では使えないのですよ。
仕方無しに『東日本大震災後』と書いたのですが、これでは意味が少しも通じない。
福島・いわきの試験操業の魚、築地で初取引 (宗純)
2014-05-14 15:59:12
2014/5/9日経新聞
 福島県のいわき市漁業協同組合による試験操業で水揚げされた魚が、東京電力福島第1原子力発電所事故後初めて、築地市場(東京・中央)に出荷され、9日に取引が始まった。

 出荷されたのは、いわき沖の底引き網漁で取れた「常磐もの」と呼ばれるカレイやメヒカリなど計約110キロ。震災前に比べるとほんのわずかの量だが、高級魚ヤナギガレイは震災前と同水準の1キロあたり千円程度で取引された。

 箱には放射性物質を検査し安全を確認したシールが表示された。カレイ5箱を買った仲卸業者の笹本和夫さん(61)は「ものが良い。風評で食べないのは良くない」と話した。

 県北部の相馬双葉漁協はすでに一部を築地市場に出荷している。市場の卸会社の担当者は「福島沖はもともと宝の海。取引が活発になってほしい」と期待を寄せた。
おいしんぼデモ (日和見)
2014-05-14 16:48:02
政府多国籍企業・御用学者
原発の被害を認めない(賠償したくない・まだ原発で儲けたい・オリンピックでも儲けたい)


福島住民
認めてくれないから福島で生活するしかない(賠償金がもらえないから引越し費用や引越し先での仕事や生活費の不安がある)
となると福島で生活するには汚染とか言ってられない


おいしんぼ
福島ではたくさんの人が鼻血を出している


政府多国籍企業・マスコミ・御用学者・一部の福島住民
風評被害だ!差別を助長する!賠償しろ!出版差し止めだ!名誉毀損だ!

利権のある福島以外の住民(声を大にして)
風評被害だ!福島の人全員が鼻血出してるならもっと声が上がるはずだ!福島県も双葉町も環境省まで風評被害を懸念している!人でなしのbusayo!何でも反対のbusayo!


特に利権の無い福島以外の住民(声には出さないが)
福島はもう・・・ 金儲けしか考えてないシロウト集団が建前だけ除染しても完全じゃないだろう。政府はこれ以上原発を推進するな!汚染食品流通させるな!福島の責任を取れ!




これはおいしんぼ分が悪い。
おいしんぼデモがあればがんばって沖縄から東京に参戦します。
ネットウヨ的な歴史修正主義? (宗純)
2014-05-15 15:57:14
日和見さん、コメント有難う御座います。

今回の自民党政府による漫画『美味しんぼ』叩きですが、だんだんと話がエスカレートしていますね。
もちろん安倍政権が勝てる可能性が高いなら、バッシングも意味があるでしょう。
例えば外国から見れば無茶苦茶でも、国内的に見ればイラクの日本人ボランティア3人の人質事件での自己責任論では、多勢に無勢で政府やマスコミから滅多打ちに有っているのですね。
バッシングに有った3人は体調を崩して1年以上も外部に出れないまでに憔悴していたとか。
このお人好しのお坊ちゃまお嬢さま連中ですが『自分が正しい良いことをしているのだから、世間から賞賛されこそすれ、まさか袋叩きにあう』などとは、一回も想像したことも無かったのですよ。
だから想像を絶するとんでもない出来事が起きたので狼狽したのである。
この3人の善良なボランティアですが産経からは左翼と見られているが、そもそもがボランティアなどを行うのは左翼ではなくて、保守穏健派のリベラル程度ですよ。
左翼とは、『叩かれてなんぼ』のものなのですよ。
政府から敵視されるのが本物の左翼。
叩かれなくなった左翼などは、左翼とは呼べ無いのです。
友達がいないのは悲しいが、左翼であるならば敵がいない(敵から叩かれない)のは、もっと悲しいと思うべきなのです。
政府から叩かれている今回の雁屋哲氏ですが、政府に勝ている。と言うか、必ず勝ちます。
政府の言い分が無理筋にしても酷すぎるのですよ。自分自身が2年前に原発と鼻血を語っているのですから、いまさら雁屋哲氏を叩けないのです。
89年前の敗戦どころか、2年前の野党時代を忘れて、勝手に歴史を、書き換えて攻撃しているのですがら、幾ら絶対権力でも、これでは勝てません。
本当にこの連中は頭が空っぽで目が節穴。妄想世界に生きているのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゴキブリ、ネズミをかじる (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
食べものなんてまったく置いてないのに、人の気がなくなる夜間、店の中をかなりのゴキブリが徘徊しているらしいことは、デスクや棚の上などあちこちに残っているフンで気づいてはいたけれど… ノートパソコン用に使っている携帯マウス、あのコードが細くて収納できるやつ...
ウクライナ大統領 軍部隊の撤退を要求 (Dendrodium)
ヤヌコヴィチ大統領 キエフ当局に南東ウクライナから傭兵と軍部隊の撤退を要求 ウクライナのヤヌコヴィチ大統領は、キエフの自称当局に対し、ドネツク、ルガンスキイ、オデッサなど南東ウクライナの諸州から、一日も早く軍部隊を撤退するよう求めた。 ヤヌコヴィチ...
なんでだろ~なんでだろ~ (岩下俊三のブログ)
ようやく凡百のブログでも、さらには政府、地方自治体、御用放送御用新聞でも大騒ぎし始めた「鼻血」問題であるが、自民党の健忘症にはあきれ果てるしかない。 もっとも国民も忘 ...
海外報道の過疎ぶり (反戦塾)
 韓国の客船沈没事故から1カ月がたつ。産経の異常と思える報道は別としても、TVを含めその背景などの過熱報道は、やや沈静化したもののまだ続いている。  マレーシア