はじめてのマンドリン

ある日突然、マンドリンの音色に恋をした。
初めて手にした時から、ささかやかな感動を綴っています。

映画「神様のカルテ」

2011-08-31 21:22:18 | 本・映画・ドラマ
映画「神様のカルテ」を見てきました^^。

本を、だいぶ前に読んだ時も、感動したけれど、今日も、しみじみよかった(^^)

学生時代の延長のような、古びた旅館みたいなところに、集まって住んでいる仲間。
その中の学士さんが出て行く時の、送り出しセレモニー(?)は、ちょっと感動的だった。
ニーチェの言葉に、(正確な言葉は忘れてしまったけれど)
“友とは、つらいときではなく、嬉しい時を共に過ごそう”みたいな言葉があるらしく、
別れの際、ニーチェ大好きな学士さんは、そう言って、
「楽しかった。忘れない」と、住んでいた下宿(?)を出て行った。

主人公、一止(いちと)に、
「夢をかなえているのは、おまえだけだ。これからも、頑張れ」って言った時、
一止は、
「医者になりたいと思って、なったよ。でも、毎日、これでよかったのか?何をすればいいのか?
迷うことばかりだ。頑張るったって、何をどう頑張ればいいのか、わからないよ。
頑張っても、命は、次から次へとこぼれ落ちていくんだ。。

学問を究めるのに、学歴なんて関係ないんだ。その気持ちさえあれば、農作業の合間にだって、
学ぶことはできるだろう?他の誰のでもない、おまえの書いた論文が、僕は読みたいんだ」

って…感動的な言葉だった。

どう生きればいいのか、自分がどう行きたいのか、悩み、迷いつつ生きていた(って、今も…
かもしれないけど)ころのことを思い出し、私は、あのころに比べれば、少しは成長できたのかしら?
な~んて、思ったり(苦笑)

末期がんの患者さんに寄り添うことしかできなくて、でも、死後、感謝の手紙をもらったのを
読んでいるシーンで、辻井信行さんのピアノが流れると、涙は止まらなくなった。

一止が、朝帰宅し、妻であるハルさんの傍で泣くシーンは、もう、だめ~って感じ(苦笑)

私は、ハルさんのように、、、
大切な人の傍に居て、つらい時も、嬉しい時も、そっと心が寄り添うような存在に、
なれるかしら?

生き方、死に方、ふるまい方、いろんなことすべてが、優しい~映画だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜は間引きって??

2011-08-31 15:48:39 | 日々あれこれ
相方さんは、今日の午後、新幹線で福山へ着いて、そこから、山陽本線の上りに乗って、
一度自宅へ戻ってきてから、再度出勤する予定だった。

福山駅に着く予定は、13時30分。
新幹線内のアナウンスで、

『山陽本線上り、岡山方面へのお乗換えは、14時28分でございます~』
と言われたので、
はぁ?????1時間もないわけ???携帯の、乗換え案内で調べた時には、
乗換えの電車があるって、出てたのになんで?と、
時刻表を取り出してみると、
13:48発の電車と、14:08発の電車は、“水曜運休”と書かれている。

なんで、2本も続けて、運休なんだよ
と思ったところで、私に電話がかかってきた。

それはご愁傷様だね~、迎えに行こうか?
と、とりあえず言ってみる。
車で30分はかかるから、往復の時間を入れると、1時間電車を待つのと
あまり変わらない^^;

「いや、いいよ。時間つぶすから」と、電話が切れた少しのちに、

「電車、あるみたいだから、それ乗る」と、再度連絡があって、
結局、“水曜は運休”と書かれていながら、運休じゃなかった13:48の電車で
帰ってきた。

ん~結局のところ、何だったんだろう??????

と、JR西日本のHPにアクセスしてみても、さっぱりわからない^^;

ま、乗る予定の電車が、急に運休になったわけでもないので、いいんだけど…、
相方さんいわく、
「9月の運休予定の日」ってのが、書かれた紙が貼ってあった。
というので、んなばかな~~~~~~と、思ってしまったのだ。

電車は、毎日乗っている人だけが利用するのではないのだから、
もっと、どの日は、運休で、どの日は運行でってのを、ちゃんと公のところで
確認できるようにしてほしいなぁ…なんて思うのだ。

それに、運行しているならしているで、新幹線内のアナウンス…間違ってるし^^;
なんだか、同じ会社なのに、いい加減だなぁ(~~;


そもそも、この、運休ってのは、どのように、どういう理由で、決められているの??
ってのも、いまいちわからないし^^;

震災の影響なんだろうとは思っているのだけれど、とりあえず、運休ってことにして
おいて、運行できる日は、運行してみました~って感じ??
いいのかそれで???なんて思ってしまった、今日の午後なのであった。

しかも、運休にするなら、もう少し上手に間引いてくれればいいものを、
2本連続で間引くなんて…1時間電車が来ないってのは、どうなんだろう?
という疑問も、別途湧いてしまった。

滅多に電車のお世話になっていない私だけれど、それでも、時々はお世話になるんだからさ^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DVD「花のあと」

2011-08-30 15:54:48 | 本・映画・ドラマ
DVD「花のあと」を見ました。

江戸時代の、武家の娘の淡い恋心の物語。
自由に恋をして、結婚することなど許されない時代のお話。
親の決めた人と、結婚するのが当たり前のような時代を生きた女性は、
どんな思いで、生きていたのだろう?

と、想像しようとしてみても、全く想像することさえできない私は、
とても自由なのだろう。

でも、小学生のころを思い返せば、父に、「ayaは、父さんの決めた人に嫁げばいい。」
なんて、マジな顔で言われ、子供心にぞっとして、
「結婚する人くらい、自分で決めるよ」と、言い返した記憶がある
父は昭和の人なのに、それでも、、、、家の中では父が一番えらいなどという
考えたを持った、今でいうと、“古い”人だった。

さぞや、江戸時代の父親というのは、それこそ、気軽に口をきける相手では
ないほど、恐ろしい存在だったのかもしれない。

映画の中で、「女の分際で」という表現がところどころ出てくる。
そんな中、剣をただ一度交わしたことがある人は、女だからと馬鹿にしたような
態度ではなく、一人の剣士として対等に相手をしてくれた。
その、態度に、一目惚れ。

たった一度なのに?という気もしなくもなかったけれど、それだけ、
一人の人として見てくれる人が皆無な時代だったなら、惚れた気持ちも
わかるような気がする。

私自身、女のくせに…と、見下したような振る舞いをする人には、惚れることなど
あり得ないという思いは、思春期の頃から、大人になっても、変わることなど
なかったから。

その淡い初恋の相手を、陥れ、亡き者にした相手に、かたき討ちをする〝いと”。
それを、わかっていながら、すべてを受け入れ、温かく包んでくれた才助。
その、懐の大きさを見た時、感動して、涙が出た。

いとの初恋は実らなかったけれど、いい伴侶と巡り合えて、幸せだっただろうと思う。

私は、江戸時代に生まれなくて、よかった^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「麒麟の翼」

2011-08-30 00:29:24 | 本・映画・ドラマ
東野圭吾さんの『麒麟の翼』を読みました。

寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

という。加賀恭一郎シリーズ。
TVドラマ、新参者、赤い指で、阿部寛さんが演じてらっしゃった加賀さん。

最初、ドラマ化される前に原作本を読んだ際には、どういう俳優さんをイメージして
いたのだったか、すでに思い出せないほど、阿部さんのイメージが強烈についちゃって、
今回の「麒麟の翼」は、読みながら、ずっと阿部寛さんが頭の中で行動していた(笑)

来春、映画が公開されるらしい。

東野さんの小説は、最初から、犯人がわかっていて、“何故犯行に至ったのか?”みたいな
あたりの真相を追求していくパターンが多そうなイメージがあるのだけれど、
この小説は、純粋に、犯人が最後の方までわからなかったという、ひきつけられ感はあった。

やっぱり、東野さんの小説はすごいなぁと思うのは、最初の数ページで、ぐいっと心を
つかまれ、あとは、一気に読めてしまうあたりの、、、引きつけられ感がすごいってところ。
途中で、読むのを止められないくらい、先が読みたくてたまらなくなるって作家さんは、
そう多くはないような気がする。

赤い指の時に、加賀さんのお父さんが亡くなり、この「麒麟の翼」では、3回忌が伏線のように
織り込まれている。

事件自体は、悲しいものであったけれど、最後、少しほっとできる部分を入れてくれるのも、
救われる気がする。

映画の公開が楽しみだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

持つべきものは友達だ…

2011-08-29 09:24:20 | 日々あれこれ
私は、病院が嫌いだ^^;
好きな人なんていないのかもしれない。
でも、よほど気になることがない限りは、行こうとしないタイプなのかもしれない。
いや…実のところ、そういうわけでもなく、婦人科系の病院だけ、特別に行きたくない
だけなのかもしれない^^;

少し前に、やや気になる症状があり、勇気を振り絞って、子宮がん検診を受けた。
人生初だということに、先生は、驚きつつも、「年に1度は受けないと」と、
ダメ出しをされ、はい^^;と言いつつも、受ける気にはならなかった。

幸い、がん検診の結果は、異状なしで、一安心したのだけれど、
筋腫があるので、半年に1度は経過観察を~と言われたのだけれど…これまた再診する気になれず
放置してしまい、
しばらく年月が過ぎた。

で、ここ数か月、、、生理の周期と関係ありありな雰囲気で、寝返りで目が覚めるほどの腰痛を
感じ、寝不足がつらいこともさることながら、この腰痛はなんだろう?と、気になり始め、
友達に話したら、
「病院へ行かなくちゃ~」と、背中を押された。

それでも、行かずに日々を流していたのだけれど、2回目、強力に背中を押され、重い腰を
やっとこさあげて、受診した。
以前行ったのと同じ、女医さんのところ。

状況を調べていただき、とりあえずは、経過観察が必要ねと言われ、以前のカルテを見て、
「あら、7年も経ってるじゃないの!」と、怒られた^^;
がん検診もせず??と問われ、
「郵送で検査してもらうタイプのはしたんですけど…」と言うと、
「次は、年末ね」と^^;

結局、腰痛の原因が、何なのかは、わからず終いであるが、
とりあえず、現状が確認できたことは、ひとつの安心につながったように思う。

受診すれば、状況把握ができるってことは、わかっちゃいるのだけれど、
どうも、婦人科系のお医者さんは、敷居が高い^^;

うるさがられることを、覚悟して、思い切り背中を押してくれた友人にも感謝している。
やっぱり、持つべきものは、言うべきことははっきり言ってくれる友達だ。。と思った。

世話のやけるヤツでごめん。
でも…ありがと(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DVD「ちょんまげぷりん」

2011-08-29 00:23:06 | 本・映画・ドラマ
DVD「ちょんまげぷりん」を見ました。

108分という短さだったし、コメディタッチの映画なのだろうと思っていた。
笑いどころ満載で、楽しく見ることができたし、
結末も、予想どおりの展開~だったんだけど、
でも、心温まるエピソードがたくさん盛り込まれ、家族のありかた、大切なこと、
いっぱい教えてもらった気がする。

日ごろあまり、邦画は見ない相方さんも、何気に見ていて、
「おもしろかったじゃん~」って言ってたし。

でも、福くんが出てるなんて、知らなかった(^^ゞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンドリン合奏練習日

2011-08-28 18:51:21 | マンドリン
今日は、マンドリン楽団の練習日。
いつもは、月1回くらいのペースで、ゆるめに(?)練習しているのだけれど、
このところ、団長さんが、妙に(なんていって、ごめんなさい)気合が入っていて、
今月2回目の練習日でした。

次も、2週間後、練習日だし、練習も、休憩をゆっくり楽しむというよりは、
かなり、びしびし目に練習したので、今日は、かなり、くた~っと疲れている。

9月の敬老会コンサートは、お年寄りが歌いたくなるような、演歌系の曲がメインで、
10月にすることになった、ヨーカドーでのコンサートは、
買い物客の方々に、足を止めて少しでも聞いていただけるといいな~という
ことで、自然に気合が入っているのかもしれない。

クローズなコンサートも楽しいけれど、たくさんの人に聞いてもらえる
機会である、ショッピングモールの一角でのコンサートというのは、
やっぱり、嬉しい気がするから。

今日は、かなりの曲を弾いて、「これは、いけん」とか言ってたから、
また、次回、曲目が変更になるのだろう(汗)

でも、10月のそのコンサートは、コンマスの人も、もう一人の1stの人も、
お仕事などの都合で、参加できない~って言ってたから、
どうするのかな?って思っていたら、
「PAお願いしといたから。始まる2時間前くらいに集まって、設営の手伝いしてくれる?」
って話をしていたので、
“PAって、何だろ?”と思いつつも、マイクで、少人数編成のところは、
音を大きくするんだろうな~くらいのイメージでいたのだけれど、
およそ当たってるみたいだった(^^)

それで、各パートの音量バランスを整えるのか…と、納得。

曲目は、まだ固まっていないけれど、おおよそは…
・オリーブの首飾り
・トップ・オブ・ザワールド   
・アイネクライネ→たぶん変更
・宇宙戦艦ヤマト
・手のひらを太陽に
・見上げてごらん夜の星を
・翼をください
・上を向いて歩こう

あと、曲当てクイズなんてのも数曲演奏する予定です^^。

っと、10月1日(土曜)PM2:00~ 広島県福山市のイトーヨーカドー ポートモールにて。
たぶん、1時間程度だと思いますので、
お買いものついでなどに、お立ち寄りくださいまし^^。

また、詳細は、曲目が固まったら、別途アップさせていただきます。


休憩のときに、楽団でベース弾かれてる人が、別にバンドを作ってらっしゃって、
私の住んでいるところから歩いて行ける距離の、カフェ(ライブハウスの小さい感じの??)
で、次の土曜日に演奏されるって話を聞いた。
プロとして活動している、フラットマンドリン奏者のマエドリンという人と、忘れちゃったけど、
もう一人の方が、メインで出演されるらしいのだけれど。

土曜の20時~22時だそうで。。。夜かぁ…とか思いつつも、
歩いて行ける距離だし、行ってみるか~と、思っている。

若干一人は、勇気が要りそうだけど、行くと、楽団の誰かが来ている可能性は大だし(^^ゞ

ライブハウスみたいなところって、学生時代に行って以来、ご無沙汰してるなぁ…ってんで、
なんとなく、行くだけなのに、緊張してしまいそうな自分が怖い


最近、合奏練習の時に、今までよりは、少し大きめの音が出せるようになってきた自分が、
なんとなく、嬉しかった今日^^。
やっぱり、ところどころ、音を外してしまうのは、なんとかしなくちゃ~と思うけれど、
少しは音を出そうかと思えるようになったのは、通っているレッスンのおかげ…なのかも
しれない(^-^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝くじを買うのが好きな人

2011-08-28 18:21:39 | 日々あれこれ
私は、宝くじを自分で買ったことが、一度もない。

どうも…性格的に、夢を見れないのか(?)、宝くじ買うお金があるなら、
本の1冊でも買うとか、おいしいランチ食べるとか、そういう方がいい~♪
なんて思ってしまうタイプなのだ。

当たるなんて、信じていない。。からかも。
ま、でも、世の中には、当然当たっている人もたくさんいるわけで、
夢を買わない人には、当たるチャンスだって皆無なんだよ~と言われてしまえば、
その通りなので、返す言葉もない。

でも、相方さんは、宝くじを買うのが、好きなようで、一体いくらつぎ込んだのだろう?
と思うほど、買っている。
たぶん、私が知らないのまで入れると、相当じゃないかと思うのだけれど、
私がとやかく言うのも変な話なので、見て見ぬふりを決め込んでいる。

少し前に、懸賞で当たった宝くじを5枚、〝当たってるかなぁ^^”と、いそいそ番号チェック
していたら、相方さんが、「これあげる」と、サマージャンボ宝くじをくれた。

「え??はずれ券じゃないの?」っていうと、
「まだチェックしていない」と言うではないか^^。

何枚あるんだ~?と調べたら、30枚…ってことは、9000円か^^;
で、調べたら、3900円にしかならなかった。
「元手とれなかったか~」なんて言ってたけど、そのマイナス分くらいの夢を
見させてもらったと、満足しているのかな?^^;

結局、その券は私がいただいちゃったので、3900円のお小遣いをゲットした
私は、映画館へいそいそ出かけたのだった(笑)

どうせくれるなら、買ってすぐくれれば、当たるかなぁ~と、わくわくする気持ちを
もらえたから、よかったのに(^^;と、次からは、もっと早く頂戴と、
お願いしてみようかな(苦笑)

楽しみに満ちた気持ちで居られる時間は、長い方が幸せだと思うから(^^ゞ

とかいいつつも、宝くじを買おうと思う人の気持ちは、私には解せないのだ^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は練習日

2011-08-27 20:21:39 | マンドリン
明日は、合奏練習日ということで、前日に、掲示板に、〝明日練習する曲”が
アップされるので、それを見て、楽譜の準備をする。
ついでに、爪も切りそろえる(^^ゞ
…というのが、練習日前日の常になっている。

9月に1つ、敬老会でコンサートするってのは、すでに決まっていて(曲目も)、
前回の練習日に練習したのだけれど、
9月にヨーカドーでコンサートするって言ってたのが、10月に変更になった件は、
1stの人が2人、コンマスさんも含めて、都合が悪く参加できない~と
言われていたから、
「どうしようか…断ろうか?」なんて迷われていたようだった。
その後、どうなったのかはわからないけれど、
そのコンサートの曲目は、次のとおり…と、掲示板に載ってたので、
するのか~と、驚きつつも、情熱大陸が、曲目から姿を消していたので、
ほっと安堵している今夜^^;

なかなか練習しても、弾けるようにならないので、う~んって感じだったのだ。

夏の疲れが出始めているのか、ややけだるい今日…だけれど、
明日は、頑張って、4時間、たっぷり合奏を楽しんでこよう~と思っている^^。
久しぶりってわけでもないのだけれど、なんだか、うきうき。

9月のコンサートは、クローズなものだけど、10月のはオープンなものなので、
正式に決まったら、アップさせていただきますので、お近くの方で、見てくださって
いる方がいらっしゃれば、足をお運びくださると嬉しいです(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ハリーポッターと死の秘宝part2」

2011-08-26 19:37:35 | 本・映画・ドラマ
映画「ハリーポッターと死の秘宝part2」を見てきました^^。

最初のハリーポッターの本を読んでからのつきあいあだから、
たぶん10年以上になるような気がする。
壮大なスケールの物語の締めくくりに、とても感動的な出来栄えだった。。と、思う。

かなり重厚感は漂っていただけれど、最後は19年後の姿を垣間見させてくれたりして、
ほのぼの温かい気持ちで見終えることができた(^^)

本を読んで、セルブスの気持ちを知っていたから、なおさら、ハリーに、
「私を見てくれ。リリーと同じ目だ」と言った時、、涙がこみあげてきた。

ダンブルドアに会った時、ダンブルドアが言ったセリフが、とても印象深く心に残ったのだけれど、
あれ??なんだっけ??と思い出せないので、検索してしまった

「言葉は尽きることのない魔法の源じゃ。人を傷つけることも癒すこともできるのじゃ。」

だということで^^;;

印象深いなら、ちゃんと覚えとけよ^^; >自分

とか思いつつも…DVDが出たら、もう1回、ちゃんと字幕版で見るぞ~と思っているのでした(苦笑)

いや…いつも行く映画館は、吹き替え版しか上映してなくて、泣く泣く、仕方がないので、
それを見たんだけど、納得できないもので(苦笑)

両方上映すると、吹き替え版の方が人気があるから、最近は吹き替え版しか上映しなく
なっちゃったのかなぁ?
…ここが田舎だから??

理由はわかんないけど、吹き替え版だけ上映するの、勘弁してほしいんだけど(;_;)うぅ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加