はじめてのマンドリン

ある日突然、マンドリンの音色に恋をした。
初めて手にした時から、ささかやかな感動を綴っています。

思いもよらぬところで恨まれていること

2012-02-29 15:36:08 | 日々あれこれ
自分が今まで生きてきた中で、誰かに恨まれていることなど、
たぶんないだろう…と思って、生きてきた。

でも、もしかしたら、自分の知らない間に、誰かを傷つけ、
恨まれているってことが、あるかもしれない…という一抹の不安を感じつつ。

それが、とても身近なところで、恨まれているというほどではないにしても、
恨めしく思われていたなんて^^;という事実を知り、愕然としている。

妹とは、昔から、喧嘩などすることもなく、仲が良かった…はずだった。
両親ともに仕事をしていたせいもあったのだろうけど、いつも、一緒に居た気がする。

私が大学へ行くときに、私が私大へ行ったから、妹は大学をあきらめなさいと、
言われなくて済むように、国立へ行ったし、(家は、あまり裕福ではなかったので)
私が家を出たから、お金がかかるし、大学はあきらめなさいと言われなくて済むように、
奨学金を受け、寮に入り、バイト三昧して、仕送りや、学費の負担をかけないように
努力した。

…と、自分では努力したつもりだったので、その後、無事、妹は大学へ進学できたので、
何の問題もなかったのだろうと、思っていた。

ところが、ふとした機会に、妹に、
「ねーちゃんのせいで、行きたい大学へ行けなかった」
と、言われたのである^^;(汗)

妹曰く、妹も、家を出たかったようなのだけれど、私が先に出てしまったので、
通学圏にしなさいと言われ、許してもらえなかったのだと。
おそらく、費用面ということもあったのかもしれないが、家から子供が誰も
居なくなってしまうという事実に、父が耐えられなかったのかもしれない。
(理由はいまいちわからない)

おそらく、父が妹に言うときに、私の名前を出して、だから、我慢しなさいと
言ったのだろうと思うが、それで、妹は、私のことを恨めしく思っているようなのだ。

自分が置かれている状況の中で、自分の人生を切り開くのは自分自身のすべきこと
(親への説得も含め)
であると思う私と、妹の性格(考え方)の違いもあるのだろうけど、
人のせいにするってのは、どうよ??と、口から出そうになったのを、ぐっと飲み込み、
「そうだったの…悪いことしちゃったわね…」と、とりあえず、姉らしい発言を口にしてみたものの、
なんとなく、納得できない。

きっと、ほかにも、“ねーちゃん(私)のせいで”できなかったことは、たくさんあるに違いない。

私だって…大学へ行くとき、
「兄ちゃんが大学へ行って、お金がないし、ayaは女なんだから、大学なんて行かなくても
いいじゃないか」と、父には、さんざん言われたのだ。

でも、どうしても、それが嫌で、
「学費も、生活費も、要らない。だから、家を出る」と、家を出る決意をするに至ったのだ。
だから、妹だって、それくらいの覚悟があれば、その“どうしても行きたい大学”へ行く
方法はあったんじゃないの?という気もする。

それを、父の言い分に屈して、納得して(実は納得していなかったんだろうけど)行動したのに、
今になって、私のせいにするなんて、どーゆーこと?????と思うのだ。

実に、潔くない。

それに、そんな昔の話を、今頃持ち出して、何がうれしいのだろう?とも思う。

でも…そう考えてしまうのが、今の妹なのだから、
私は、自分の予想しないところで、人に恨めしく思われている…という現実を受け入れなくちゃ~
いけないわけだ。

ってことは、きっと、知らないところで、たくさんの人に、恨まれている可能性もある。

…実に恐ろしい(@_@)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わずか5分で汗びっちょり^^;

2012-02-28 15:19:33 | マンドリン
3月12日の内部発表会で、2人でアンサンブル(シバの女王)をすることになっているので
前回のレッスンの際に、一度先生に聞いていただいて、あれこれ指導していただいたので、
それで終わりかと思っていたら、昨日のレッスンの後にも、
「もう1度聞いておきましょう」と、みてくださった。

2人で並んで弾いているところを、後ろから、横から、前から…と、周囲を歩きつつ、
演奏している約5分間、先生は手拍子してリズムを作りながら、
「クレシェンド」
「トレモロ切らないで」
「ダウンはもっとしっかり」
「もっと」
「そう、それくらい」
「もっとしっかり弦をはじいて」

と、切れ間なく、言葉が飛んできて、聞きながら、その言葉に反応しようと努力して弾いた
5分は、汗びっちょりになってしまうほどだった^^;

2人のうち、どちらに言ってるのかってのも、不思議とわかってしまうのだけれど、
私に言ってたのは、おおむね…次のこと。

・スラーとスラーの間、間をあけすぎない。
   …私は、次の演奏に備え、早めに、トレモロをやめてしまい、次への準備をしようと
    してしまう傾向にあるので^^;(自覚しつつも、なかなかなおらない^^;)

・弦に対してピックを垂直にあて、しっかりとした、いい音を出すこと。(う…基本じゃん)

・スラーはなめらかに。
   …スラーの中に3連符がある箇所があって、自分の中でリズムをはっきり刻もうとすると、
    つい、アクセントがついたような弾き方になっていたみたい。

・強弱がもっとつけられるように。
   …これは、もっと音量を出せるようにしないと、無理なことだけど。

書いてみると、いかに、基本形ができていないかってことなのだろう。

先生的には、
「ん~もっと、細かいとこまで言いたいけど、これくらいにしておくわ」ってことだったみたい^^;
言いすぎてもできないだろうと、思われたのだろうけど。

しっかりとしたいい音ってのは、半年前から、せっせと練習していて、少しはマシに
なったような気がしてたのだけど、先生が聞くと、まだまだなんだな…って、よくわかった。

わずかに、5分と少しみてもらっただけで、汗びっちょりになってしまうほどの集中力が
必要だったワタシ^^;

10日後には、6月の合同発表会に向けての、1回目の個人レッスンがあるので、
わずかに30分ではあるけれど、、、でも、どうなることやら^^;と、気になるところである。

さて、まずは、3月13日までに、どこまで修正できるか、わからないけれど、
練習に励もう~と思っている^^。

個人レッスンすると、少しは、上達のスピードが速くなるのかなぁ(^-^)と、
ちょっとばかし、心惹かれているこのごろ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“バレトン”初体験

2012-02-26 23:43:18 | 日々あれこれ
通っているジムで、バレトンのレッスンが初登場~というので、
体験してきました(^-^)

初めて聞く言葉だったので、なんじゃそれ?と思ったのですが、
バレエ+トン(体の筋肉を整えるという意味らしい)という造語だということらしい。

板の上に、靴下を脱いで裸足になってのエクササイズ。
え~、冷え性の私としては、足冷たくてやだ~と思っていたのだけれど、
足の裏に床を感じつつのエクササイズは、自分の体重がどんな風に
床にかかっているのかというのを、直接感じることができて、
いつの間にか、心地よいとさえ感じていた。

でも、バレエの経験は全くない私は、バレエっぽい動きが、少し難しく、
片足に体重を乗せて、バランスをとるということや、つま先までまっすぐ伸ばして
の動きで、足がつりそぅ~(~~;なんて、思ったりもした。

少しずつ慣れるのかもしれないけれど。

筋トレ→バレエの動き→ヨガの動き を1セットとして、3回くらい繰り返して終了。
45分のレッスンだったけれど、結構、汗かいた^^;

レッスンを受けたのは、全員女性だった。
やっぱり、バレエの動きがあるっていうと、男性よりは女性に人気なのだろうか。

インストラクターさんは、東広島から、1時間くらいかけてやってこられた人のようで、
今後も月1回、バレトンとピラティスのレッスンをしに来てくださるようで、
楽しみが1つ増えた^^。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「お子さんは?」

2012-02-24 19:00:33 | 日々あれこれ
新たに、人との関係を構築していくとき、必ず、、、登場するのが、
「お子さんは?」という質問である。

登場しなかったことは、、ないかもしれない^^;
話に広がりを持たせるためには、必要なネタなのかもしれない。

聞かれるのは、別になんとも思わない。

「出身はどちら?」というのと、同じようなものだと思っている。

…が、
「お子さんは?」と聞かれ、「子供はいないんです」と答えると、
ほぼ100%の人が、憐れむような目をする。
もしくは、聞いちゃいけないようなこと、聞いてしまってごめんなさい…という
雰囲気をかもしだす。

私の被害妄想?
と思ってみたこともあるのだけれど、そんなことはない…と思う。

最近、マンドリン関係で、交流の輪が広くなり、最近よく話すようになった人たちから、
今日、その質問をされた。

で、やっぱり、憐れむような目をされ、、、それで済めばよかったのだけれど、
「いないようには見えない。普通に、子供さんがいるように見える」
と、フォローにもならないようなことを言われたので、

“普通…ね…子供がいないってことは、ふつうじゃないってことなのかしら?”と、
悲しくなった。

子供さんは?と聞かれるのはいやじゃない。
でも、憐れみを持った目で見られるのは、とても嫌だ。

まぁ、予期せず、「子供はいない」という答えを聞いて、とっさにうろたえてしまい、
どう対応していいかわからず、そうしてしまうのだろう…悪気があるわけじゃない。
そんなことはわかっている。

でも、憐れまれるのは、、たぶん、誰だって、嫌なことだろうと思う。

だから、「子供はいないんです」というと、「そうなんだ」と、それでけでいいじゃん。。

人生いろいろあっていい。

憐れみを持った目で見られるのが嫌だからこそ、私は、絶対人には、そんな目を向けないぞと、
強く心に決めている。

でも…「お子さんは?」という質問をされ、憐れみを持った目で見られた日は、
自分の中に溜まった澱みたいなものを吐き出したいのか(?)必ず、、涙が止まらなくなる。

今日は、久々に、帰る車の中で、運転しながら泣いてしまった^^;(あぶな~~い)
で、すっきり^^;

人生いろいろあって、子供が居る人生、子供がいない人生…あれこれ悩んだあげく、
今の私が居るので、
“あなたに、何がわかるのよ!?”と言いたい気持ちが、涙となって落ちるのだろうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は・・・おじさん?

2012-02-22 19:20:15 | 日々あれこれ
誕生日だったので…と、妹と、妹の息子くん(甥っ子くん)が、
プレゼントとバースディカードを送ってくれた

ファイテンのレッグウォーマー(っていうのかな?)と、手作りカード(^-^)v
レッグウォーマーは、サポート力はないけれど、もこもこしていて、
ぽかぽかあったかい(^-^)v
今年は、春もそこまで来ている(かもしれない)けれど、来年の冬には、
冬の初めから、大活躍してくれること、間違いなしだと思う^^。

って、既に、今年も大活躍してるけど。



う…太い足…というのは、置いといて(^^ゞ
なんと、手作りカードは、感動的だった^^。
うれしいねぇ…と感動しつつ、カードの表を見ると^^;(汗)



これって…私の似顔絵…のつもりなんだよねぇ?^^;と、一瞬固まった。

○○おばちゃんへと書いてあるが、おばちゃんというより、どう見ても、
おじさんに見えるんだけど(汗)

と、がっくししていたら、相方さんには大うけしていた(くそ~)。

「ま、まだ小さいんだから、仕方ないよ」

なんて、フォローにもならないセリフを吐いてくれちゃって^^;
ま、私は、女っぽいタイプじゃないし、その昔、上司だったひとに、

「君は、おばさんというよりは、おじさんって感じだね」
と、意味不明のことを言われたことがあるので、きっと…そういうことなのだろう。

あ~あ、色気むんむんになりたいとは言わないけれど、
せめて、おじさんじゃなくて、おばさんになりたいなぁ(^^;

と、贅沢なことを言ってないで、祝ってくれる人が居るってことを、
素直に喜ぶことにしよう(^^ゞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むちうちの後遺症?

2012-02-21 15:54:13 | 日々あれこれ
特に何をしていたわけでもなく、寝転んでいたところ起きようと、頭を持ち上げた
だけなのに、首をぐきっとしてしまってから、すでに2週間。

少しずつ、痛みはマシになっているかと思いきや、昨夜から頭痛(首も)がひどく、
今日は、我慢しきれずに、鎮痛薬を飲んでしまった^^;
なるべく、鎮痛薬のお世話にはなりたくないと思っているのだけれど。

もしかして、天気が下り坂なので、そのせい??

2年前に事故で、むちうちになってから、半年くらいかかってやっと治った…
あ~頭痛から解放された~~~~と喜んでいたのに、おなじ箇所を痛めちゃって、
しかも、同じような症状に悩まされていると、、、これも、、むちうちの後遺症
ってやつなのだろうか?と、気分が、どよ~~~~んとしてくる。

頭が痛くても、何かをしようという意欲は減退するし、
薬を飲んで、とりあえず頭痛から解放されても、ずっとぼーーっと眠い状態なので
何かをしようという気にもなれず、どちらにしても、辛い状況であることに
変わりはない。

まぁ、天候や、体の疲れなどで、症状の一進一退を繰り返しつつ、少しずつ快方へ
向かうというのは、前回経験しているので、なんとなく、また症状がぶり返して
しまっても、前回のように、大きく落胆することはなく、ま、こういうものさ~的に
構えていられるようには、、、若干なったかもしれないけれど。

でも、やっぱり、首がつらいので、昨日訪れた図書館で、たまたま見つけた
「首は健康ですか?」なんて本を借りてしまった(^^ゞ

でも、さまざまな首の病気(?)に関する記述と、治療法について書かれている
だけで、私のような…慢性的な症状に関する記述は、あまりされてなく、
自分の体のことだから、自分でなんとかするしかないのか~~~^^;と。

願わくば、あと1か月以内には…なんとか、すっきりなおってほしいところであるが、
はてさて、願いどおりに行きますことやら(~~;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩白柚

2012-02-19 17:11:46 | 日々あれこれ
晩白柚と書いて、“ばんぺいゆ”と読む。
実は、大好きである(^-^)
でも、このあたりでは、あまりお店でも見かけないし、たまに見かけても、
ちょっとお高いので、自分で買おうかなという気には、、、なれない^^;

でも、相方さんの両親から、晩白柚が2つと、日向夏という柑橘系の果物が
送られてきた。
相方さんが、電話をすると、「間に合ったね」と言ってたらしい。
たぶん、私への、バースデープレゼント…なんじゃない?と、相方さんは言う。

私が、みかん類の、柑橘系の果物が大好きなことを、ご両親は知っている。
でも…私の誕生日って、、、認識してたんだ…????ってことが、とても驚きだった。

心が、ほっこり、うれしかった。

晩白柚…写真にとってみました^^。



パソコンの上に晩白柚…の図。
まるで、ボーリングの玉くらいはあろうかという大きさなので、食べるのが、すんごく楽しみ(笑)
今夜、食べたら、晩御飯…食べられないかも(^^ゞなんつって。

でも、学生時代、みかんしか食べない毎日…を過ごした期間があって、
手の平、足の裏だけではなく、背中まで黄色くなり、健康診断の際に、お医者さんに、
「みかんの食べ過ぎはよくない」と、指導された経験があるほどに…柑橘類は好きなので、
1個完食すると、幸せだろうなぁ(^-^)

むふふ。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のどぐろ一夜干し

2012-02-19 17:11:34 | 日々あれこれ
今日は、ン回目の、私の誕生日である(^-^)

と、今日は、楽団のコンサートだったので、始まる前に、
「誕生日なんよ~」っていうと、
「え~~~~~、何歳になるん??」と、口々に聞かれ(^^ゞ、
席周辺の人には、年齢ばらしをしてしまった(^^ゞ

ま、比較的同年代~~な人が多いし、私は、すでに、周囲の人の年齢を
知っているので、いいのだ

なぜか同年代かなぁ?と思う人たち同志って、敬語を使わなくちゃいけないかしら?
でも、年下かしら?などという、探り合い(笑)みたいなことが、時々あるような気がする。

ま、実年齢なんて、どうでもいいのだ(^-^)ということにしておこう。

でも、今日は日曜日ということもあり、昨夜、前々から目をつけておいた、お魚がおいしそうな
居酒屋さんへ、「食べに行きたいよ~~~」と、滅多にしない“おねだり”なんぞをして、
連れて行ってもらった(^^)

家で呑むのは、、後片付けが、時々面倒になるけど、くた~っとできるので、
結構好きな私は、久々に、外呑みをした^^。

初めてのお店は、ママさんが、気にかけてくださるのか??お酒を注文するときも、
これは、さっぱり系、これは、甘めなどと、丁寧に教えてくださり、
飲み終わると、おいしかった?さっきのと、どっちが好き?などと、聞いてくださったり、
「また来てくださいね」と、最後まで丁寧な対応(^^ゞ
まぁ、商売人だから、そういうものなのかもしれないけれど、結構かわいい系のママさんで
うれしくなった。(私は、思考がおとこ??)

飲み物では、“あらしぼり梅酒”ってのが、お気に入りの味わいだった^^。
食べ物では、のどぐろの一夜干しっての(^^)これ↓



それと、その上にちらっと写っている、鰆の塩たたきってのもおいしかった(^-^)

店がとても混みあっていて、入口近くのカウンター席だったから、足が寒くて、
1時間半くらいで、腰をあげた。
食べ&呑み足りなさそうな、相方さんは、帰ってから続き、呑もう~と、最近買った芋焼酎のお湯割りで
あたたまりつつ、ふにゃけた夜を過ごしてしまった(^^ゞ

翌日の今日が、コンサート…で、演奏するってことがなければ、さらに、どんどん呑んでたかもへへ。

「1か月に1回くらいは、呑みに行こうか」と、、、、
その気もないのに、相方さんは言ってた(苦笑)
だって、、確か、前回…1年くらい前にのみに行った時も、同じセリフ聞いたんだもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

譜面台が壊れ・・

2012-02-15 15:57:17 | 日々あれこれ
日曜日に、譜面台が壊れた(涙)
まだ買って3年くらいなので、そんなに古くないはずなのに・・足のところの
留め具がプラスチックでできているのだけれど、それが、割れて、
足を留めることができなくなっちゃってて^^;先日の楽団の練習の時、
足が、180°開脚状態で、
「あれ?どうしちゃったの?」なんて言われ、
「壊れちゃってたんですよね~」って話してたのだ。

で、今度19日にコンサートで使うから、それまでにはほしくて、
さっそくその夜、晩御飯食べつつ、お酒飲んで、その勢いで(?)
ネットで検索して注文してしまった^^。

“あす楽対応”って書かれてたので、翌日には届くよ~って商品だったのに、
翌日も、翌々日も出かけるから、受け取れないし…と、3日後の水曜日に
受け取ろう~ということで、配達指定を、15日の水曜日にした…つもりだった(^^ゞ

しかし、その配達日の今日、、指定した時間を過ぎても届かないので、
ちょっとイラっとしつつ、注文したメールを確認してみたら、
“配達指定 22日(水曜)”と書かれているではないか

ということで、ぎょっとして、ネットショッピングなのに、お店に電話して、

「あのぅ・・・配達希望日間違えてしまったんですけど、もう少し早めに入りませんか?」
とお願いしてみたら、そのお店が、たまたま、お隣の県だったので、
「今日発送しますので、明日には着くかも」と言ってくださって、ほっとした^^;

お酒飲んでのネットショッピングは、あぶないなぁ(~~;
なんて思っちゃった(^^ゞなんて、、、お酒のせいにしてるけど、私の性格か(^^ゞ

でも、気づいてよかった~~^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先生のバレンタインコンサート

2012-02-14 18:20:43 | マンドリン
岡山県総社市にある、ギャラリー阿曽房で行われた、伊丹典子さんの
バレンタインコンサートに行ってきました(^-^)

ここ数日頑張った自分へのご褒美に&この週末誕生日を迎える自分への
プレゼントに、ちょっぴり素敵なランチタイム&コンサートを(^-^)

雨で、寒い日だったけれど、満席状態だった。

曲目は…

・愛の挨拶
・雪が降る
・宵待草
・最初から今まで(冬のソナタ)
・夜想曲 星空
・虹の彼方に
・Sweet Memories
・春よ、来い
・なごり雪
・桜(コブクロの)
・アゲハ蝶
アンコールに
・ムーンリバー

バレンタインということで、恋の歌を中心にセレクトされたのだろうか。

コブクロ好きな私は、桜がうれしかったのと、
先生の生徒さんが弾く「夜想曲 星空」は2回ばかし聞いたことがあった
んだけど、先生のはお初だったので、うれしかった^^。
でも、懐かしく…昔のことを思い出してしまったのは、なごり雪だった(^^ゞ

いつも、先生のコンサートに行くと、帰宅してから、無性に弾きたくなるのだけれど、
今日は、連日の疲れもあり、ちょびっと弾いてみたけど、
今日は、もうおしまい~なんて、終えてしまった。

虹の彼方にって曲は、比較的簡単そう(?)な気もするので、ちょいと
楽譜を探してみよう~♪

と、いまだに、発表会で弾く曲さがし中の私は、性懲りもなく、楽譜さがしを
してしまうのだった。

でも、発表会の申込書の内容を読んでいると…

『個人発表の曲は、個々の経験や技術を考慮し、講師が選曲します。希望の曲やジャンルが
ある場合は、早めにお伝えください』

などと書いてあるではないか(~~;
ってことは、この曲弾きたいといっても、「無理よ」と言われ、却下される場合もあるってことね^^;

ん~、、、早めに先生に相談するほうがいいってことなのかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加