はじめてのマンドリン

ある日突然、マンドリンの音色に恋をした。
初めて手にした時から、ささかやかな感動を綴っています。

今後のレッスン・・・

2010-01-31 14:41:54 | マンドリン
朝、レッスンに行く段階になっても、まだ気持ちは揺れていた。
今日で最後にするのか、しないのか。

教室や先生の迷惑にならないのであれば、参加できる時だけでも、
参加させてもらえるといいなぁというのが、正直な気持ちだった。
でも、今後、生活パターンがどうなるのかは、まだわからないので、
今の段階では「今後も参加できる」とは断言できない。

しばらく、レッスンには参加できないかも・・・ということを前提に、
今後、自分でこういう練習をしていけば、上達することができるよという
練習メニューを教えてもらう・・・という感じのレッスンが中心になった。

1)指使いの練習用にもらっている楽譜を、とにかくメトロノームの速さを
どんどんあげて、どこまで速く弾くことができるか・・・という練習。
今日のところでは、メトロノーム140はなんとか弾けたけれど、150では
半分くらいしか弾けなかった。今後、地道に練習しようと思う。
これで、寒いと特に動きが悪い、小指をもっと他の指と同様に使えるように
なるといいな。

2)トレモロで、ゆったり弾くメロディを、クレシェンド、デクレシェンドなど、
強弱で表情をつけつつ弾く練習をする。
弦が変わっても、変わらなくても、同じように滑らかに弾けることを目標に。

3)楽譜を頭の中で変換して弾くという状態の私だけれど、“変換”しなくても
弾けるように、楽譜を見ると、何も考えなくても、手が動く・・・ようになるまで
弾き込む。

この3つをクリアできれば、大丈夫と言ってもらえたので、次、見てもらえる時に、
“お~上手になったじゃん!”って思ってもらえるように、頑張って練習しよう~と
思っている。

とか言いつつ、2月も、1回、レッスンに参加するつもりなんだけど(^^ゞ
しかも、課題曲の楽譜を、本ごと借りてきちゃったし^^;;
「この課題曲を、みんなの前で弾けたら、卒業ってことにしましょうか」と、
もらったのは、『星に願いを』(^^)

メロディは知っているし、好きな曲なので、引越しもろもろで忙しい時期では
あるけれど、自分を癒してあげるためにも、頑張って、マンドリンと戯れるぞ~
って思っているのでした^^。

今日は、“音が綺麗に出るようになってる”って褒めてもらったのが、とても嬉しかった
相変わらず、褒められるのに、弱い私

とりあえず、今後、メールでレッスン日を教えてもらって、
たまたま、こっちに戻ってくるタイミングに合えば、レッスンに参加する・・・という
スタンスでいいよって言ってもらえたので、様子を見つつ・・・そんな感じで
今後も継続させてもらえることになった。
また、状況が変われば、その時はその時ということで。

感謝
居場所が、1つできた(^^)ちょっと嬉しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「遥かなる水の音」

2010-01-31 14:22:34 | 本・映画・ドラマ
村山由佳さんの「遥かなる水の音」を読みました。

“僕が死んだら、遺灰をサハラ砂漠に撒いて”と遺言を残し、周(アマネ)は逝った。
周がパリで同居していた、フランス人男性、パリ在住の周の姉(ヒサコ)、
周の想い人(浩介)と、浩介の恋人であり幼馴染のユイ。4人のサハラへの旅を綴った物語。
雄大な景色を思い浮かべつつ、“生きる”とはどういうことなのだろう?
と、考えずにはいられなかった物語。

思いを残さなくていいように、
今したいと思うことはして、感謝の気持ちを伝えたい人には伝え、
ある日突然死が訪れても、穏やかな気持ちで土に還れるように、
生きている時間を大切にしたいなと思った。

ちょっと哀しい物語。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はマンドリンのレッスン日

2010-01-30 22:44:39 | マンドリン
明日は、今年2回目のレッスンの日・・・にして、もしかしたら、
最後になるかもしれない・・・レッスン日

目前なのに、先生になんて言おう・・・引越しのこと・・・と、心を定められないでいる
困った私

その1)明日で、きっぱりおしまいにする。将来、戻ってきたら、楽団に参加させてもらう。
その2)とりあえず、一旦休止にさせてもらい、様子を見て、時々レッスンに参加させてもらう・・・というかなり優柔不断な案^^;

選択の余地はないのかもしれない。とも思う。
ただ、どれくらいの割合で、引越し先と、今の住まいを、行ったり来たりするかが、
まだ、全然読めないで居る、今の段階においては、きっぱりおしまいにする決断が
しにくくて、できれば、切れずにつながっていたいなぁと思う、甘い私が居るのも事実。

さ~て・・・レッスンは明日に迫っている。
考えなくちゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少し心落ち着く

2010-01-29 22:33:26 | 日々あれこれ
今日、相方さんの同僚さんの奥様と、おしゃべりした。
ランチを食べつつ。
昨夜遅くに連絡があって、ちょっと時間に空きができたので、どお?と
急なお誘いだったのだけれど。
その人のだんなさまも、ウチの相方さんと同じく転勤するので、
同じ立場同士、何か話したいことでもあるのだろうと思ったので、
行くことにしたのだった。

いつも元気で、太陽のようなその人は、今日も相変わらず元気そうだったけれど、
でも、時々ぽつりともらす台詞が、私の心を優しく包んでくれた。

「私だって同じだよ~。時々寂しくてたまらなくなって泣いたりするし」って。
「引越しの日、私は一緒には行かないよ。だって、帰る時、泣いちゃって帰れなく
なっちゃいそうだから」って。

あ~、こんなに明るく、元気に見える人も、私と同じなんだ。
そう思ったら、少し心が軽くなった。

今まで、私は、
「広島なんて近い近い」とか、
「新しいとこ行くと楽しめていいね~。私なら思い切り楽しんじゃうけどな」とか、
「どうせ行くなら楽しまなくちゃ」とか、ばかり言われていたような気がする。
もちろん、言ってくれる人は、励ましてくれているのだということは、重々わかっている。

自分でもそう考えるように努力をし、また、実際楽しみな部分もあるので、
時にはうきうきと頑張って準備しつつも、時々襲ってくる不安な気持ちと闘いながらも、
“あ~私はなんてダメなんだろう。みんなが明るく乗り越えられることを、
 そんな風には乗り越えられない。”と凹んだりもした。

それが、“みんな同じなんだ”って、なんとなく実感できたからなのか、
“不安なのは当たり前なんだ”“たまには、不安を感じ涙することがあったとしても、
いいんだ”って、今の自分を認めてあげることができたせいか(?)
とても心が軽くなったような気がする。

よかった

また、不安な波が押し寄せてきたら、今日の気持ちを思い出して、
“ゆっくりゆっくり、ありのままの自分でいいんだよ”って自分に教えてあげよう。
そしたら、また、明日から元気に頑張れそうな気がするから
突然、誘ってくれた彼女に、感謝
もう大丈夫そんな気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情緒不安定気味

2010-01-28 23:43:16 | マンドリン
このところ、やや情緒不安定気味だと、自分で思う。
たぶん、相方さんは、会う時間がわずかなので、気づいてないと思うけれど。

たぶん、生活環境が変わることへの、漠然とした不安感からきているのだろうとは思っている。
今までに私は、4回、引越しをしている。

1回目は、大学に入った時。自宅から、大学の寮へお引越し。
親元を離れたのは、この時が初めてだったので、激しいホームシックに陥った。
寮は4人部屋で、毎日にぎやかだったから、寂しくないんじゃないか?とも思えた
のだけれど、心の中では、やっぱりずっと寂しかったのだろう。
何度か、公衆電話から家に電話しながら泣いた
なんたる、甘ちゃん^^;

思えば、小学生の高学年だった頃、4つ下の妹と2人で、親戚の家に泊まりに行た時、
夜になって、寂しいよ~帰りたいよ~なんて泣いたのは、私の方だった(恥)

2回目は、大学を卒業した時。
実家に戻るという案もあったのだけれど、相方さんと一緒になるつもりだったので
戻らず、一人暮らしを始めた。
このときも、、、初めての一人ということもあり、やたら寂しかった記憶が残っている。

3回目は、相方さんと暮らし始めた時。
このときだけは、寂しくはなかった。嬉しかった。
でも、いつも、緊張していた・・・ような気がする

4回目は、お家を建てた時。
とても嬉しいはずなんだけれど、無性に寂しい気持ちに襲われた。
引越し後、しばらく、ホームシックのような感覚に陥った。
家に越してくる前は、とても狭かったので、いつも傍にいたのが、
少し家の中が広くなって、距離感を感じたせいだと、私は勝手に思っていた
のだけれど、実際、寂しさの理由は、よくわからない。

そして、今回は5回目。
やっぱり、寂しい気持ちに襲われている。原因不明。
たぶん、漠然とした不安が、寂しさを感じさせるのかなぁ?
なんて思う。
漠然とした不安というのは、将来に向けての不安。

もちろん、新しい電化製品や、家具や、カーテンや、、、全部新しく
買い揃えたりってのは、ある意味、うきうきと楽しい面もあるのだけれど、
時折、ど~っと寂しい気持ちに襲われて、何も考えることができなくなったりする。

女性は、環境の変化に強い・・・なんて聞いたことがあるけれど、
私は、ちっとも強くはない。
もっと、どっしり構えていられる、強い女になりたいなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「かあちゃん」

2010-01-27 18:43:32 | 本・映画・ドラマ
重松清さんの「かあちゃん」を読みました。

親友だった友達、クロちゃんを、いじめて自殺未遂に追い込んでしまったことで、
不登校になってしまった啓太くんは、ひとりの、年老いた“かあちゃん”に出会うことで、
自分の中で何かを感じ、何かが変わり、再度登校するようになり、
一緒にいじめていた人たちと、担任の先生とともに、クロちゃんに会いに行く。

登場人物のみんなそれぞれの、いろんな“かあちゃん”との関係を描くとともに、
自分がしてしまったことを、受け入れ、許してもらうのではなく、
本当の意味での贖罪の方法とは、どういうことなのだろう?ってことを考えさせてくれた。

読んでいて、あちこちで、泣きっぱなしだった

最近、本を読む時間があまりなかったこともあり、久々だったので、心が乾いていたのか、
あれこれと忙しすぎて、心が泣きたがっていたのか、それはわからないけれど。
子供の頃の、自分がした“悪いこと”を思い出し、謝りたくなったり、
母に、もっと親孝行したいなという気持ちになったりした。

読後、母に電話した。
とりとめもない話をしただけだったけれど、育ててくれてありがとうという気持ちに、
自然になることができた。

もしも、将来、介護することがあって、日々に心疲れたりした時に、読み返してみたい
本かもしれない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福山の人はマクドナルド好き?

2010-01-26 18:58:25 | 日々あれこれ
先日、福山へ行った時に、不動産屋のおねーさんと、あれこれお話をした。
その中で、興味深い話があった。

福山市内にマクドナルド(“マック”って言ったような気がするけれど、
“マクド”だったかもしれない(記憶は曖昧))のドライブスルーで、
かなりのドライブスルー渋滞が発生するというのである。

福山市民は、マクドナルドが大好きなのか?

大きな道は、2車線だったりするのだけれど、そのうちの1車線は、
完全にドライブスルー待ちの車が並んでいる・・・というから、驚きである。
実際、、、マクドナルドの駐車場が、あふれかえっているのは、目撃した
私が住んでいる地域では、そんなのは一度も見たことはなく、大抵空いていると
思っているのだけれど・・・もしかしたら、私が知らないだけで、混んでいるのか?
(今度、友人に会ったら、聞いてみよう)

ちなみに、私が住むエリアは、文化圏は関西なので、マクドナルドのことをみんな
“マクド”と呼ぶ。
広島はどうなんだろう?って調べてみたら、そういう調査結果が載っているところが
あって、広島は、“マクド”と“マック”どちらもありになっていた。
関西エリアが、“マクド”で、岡山県が“マック”で、何故かその向こうの広島県が
混在ってのは、ちょっと不思議な気もするが、これは、アンケート対象の人によるのかも
しれない

私的には、“マック”って聞くと、“マッキントッシュ”が浮かんでしまうので、
やっぱり、マクドナルドは、“マクド”なんだけどなぁ。
しかも、大阪人の挨拶である、“まいど”と同じイントネーションで

人口あたりの、マクドナルド店舗数が少ないから混んでいるのか?
それとも、単に、大好きだという県民性(市民性?)なのか・・・う~~ん、謎を解明
してみたい気もするけれど、こればかりは、調べようがないかも
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

福山は遠い^^;

2010-01-25 14:31:35 | お引越し?
住むところ探しのため、昨日、車で福山市へ出かけた。
片道4時間くらいの道のり。
さほど渋滞もなかったのに、こんなに遠く感じるなんて、
渋滞でもしようものなら、果てしなく遠く感じられるのかも

13時に不動産屋さんへ行った。
説明を受け、その時点で、いろんなことがわかり方向転換せざるを得なくなった。

まず・・・多くの物件があり、周囲にスーパー、映画館などいろんなものがある
エリアがあり、“住み心地がよさそうだ”と思って、2つほどめぼしを付けていた
エリアは、“駅からバス15分”とは書かれているものの、そのバスが、
1日に、5本とか・・・数えるほどしかバスが運行されていなくて、げげ
って感じだった。
朝早い時間も、夜遅い時間も、もちろん走っていないし^^;

福山へ行って驚いたのは、車だらけで、いたるところ、渋滞ばかり・・・という事実。
聞いてみると、バスなどが少なくて、一家に一台というよりは、一人に一台車を
持っていて、みんな車で行動するので、こうなっているんですよ~って話だった。
日常生活の中で、渋滞なんて経験したことのない私には、ちょっと耐えられない現実。

で、探していたエリアの物件は放棄し、駅まで歩けるところで、渋滞しなさそうな
場所がいいなと、違うところでの物件を紹介してもらった。

それで、絞り込んで5つ見に行くことにした。
かなり疲れたけれど、しかも、いろいろ見て、どれがどれだか、ぐちゃぐちゃに
なりそうになりながらも、見終わった後、相方さんと1時間弱ばかり語り合って、
決めた。
もう少し考える時間は欲しかったけれど、予約して、数日考えさせてくれる
なんてことはしてもらえなかったので、即決^^;
いいのか?ほんとに??と思いながらも、ま~、どうしてもダメだったら、
また、違うところを探せばいい・・・と腹をくくり。

結局家に帰り着いたのは23時くらいだった。
でも、決まってよかった。
また来週も行くなんてことになると、疲れて、へろへろになりそうだったから

と、めでたく、住むところが確保できたので、一番の大仕事が片付き、
ほっと一安心している、今日なのである。
次は、引越しまでの、段取り。
こっちで買って送るもの。
向こうで買うもの。など、揃えなくちゃいけないものリストを作り始めた。
ん~~~すごくお金がかかりそう^^;
ま、こっちの家はそのまんま置いておいて、新しい生活を始めるのだから、
仕方がないけれど。

引越し慣れしている人は、何を準備するといいのか?なんて、簡単さって言うかも
しれないけれど、私、引越しは、実に20年ぶりなので、かなり新鮮

まずはETCを買いに行こうっと
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

明日は福山で物件探し

2010-01-23 18:57:37 | お引越し?
今週入ってから、ちまちまと、ネットで賃貸物件を探し始めた。
結構のんびり構えていたら、
「この週末あたり見に行きたい。で、うまくいけば契約もしたい」
などと相方さんが言うので、
ひょえ~っと驚き、ちょっと気合を入れた。

でも、こんな引越し目前だというのに、相変わらず、土曜日の今日、
相方さんは、いつもとかわらず出勤で、
「悪いんだけど、適当に見繕って、現地の不動産屋さんにいくつか
アポとっといてくれる?」
なんて言われてしまった^^;
くぅ~辛いなぁ

住むところの交通の便・・・できれば駅まで歩いて行ける方がいいらしい。
間取りの広さ、と、その配置の好み・・・広くて、リビングが特にたっぷり広く、
自分の書斎も欲しいのだそうで^^;;なんちゅー贅沢(~~;
仕事場への近さ・・・近すぎるのは嫌なのだそうで・・・遠すぎるのも嫌だそうで。。
築○年ってのは・・できれば新築がいいらしい^^;;
あと、エアコンはついてなきゃ、フローリングじゃなきゃ、と、条件を挙げると、
とてもきりがない

そりゃぁ・・・気持ちはわかるけどね^^;;予算ってものがあるわけだし~。
優先順位を考えてよって言っても、無言返し。

「適当に見繕って」なんて言われても、後で文句たらたら言われないかなぁ?
と思ったりしつつ、延々と、10時間くらい探して、へとへとになってしまった^^;

これで、明日早く起きて、見に行くのかぁ・・・。
今日だって、3時間半くらいしか睡眠確保できていないのにさ

でも、ここが正念場だから、頑張らなくちゃ^^;
とりあえず、明日決まらなくても、来週でも、日程的には、ぎりぎり間に合うだろうし。
でも、明日、決めるぞ~という気合を入れて見に行かなくちゃ^^;;とも思う。

あぁ、、でも、不動産屋さんでの所要時間って読めないから、
複数、予定を入れるのって、とっても大変(~~;

物件も見すぎて、地名と、間取りとか、そういうのが、頭の中でごちゃ混ぜに
なっちゃってるし

疲れたから、夕食の買い物にでも行って、お風呂にゆるりと浸かろう~っと^^;
はぁ・・・・。

いつもは、電話が大の苦手な私だけれど、何故か、さくさくと電話できてしまう^^;
追い込まれると、何でもできちゃうものなのねぇ(笑)って

でも、電話してみて、“やっぱし、方言ってあるのね~”と気づいた今日だったのでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美容師さんは魔法使い

2010-01-21 20:35:16 | 日々あれこれ
今日は、美容院へ行って、髪を切ってきた。
前に行った時、「髪を伸ばして、ゆるゆるっとしたパーマかけたいんです」
なんて宣言していたのに、
今ストレートな髪は、丁度肩に当たり、外にはねて、なかなかまとまらない感じに
なっているので、心はくじけ、
やっぱし、伸ばすのは、諦めるか~~”
なんて思いつつ行ったのだけれど、
「上にかぶさっている髪の長さはそのままで、下の(頭皮に近い)髪を少し
短く切ることで、はねずに、内巻きっぽくできると思う」
って言われたので、長さはそのままに、内側の髪だけだいぶ切ってもらった。
ぱっと見は、肩の長さくらいのボブって感じ。
若干首周りが、髪がなくてすーすーする感じもあるけれど、ちょっと切る
だけで、イメージ変わるもんだなぁと、
美容師さんは魔法使いみたいと嬉しくなったのである。

トリートメントしたわけでもないのに、ブローの仕方次第で、髪もさらさら、
つるつるだし
いかに、日ごろ、自分の髪の整え方が、下手っぴぃなのかということを
思い知らされた気もするけれど

まぁ、それは置いといて、
美容院へ行くと、いつも、すごく気分転換ができ、
イメージが少し変わった自分に、ちょっぴり満足し、
嬉しい気持ちにさせてくれる、美容師さんって、すごいなぁ~って思う。

女性が、女性であることを嬉しいと感じ、ちょっぴり綺麗になれた気がする
素敵な場所。

今は、3ヶ月に1回くらいしか行けてないんだけれど、
もう少し、多めに行けるといいなぁ・・・とも思う。

お引越ししても、帰ってきた時に、髪切りに行きたいなと、思っている。
やっぱり、髪のクセとか、好きな髪型とか、私のいろんなこと知って
くれている美容師さんだから、説明しなくても、気に入るようにしてくれるし。

髪を切ると、どこかへ遊びに行きたくなる不思議。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加