はじめてのマンドリン

ある日突然、マンドリンの音色に恋をした。
初めて手にした時から、ささかやかな感動を綴っています。

薬の減らし方(?)

2009-06-30 13:36:05 | 逆流性食道炎
逆流性食道炎と診断された2月以降、2種類の薬を服用していた。
ガスターという、胃酸を抑える薬と、
ガスモチンという、胃腸の働きを良くする薬。

胃腸の疾患で、通院経験がなかった私は、
最初、その薬の組み合わせを変だと思った。
胃酸を抑えておきながら、働きをよくするなんて・・・相反する薬じゃないのか?と。
最初は、言われるがままに飲んでいたのだけれど、
「調子が良くなってきたら、減らしてくださいね」と先生に言われていたのと、
“ガスターは、リバウンドするので、薬を止めると、胃酸がとても多く出るので、
注意が必要”だと、TVでもネットでも知ったので、少し怖くなっていたので
できることなら、早く止めたかった。
じゃないと、一生薬漬けになってしまいそうな、恐怖感があったから。

どういうときに、どちらの薬を飲むとどういう効果があるのか?
2種類を一緒に飲んでいたときはわからなかったけれど、
1種類ずつ別々に飲むようになって、その薬の働きが、わかるようになった。

ガスモチンは、消化の悪いものを食べたときに、胃の中に長い時間
食べ物があり続けるのを解消する働きをしてくれる。
ガスターは、そのまんまだけど、胃酸を抑える。

逆流性食道炎は、寝ている間に、胃酸が食道に戻ってくることで
食道の炎症が起きる病気だから、寝る前のガスターは、
なかなか止められないでいた。
飲まないと、胃酸がぶくぶく上がってくる感じがする。
でも、とにかく、我慢して、2日に1回、3日に1回と、
服用の量を減らしていった。
もちろん、胃酸が逆流しないように、寝る時は、かなり頭を高くする
ことも忘れなかった。

まだ、時々、飲むこともあるが、ここ1周間は、
とりあえず、薬を飲まないで生活できている。

胃酸の分泌が多くなる食べ物はなるべく食べないようにして、
どうしても食べたい時は、空腹のところに食べるのではなく、
他のものを少し食べて、空腹じゃない状態の時に食べると、
比較的マシであるとか、
消化の悪いものは、控えめに。
よく噛んで食べる。

以上のことに気をつけつつ、食事療法でこれからも症状改善できると
いいなぁと思っている。

薬は、種類にも寄るのだろうけど、症状を抑えるだけで、
根本的な治療にならないことも多いと感じているので、
副作用が心配だから、なるべくなら、飲まないで済むようにしたい。

最近は、ちょびっと、大好きなお酒も飲めるようになった(^-^)
以前は食べられなかった、トマトやお肉も、少しなら大丈夫になった(^-^)
暑くなってきたから、内臓の働きが良くなって、多少調子がよくなっている
だけなのかもしれないけれど、
できれば暑いうちに、しっかり治せるといいなぁと思っている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

余命1ヶ月

2009-06-29 00:05:14 | 日々あれこれ
2年前から、癌と闘って、自宅静養していた義妹さん(私と同い年)が、
数日前に、急に症状が悪化して入院し、余命1ヶ月と宣告された・・と聞いた。

既に意識は、混沌としていたり、少し戻ったりという状態らしい。

痛みケアをメインに行ってくれるような病院へ移る手続きをしていて、
今は、かなり慌しいようなのだけれど、落ち着いたら、一度お見舞いに
行こうかという話になっている。

どんな顔して行けばいいのだろう?
余命宣告された人や、その家族の気持ちは、いくら考えてもわからないし。

同い年だからということもあるけれど、
相方さんの実家では、唯一の“嫁”という同じ立場の人で、
かなり田舎の嫁だから大変な部分もあって、そういう大変さを分かり合える、
という点で、気持ちを共有してきたこともあって、
その人が、この世から居なくなる?という現実を受け入れるには、
かなり衝撃的で、
“覚悟できているつもりだったけど、まだ、できてなかったのね”
と思い知った、ここ数日でした。

覚悟できていないのは私だけで、もしかしたら、家族の人たちは、
今までの毎日で、少しずつ覚悟を固めてきたのかもしれないけれど。

余命宣告とは、言われる側にとって、どういうものなのだろう・・・?。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本「モダンタイムス」

2009-06-28 18:20:49 | 本・映画・ドラマ
伊坂幸太郎さんの「モダンタイムス」を読みました。

いつものことながら、最初の数ページで、心をがしっとわしづかみにされて
しまったような感じで、夢中になって読みきってしまいました。

現実にはありえない・・・と思いながらも、もしかしたら、
私が知らないだけで、どこかにこういうこともあるのかも?
とも思えるような、ストーリー展開が、わくわくさせてくれるのかもしれない。

今回は、妻“佳代子”が、かっこいい~♪
(最初は、とんでもなく、キテてる奥さんだと思ったけど)
なんて、途中から、惚れ惚れしてました。
私にないものを、いっぱい持ってるから。
強いとこ、まっすぐなとこ(^^ゞ

物語の中で、頻繁に登場する「勇気はあるか?」の問いかけに、
あと、
「人生を楽しむには、勇気と想像力と、ちょっぴりのお金があればいい」
という、何かの映画の中での誰かの台詞。
が印象的だった。

それと、もう1つ。
「あなたにはまだ実感がないだろうけど、人に会えるのは生きている間だけよ」
という台詞が心に残った。


大きなシステムの中で、自分にはどうしようもなく、動いていく全体像~
みたいなものに巻き込まれて生きているものなのかもしれないけれど、
それでも、自分をしっかり持って、生きていけるといいなぁと思った。

かなり読み応えのある、長編だった。満足~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「劔岳 点の記」

2009-06-27 13:03:51 | 本・映画・ドラマ
映画「劔岳 点の記」を見ました

雄大な風景と、思いを成し遂げるんだという強い思いと、
それを支えて見守る妻たちの思いと、
いろんなものを、胸いっぱいに感じ、感動して帰ってきました。

実話に基づくお話だからこそ、なおさら感動も大きかったのかも
しれないけれど、険しい山に、初めて登る道を見つけるということは、
とんでもなく大変なことなのだろうなと、見ていて感じた。

きっと山は、人が登っても登らなくても、そこに、同じようにあり続けるのだろう。
自然のでっかさの前では、自分の悩みなどちっぽけなことのように思える。
だから、私は、自然の中に行きたくなるのかもしれない。

重い荷物を背負って歩くことが、私にもできるかどうかわからないけど、
いつか、山に登りに行けるといいなぁと・・・さらに思いは強くなった気がする
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ「白い春」最終回

2009-06-26 10:40:23 | 日々あれこれ
ドラマ「白い春」の最終回(録画)を、昨日見た。

・・・・号泣だった

不器用ながらも、誠実に精一杯生きている春男が、
さちを遠くから見守りながら、ささやかな幸せを胸に、
生きていくのかなぁと、結末を予想していたんだけれど、
まさか、殺されなくても^^;;って、悲しかった。

幸せな家庭を築きたかっただけなのに、
1つ歯車が狂ったかと思うと、どんどん悪い方へ行ってしまうものなのか。

それでも、地に足つけて頑張ってると、幸せになれるものなんだよ~って
思いたかったな。

それとも、守りたいものを、守ることができて、
さちと、心が通い合えて、春男は満足して死んだんだろうか?
さちの成長を見守りたいという気持ちよりも、
さちの幸せな環境を守りたいと願う気持ちの方が強かったのだろうか。

血の繋がり、心の繋がり、人とのいろんな繋がりについて
考えさせてくれたドラマだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜になるとフクロウの鳴き声が・・

2009-06-25 23:14:33 | 日々あれこれ
少し前から、夜になると、フクロウの鳴き声が聞こえる。

フクロウ・・・だと思っているんだけど(ほぅーほぅーっての)、
それを調べる術はない。
でも、TVなどで聞いたことがある、あの鳴き声は、明らかにフクロウだと
思うんだけどなぁ・・・でも、こんな所に生息しているのか?
調べてみたけど、よくわからない。

・・・そんな細かいことまでは、わからなくて当然か^^;

でも、カッコウだって鳴いているし、
家の前に、タヌキが居たりするし、
ゴミ捨てに行くと、サルが居たり、
車で走ってると、シカに遭遇したりするから、
フクロウだって居ても不思議はないのかもしれないけれど(^^ゞ
なんだか、フクロウの鳴き声って、心が落ち着くというか、いい感じ
ずっと、住んでて欲しいなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近なんだか飢えている

2009-06-25 20:19:53 | 日々あれこれ
“飢えている”なんて書くと、ちょっと大げさなんだけど・・・
心が飢えているのか?それとも、身体が飢えているのか?
何に飢えているのかも、よくわからない^^;;

でも、食欲を感じているわけでもないのに、
やたら、食料品をたくさん買ってきて、冷蔵庫は、いつも満タンになっている
なんとなく、満タンじゃないと、落ち着かないというか、不安な感じさえする
のである。
気のせいかな?と思ってたんだけど、そうでもないようで。

3月くらいから、食べる量が、かなり減って、身体が慢性的な飢餓感を
感じているのか?それとも、単に情緒不安定から、食べたい・・・という
方へ、欲求が高まっているのか?よくわからない。

空腹感をあまり感じない。
でも、“食べなくちゃ、体力持たなくなっちゃう”と、
ホントは、少々食べなくても平気なのだろうけど、なんとなく、
“食べなくちゃ”と脅迫観念っぽく思い込んでいる面があって、
食べたい食べたいって感じ。
でも、実際は、あまり食べられないんだけど。

以前は、お腹空いて、食事が待ちきれなかったのになぁ・・・
これも、胃の調子がいまいちだからなのかなぁ?

それとも、心の欲求不満を、食べることで解消しようと、
身体がしているのだろうか?(謎)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エスパニョールかぁ・・・

2009-06-22 21:47:53 | 日々あれこれ
このところ、中村俊輔さんの移籍先がどこになるのかな?とずっと
気になっていた。
(友達は、さん付けなんて変だよぉ~って言うけど、知らない人のことを・・・
ましてや嫌いでもなく、好きな人のことを呼び捨てにするなんてできないんだもん

以前からスペインでやりたかった・・・って聞いたから、きっとそう決まるのだろう
とは思っていたのだけれど、1ファンとしては、日本で活躍してくれる方が、
目にする機会も多いし、身近に感じられて嬉しいような気もする。
でも、もっともっとでっかくなるのも見たい気がする。
なので、どっちに決まってもいいけど、どっちかなぁ・・・と、気になっていたのでした(^^ゞ
これからの活躍が楽しみ(^-^)

でも、でも、人のことばっか応援してるんじゃなくて、
自分のことも、応援してあげなくちゃね・・・なんて、思った今夜なのでした~。

たまたま、そのニュースを知ったのが、電車の中で、携帯に配信された
ニュースだったのだけれど、そのとき読んでた本に、
“全ての自己嫌悪は、心の底で、自分のことが嫌いだということに因る”
みたいなことが書かれていたくだりを読んでいたので、
時々、自己嫌悪の固まりのようになる私は、もしかしたら、そうなのかなぁ・・・
やっぱり、自分が自分のことを好きになれるような“私自身”になれるように
頑張らなくちゃね~って思ったところだったから。

人が頑張ってる姿を見て、私も頑張らなくっちゃと思えるというのは、
すごいことだな^^と、中村俊輔さんに感謝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

綺麗なトレモロのヒント

2009-06-21 23:25:26 | マンドリン
今日は、マンドリンのレッスン
でも、昨日の山歩きの疲れが残っているのか、朝、ねむ~い目を擦りつつ
やっとこさお目覚め
あ~ねむぅ・・・・と思いつつ、30分運転して、レッスン場所へ^^;
(あぶないっつーの)

せっせと、小指の練習をしていったから、少しは上手になってるかなぁ・・・
(まだまだ納得はできないけれど)
と思ったんだけど、今日は、小指の練習は全くなくて
「前回しなかったんで、今日はトレモロの練習~」と、ひたすらトレモロだった。

ピッキングをする腕の振りの感覚で、きちんと腕を振ってトレモロを!
ダウンの方が強くて、アップが弱くなりがちなので、同じくらいの音になるように、
腕の振りの中心が、2本の弦の真ん中にくるように意識して・・・って言われ、
上手に弾けないからと、すぐ止めないで、延々と弾きまくって!とも
言われ、腕がだるく感じられるくらい、延々と弾いていた。
そのうちに、不思議と、感覚がつかめてきて、腕にその感覚を憶えさせるまで
弾き込まなくちゃ・・とも言われた。

前回も言われたんだけど、私はピックを持つのが緩めのようなので、
それをもう少し強めに持って(特に、3、4弦を弾くときは)思い切って
弾いてみてと言われ、弾いてみたら、音色が明らかに変わった(いい感じに)。

「そうそう、そんな感じ」と、言われて、ちょびっと嬉しい

この腕の感覚を忘れないうちに、いっぱい練習して、腕に覚えさせたいなぁと
思っている。

先生してくれる人は、みんな、褒め上手だなぁと・・・感心する。
先生が本職じゃないのに、高校時代から、後輩の指導とかで教え慣れて
いるせいか(?)とても、教えるのと褒めるのが上手いと思う。

そういう人に教えてもらえて、幸せ

さ~て次のレッスンまでに、練習しなくちゃいけないことは、山のようにある(^^ゞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矢田山ハイキング

2009-06-21 16:32:49 | 山歩き・旅・遊び♪
昨日、南生駒駅~平群駅へ、矢田寺&松尾寺を巡るハイキングに行ってきました^^。

昨日の参加者は12名(男性10名、女性2名)。
紫陽花の花が見れるのかなぁ?ということと、
久しぶりの参加なので、緩いコースだから大丈夫かな?という
軟弱な理由で参加を決めた私^^;

距離的には、14kmくらいあったのかなぁ?
人の万歩計情報では、24000歩くらい歩いたのだと言ってました。

休憩しつつ、楽しく談笑しつつ、さほどアップダウンのない、
木陰になって、さわやかな風に吹かれながら、鶯の声に癒されつつ
歩いた。
結構いい時間~でした^^。

写真は、みんなで撮った集合写真と、眺めのいいところでの数枚の写真と、
あとは、全部、矢田寺での紫陽花の写真ばかり(^^ゞ

土曜日ということもあり、矢田寺は、人・人・人だらけ^^;
それでも、せっかく来たのだからと、20分間、自由に見ましょう~
ということでフリーな時間。
でも、20分じゃとても見切れないくらいの広さと、混雑ぶり^^;;
できれば、もう少しゆっくり見たかったけれど、
でも、その後歩くことを考えると、そうゆっくりもできないし^^;

とりあえず、写真4枚、載せてみます








紫陽花の花って、とても好き

歩きながら、映画「劔岳」の話をしていたら、
参加された人のうち、4人は、以前、一緒に劔岳に登りに行ったことが
あるらしく、その時のエピソードなんぞを、あれこれ話してくださったりした。

劔岳は、私には一生無理って思ってたんだけれど、
その人たちの話を聞いていると、“私でも大丈夫かも”という気に、
だんだんなってきて、諦めちゃうのは、先にとっとこう~
と思った、昨日だったのでした

もしも私が男だったら、気軽に、
「じゃぁ、この夏、連れて行ってくださいよ~~~」なんてお願いできる
のになぁ・・・・って思うと、ちょっと女であることが、うらめしかった^^;
だって・・・お願いされる人も、迷惑だろうし^^;

でも、諦めないぞぅ~~~いつか行くんだいということで(^^ゞ



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加