はじめてのマンドリン

ある日突然、マンドリンの音色に恋をした。
初めて手にした時から、ささかやかな感動を綴っています。

本「きことわ」

2011-09-30 15:48:02 | 本・映画・ドラマ
朝吹真理子さんの「きことわ」を読みました。

芥川賞受賞作だから、読んでみようと思った…というきっかけで。

『永遠子は夢をみる。貴子は夢をみない。
葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。
ある夏、突然断ち切られたふたりの親密な時間が、
25年後、別荘の解体を前にして、ふたたび流れはじめる―。第144回芥川賞受賞。』

ん~、感想を実に書きにくい…もやもやとした感覚が残る本。
芥川賞受賞作は、過去にもいろいろ読んでいるけれど、やっぱり、私には、
芥川賞というものが、よく理解できない^^;

流れるような表現で、淡々と情景をつづっているという印象なのだけれど、
私が、普段聞かないような言葉や、表現が多様されていた。
(例えば、“貴子が春子に妊娠されていたとき”とか、“鬱林”など、
意味はわかるんだけど、こんな表現、聞いたことないな…みたいな表現が
とても多かった。)

それに、やたら、難しい漢字、熟語はたくさん見かけるのに、
(例えば、“蕭蕭”とか)
反対に、“ちいさい”“ひと”“むかし”“てきとう”“ほんとう”など、
簡単な漢字は、あえてひらがなで書かれている。

この漢字とひらがなの使い分けは、どういう意図をもって書かれているのかしら?
なんてことに気をとられつつ(気になったのだ)読んでしまった^^;

現在と、過去の記憶、それと、妄想、夢の世界。そういうものが、ぐっちゃに描かれて
いるので、時々、これは、想像の世界?過去の記憶?それとも、いま?と、
わからなくなることがあった。

小説なのだから、言いたいことなどなくてもいいのかもしれない。
でも、何か言いたいとしたら、何を言いたいのかな?ってのは、すぐに読み取ろうと
してしまうクセが、私にはあるので、考えてしまった。


記憶とは、あいまいで、改ざんされるもの。

最も印象に残ったのは、このことかな。

遠い昔、一緒に過ごした人のうち、再会できるとすれば誰に会いたいだろう??
なんて、懐かしく、昔に思いを馳せてしまった(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンサートのお知らせ

2011-09-30 14:06:23 | マンドリン
もっと早くに書こうと思っていたのに、気づけば、前日になっている^^;。

明日(1日)のPM2:00~3:00(くらい)、
福山市のイトーヨーカドーと天満屋の間のテラスみたいなスペースで、
コンサートを行います。

たぶん、看護フェスタ(だと思うんだけど)という、骨密度や血管年齢、体組成などを
測定してくださる催しの一部…なのだろうと、私は思っているのだけれど、
詳しいところは、実は知らない^^;

なので、お近くの方、お買いものついでに、健康チェックなどしながら聞いてくださるもよし、
曲当てクイズなどもあるので、景品をゲットしていただくもよしなので、
聞きに来てくださると嬉しいです^^。

演奏予定の曲は、今のところ…

・オリーブの首飾り
・トップ・オブ・ザワールド   
・宇宙戦艦ヤマト
・手のひらを太陽に
・見上げてごらん夜の星を
・翼をください
・上を向いて歩こう

と、曲当てクイズ5曲くらいの予定です^^。

明日は、朝から、お隣の、リーデンローズってところで、練習し、
午後、たぶん、イトーヨーカドーで何か軽く食べてから、セッティングをし、
コンサート。その後、撤収~。

私は、時間が許せば、血管年齢などの測定をしてもらい(^^ゞ帰るつもり。

長い1日になりそうだ(^^)

でも、お天気になりそうで、よかった(^-^)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おひおひ^^;レジのおねーさん

2011-09-28 17:59:14 | 日々あれこれ
財布の中に、小銭が増えるのは、好きじゃない。
なので、できる限り、小銭が増えないように、レジで支払うよう、心がけている(^^ゞ

先日、買い物した際の、支払う金額は、1,557円だった。
1000円札も、500円玉も、5円玉もなかったので、10,062円払った。

レジのおねーさんは、何か思い込みでもされていたのか?金額を読み誤り、10,067円と
レジに入力してしまった^^;
で、たくさんおつりをもらうのは申し訳ないので、
「あのーーー、金額間違ってますけど」と言うと、クレームを言ったわけでもないのに、
焦られたのだろう。。。
正しい金額を把握したあと、電卓で計算し、正しくおつりはくれたものの、

「レシート、書き直していいですか?」と言うので、
「いいですよ」っていうと、
金額を書き込んで、修正印を押して、手渡してくれた。

それを見て、払った金額のところが、1,062円になってた(~~;

ま、おつり、ちゃんともらったからいいや…と思いつつも、
研修中という名札をつけているわけでもない、レジのおねーさん…、

おひおひ、大丈夫かよと、突っ込みを入れたくなってしまったのだった。

私って、そんなに怖そうなオーラ、出てないと思うんだけどなぁ(~~;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーモニカのコンサート

2011-09-27 16:59:09 | 日々あれこれ
いつもは、夕方にしか行かない図書館へ、珍しく昼間出かけた。

そしたら、駐車場に車を停められないくらい満車で、しかも、空き待ちをしている車がたくさんいる。
で、“なにこれ?????何事??”と思いつつ、仕方がないので、近くのスーパーへ車を置かせてもらい、
てくてく歩いて図書館へ。

で、本を返して、目的の本を借りたところへ、館内放送が。

『ただいまより、ハーモニカとギターのコンサートを行いますので、サロンまでおこしください』と。

で、へぇ~ハーモニカのコンサートなんて聞いたことがないから、ちょっくら聞いて帰ろう~♪と
行ってみると、すでに満席。

で、あぁ~これで、満車だったのね、と、納得してしまった(^^ゞ

サロンコンサートは、月1回開催されているようで、すでに131回目なのだそうだ。
すごいなぁ・・・と、感心。

聞きにきていらっしゃる人は、高齢の方が多かったけれど、きっと、お近くにお住いの方は、
この日を楽しみにされているんだろうな。なんて、思いつつ、演奏を聞かせていただきました。

プログラムは、こんな感じ。

1.北の国から(ハーモニカデュオ)
2.ムーンリバー(ハーモニカソロ)
3.ここに幸あり(ハーモニカソロ)
4.ひまわり(てっぱんのテーマ)(ハーモニカと、ギター)
5.ラグリマ(ギターソロ)
6.ラ・クンパルシータ(ハーモニカソロ)

ハーモニカソロって…主旋律になるメロディと、ところどころ、伴奏も入り、
音が重なるのだけれど、ハーモニカって、弦をはじくのと違い、音の余韻なんて
ないはずだから、吹き(または吸い)続けなくちゃ音が途切れるはずだから、
2つの違う音を、1つの口で出すなんて、どうやって出すんだろう???

というのは、しげしげ見ていたのだけれど、最後まで謎だった^^;

しかし、ハーモニカを2段重ねにして、自在に音を出すのを見ていると、
息苦しくないのかな??とか、見ている私が、息があがっちゃいそうな
気がするくらいだった(苦笑)

…いや、演奏されている人は、そんな気配もなく、優雅に演奏されていたのだけれど。

ハーモニカって、小学生のころ、授業で習った記憶くらいしかないのだけれど、
結構いいもんだなぁ~なんて、思っちゃった(^-^)

思いがけず、演奏を聞くことができて、すんごく得した気分♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウォシュレット壊れる(涙)

2011-09-26 13:56:10 | 日々あれこれ
くた~っと過ごしたいなぁと思っている日に限って、そうできない出来事は起こるものだ^^;

朝、相方さんが、
「ウォシュレット水出ないよ」と言うではないか^^;

で、慌てて、取説を見ると、
1.ノズル掃除
2.フィルター掃除

と書いてある。
ノズルを掃除しても、変化なし。空気は出ているが、水は出ない^^;

フィルター掃除をするには、なんだろう?ペンチみたいなものが要るようだ^^;
あいにく、そういうものはないので、ホームセンターに買いに行って、
うわ~水が漏れる…とかいいつつ、フィルターを外す。

予想通り…というか、もともと水しか通ってないんだから、フィルターが詰まる
わけないじゃん…と思ってたとおり、なんともなく、
状況は変わらないので、お家屋さんに電話すると、明日、修理に来るらしい。
「で、場合によっては、丸ごと新品交換させていただきますので」だって。。

こんなことなら、朝から、どたばた、慣れない作業せずに、電話しておけば
よかったかも^^;なんて思ってしまった^^;

まぁ、修理に来てもらって、フィルター掃除したら直った…なんてことになると、
申し訳ないもんね(汗)

ということで、朝から、何もしていないのに、疲れ切ってしまった今日なのであった^^;

まだ、なおったわけじゃないから、気分すっきりってわけにはいかないけれど、
とりあえずは、丸投げしちゃったので、あとはなんとかなるのでしょう~^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気温の変化

2011-09-26 13:14:06 | 日々あれこれ
気温の変化が激しいと、身体が、それについていけない感があって、
やや、グロッキー気味になる^^;

今回、3連休を、三重の山の中で過ごし、
最低気温12℃くらい…で、ホットカーペットまでつけるというありさまで(9月だというのに)、
ファンヒータは、かろうじて思いとどまったものの(苦笑)、冬布団に包まって、
眠った。

昨日、15時30分、三重の家を出発する時の気温 21℃。
大阪を通過する17時~17時30分頃の気温、26℃。

…やっぱり、大阪は暑いね…なんて思いつつ、通過した。

岡山の家に着いた20時00分くらいの気温、20℃。
部屋の気温26℃(~~;

荷物を運び入れて、汗だくになって、半袖短パンに履き替えて、
夜は、相変わらず、タオルケット1枚で就寝。。

外気温も違うけれど、部屋の保温性みたいなものが、全然違うんだろうな~
と、改めて驚いた。

1日前は、フリース着て過ごしたのに、今日は、半袖短パンなんて、
なんだか、笑える^^;

いや、身体は、かなりびっくりしているようで、くた~っと過ごしたい気分の今日^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うどんdeキッシュ?

2011-09-24 16:20:30 | 日々あれこれ
お鍋を食べる際の〆として、うどんをよく食べるのだけれど、
いつも、冷凍うどん(カトキチの)が定番になっている。

が、三重に滞在する期間はわずかに3日なので、5つ入りのものを
買っても、食べきれないしなぁということで、生めんのものを買ってみた。

いつもは、粉っぽさが嫌いで買わないのだけれど、“もちもちおいしい”という
フレーズにつられ。3個入りのものを。

で、、、食べてみたけれど、相方さんが一口食べて、“まずっ、ハズレ~”
というので、食べる気力が減退しつつも、せっかく買ったんだしと、食べた。

あと、2つ残ってるけど、どうする??普通にうどんにして、お昼に食べる?
と聞くと、「嫌」と、拒否するではないか(~~;

え゛~捨てるってのは、私的には、嫌なんだけど。
って言うと、
「じゃ、何か作ってよ」と言われ^^;

そういや、だいぶ前に、TVで、安いうどんで作るピザみたいなやつ、
作り方を紹介してたなぁ。。。
うどんを細かく刻んで、卵混ぜて、お好み焼きみたいに焼いて・・・
何かトッピングして食べてたっけ・・・と、あいまいな記憶をたどって
検索してみたら、発見したよ(^-^;

こんなレシピ。

うどんdeキッシュ 1人分42円
材料(4人分):ゆでうどん2玉 ミートソース缶50g
ピザ用チーズ20g 卵1個 サラダ油大2
ドライパセリ適量 塩・こしょう少量
<作り方>
1.ゆでうどんを細かく刻む
2.フライパンで炒め 水分を飛ばす
3.うどんを溶き卵と絡める
4.押し固めながら10分間焼く
5.ミートソースとチーズをのせる
6.3分間蒸し焼きにする


4人分と書いてあるけど、2人で完食^^;
うどんの粉っぽさは、焼いたことによる、おこげのカリカリで感じなくなり、
なんとも不思議な味わいだったけど、まぁまぁ、おいしくいただけた(^-^)

7月にTVで放送されたんだそうな。

曖昧かつ断片的な記憶でも、調べることができるのって、すごいなぁなんて
思ってしまった。

でもやっぱし、うどんは冷凍のが、もちもちしてて、好きだな(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「ラストシネマ」

2011-09-23 20:15:48 | 本・映画・ドラマ
辻内智貴さんの「ラストシネマ」を読みました。

アマゾンに書かれていた内容紹介によると、

『この世の生を終えるとき、人はその向こう側へ何を持っていくのだろうか。
昭和40年代のH市、にほど近い田舎町。少年は東京で映画の仕事をしていた雄さんという男性に出会う。雄さんはがんに全身を冒され、町の病院に入院していた。見舞いに行く少年に、雄さんは東京の話や、映画の話を聞かせてくれる。
ふとした会話から少年は雄さんがかつて映画に出演し、台詞のある役をもらっていたことを知る。
雄さんが死ぬ前にどうしてもその映画を見せたい。
題名も知らないその映画を、少年は探そうと決心した――。 』

登場人物は、とても少なく、シンプルなストーリーである。
でも、いつも飲んだくれて仕事もしていなかったようなお父さんが、
時々、吐く言葉が、なんとも、重みがあって素敵なことをいうのだ。
若干9歳くらいの少年には、理解の枠を超えているようなことまで。

そんなお父さんに育てられたからこそ、少年は素敵な大人に成長したんじゃ
ないかと思えるほどに、お父さんは素敵だった。

雄さんは、35歳にして、日に日に死に向かっている。
それを、毎日傍に居て、感じている少年は、どうしても、雄さんの、おそらく、
人生の中で最も輝いてた(気持ち的にも)その瞬間を思い出させてあげたくて、
必死に行動する。
その思いが雄さんに届いた瞬間・・・私は涙が止まらなくなった。
と、思い出して感想を書いているだけで、思い出して、また涙が出てきてしまうほどだ。

私は、人生を終えるとき、何を胸に、逝くのだろうか?


もう1つ、「中村正太郎さんのこと」という、ちょっとほっこりできる、
ささやかな幸せを書いたものが、併録されていた。
蓑虫は、毛糸しかない環境に入れられると、毛糸で蓑をつくる。
新聞紙しかないと、それで蓑をつくる。
・・・人の環境をうらやむより、自分の環境で幸せを紡いでいくことが大切
なんだよ~ってことなのだろうけど、なんとなく、ほっこりした。

辻内さんの本は、久々に読んだけど、やっぱり、素敵(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

着物の虫干し

2011-09-23 19:53:57 | 日々あれこれ
着物の虫干しには、もう少し秋が深まった頃の方がいいのかもしれない。

などと思いつつも、三重に居るとき、いつも天気がいいとは限らないし、
明日あたり、快晴だったら、虫干ししてみるか~なんて、今日、せっせと掃除
しながら思っていた。

しかし、置き場がないからといって、三重に置き去りにされている着物たち。
まぁ、三重に住んでいた時も、手を通す機会など、ほとんどなく、数回、
付け下げを人の結婚式で着、結婚後の親類への挨拶の際に(相方さんの実家は
そういうところなのだ)色無地を着た程度である。
しかも、私が、一番気に入っている、小紋は、一度も着る機会がないままである。

だいたい・・・着物を自分ひとりで着ることさえできないのだから、必要ないと、
思ったものの、嫁ぐときに、母が買ってあげると言って引かないものだから、
結婚とはそういうものか?と思い、買ってもらったのだった。

後に妹は、「着物なんて要らない。そんなの買ってくれるくらいなら、車買って」
と言ったらしい^^;

ま、それはさておき、せめて、きれいに保存しておこうと、せっせと虫干しなど
お手入れを怠らない私であるが、そんなことより、もっと、身近において、
着る機会を増やしてみるというのも、もしかしたら、結構、気持ちにいい変化を与えて
くれて、いいものかもしれない^^。
その方が、着物も、母も、喜んでくれそうだし(^-^)
な~んて思っている。

でもなぁ・・・着物着ると、帯のあたり、汗かくし、1度着て、クリーニングに出して
1万円とかかかってたんじゃ~、あまりに大変だし(~~;
自分で洗えますってタイプなら、気にせず着れるのかもしれないけれど、
クリーニング代の高さは、かなり抵抗感あるなぁ。。。と、頭を悩ませてしまう。

もう少し、気軽に着物を楽しめる方法・・・ないものか。
ちょっと、お得意の、ちまちま検索をしてみよう(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あまりの寒さに冬布団^^;

2011-09-23 16:25:39 | 日々あれこれ
昨夜、相方さんの帰宅を待って、22時過ぎ、三重に向けて出発~した。
出るとき、既に、岡山の住まいあたりでも、半そででは寒い~って感じだったので、
上着をひっかけ、とりあえず出発した。

途中、中間地点あたりの三木SAでトイレ休憩し、
“川澄選手もお気に入りの黒糖ドーナツ棒”という看板に心惹かれて買おうと
したけれど、お店は既に閉まっていて、残念~(戻るときに買おうと思っている)。

三木SAでは、気温15℃か14℃くらい。
かすかに、吐く息が白い(~~;

「うわ~、家のあたりは、もっと寒かったら、どうする~~?」

などといいつつ、快適にドライブ。
深夜ということもあり、空いていたのだけれど、ちょっぴりうとうとして、ふと
目が覚めると、相方さんは、白線を踏むわ、追い越す際に、隣の車に迫って行くわで、

ぎょぇ~~っと一気に目が覚めてしまった^^;
普段、どんなにきつくても、運転すれば、しゃきっとしていた相方さんだから、
割と安心感があったんだけど

「ね、ね、ねむいの??」
「いや、大丈夫」
「ほんとに?かわろうか?眠いんじゃないの???」と
しつこく聞いても、否定するのみで、運転を変わろうとしない。

で、着いた後に、「やっぱし眠かったんじゃないの??」「いいや」「じゃ~、あれはなに??今まであんなこと、なかったじゃん」と、
しつこく確認すると、白線が見えにくかったんだ。まぶしくて・・・なんていうではないか。

メガネの度数が合わなくなっているのか?たんに、疲れ目だったのか?
眠いから、そうなったのか?お年に関係するものなのか?
わかんないけど、安心して、助手席に座れないじゃないか~と、やや不安。。

それはさておき、いつも、夜中に着くと、24時間営業のスーパーにお買い物に行き、
ビールだのおつまみだの、あれこれ買って、帰宅するのだけれど、
そのスーパーが、冷蔵庫の中のように
これまた寒くて(~~;
う~凍る~~~といいつつも、ビールだけはしっかり買って、家にたどり着いたら、
2時半くらいだっただろうか。(あいまい)

で、ささっと、荷物を片付け、とりあえず、周囲をきれいにし、
「掃除機は明日でいいか~?」と、後回しにし、ビールで疲れを癒し、爆睡へ。。

でも、あまりの寒さに、冬布団を引っ張り出した。
私は、長袖、長ズボンの、寝る服を持ってきていたけれど、
相方さんは、半そで、半ズボンの格好だったので、それは、あんまりじゃない?
と言うと、フリースのズボンを引っ張り出して履いていた。

それも、あんまりじゃない?というと、「これしか見えなかったんだ」だって
ま、寒いから、ちょうどいいかもねと、いうことで。

しかし、ついこの間まで、夏みたいだったのに、この寒さは、どうしたんだろう?

「よかったね、ホットカーペット出しておいて」というと、
「夏中、なおしてないくせに」と、突っ込みを入れられ
だってね~、暑いのは、我慢できるけど、寒いのは、死にそうなんだもん^^;
と、言い訳をしておいた(苦笑)

で、今日は、掃除三昧。
筋肉痛になりそうだ(~~;

豪邸なわけはないけれど、掃除すべきところは山のようにあって
部屋を閉め切っていると・・・誰もいないのに、汚れるのに、驚く。
湿気が、重みで下のほうに溜まるのだろう、テーブルや椅子、ドアなどの、
床に近い部分に、カビっぽいものが付着していたりで、
部屋が、妙に、埃&カビっぽくて、目がかゆかゆ状態になってしまったから、
いろんなもの(食器棚とか、テレビとか)を、横にどけて、せっせと、
お掃除に励んでしまった^^。

少しは、すっきりしたかな^^。

今回の目的の1つ、相方さんの車を車検に出すってのは、たぶん、既に
達成しているはずなので、
明日、もう1つの目的を達成すると、ミッションコンプリートとなる(^^)

とはいえ、2週間後、今度は、自分の車の車検で再び、来なくちゃ~
いけないんだけど

次車買うときは、半年くらいずらして買おうね・・・なんて、話し合った
昨夜だったのでした~^^;

今の車、私の方が、相方さんのよりも、2年早く買っているので、当然(?)
私のほうが、先に買い替えか?と思っていたのだけれど、
相方さんは、ちゃっかり、既に、車の見積もりを、あれこれ取っているらしい^^;
なんてことも判明したので、たまには、話し合いも必要なのかも(苦笑)

しかし、、、前の車を買ったときは、何の予告もなく、帰ってきたと思ったら、
「車買ったから」と、事後報告だったので、すんごく驚いたんだっけ。
なんてことまで思い出してしまった^^;

夕方になり、涼しくなってくると、お鍋が恋しくなる(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加