はじめてのマンドリン

ある日突然、マンドリンの音色に恋をした。
初めて手にした時から、ささかやかな感動を綴っています。

本「人魚の眠る家」

2017-08-07 19:12:25 | 本・映画・ドラマ
東野圭吾さんの本「人魚の眠る家」を読みました。
感想など綴ってみたいと思います。


アマゾンの本紹介によると、

『娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。
娘がプールで溺れた―。病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。
過酷な運命に苦悩する母親。
その愛と狂気は成就するのか―。』

ある日突然、6歳(だったかな?)の娘が、脳死状態にあると思われますと、
宣告を受ける。
その衝撃たるや、、、、想像できない。

そして、臓器移植の意向を聞かれ、意向があれば、脳死判定を行うと、説明を受ける。
意向がなければ、脳死判定は行わない。
そして、心臓死が訪れるのを、待つ。。。
ということになるらしい。

突然の出来事が、まだ信じられず、受け入れられない状態で、そんな話を聞かされる
気持ちを思うと、なんだか、やりきれない。。

プロローグで登場した男の子が、このお話にどう絡んでくるのだろう?と、
ずっと頭の隅で着になりつつ読んでいたのだけれど、エピローグでそれが明らかとなる。


娘の母親の、、狂気とも思える、娘への愛情は、、きっと、娘の死を受け入れるために
必要な時間だったのだろう、、、と思う。

脳死、臓器移植、、、などなど、、難しく、重いテーマについて、考えさせられる物語。


まだ生きているようにしか見えない娘の臓器を、会ったこともない人のために、
どうしてあげなくちゃいけないの?

というのは、きっと、、正直な気持ちなのだろうと思う。

臓器移植しか生きる道はない、、人の家族にとってみれば、臓器移植は受けたい。
でも、受けるということは、どこかで、誰かが亡くなっているということだから、
決してそれを望んではいけないと思っています。。という、、言葉も、心にずっしりきた。

脳死とか臓器移植、、頭では理解できても、感情としては、、なかなか、、理解できないこと
(理解したくないこと)が多い、、難しい問題なのだろうな、、と、思いました。

重いテーマでしたが、東野さんの作家デビュー30周年記念の本、
ずっしりと心に受け止めつつ読ませていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「ツバキ文具店」

2017-07-02 13:42:28 | 本・映画・ドラマ
小川糸さんの『ツバキ文具店』を読みました。
感想など綴ってみたいと思います。


アマゾンから引用させていただきますと…

『 
言いたかった ありがとう。言えなかった ごめんなさい。
伝えられなかった大切な人ヘの想い。あなたに代わって、お届けします。

家族、親友、恋人⋯⋯。
大切に想ってっているからこそ、伝わらない、伝えられなかった想いがある。
鎌倉の山のふもとにある、
小さな古い文房具屋さん「ツバキ文具店」。
店先では、主人の鳩子が、手紙の代書を請け負います。
和食屋のお品書きから、祝儀袋の名前書き、
離婚の報告、絶縁状、借金のお断りの手紙まで。
文字に関すること、なんでも承り〼。       』

先日、放送を終えたドラマのイメージが残っているので、読みながら、
登場人物の女優さんたちの映像が、頭の中で蘇ってきました。

ドラマと同じところもあったけど、少しずつ、、原作とドラマは違っていて、
どういう意図があって、ドラマ版では、原作を忠実に再現していないんだろう?
なんてことを、頭の隅で考えつつ読んでいました。

鳩子さんの雰囲気は、ドラマも小説も同じ感じだったので、さほど違和感は
感じなかったけれど。

私自身・・・
言いたい「ありがとう」は、比較的、、伝えられている…と思う。(たぶん)
けれど、言えなかった「ごめんなさい」は、実のところ、1つ、、いまだに言えずに、
心の中に、、もやもやと残っている(苦笑)
中学生の頃の私の、母への言えなかった「ごめんなさい」である。
言えばいいじゃないか、、とも思うのだけれど、なんだか、、今さら、、な
感じがして言えない。

この本を読んで、思った。
手紙を書こう。
そして、母が亡くなった時に、棺に入れて、ごめんなさいって言おう。
と、心に決めてしまった。

そういえば、母とは、大学生の頃、よく手紙で話していた。
卒業してからも、結婚してからも、頻度は減ったけれど、電話よりは手紙で
お話しているかもしれない。

今も、電話は苦手。
だから、大抵のことはメールで済ませ、メールじゃちょっとね、、と思う時は、
手紙を書くようにしている今の私。

そんな私だから、「ツバキ文具店」の物語が、気持ちにしっくりと、、入ってきた
のかもしれないけれど。

以前から、時々訊かれる
「どうして、ブログ書くの?」ということに、うまく答えられなかった私だけれど、
もしかしたら、伝えたいけど、上手に伝えられない、「ありがとう」や「ごめんなさい」を
伝えたいと思っているのかな?
なんて、ちらっと思ったりして。

あと、、相方さんは、私がブログを書いているのは知ってるけれど、
どこにそれがあって、何を書いているのか?というのは全く知らないんです。
もし、私が、相方さんよりも先に逝くことがあったら、
私が、日々何を考え、何を楽しみに思い、暮らしてたんだよ~ってことを、
相方さんへの感謝の気持ちを、いつかは知ってもらえるように、
ここに残しておきたいからなのかなぁ…なんて思っています(^^ゞ

おっと、感想を書くつもりが、重たくなっちゃった^^;失礼。

本の中には、こんな地図が載っていました^^

物語の中に登場した場所、お店などなど記載されています。
ツバキ文具店自体が、物語上の存在なので、カフェなども架空の存在
なのだろうと思っていたら、ガイドブックに載っているお店もちらほら~
なので、おっ、これは、現実の世界の地図なのかしら?と冒険心がムクムク(笑)
コピーして、鎌倉のガイド本にぺたっと貼り付けました^^

鎌倉散策の友が、1つ増えました^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「アンマーとぼくら」

2017-06-12 18:58:15 | 本・映画・ドラマ
有川浩さんの『アンマーとぼくら』を読みました。
感想など綴ってみたいと思います。

アマゾンの本紹介から引用させていただくと…

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。
一人目の、実の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。
観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。
かりゆし58の名曲「アンマ―」に着想を得た、書き下ろし感動長編。

リョウは、沖縄に着いた時から、自分が何の仕事をしているのか?彼女がいるのか?
とか、自分のことに関する記憶が、もやもやしていて、何もわからなくなっていた~って
ところから、3日間の沖縄旅行は、謎めいていた。
父が再婚した、おかあさんとの、、、関係を再生する物語かと思ったのだけれど、
お父さん、元のお母さん、新しいおかあさん(アンマー) との関係について、
たくさん考えさせられる、心温まる物語でした。

リョウは、ホントは、亡くなっていて、天国へ行く前に、おかあさんに会いにきたのかな?
なぁんて思いつつ読んでたんだけど、全然違ってた(笑)

沖縄って、人との関係だけでなく、いろんなことに温かい土地なんだろうなぁと思え、
行ってみたくなる物語^^。

もし、私が、死んだら、棺には、何を入れてほしいかしら~?
相方さんなら、何を入れてほしいと思うかしら~?

なんて、考えちゃいました(^^ゞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「本日は、お日柄もよく」

2017-05-31 00:15:30 | 本・映画・ドラマ
原田マハさんの本「本日は、お日柄もよく」を読みました。
感想など綴ってみたいと思います。

アマゾンの本紹介によると、
『OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。
ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。
それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。
空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。
久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!
目頭が熱くなるお仕事小説。』

ただなんとなく、与えられた仕事をしていたOLさんが、ちょっとやる気になったからといって、
そんなに、とんとん拍子に、政界の中心を牛耳るようなお仕事ができるようになるわけ
ないじゃないの~と、ちょっと冷めた目で見てしまうワタシも、、少しは居たのだけれど、
それを、脇に追いやりさえすれば、とてもおもしろい&感動ストーリーでした。

ま、やる気になっていなかっただけで、素養はたっぷりあったってことなのでしょうけど^^。

と、ちゃちゃを入れるのは、それくらいにしておいて、
スピーチライターという聞き慣れない職業・・・だけれど、言葉の魔法とでもいうべき、
聞いている人の心をわしづかみにしてしまうような、スピーチの極意みたいなものが、
たくさんちりばめられていて、興味深く、また、そのスピーチ内容に、感動して涙する、、
ことの多かった物語でした。

登場人物が、みんな、いきいきと魅力的な人ばかりだったので、
ドラマ化とか、映画化とか、してほしい~~~~って思ったら、
既に、ドラマ化されていたようでした(この夏にはDVDも出るって)。

私も、頑張れば、なんだってできるかもしれない^^
なぁんて思わせてくれる、元気になれる物語・・・だと思います^^

ドラマも、見てみたいなぁ~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツバキ文具店

2017-05-22 14:38:11 | 本・映画・ドラマ
金曜22時から、NHKで放送中の、ドラマ『ツバキ文具店』にハマっている(^^ゞ

ドラマが始まる少し前(1~2か月前?)に、小川糸さんの本「ツバキ文具店」を読みたいなぁ、
と思って、図書館に予約した。
その順番が来る前に、ドラマが始まると知り、見始めたのだった。

私は、本来、本を読んでから、映像を見る…というのが好きなのだけれど。

NHKのサイトから、勝手に拝借した画像・・・(まずいかしら?)

主人公のポッポちゃんを演じているのが、多部未華子さんという、好きな女優さんだったのも、
なんだか嬉しかった。

ドラマの舞台は鎌倉で、
何気ない日常と、お隣さんとの心地よい関係、近くの居心地のよさそうなカフェ、
ちゃんと生活していけているのか?と何気なく気にかけてくれる、先代の友人たち、
などなど、心温まる関係が描かれている。

ポッポっちゃんは、代書屋さんを営んでいるのだけれど、
書くにあたっての、人との関わり方が、なんともいい距離感なのも素敵だなぁと思ったり、
日頃言葉にできないことを、手紙にしたためて送るというのも、心が込められている
感じがして、心の奥の方が温かくなったりしながら、つい、、涙してしまう。

亡くなった父から、認知症の母への手紙を、書いてみたり、、というのにも驚いた。

ポッポちゃんは、最終回までに、、子供の頃、自分を捨てて家を出て行ったお母さんに、
手紙を書いたり、、できるのかしら?、その前に、亡くなったおばあちゃんに、、、かな。

ドラマ放送中に、原作本を読めるかな?と期待していたのだけれど、
残念ながら、まだ、、、順番は回ってこない感じなので、今は、純粋にドラマを楽しもうと思う。

鎌倉へは、何度か訪れたことがあるけれど、ドラマの影響を受けて、また行きたくなってしまった。
来月、相方さんのところへ行った際に、鎌倉のあじさい巡りは、楽しみたいなぁと、検討中だったのだけれど、
「とても人が多い」と、友達が教えてくれたりもするので、
ドラマで知った「七福神めぐり」なんてのも素敵~と、心が揺れている(笑)

私、恥ずかしながら、美しい字が書けないのだけれど、
久しぶりに、両親へ、、とか、友人に、、とか、手紙を書いてみようかなぁなんていう気持ちになっています。
もともと、手紙書くのは、中学生の頃から、大好きだったので^^
そんなことを、懐かしく思い出しながら。

ちょっと字の練習もした方がいいかなぁ…なんて思いつつ(^^ゞ

原作本を読むのも、もちろん楽しみです^^
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

本「ハリー・ポッターと呪いの子」

2017-04-19 10:32:51 | 本・映画・ドラマ
ハリー・ポッターシリーズの8作目になる「ハリー・ポッターと呪いの子」を読みました。
感想など綴ってみたいと思います。


アマゾンから引用させていただくと…

『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが
2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。
ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、
その後のハリーも決して楽ではありません。
今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、
魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。
ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、
次男のアルバスは、望んでもいない “ハリー 一家の伝説" という重圧と戦わなければなりません。
過去と現在は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。
闇はときとして思いがけないところから現れるのです。


私は、ハリー・ポッターシリーズのその後の物語、、としか認識していなかったので、
読み始めて驚いたのは、脚本形式だったこと(苦笑)
大丈夫(楽しめる)かしら?と少々不安に思いつつ読み始めました。
脚本形式だからなのか?翻訳がおかしいのか?シーンが変わりすぎるからなのか?
前半は、時々話し言葉に違和感を感じることが時々あって、
なかなか物語に入り込むことができませんでしたが、
後半は、映像が目に浮かびそうで、おもしろかったです。

ハリーの長男くんは、ハリーの父親の名前をもらって、ジェームズ・ポッター
次男くんは、ダンブルドアと、スネイプ先生の名前をもらって、アルバス・セルブス・ポッター。
その次男くんが、ハリーと、、気持ちを通じ合わせることができず、ぎくしゃくしていたのですが、
いろんな困難を乗り越えて・・・というお話。

ドラコが、とてもいい人になっていて、その子供と、アルバスが、親友というのも、
嬉しかった。

舞台で表現するのはとても難しそう。
そのうち映画化されるのかな・・・だとしたら、とても楽しみです^^。

でも、タイトルには、ちょっと違和感があるなぁ^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「スクラップ・アンド・ビルド」

2017-03-10 17:09:45 | 本・映画・ドラマ
羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」を読みました。
感想など、綴ってみたいと思います。


「早う死にたか」…と 毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、
一緒に暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。。
食べた後、自分の食器は自分で流しへ持って行く。
洗濯ものは、自分でたたむ…など、生活の中で、役割を決めて祖父にもやってもらっていたが、
優しく接してあげて、「いいよいいよ、僕がやってあげる」と、役割を取り上げていけば、
祖父の願いを、早くかなえてあげられるのではないか?と。。。

健斗は、再就職活動をしている27歳くらいの男性。
父はなく、母が、家計を支えている。そんな3人家族の、『介護』を含む日常について描かれた物語。

介護のことを書いているのだけれど、決して暗い感じではなく、淡々と、ごく当たり前のこと
として描かれている感じがした。

健斗は仕事をしていないので、おじいちゃんと接する時間が長くて、
健斗が介護をしてあげているのか、
おじいちゃんが、介護されてあげているのか、
どっちなのかがわからなくなるような、、、ほほえましさも感じられるようなお話でした。

私は、世代的に、これから、介護にかかわる可能性が大きな世代なので、
介護について、あれこれ、感じることは多かったです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

本「暗幕のゲルニカ」

2017-03-10 11:55:48 | 本・映画・ドラマ
原田マハさんの本「暗幕のゲルニカ」を読みました。感想など綴ってみたいと思います。

確か、今年の本屋大賞ノミネート作品、、ということで、読もうと思ったのだった。

アマゾンの本紹介から引用させていただくと…

『一枚の絵が、戦争を止める。私は信じる、絵画の力を。手に汗握るアートサスペンス!
反戦のシンボルにして2 0世紀を代表する絵画、ピカソの〈ゲルニカ〉。
国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、
2003年のある日、突然姿を消した―― 誰が〈ゲルニカ〉を隠したのか?』

9.11のアメリカ同時多発テロがあった時代と、ゲルニカが空爆され、ピカソがゲルニカを描き、
その後第二次世界大戦が起こる時代と、2つの時代が、交互に描かれていて、展開をわくわく
しながら読んだ。

私、ピカソの絵は、何度か見たことがあるものの、その良さについて、理解できなくて、
今まであまり興味を持ってこなかった。

でも、この本を通じて、ピカソにとても興味を持ったので、機会があれば、もう1度ちゃんと
絵を見てみたい…と思って、調べてみました。

そしたら、今年(2017年)がゲルニカ誕生80周年であることを知り、そういうタイミングでの
出版だったのね~と。
そして、
『スペインの巨匠ピカソの代表作「ゲルニカ」を所蔵するマドリードのソフィア王妃芸術センターは
「世界中の30を超える施設からピカソの作品を集め展覧会を開く」と発表した。』
というニュースを発見し、う~~~ん、見てみたい。。でも、マドリッドは、、遠すぎるぅ(~~;

じゃぁ、国内は?と思ったら、
箱根のポーラ美術館で、ピカソとシャガール展が開催され、4月22日には、
ゲルニカ80年スペシャルトークイベントとして、原田マハさんが、
ゲルニカのタペストリーの前で、お話されるとか!

う~ん、、、行ってみたい。。でも、4月22日は、三重に居る期間中だし^^;;
なんて、急に、ピカソの絵画を見たい気持ち高まり中なのでした(苦笑)

ま、でも、見に行くなら、もう少し、お勉強してから、、の方が理解できるのかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「火花」

2017-03-04 00:03:56 | 本・映画・ドラマ
又吉直樹さんの「火花」を読みました。感想など綴ってみたいと思います。

私、芥川賞の作品は、、、苦手系なのが多いので、これはどうかなぁ?と、
少し不安で読んだのだけれど、、、やっぱり、ちょっと苦手系でした。

アマゾンの本紹介によれば、

『お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。
笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。
神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。
彼らの人生はどう変転していくのか。
人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!
「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。 』

苦手だなと思ったのは、「お笑い」のことを、私は、あまりよく知らないから。
お笑いの人のネタは、ごくたまに、「うまいなぁ」と思うことはあっても、
大抵は、聞くに堪えない感じで、チャンネルを替えてしまう・・・ような私なので、
お笑いの真髄について語っていても、何がどうおもしろいのか?なんて
全くピンとこなかったから。

それに「神谷」という人。人として、全く魅力的に思えなかった…というところで、
気持ちが、寄り添えなかったから、、なのだろうと思う。
こだわりを持って生きている、人間臭さはとても感じたのだけれど。

表現としては、心に残る、好きなところもあったのだけれど。
例えば…徳永が、神谷のことを、
「その純真さを、僕は憧憬と嫉妬と僅かな侮蔑が入り混じった感情で、
恐れながら愛するのである」と書いていたりするところ。
気持ちを、うまく表現するなぁ~という感じで、心に残ったのだった。

小説は、ハッピーエンドに終わる必要なんてなくて、読んだ人に、いろんなことを
感じたり考えさせたりすることができれば、それだけで、存在価値があるものだ、、
ということはわかっている・・・つもりなのだけれど、
でも、やっぱり、読み終えた後、明るい気持ちになれる本が好きな私なので、
ちょっと苦手だったのかなと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本「風のマジム」

2017-02-27 14:22:56 | 本・映画・ドラマ
原田マハさんの本「風のマジム」を読みました。
感想など綴ってみたいと思います。

本当にあったことに基づいて書かれたフィクション。
契約社員のまじむは、社内での新規事業の発案の機会に、沖縄産のラム酒を作りたいと思うようになる。
風の酒を造りたい!
まじむの事業計画は南大東島のサトウキビを使って、島の中でアグリコール・ラムを造るというものだ。
持ち前の体当たり精神で島に渡り、工場には飛行場の跡地を借り受け、伝説の醸造家を口説き落として・・・
夢が叶う。いろんな人に助けられながら。

事実に基づくお話だということもあってか、鳥肌が立つくらい、感動した。
そして、南大東島産のラム酒・・・飲んでみたくなった。

検索してみたら、ありました~。

一口含むと、風が吹き抜けて行ったような感じがするお酒って、どんなだろう?
私は、ラム酒って、全く飲んだことがないのだけれど、味がわかるものなのかしら?

なんて思いつつ。

初めて飲むなら、沖縄で飲みたい。
と思うから、沖縄を訪れる機会に、ぜひ味わってみたいものです^^。

と、お酒が飲みたくなる本。
であるとともに、生きていく中で、いろんなことに直面した時、背中を押してくれる人、
喝を入れてくれる人、、そんな人たちの存在は、とても大切だなぁということも、
改めて感じさせてくれる本でした^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加