邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「網走番外地」

2005-07-05 | ★ハードボイルドな映画
極寒の地、網走に降り立った男たち。
その両腕にはガッチャン!と
手錠がはめられていた。

高倉健、田中邦衛、南原宏治、待田京介、嵐寛寿郎・・

このメンツ!
登場場面がいい。
それぞれの顔をアップで抜く、
「らしい」登場の仕方でワクワクする。

ここから一瞬たりとも退屈させない、
男たちの世界が繰り広げられる。

雑魚寝状態の雑居房には
古参の牢名主(安部徹)がのさばっていた。

何をやって入ってきたか、刑期は何年かが自己紹介だ。
ひとりひとり名乗っていくが
なぜか最年長のアラカンだけは口をつぐんでいる。

その素性が明らかになる大見せ場があるのだが・・・
それはあ・と・の・お・楽しみ!

アラカン凄い!

高倉健は親身になって面倒を見てくれている保護司(丹波哲郎)にも
心配をかける「馬鹿な」やつ。

時々不幸な生い立ちが追憶形式ではさまれ、哀れを誘う。
だけどヤッパリ馬鹿なやつ。

シリアスなドラマなのだけど、
深刻なテーマをどこかユーモラスに描いている。

高倉健が歌う主題歌「網走番外地」がずんと響く。
音楽の入り具合もイイ。

渡哲也、小林旭、鶴田浩二・・、
スターの歌には誰も真似できない味がある。
(例外もたまにあるが)
この歌は受刑者の間で歌い継がれていたものが採譜、編曲されたそうで
放送禁止の憂き目にあったとか。
反社会的だというのが理由だそうだ。

大雪原の中を走るSL。
クライマックスは手に汗を握る!

追記:
大ヒットしたシリーズの記念すべき第一作目。
この作品を入れてなんと18本作られた。

石井輝男監督作品 10本、
マキノ雅弘1本、佐伯清1本、降旗康男、6本。

1964年 石井輝男監督作品 脚色 石井輝男 原作 伊藤一 

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「武士道残酷物語」 | トップ | 「兵隊やくざ」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「おふくろ……」 (オリイ)
2005-07-06 22:10:16
 私もつい先日観ました。個人的に、実はやくざ映画の

類は苦手なのですが、この作品はそれとは違う痛快さが

あって、アクション映画と称されることもあるのも

うなづけました。

 おっしゃるように、アラカンと健さんが良いですね。

アラカンの正体は予備知識があったのですが、最初の台詞

が良かったです。この作品の健さんは、おっしゃるように

ちょっとバカな若者ですね(笑)。

 その他、悪役陣では南原宏治の汚な作り(?)のメイク

が凄いと思いました。それゆえ最後のどんでん返しが

効果的で、それは知らなかったので「おぉっ」と思って

しまいました。



 ネット上で検索してみて、この作品に先立って日活で

1959年に同題の作品が作られていたということを知って

驚きました。同じ原作に拠っているらしいですが……。

日活版はどんな作品なのか、機会があったら観てみたい

ものです。
日活版 (spok23)
2005-07-07 09:16:01
日活版というのがあるのですか!

知りませんでした。それはぜひ見てみたいような・・



南原宏治のしつこさには参りましたね。(笑)

メイクのこと・・なるほど!



まったく予備知識がなかったので

アラカンの場面も

「くるぞくるぞ・・キタ~!」というかんじでとても楽しめました。



あと、「おふくろ」の偉大さも感じました。(笑)
タカオ・カンベとは。 (さすらい日乗)
2005-07-10 08:25:47
日活版と東映版は全く違うようです。と言うより、題名だけ借りて石井輝男が話を創作したようです。

そして、この主題歌の作詞者タカオ・カンベ、他では全く聞かない名ですね。それもそのはず、彼は東映の大部屋の役者で、ギターの弾き語りが上手い事から石井監督の命で書いたのだそうです。本名は神戸孝夫でしょうか。
そうでしたか (spok23)
2005-07-10 08:37:45
この作品は全体にタイトにまとまっていて

盛り上げるところもあり、

笑わせるところもあったりと

劇画のようにドラマチックで楽しめました。



歌の入りのタイミングもよかったです。



歌詞も映画にぴったりあってますが、

そういうところで調達したとは。

カッコ良かったです。 (晴薫)
2006-04-22 22:23:13
>スターの歌には誰も真似できない味がある。

>(例外もたまにあるが)

私もそう思います!
いいですよね (ブラボー)
2006-04-22 23:08:18
晴薫さん、こんばんは。



この歌すごくイイのに

放送禁止の憂き目をあったらしいですよ。

健さんはやはり味がありますねえ。

コメントを投稿

★ハードボイルドな映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
網走番外地 (雨の日の日曜日は・・・)
高倉健がスターになった伝説的作品である。 日本映画のファンなら押さえておかなければなるまい、という1本である。