邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

ツィゴイネルワイゼンで編み物♪

2014-01-28 | 日々の泡

木枯らしが吹いて


寒い日はおうちで編み物三昧・・・そういう時


私はバックグラウンドミュージックではなく


バックグラウンドムウビーを「聴きながら」編みます。


この日のムウビーは鈴木清順の「ツィゴイネルワイゼン」



あらためて見ても


わかりにくい映画   爆


黄泉の国と、この世が交じり合うコラージュと申しましょうか。


藤田敏八の


訥々とした台詞と


原田芳雄の野太い声に編み針もすすみます。


ときおり入る甲高い声は大楠道代。


大谷直子の静かな狂気がコワいです。


コワいの


きわめつけは


レコードで奏でられる「ツィゴイネルワイゼン」の


調べ。



摩訶不思議な清順ワールドにすっぽり包まれ


半ば仮死状態。


見事に幻惑され


最後の最後にきてアラン模様、間違えまくりました!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ版「飢餓海峡」ショーケン×仲代

2014-01-24 | ●面白かったTVドラマ

ふ~~~

 

テレビドラマ版「飢餓海峡」拝見。

仲代達矢が犬飼かと思いきや

弓坂警部役で驚き。

映画でバンジュンがやった役ですわ。

弓坂を支える糟糠の妻役に

藤村志保・・・滋味あふれた

和食の風味?で、またいいんですわ。

ナレーションも藤村さんで

しみじみと生きることの悲しみを語ります。

 

そして犬飼役は

なんと萩原健一ショーケン!最初どうしても三國連太郎と比べてしまい

少し線が細いかなと思いましたが、

ショーケン犬飼も大いにアリでした。若い頃のワイルドな犬飼ね。

 

こんな作品あったとは知らなかった。

 

仲代VSショーケンの対峙場面は

二人とも抑えた演技ながら

行き詰るような緊張感に包まれていました。

 

ショーケンの独白を黙って見つめる

仲代さんの目が素晴らしい!

 

犬飼を庇い、恩人と慕う

杉戸八重が前面に配された演出、脚本だったことも意外でした。

八重役の若村真由美が素朴で美しく哀しく

ショーケンとの絡みもすごく

良かったですよ。

八重とお茶室で向かい合うシーンが今までに無い演出。

なので、

ショーケンがお茶をすすめるシーンありました。

さすがに手元は映さなかったけど

それはちょっと違和感あった。

 

水上勉の原作を

名優たちが重厚に演じ、贅沢なテレビドラマでした。

ダイナミックな内田吐夢版とはまた違った趣。

叙情性があって

満腹~~!!

 

日本映画専門チャンネルにて

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森雅之のお点前

2014-01-23 | 日々の泡
お茶の稽古の帰り着物でスーパーを歩いていたら、水泳仲間にバッタリ遭遇。ギャー!と叫ばれてしまった。

それはそうと、
「座頭市あばれ火祭り」で森雅之が自らお茶を点てて飲むシーンがあるが、実に美しい。
にじみ出てくる気品、風格。
役どころは盲目の最強親分、闇公方様なんだけど!

親分の点てたお茶が飲みたいぞ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

淡路恵子さんin 「徹子の部屋」見ました

2014-01-16 | ★TV番組

●1996年 63歳

アップヘアに花柄ジャケット。

徹子さんとNHKドラマ「若い季節」で共演した時の

思い出話を語っていた。

そういえばクレージーキャッツなどとも共演していましたねえ。

黒柳さんと共にテレビ創世記の

メンバーでもあったのでしたね。

●1980年 47歳

ショートヘア&フリルのブラウスで正統派ミセス風のいでたち

なれど、

バッチリのアイメーク、

赤い爪、煙草をくゆらす姿はやっぱり女優淡路恵子です!

萬屋錦之介夫人として奮闘している真っ最中で

子育てエピソードなどをとろけるような甘い調子で幸せそうに話していた。

「好きな人のためにはなんでもやってあげたいじゃない?」「世話を焼きすぎたかもね」

かいがいしく世話女房していたんでしょうね・・・

 

●1986年 52歳

ガラリと雰囲気変わって、モノトーンの華やかな服装。シルバーのネイル。

六本木のクラブでマダムをしていた頃だそうで、

「マダムなのについつい自分が働いちゃうのよ」と笑う顔がチャーミングだった。

かっこ良さ全開!

 

●2004年 70歳

赤いジャケット&フードをすっぽりかぶったモダンないでたち。

こんな外国の女優さんみたいなファッションも

さらっとものにしてしまうのが、「自分のスタイル」を持った淡路さんならではだと思う。

 

ご自分の人生を振り返って、

「『玉の輿に乗ったかと思ったら

火の車に乗ったのね』と人に言われたわよ」と笑い飛ばしていた。

黒柳さんの「玉の輿と火の車って絵にしたら似てるような気がするけど、えらい違いね」というコメントが可笑しかった。

「生まれ変わったら

普通にだんなさんのお給料もらって子供育ててお料理するだけの生活・・・出来るかしらね!?」と

言っていたのが印象に残った。

さらに今は

「台本を読んでるときが一番幸せ。お芝居してお客様が喜んでくださるのが一番!」

と語っておられた。

 

●2012年 79歳

つい最近までTVでお見かけしていた淡路さん。

赤でまとめたスポーティーな装いに今風のカラフルなネイル。

ゲーム歴26年!だそうで、

「ひとり暮らし好き。夜中にご飯炊いてお料理したりね」と

楽しそうにお話されていた。

 

5回の出演を編集した内容。

私生活では大変なご苦労の連続だったのに

いつでも

チャーミングで色っぽくてカッコいい!

華やかで明るくて・・・淡路さんのような女性に憧れます。

 

合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太秦ライムライト テレビ編集版 見ました

2014-01-15 | ★愛!の映画

斬られ役の大スター、

「ラストサムライ」で脚光を浴びたことでも有名な

福本清三さんが初主役を務めた、

時代劇への愛に満ちた作品。

 

チャップリンの「ライムライト」を下敷きにし

斬られ役の大部屋俳優と

女優の卵とのふれあいを描く中で

かつて数々の時代劇を送り出した

京都太秦スタジオの衰退が

あぶりだされております。

 

「一生懸命やっていれば、何処かで誰かが見ていてくれる」

華やかな表舞台じゃなくても

自分の持ち場を誠心誠意勤め上げる。

ぐっとくる福本さんの言葉です。

 

そんな福本さんの等身大の生き様が描かれており、胸を打たれました。

 

初ヒロイン役の山本千尋さんはぱっと見、

可愛らしい少女。

 

しかしその実、

世界武術大会で沢山のメダルを獲得している

武術界のエースだそうで

最初、福本さんに教えを請う場面では

おどおどしたへっぴり越し、

徐々に体の芯がしっかりしていき、目つきが変わり

ラストでは別人のように(というかこれがほんとの実力なのでしょうが)

圧倒的なたち回りを披露するなど

見事な演技でした。

 

スタッフたちに

「だんな」と呼ばれる大スターに

待ってました!と声をかけたくなる松方弘樹。

このキャスティングも嬉しかった。

お父さんの近衛十四郎の立ち回りも

すごかったけど、

さすがの千両役者オーラ、華があります。

そうそう、もうひとつビックリだったのは

時代劇の監督役で

中島貞雄監督が出演していること!これは映画ファンには嬉しい!

 

いや~~もっともっと時代劇が見たくなりました。

ブラボ~~福本!時代劇!

 

この作品は今年夏に

劇場公開されるそうです。

ぜひ映画館でも見てみたい!! 

 BSプレミアムにて

監督〕落合賢
〔脚本〕大野裕之
〔撮影〕クリス・フライリク
〔音楽〕戸田信子
〔出演〕福本清三、山本千尋、合田雅吏、萬田久子、本田博太郎、小林稔侍、松方弘樹 

 太秦ライムライト 公式HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日「徹子の部屋」で淡路恵子さん追悼特集

2014-01-14 | 日々の泡

淡路さんが亡くなったと聞いた後、

ひょいと豊田四郎監督の

「四谷怪談」を見たら、

仲代達矢にしなだれかかっている淡路さんのお姿。

 

 

水泳の帰り、電車に乗っていてふと目を上げると

探偵社の広告に収まった淡路さんが微笑んでいる。

 

夕ご飯を食べた後たまたま

テレビをつけたら、

「おや、この声は???」

十朱幸代の

「春日局」に

大奥の中老姿でまたもや遭遇

 

神様、いや淡路さんの悪戯だろうか。

 

「悲しんでくれてありがとう。でも人間はみんな遅かれ早かれ死ぬのよ。

じゃあね、さようなら」

というメッセージが私には聞こえた・・・

 

そして今朝、新聞を見ていたら

「徹子の部屋」:淡路恵子さん追悼特集っていう文字が飛び込んできたじゃないですか。

もはや

先日のBS「超常現象」特集番組を信じたくなってきましたわ。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

淡路恵子が亡くなった

2014-01-12 | 日々の泡

子供の頃見た

東宝・社長シリーズの

淡路恵子は

コケティッシュで素敵だった。

外国人と結婚したり

萬屋錦之介の奥さんになったりして

しばらく芸能界から遠ざかった時期もあった。

私生活は色々大変だったようだけど

ず~~~っとカッコいい人だな~~と大好きだった。

 

洒落た身のこなしに釘付けになった。

抜群のプロポーションと洗練されたファッション、目尻をすっと上げたアイライン、

眼鏡も素敵だった。

芸能界で一番豹柄が似合うのも淡路さんだと思う!

 

アタマの回転が早くて

「タバコは私の6本目の指よ」など名言も多い。

別れた夫、

錦之介のことを愛おしそうに

「あの人、私の前だけではおどけたりして、とっても面白い人だったのよ」

と言っていた。今頃は向こうで楽しくお話しているのかもしれないですね。

最近は

サバサバとしたもの言いが人気となって、バラエティに引っ張りだこになっていた。

 

デビュー作の黒澤明作品「野良犬」はまだ十代。

本人は嫌で嫌でしょうが無かったそうだけど

強烈な印象を残しているのはやっぱり

天性の才能か。芸名の淡路恵子は

憧れの大先輩でずっとおねえちゃまと慕っていた淡島千景の一字をもらってつけたそうだ。

 

偶然にも日本映画専門チャンネル

淡路さんが出演している豊田四郎監督の

「四谷怪談」をやっているので

追悼の意を込めて拝見させていただきます。

 

心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「小さいおうち」

2014-01-08 | 日々の泡

 

電車で私の横に座った、

40代後半?くらいの女性が開いていた本に

「お風呂の掃除を手抜きする方法」という文字を見て

思わず声を出して笑いそうになってしまい

慌てて顔を上げると

向かいの席では30代くらいのいかつい男性が

熱心になにやら可愛らしいイラストが入った表紙の文庫本を読んでいる。

それは

山田洋次監督が映画化した「小さいおうち」の原作本。

 

そういえば映画、1月25日公開だそうです。

 

 

 

松たか子のウェーブヘア奥様、倍賞千恵子も出るというし

昭和モダン、興味惹かれる~~~♪

 

公式サイトで

予告編が見られます・

「あなたは奥様?女中?」診断、

「小さなおうち」のおうち探検も楽しい。

「小さいおうち」公式HP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「眠狂四郎 魔性剣」

2014-01-07 | ★ぐっとくる時代劇映画

今年の初映画は

「眠狂四郎 魔性剣」となりました!!

 

 市川雷蔵主演

「眠狂四郎シリーズ」第六作目となるこの作品の目玉は

狂四郎を兄の仇と狙うおりん役の

嵯峨三智子です。 

この頃の嵯峨三智子は

もしかしたら

母親の山田五十鈴を凌いでいたといっても過言ではないんじゃないかと

思わせる才能を感じさせます。

妖艶

ロウたけた美貌

小股の切れ上がった女

魔性の女

数々の形容詞を並べても語りつくせないほどです。 

 

物語は狂四郎が、

例の毒舌

ひとりの女の心をズタズタにし、死に追いやってしまったことから

始まります。

でもその事をちょっぴり後悔した狂四郎は

贖罪のためか?お家騒動に巻き込まれた子供を救ったりと

柄にも無く

「いいおじちゃん」になったりもします。

 

「据え膳をいただこう」

のシーンや

転びバテレンフューチャーの

おどろおどろしい黒ミサの場面など

けれん味もちらちらで楽しめます。

ただ、円月殺法をお見舞いする相手に

スターがいないので

ちょっともの足りない気も・・・やっぱりこういうシリーズは

狂四郎に見合う

バ~ンとした悪役が欲しいところですね。

 

その穴を埋めている嵯峨三智子は

狂四郎をつけ狙い、物陰からちょろちょろ出てきて、 

「お前さんにかかわるものはみんな不幸になるのさ」

「ふん カッコつけやがって」

「ざまあ見やがれ」

 

さすがの狂四郎もぐさっとくるような

捨て台詞を吐いては猫のように消え

強烈なオーラを放ちます。

 

雷蔵も著書

雷蔵、雷蔵を語る」で

「非常に貴重な人材で、

特に時代劇をやらせれば

彼女ほど仇っぽい演技が出来る女優は他にいないだろう」

と言っているほどです。

また、共演した時は「彼女の強烈なお色気発散、立ち居振る舞いといい日常会話のエッチさ加減(本文どおり)に

たじたじとした」そうです (爆)

一方、

「いろいろと苦労していることが人間のふくらみにならず

だんだん本質と遠ざかっていくようでは損をすると思うが。このままでは惜しい」とも。

 

この本が出版されたときはすでに彼女は

薬物依存、スキャンダルや整形で

いつの間にか我々の前から姿を消してしまっていたのでした。

 

惜しいですよね~~~

 これは

最高に美しかった頃の彼女と雷蔵の

ツーショットを拝める

貴重な作品といえるでしょう。

 (どうでしょうこの”おりん”の必殺流し目。

狂四郎に悪態をついているところなのに、この色気ですわ!!)

 

1965年 安田公義監督

日本映画専門チャンネルにて

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和装のアタマ

2014-01-05 | 日々の泡

美容院で髪をカットしてもらうとき、


「時々アップにすることがあるので


ギリギリ上げられるくらいの長さにしておいて


ください」と注文する。


美容師さん:


「ご自分でなさるんですか?」


ブラボー:


「うっふっふ・・」



お茶のお稽古の時はもちろん、


パーティや正式な場所に出向くときは


必ず着物と決めているけど


帯、着物の組み合わせや着付けより


正直一番苦労するのはアタマ。



「な~~んかイマイチきまらんな~~~」



映画に出てくる女優さんたちは


たとえ普段着の絣であっても


造りこまれた美しい髪があるから、


着姿がバッチリきまるのだわと気がついたのは


ついこのごろ・・・(もちろん土台もありますが)



素人がチャチャッと髪を上げてもなんか


さびしくなってしまう。かといって毎回美容院に行くのは玄人さんじゃないんだしムリ。


モダンなボブヘアとか


樋口可南子や


海老ちゃんの母、堀越希美子様のようなショートも素敵だけど


わたしはかづら清で買ったが挿したいのです・・・



そこで考えたのは


部分ウィッグの活用!!



順番はこうです




まずホットカーラーで全体に髪を巻き、


前髪とサイドに盛大に逆毛を立て


毛束(以前に美容院でアップにした時に髪の中に仕込まれていたものをとっておいた)


を入れ、ふんわりとボリュームを出す。


崩れないように隠しピンをお忘れなく。

ここでスプレー。髪の流れに気を配り「面」を作る。

後ろの髪はゴムひもでまとめておく。



あらかじめお団子になっている和風ウィッグを


パチンとつける。


後れ毛は髪の中に押し込み、残すべからず!

目を閉じて盛大にスプレーを吹きかける。




これだけ。




京マチコや若尾文子、吉永小百合というわけには


いきませんが


ちょっとマシな


デカアタマがあっという間に出来上がります。



「あんじょういきまっせ、あんさんもやってみなはれ!」(京マチコの声色で)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加