邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

不安な日々ですが

2011-03-22 | 日々の泡

私の住んでいる地域では

計画停電というものが実施されております。

 

夜間も不要な電気暖房を消すなどして

節電を心がけています。

このたび、

今まで断捨離しないで

とっておいたものが

意外に役にたっているのでご紹介します。

 

夜の停電時:

●コールマンのアウトドア用カンテラ。

テーブルの真ん中に置いておくと

食事をする際便利・持ち手もついているので懐中電灯としても使えます。

●ブリキ製のカンテラ:底に固形のキャンドルを備え付ける方式で

持ち運びも据え置きも出来ます。周りにガラスが張ってあります。

可愛らしいカタチなのでほとんど飾りとしておいてあったものだったのですが・・

ちゃんと使えました。ただ蝋燭は揺れた時、不安ですね。

●チャッカマン:一個あると便利です

●懐中電灯:寝るとき枕元に常備:いくつかあると心強い・ペンライトも。

キッチン:

●圧力鍋:短時間で調理が出来るので、ガスの大幅節約になります。

●ビタクラフトのステンレス多層鍋:地震の前に大小そろえてあったのですが

こちらも無水鍋的な機能を持っているので水、ガスの節約になるし、

停電時にご飯を炊いてみたら、なんと10分で美味しいご飯が炊けました。

少々お値段ははりますがとても頼りになります。

荷物運搬

●おんぼろ自転車:ガソリンが無い時小回りが利いて便利・

●おんぼろキャリーバッグ:重いものを運搬するときに

情報収集

●カセット機能が壊れたので捨てようと思っていた昔のソニーのカセットウォークマン:

AM FM そしてなんとTVも聞けるので

小さな電池式スピーカーにつないで停電時に聞いています。

ソニーさんすごい技術をありがとう。

注意:

ラジオはいざというとき使えないと困るので

普段は腐食防止のため電池を抜くなどチェックしておいたほうがいいかも。

(実は一台電池入れっぱなしで壊れてました)

 

などご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

コメント (7)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

地震

2011-03-14 | 日々の泡
この度の地震で多大な被害を受けた方々に心からお見舞いを申し上げます。

まだまだ予断が許さない状況ですが、
くれぐれもお大事になさってください!
ひとりでも多くの方の命が救われますよう、
必要な物資が適切に届きますように祈っています
とにかく節電に努めます
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ニッポン大女優伝説」

2011-03-10 | ★TV番組

今夜TBS系列で

7時から~~

「ニッポン大女優伝説」

”息をのむほど美しい・・名女優たちの貴重映像&壮絶人生を

次々公開”とあって

吉永小百合、大原麗子、司葉子、若尾文子、岡田茉莉子、

岸恵子の名前が!!

ブラボー的には絶対チェックしたい番組だ。

あれ?このひとも

「7時か~~ぼくうっかり忘れそうだけど

もし時間があったら観たいなあ・・でもデートもしたいなあ録画しとこうかなあ」

 

「・・ったくまわりくどいわね~~見るのよぜったい!」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の子供編物

2011-03-09 | ★読書

  昭和の編物本から子供用を抜粋してみました。

ほんの一部ですが

どうぞ・・

   

このお袖、ちょうちん袖ってよんでたような・・

「14,5歳用スエーター」三角の衿と刺繍がキュート!

 

「幼児用ケープ」

エレガント!

「6,7歳女児用ジャンパー」

絹がらみ糸で鉤針編みで簡単に模様編みにしたジャンパーです”とあります。

赤いV字模様は刺繍のようです。

女の子も可愛いけど、抱えているラブリーなお人形さんに釘付け!!

  「4,5歳女児用ドレス」

これならどんなお子様でもお似合いになります

と自信を持ったキャプション:素敵なデザインですね~~

 

 

水着だ~~!中細毛糸で地編みをメリヤス、縁周りと襷!をガーター編みにして

かぎ針で編みつけの模様をおいた、新味な海水着です

とあります。モードを感じます。

 

夏用の「帽子」紐使いが斬新!

「6,7歳女児釣りスカート」

”刺繍をあしらったチロル風のスカート”

「2,3歳男児服」

新製品の『人造麻』で編んだ半そでの上着に短いパンツを添えた

可愛らしい2,3歳用の男児服で上着もパンツもメリヤス編みにしたごく簡単なものです

とありますが、やっぱりこれも中細を1号針で編んでいる!!

当時のお母さんたちはこんな本を見て編んでいたのかしらね。

 スカートもセーターも

みんなお母さんが作ってくれたものでしたね~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の編み物本

2011-03-08 | ★読書

私のコレクションのひとつ、

 

昭和の婦人雑誌・付録本にまたあらたなお宝が

増えました。

うっしっし!(喜び方からして古い?)

轟夕起子さんの表紙「秋の毛糸編み物と家庭再生染色」(昭和14年発行婦人倶楽部付録)

と「夏向編物手芸四十種」(昭和11年主婦の友付録)

 

昭和11年といえば二・二六事件があった年!

昭和14年は第二次世界大戦が勃発した年・・

時代の重みが感じられます。

 

「街燈」の上映まで時間があるのでぶらぶら歩いていたところ

ひっそりと置かれたこの本たちを発見。むろんすぐにレジへ直行。

そして

神保町交差点のスターバックスに入り、

ワクワクしながら中を確認。

 

ほおおおおお!!

11年版のほうが見ごたえありました。

ハイライトはこの水着

素敵~~~ウエストにゴムを入れ、中細で編んでいるみたいです。

水に入らないのが前提か?

 

右上には手編みのブラジャー!!!

ではなく「お乳カヴァー」です!!

伸縮性が気になるなんて考えるのも野暮でしょう。

 

さらに

男性用ナイトキャップと「腹巻」

「髪につけた油がよそにいかないでせう」と説明があります。

 腹巻は二重仕立てになっていてとっても暖かそうです。

 これはもしかして・・・

若き日の木暮実千代さん!

アイラインの濃さは昔からだったのね。

 

   11年版の編み方解説のページ。

注目すべきはこの絵!ひと目ひと目丁寧に書かれています。

まだかぎ針の編み図は無く、この詳細な絵と

懇切丁寧な説明文で構成されています。

寸法はもちろん「寸」「分」です。

 

 

「毛糸を大切に使ひませう」

「古い衣類を活かしませう」

裏表紙の広告。

 

和装姿はあまり無く、

戦前もけっこう西洋文化への憧れが色濃かったのだなあと思うと感慨深い。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「街燈」

2011-03-06 | ★痛快!な映画
テレビでは「70年代のファッションが今年のトレンド」って言ってたけど
私の中では
50年代が熱い!!
神保町シアターで上映している
女優とモード 美の競演」でまさしくそんな時代の
ファッションを観ることが出来る。
日曜の午後、中平康
「街燈」を観ました。ほぼ満席の盛況ぶり。
衣裳は森英恵。
 
銀座で洋装店を経営している吟子(月丘夢路)と
渋谷で可愛らしい洋装店を営んでいる
千鶴子(南田洋子)の周りの
にぎやかな人間模様をユーモアを交えてスタイリッシュに描く。
 
50年代のファッションは
大人の女性を美しく見せる。
細川ちえ子に豹の毛皮はどんぴしゃりだと思ったけど
山岡久乃にミンクがあんなに似合うとは!!
私の知ってる女将さん役の山岡久乃とは違う、
バリバリの有閑マダムがそこにいた!
 
 
千鶴子や吟子にいたっては
ヘアスタイル、仕事着にお洒落着に寝巻きまでお洒落。
 
二人の美貌にも目を奪われる。
カタチの良い唇からこぼれる
美しい言葉にもうっとり。
あの時代の丁寧な言葉遣いがごくごく自然。
 
南田洋子ってなんて綺麗だったのでしょう。
そして月丘夢路の演技のうまさ、エレガントな身のこなしは
同じ人間とは思えません。
あたりに金粉が、ラメが散りばめられているような
オーラが。
 
さらに可愛らしいインテリアの小物も
見逃せない。
テキスタイルは幾何学模様だったりして
 
萌えすぎで息が~~~!!
 
マシンガントークのお転婆令嬢(鳥子)役の
中原ひとみ、奇妙奇天烈な洋服に
妙な形の車をすっ飛ばしていて可笑しい。
  
男性陣ファッションは女性に比べてダサいです。
南田洋子と恋仲になる葉山良二の普段着ファッションは
着古したセーター、素足に下駄、と
ファッショナブルとは言いがたいし
吟子のツバメ役岡田真澄の
だだっ広いスーツははっきり言って野暮ったい。
でもそれがまた味。
 
それにしても
 
戦後まもない時代、こんな華やかな映画を観た人は
どれほど晴れ晴れとうっとりとしたことでしょう。
岡田の実家があるバラック横町や
靴磨きをして働く幼い子供たちなども描かれていて
当時の世相が伺えますが。
 
 
夜の街での格闘シーンや
靴磨きの子供たちの逃走劇は
アメリカ映画を思わせるし(「第三の男」チック)
最初シャンソン風のテーマソングで始まり終わりもまた
この唄で締めくくるなど
スミからスミまで中平好みのモダン。
 
カッコイイのに心温まる映画ってそんなにないですよね!
 
始まる前、場内に流れていたのは
川島雄三「銀座二十四帖」の主題歌「銀座の雀」
(歌っている方がいた!)
観た後の幸福感が似てます。
 
余談:吟子(ぎんこ)鳥子(とりこ)
って名前も素敵~~
 
 
1957年 中平康監督作品
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「女優とモード 美の競演」

2011-03-03 | 日々の泡
企画モノは
「女優とモード・美の競演」!!
3月5日(土)~~~4月1日(金)まで
 
うわ~~~ん

神保町に引っ越したいです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加