邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「隠し砦の三悪人」

2005-11-30 | ★ぐっとくる時代劇映画
先が読めない面白さ。

菊島隆三 小国英雄 橋本忍 黒澤明という
ゴールデンメンバーの共同脚本による
見事な構築に、まるで面白い本を読むように夢中になってしまう。

こすっからくて、小心なくせに欲張りで意気地がない、
だけど憎めない百姓、
藤原兼足と千秋実のコンビの一挙一動が最高!

大笑い。

セットもすごい。
人も馬も大熱演。
決して手を抜かない演出は目を見張るばかり。
どうやって撮ったのか?と思うシーンのオンパレード。

「大・大」冒険活劇と言いたい。

この映画でも男同士(三船と藤田進)の熱い絆が描かれるが、
べたべたすることなく
魂と魂が結びつく究極の関係がまぶしい。

胸がすくような決め台詞もあったり
「裏切り、御免!」
誇り高い雪姫(上原美佐)の凛と響く歌声も
胸に沁みて、
大満足。

とにかく、まことに、
スカッとする~~~!・・・映画なのです。

1958年  黒澤明 監督作品 脚本  菊島隆三 小国英雄 橋本忍 黒澤明
撮影 : 山崎市雄  音楽 : 佐藤勝  美術 : 村木与四郎

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いいたします

コメント (18)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「涙を、獅子のたてがみに」

2005-11-29 | ★イカス!映画たち

また忘れられない映画がひとつ増えた。

さすらい日乗さん
BSで放送されることを教えていただき、
篠田正浩監督の「涙を、獅子のたてがみに」を見る。

冒頭、瓦礫の中をとぼとぼと歩く野良犬は
強い獅子に憧れながら、騙され傷ついた主人公サブ(藤木孝)のようだ。

白黒の、港の映像にガムを噛む藤木の顔がかぶさる。
これはフランス映画?と思うタイトルバック。

藤木孝の鞭のようにしなやかな肢体、
ほとばしるような生気。絶叫。そして歌の素晴らしさ。

この映画は彼が渡辺プロから独立したときに作られたそうです。
ずいぶん前に「懐かしの・・」みたいなTV番組で
ロカビリーの曲をちらっと聴いて、
悪魔的な魅力に打ちのめされた。
それ以来聴きたくても聴けなかった彼の歌を
この映画の中で存分に聴くことが出来た!

舞台は横浜の港。

港湾荷役労働者(早川保ら)の組合設立を阻止する会社側(南原宏治)に
騙され利用される若者(藤木)の悲劇。
サブを愛するウエイトレス・ユキに、これがデビュー作である加賀まりこ。
いじらしく可愛い。
アンニュイな人妻に岸田今日子。

篠田正浩監督の画面は
構図が最高に美しい。
横浜の街、港、海。
飛び跳ねるように歩くサブを追いかけるカメラ、
労働者たちの群。
ラストシーンは劇場にいるような陶酔を覚えた。

港近くにあるサブの狭い部屋。
ユキの前で歌う、
「私を捨ててしまってくれ」
一度聞いたら忘れられなくなる歌だ。
(この曲はもう一度ヨットの上でも歌っている)

*************************
「私を捨ててしまってくれ」
作詞寺山修司 作曲 八木正生

年老いたカモメよ 哀しみよ
心あるならどうかわたしを捨ててしまってくれ
すっと遠くの日の沈む沖よりも
ずっと遠くの海に
私を捨ててしまってくれ
カモメ、カモメ
昔の愛よ
カモメ、カモメ
汚れちまった私の夢に
海のうねりが高すぎる

**********************
・・・
「いいわよ。一度だけなら・・」(ユキ)

金持ちパーティに潜り込んだ貧しいサブが
体中から搾り出すようにアカペラで歌う
「地獄の恋人」も衝撃。

寺山修司と八木正生のコンビはあの
「あしたのジョー」「力石徹のテーマ」でも有名。

脚本にも寺山修司の名がある。
寺山の葬儀で「100年経ったら帰ってきてくれ」と誰かが言ったとか?
100年と言わず帰ってきて欲しい。

篠田+寺山の大傑作
DVD出しておくれやす!

1962年 篠田正浩監督作品  脚本 篠田正浩、寺山修司、水沼一郎 

■藤木孝「24,000のキッス」もどうぞ!

■ブログランキング参戦中
苦戦中。応援よろしく!!

コメント (12)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「酔いどれ天使」

2005-11-27 | ★人生色々な映画
この顔!
若き三船敏郎の美貌に驚嘆する。

黒澤映画には
「顔」インパクトの俳優が多々出演する。

志村喬の個性的な容貌も一度見たら忘れられない。
強烈な+極と+極が激しくぶつかりあう「酔いどれ天使」。
この映画から黒澤映画に三船敏郎はかかせない
俳優となった。

肺を病んだヤクザと、
変わり者の「酔いどれ」医者との物語。

風紀が乱れた戦後の町にはヤクザがはびこり
通りの脇には
ガスがたえずぶくぶく出続ける汚れた水溜りがあった。

その泥の中であがいているような松永。(三船)

絶望した松永が雑踏を歩くバックに
陽気な「カッコー・ワルツ」が流れるシーンがある。

「野良犬」と同じくまたもや音楽の魔術がここにも。
軽やかなメロディが哀しみをより際立たせるのだ!
なんと残酷な演出だろう。

夜になると街角から聞こえてくるギターの調べは
もの哀しく洒落ているし、
ナイトクラブで笠置シズ子が歌う
名曲「ジャングル・ブギ」は黒澤明が作詞!

音楽がこんなに魅力的に使われている映画はなかなか無い。

薄情な情婦役の木暮美千代、清らかな花のような久我美子。
女優の使い方もばっちり。

いつもは、「腹にいちもつ」とか、「蓮っ葉で実がない」とか、
「ぐうたらだらだら」とかの役が多い千石規子が
情を見せてくれてほっとした。

終盤に近づくにつれ
三船がだんだんとやつれ、
逞しい体もペラペラになり、さながら
「吸血鬼ノスフェラトゥ」のように変貌していく。
それは大げさだとしても、
海辺の幻想の場面は
ドイツ表現主義の映画を思い起こさせた。

ラストの格闘の場面圧巻。

志村喬の深い表現力もすごいが
三船の静と動のコントラスト、
衝撃ともいえる存在感に圧倒される。

私は「酔いどれ天使」は
眞田(志村)ではなく
松浦(三船)なのだと思っている。

1948年 黒澤明監督作品  脚本:植草圭之助 黒澤明  撮影: 伊藤武夫
音楽:早坂文雄  美術: 松山崇

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いいたします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「県警対組織暴力」

2005-11-27 | ★ハードボイルドな映画

シリーズDVD全部揃えたあなた、
「広島死闘篇」がまだ忘れられない御仁は
ぜひ「仁義なき戦いシリーズ」のとどめ、
笠原和夫脚本「県警対組織暴力」も見て!!
そこまでのコアなファンは見ておられると思うけど・・
はっきりいうて「新・・」は別ものですから。

この題名は東映の岡田社長がトイレでポン!と思いついたという。

のっけのつかみがすごい。

若いもんをずらっと並べ菅原文太の声が響く。

「拳銃不法所持!」ビンタ、
「武器道具集合罪!」ビンタ!張り倒し。
「公務執行妨害!」ビンタ!

「お前らみたいな雑魚をブタ箱に放り込んでみても
税金の無駄遣いじゃ。やるだけやって死んでこい!その方が掃除が早いワイ!!」


台詞で頭殴られるってこんなかんじですかね。

「ぼけーとしちょらんとはよう出入りにいかんかい!」

あの、広能昌三が帰ってきた!と
一瞬錯覚するこのど迫力。
でも実は180度立場逆転して警察側。部長刑事。

警察官になったのは、ピストルを持ちたかったから・・
という動機の久能。

「捕まえられるより捕まえる方になろう思うてのう。」

ダーティ・ハリーなんか目じゃないダーティさ。

どっちが県警でどっちが組織暴力かわからないような血と暴力場面は続く。

川谷拓三が菅原文太と山城新伍に取り調べ室で
ボコボコにされるシーンは歴史に残る。
菅原文太と松方弘樹のからみ、松方VS池玲子タッグマッチ。
梅宮辰夫のエリート警部。金子信雄、成田三樹夫も出ている!

この映画は深作欣二の・・というよりは
「総長賭博」、そして
「仁義なき戦いシリーズ」で我々の度肝を抜いた
脚本家、笠原和夫の映画だと思う。
構成がかっちりタイトにきまっている。
そして躍動する登場人物たち!

終わりは当然ハッピーではありません。
この緊迫感、疾走感そして絶望感よ!
ブラックユーモアもバシバシ効いている。

笠原は晩年「やくざ映画の笠原と言われるのはうんざり」と
言っていたそうだが、自分が書いた作品の中でこの映画が一番好きだったとか。

だがこの後、深作監督とは色々あって完全に決別することになる。
笠原は最後にコンビを組んだ「やくざの墓場・くちなしの花」を見てもいないそうである。

1975年 脚本:笠原和夫 監督:深作欣二  東映

■ブログランキングへ

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「野良犬」

2005-11-26 | ★人生色々な映画
前置き無しの、
たたみかけるような演出が光るサスペンスの傑作。

新米刑事が満員のバスの中でピストルをすられてしまう。
必死の捜索の甲斐もなく
その拳銃を使ったと思われる事件が発生。
行き詰るような緊迫感とスピード。執念の捜査が始まる。

若い三船敏郎の真摯なまなざしがたまらない。
コンビを組む熟練刑事に志村喬。

公開は1949年。
ハリウッド映画も、
現在あるテレビの刑事ものも、
みなこの作品を手本にしたのではないかと思うくらい、
凝縮されたエッセンスが詰め込まれている。

戦後まもない混乱、貧困、いかがわしい雑踏など
当時の風俗が投影され、犯罪の背景が浮かび上がる。

淡路恵子は初々しいながら、
やはりそこらの女優とは違うぞ光線を放っていた。

この作品でも音楽の使い方が抜群。
壮絶な格闘の場面に流れるのは
「ショパン」のワルツなのだ!

黒澤明と菊島隆三による脚本はもちろん素晴らしいが、
台詞無しで映像によって
犯人の心情を表現するラストがもう・・すごい!

木村功の演技にはいつも胸が締め付けられてしまう。

映像による表現の素晴らしさが堪能出来る一本。

1949年 黒澤明監督作品 脚本 黒澤明 菊島隆三 撮影 中井朝一
音楽 早坂文雄 美術 松山崇

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いいたします



コメント (8)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

恐怖と音楽

2005-11-25 | 日々の泡
野村監督作品以外にも
子供時代に見て以来、脳にこびりついてとれない映画がある。
前にも書いたが、
小林正樹監督の「怪談」だ。

記憶に残った要素として
「音楽」の強力な影響があったと思う。

まず冒頭の、
不気味なほど静謐なタイトルバックで
冷たい水をぶっかけられたようにうちのめされ、
第一話の終盤
侍が朝もやの中で腐った死体を見て
朽ちた床を踏み外す衝撃シーンで恐怖は最高潮に達した。

驚くことにはその瞬間、すべての音が変わる。

空気が変わるというべきか、
亡霊を見た男はそれまで存在していた空間から
異次元の世界に突入したのだ。と思う。

恐怖が、気配が、音で表現されている。
それは映画館の座席の下にもぐって
耳を押さえても容赦なく襲ってきた。

この場面で
恐怖は音楽によって最大限に引き出される効果がはっきりわかる。
映画と音楽の切っても切れない関係も。

近所の映画館でいつもの「怪獣・若大将二本立て」
を見るつもりが何の間違いか
見てしまったこの映画。

その夜は三國連太郎の、
世にも恐ろしい顔のアップでうなされた。

以来、DVDを持っているのにもかかわらず
恐ろしくて見ることが出来ません。

つくづく武満徹をうらめしく思う。

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いいたします
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「五瓣の椿 」

2005-11-24 | ★ぐっとくる時代劇映画
これ、幼少時に見て強烈な印象を受けて以来
トラウマになってしまった、
私にとって記念すべき作品。

淫蕩な母親に苦しめられ死んだ父親の仇を討つために
母の情事の相手を次々と殺め、
現場には父が好きだった真紅の椿の花を置いていくおしの。

恐ろしくも哀しく、大人っぽい物語。

なんで子供がこんな映画を見たのか。
そして深い感銘を受けたかは未だにナゾ。

私の脳裏に長年焼きついていたのは
燃え盛る火の中で苦しむ愛人と母親(左幸子)の姿と、
それを見つめるおしの(岩下志麻)の凄惨な美しさだった。

恐ろしさと美しさがごちゃまぜになった映像は
子供心に忘れられないものになって
繰り返し繰り返し頭をよぎった。

だが今回確認したところ、火の中に母親の姿はなく
家の中から耳をおおうばかりの
すさまじい叫び声が聞こえただけだった。

記憶とは面白い。
いつの間にか頭の中で映像を製作してしまっていたのだった。

左幸子の妖艶さにはあらためてため息が出た。
そして真っ赤な椿のように美しい岩下志麻にも。

市原悦子が出ているが、
昔からあんまり変わらないのでそれにも驚く。

山本周五郎原作。
サスペンスタッチでおしのの心理状態を追う。

父親思いだった優しい娘の心はいつ
ガラガラと壊れてしまったのだろう。
最後に正気に返った娘が哀れだ。

野村芳太郎監督の映画は
「砂の器」にしろ「八つ墓村」にしろ
強烈な映像がフラッシュバックする
トラウマ度(?)が高いのかもしれないと今、思った。

1964年  野村芳太郎監督作品  原作: 山本周五郎  脚色:井手雅人 
撮影 : 川又昂 音楽:芥川也寸志 美術:松山崇/ 梅田千代夫

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いいたします



コメント (6)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

花狂い

2005-11-22 | 日々の泡
綺麗な花を見ると、後先も考えず買ってしまう。

今日も日本橋三越の「新潟展」で椿の苗を衝動買いした。
日本の花、椿には驚くほどの種類、色がある。
白にするか、赤にするか。
冗談抜きで小一時間悩む。

「わたしは白い椿が好き」という入江たか子(「椿三十郎」)の
歌うような台詞を思い出したが
見ていると晴れ晴れするような赤い椿に決めた。
「五辧の椿」の父親(加藤嘉)が亡くなる前、
大好きな花だと言っていたっけ。

こんな時にも映画を思い出す自分もどうかと思う。

すっきりとひかえめな姿が美しい「侘び助」。

そのうち白い椿も買ってしまうのだろう。

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いいたします

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

スマステ黒澤特集

2005-11-20 | 日々の泡
「スマステ」
と言う深夜の番組で「黒澤明特集中級編」というのをやっていた。

香取慎吾司会で
ゲストが黒澤マニア・爆笑問題の太田光。

「七人の侍」や「椿三十郎」「蜘蛛巣城」の名場面を入れながら
完璧といわれた黒澤組の仕事,
斬新な撮影技術についてのエピソードが
歯切れよく解説されていた。(ナレーションが小林克也)

黒澤組で働いた方々のインタビュー、
貴重なロケ風景のスナップ、
監督自身のコメントなどがはさまれた楽しい企画。

「用心棒」での神業といわれたフォーカス・ワーク、
他にも「八甲田山」「鉄道員」を手がけた
木村大作カメラマンの超サバサバした語りも聞けた!

冒頭、「コッポラやスピルバーグやルーカスが絶賛した・・
という紹介は黒澤監督に失礼。それがどうした!」
という太田のコメントに激しく同感。
「そんな人たちが絶賛したから凄い」んじゃなくて黒澤は黒澤。

前回の「初級編」は見逃したが「完結編」もあるそうなので
ぜひまた見たいと思う。

驚き伝説や苦労話も色々披露されていたが、
殺陣のときの「斬殺音」というものは
日本映画史上「用心棒」で始めて使ったそうだ。

音声さんが鶏のまるごと肉?に
割り箸をいれたもの(歯・刃ごたえを出すため)
に包丁をつき立てたり、濡れ雑巾をバシバシ叩きつけるなどして録った。

また、「蜘蛛巣城」のクライマックスシーンでの
首に矢が刺さる「ブスっ!」という生生しい音は、
「夏みかん」に包丁を突き刺して録ったそうだ。

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いいたします


コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

激戦「大奥」(6)

2005-11-18 | ★TV番組
内山理名が
子を亡くした哀しみを全身で表現していてあっぱれ!

そして
小池栄子にはお伝が乗り移っていた。

「お互いの子供をお互いがどうにかした」と思い込み、
事実二人とも「鬼」が忍び寄った瞬間が確かにあったが、
我に返ったのもまた同じであったのも皮肉。

そんな二人の哀しみと怒りがぶつかる場面は
炎の効果も加わって、すごい迫力だった!
見ごたえありました。その戦いを盗み見る悪の華もあったり!

藤原紀香と江波杏子は安定した憎たらしさ?だし、
「金をかけた分は充分働いてもらわねばのう」
新たな強敵も現われ、
女の戦いに柳沢の黒い陰謀も絡み合い
ますます複雑になっていく展開に、
今後も目を離すことが出来なくなりそうだ。

それにしても
あの戦いは見事でしたね。

■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いいたします


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加