邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「夜叉」を再見

2013-05-27 | ★人生色々な映画

いや~何回見ても

胸がザワザワして、ついついまた「夜叉」の記事です。

 

「ミナミの修治・夜叉の修治」の健さんが

格好良ければいいだけ

田中裕子の色香にやられてしまうのが

悔しい。

いい映画って見所が沢山ありますが

この「夜叉」も名場面、いやさ つっこみどころが満載です。

 

田中裕子も決して美人ではないのに

うまいというかなんとというか

女が見ると胸をかきむしりたくなるあざといシーンが沢山あります。

演出のわざとらしさも冴え渡っています。

雪に映える赤い番傘、赤い襟巻き

着物からのぞく白いうなじとくれば・・・

 

鉄板でしょう!降旗監督も罪。

 

起き抜けの田中裕子が長い髪を無造作に束ね軽く伸びをしながら

ハミガキをしているところへ(ウワ~~書いていても怒)

修治(高倉健)が船で通りかかり

取れたての魚をほおり投げてよこすシ~ンで

全日本女性の嫉妬心にポォッと火が点ります。

赤いセーターの袖を長めにひっぱりながら

ハミガキしている姿もぶりっ子なら、

魚を受け取って喜ぶ姿もブリブリですわ。(段々嫉妬でヤケクソになってきました)

妻(いしだあゆみ)に向かって

「夜叉がミナミを捨てたんは女のためやない。海や」などと言い放ったり

甘えた声で「奥さん嫌い」な~~んて言ってみたり

いしだあゆみのファンならずとも憤慨するところです。

 

そんな女に、こともあろうに健さんは・・・・(怒)

あき竹城と一緒に「悔しい~~」と泣きたかった女性は推定100万人超!

しかも女の頼みに乗って

ミナミへ行くとは(怒)

いしだ「なんでそこまでせんならんの」とは全女性の代弁です!

道頓堀のエレベーターに乗った修治がす~~っと上がっていくシーン、いいですけどね。

 

事が済んで帰ってきた夫を

涙目で笑って迎える妻いしだあゆみ。

 

出来すぎ~~!

私ならバスから降りてきた男を2、3発は殴るところでしょう(怒)

 

田中裕子に橋の上で出会った時もおとなしかったですね。

私が監督ならそこで格闘にしますね。

 

・・・・でもそれではせっかくのトゥーツ・シールマンスの音楽が似合いませんね。

 

健さんの台詞って少ないけれど

体全体での表現は誰も真似できない。ビートたけしと戦って

背中の「夜叉」が現れるシーン 鮮烈でした。

ねじり鉢巻、長靴姿の猟師、修治と

スーツに帽子姿でキメたミナミの夜叉のたたずまいが楽しめて

一粒で二度美味しい映画です。

日本海の猟師町の匂いも漂ってきそう。

 

この映画で大好きな場面のひとつは

シャブで異常なテンションになった田中邦衛が無意味にはしゃぐシーン。

これは何度見ても最高に可笑しい。

本編が終わった後日本映画専門チャンネルで高倉健インタビューが放送された。

明るくて屈託なくて真面目な素顔の健さんを見てまたファンになりました。

役は役だよね(爆)

 

●関連記事

「夜叉」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな目覚ましがあったら

2013-05-20 | 日々の泡

月曜の朝、お目覚めはいかがでしたでしょうか??

 

ただでさえ嫌な休み明け、

しかもこれからは憂鬱な梅雨がやってきて

ますます朝起きるのが億劫になる人も多いのでは??

 

私は昔NYで買ったバットマン目覚ましの

「Gotham City is in trouble. Call for Batman!」

の声で

毎朝バットマンになりきって起きていた時期がありましたが、

もしお気に入りの俳優さんが

耳元で起こしてくれたら

お目目もパッチリ!

目覚めも爽やかになるのではないでしょうか??

 

たとえば

森雅之の声で

お嬢さん、起きなさい!もう朝ですよ

なんてどうでしょう??

森雅之に朝っぱらから「お嬢さん」と呼ばれた日には起きないわけにはいきませんよね。

ご自宅の寝室も

高原の別荘のような爽やかさに包まれることでしょう。

 

座頭市(勝新太郎)

「時間でございますよ。嫌な渡世だねぇ」

やんわり言われると逆に起きようとするかも。

 

 早朝に起きなければならない方に

市川雷蔵:「忍びの者」のビシッとした声で

「朝だ!起きよ!」はいかがでしょう。

ストイックな響き。シンプルで抑制が効いていながら

身がひきしまる感じです。

雷蔵の声でスタートする朝は

あなたのエグゼクティブな一日の始まりに相応しい!

 

誰でもいいのですが、舞妓はん風に

「●時●分どすえ。起きておくれやす」は男性にいかがでしょう。

うっとりとしてまた寝てしまいそうですかね^_^;

 

菅原文太:「仁義なき戦い」の

広能

「はよ起きんかい!どあほ!」

     も

 大音量で聞くと

ガバッと

起きられそうです。

 

私の好みばっかりで恐縮ですが、お好きな声と台詞で

カスタマイズ出来るといいですね♪ 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Pen」で少女漫画特集

2013-05-16 | ★読書

電車の中吊りに

「少女漫画」という文字発見。

阪急コミュニケーション社の雑誌「Pen」の特集!

 

私の少女時代は、

当時大人気だった少女雑誌「なかよし」「りぼん」

「少女フレンド」「マーガレット」と共にありました。

発売日は、

学校から帰るなり本屋に走り 

その日はごはんを食べるのも忘れるほど読みふけったものです。

もちろん家族が話しかけても無言~~~

甘い少女漫画の世界に浸っておりました。

 

Pen誌の年表は

懐かしい名前のオンパレード。

 

わたなべまさこ

繊細で華麗なペンタッチとドラマチックな展開の筋書きが魅力でした。

水野英子

歴史ものも多く文学的な香りがしましたね~~

数々の作品の中でも「にれ屋敷」という

ファンタスティックな復讐劇に深い感銘を受けました。

「白いトロイカ」っていうのもおぼろげだけど覚えている。

懐かしいな~~ 

このお二人は別格って感じ。

 

西谷祥子 は学園ものが楽しかった。

高橋真琴のグラビアにはいつもうっとりしました~~~

このブログを書くようになって偶然展覧会にお邪魔してご本人にお会いできました。

感激! 

あすなひろしはちょっと大人っぽくてドキドキしましたね。

漫画にはまった挙句

ケント紙やペンなど道具を揃えて単発や連載ものを書いて

友達に配り強制的に読ませたのも懐かしいです^_^;

その頃は本気で漫画家になろうと思っていました!

 

目が飛び出るくらい

衝撃を受けたのは 楳図かずおの 「あかんぼ少女」「へび少女」、

古賀新一の「エコエコアザラク」などの ホラ~~漫画です。

怖いけどひきつけられて

仏壇を見ると、今にもへび女が出てきそうで怖かったものでした。

 

”「リング」のテレビから出てくる貞子”は

”仏壇から這い出してくる蛇女”がモチーフじゃないでしょうか???

バレー部の入部者急増のきっかけを作った

さらに「アタックNo1」「サインはV」なども絶大な人気でしたね~~

水森亜土元祖マル文字やローマ字表記にも影響受けましたね~~

 

寝る間も惜しんで読んだ少女漫画でしたが

中学に入ると同時に

ころりと憑き物が落ちたように

読まなくなってしまいました。

今思うと平和で楽しい子供時代でした。

そして感受性の嵐が吹き荒れる思春期へと突入していったのです ^_^;

 

●関連記事「少年少女の友

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏八木勲さんが亡くなるなんて

2013-05-12 | 日々の泡

夏八木勲さんが亡くなってしまった!!

 

ドラマ、映画と幅広く活躍されていたのに

73歳の若さで逝かれるとは。

いかめしい武士の役、

辣腕刑事の役、夏八木さんが脇を固めると

安心感があった。

 

主役を務めた

「人斬り銀次」

「じじいが三人暴れる映画」と言われたけど

イカシた映画だった。

工藤栄一監督の

「十一人の侍」もカッコよかったなあ。

 

何しろ夏八木さんが演じると

たとえホームレスでも

かっこよくなってしまうのだから困った。

 

「八つ墓村」(野村芳太郎版)

尼子義孝の恐ろしさも忘れがたい。 

あれほど恐ろしいラストシーンが出来たのは

夏八木さんの、ど迫力の存在感と

不適な笑い顔があったからだと思う。

素晴らしかったです!

 

「戦国自衛隊」の

長尾影虎も男くさくてよかったですよね。

千葉真一との男の友情サイコー♪ 

まさに漢!

という字がこれほど似合う俳優さんもいなかった(過去形で書くのがつらい)

と思う。大好きでした。

 

色々名場面を思い出して

哀しすぎますが

偉大な俳優さんのご冥福をお祈り申し上げます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加