邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

アナログ路線の新年ご挨拶

2015-12-31 | 日々の泡

明けまして

おめでとうございます!

 

年賀状は届きましたか?

親戚縁者はもとより、

ずっと会っていない友人からの近況報告は

嬉しいですものですよね!

毎年

「今年は会おうね」という文字も。笑

 

メールでいいじゃないかと言われる昨今ですが、

子供の頃から書いているので

やっぱり年賀状、出しますね。

 

小学校の頃もらった年賀状で、面白かったのは

果物の汁を使ったとみられる

「あぶり出し」文字で書いたもの。

火の上であぶらないと

読めないんですが (^_^;)、慎重にやらないと

燃やしてしまいそうで、スリルがありました。

 

同じ人から 5枚きて、

一枚目は お 二枚目は め 

続いて

で    と    う だけ!

書いてある年賀状っていったいなんだったんでしょう ?

お茶目を通り越して、不気味、

ホラーっ気を感じますよね (^_^;) 新年から。

 

いずれにしても、超アナログで手のこんだ賀状には

メールでは伝わらない、がこもっている気がします!

私も初心にかえって、そんなソウルがある

年賀状を送りたいと思います(もらったほうが迷惑?)

 

 皆様のご健康とご健勝をお祈り申し上げます。

今年も宜しくお願いいたします。

 

平成28年 元旦

邦画ブラボー

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走に「脱獄広島殺人囚」

2015-12-30 | ★ハードボイルドな映画

今年も残すところ

あと二日となってしまいました。

 

残ったお仕事を片付けていらっしゃるのでしょうか?

大掃除、忘年会、おせち作り、

年賀状書きでしょうか?障子張り?お餅つきかな?

・・・・・・

とにかく気忙しくされているかと

存じます。

 

という私は、ちょいとソファに座ってHDDを

ひょいと覗いてしまったのが百年目、

録画した松方弘樹主演の映画

に引き込まれてしまいました。

 

脱獄広島殺人囚」(1974年公開)(^_^;)

 

これが滅法面白くて

他のことはそっちのけになってしまったんですわ。

監督は中島貞夫。

松方弘樹の目の下は真っ黒だし、

広島弁炸裂がまるで「仁義・・・」を思い出させるし、

舞台のほとんどが刑務所だし、

年の暮れに見るにはちょっとヘビイかなと

思っていたのも束の間、

あれ?これってコメディなの?と

思わせる珍妙な演出に思わず身を乗り出してしまったのです。

地上波では放送できないような

演出も多々アリ。実在の人物がモデルだそうな。

 

何度も何度も脱獄し、捕えられて懲罰房に入れられても

微塵もへこたれることなく、さらに罪を重ね、

破れかぶれで

本能のままに生きる男の生き様に

開いた口がふさがりません。

 

なんでこんなにしぶといの?

狂犬?いや

ゴキブリのように強靭な生命力です。

 

西洋映画で

ポール・ニューマン主演の

脱獄映画がありましたが、あんな爽やかなナイスガイとは

対局をなす、ダーティな男です(^_^;)

 

でも、

粗暴で

シリアスな表情とは裏腹の、

小狡くてハチャメチャな

「心の声」が笑わせます。

 

筋金入りの極道、

伊吹吾郎とのやりとりには

腹を抱えてしまいました。

あっ、出演陣も

すごく豪華です。

金子信夫、西村晃、梅宮辰夫、室田日出男、大谷直子なんかも出てます。

渡瀬恒彦の、完成されたチンピラ風巻き舌には舌を巻きました (^_^;)

 

ハードな場面が続く中、ラストシーンは

妙に突き抜けた明るさがあり、救われます。

この男のその後も想像できるだけに、

言い知れぬ感動を覚えました。

 

松方弘樹の軽妙な魅力を発見した一本でした。

 

さあ 明日は大晦日!今年も終わりですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追悼国本武春さん

2015-12-25 | 日々の泡

朝刊を開いて

浪曲師の国本武春さんの訃報を知った。

以前

詩のボクシング」という番組で

エレキギターのように三味線を操り

吠えるように浪曲を唄う姿を拝見して、

こんな新しいことやっている人がいるんだ!

と、びっくり仰天した。

子供番組への出演や

ロックミュージシャンとの共演など、幅広く活躍されていたようだ。

 

ほとばしるような熱気を持った浪曲を

生で聴いて見たかった。

 

まだ50代半ばだったという。

日本の宝、才能ある方の急逝は悔しい。

心からお悔み申し上げます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦前の料理本:昭和初期・・がすごい

2015-12-07 | ★読書

昭和の料理本です。

料理本好きの私は昔のものも好んで読みます。

料理に古さを感じさせないのがすごいです。

かえって手がこんでいるものもあり、

洗濯掃除、縫い物、ふとんの綿入れなど

主婦の家事労働が半端無かった時代にこの丁寧さ。

 

昔の人に対する畏敬の念が湧きます。

 

だって、炊飯器も無い時代ざんしょ!

 

こちらは

「温かい冬の家庭料理」

「婦人倶楽部」

昭和10年12月号の付録です。

よって

大根 5寸ほど、にんじん3寸、ハム 15匁」などとという表記。

グラム、センチはまだ取り入れられていません。

体を暖める鍋物や煮込み料理が中心ですが、

蒸し物、麺類、ご飯ものなどもあります。

 

「なるべく費用をかけずに、家族を喜ばせることは、

主婦としても

またお嫁入り前の御嬢さんとしても

第一に心掛けたいものです。

しかし毎日毎日のことですから、どなたでも

「今日は何にしようかしら・・・?」とお困りになることがおありでせう・・・」

 

文章にも温かみが感じられます。

女の悩みはいつの時代も変わりませんね。

 

日本料理、西洋料理、支那!料理一切がまんべん無く

掲載され、その

数はなんと二百種類以上!

しかも

編集部によってすべて試食済み。お墨付きレシピの数々です。

写真ではなく、詳細でリアルな絵によって再現されているのも興味をそそります。

上段には材料別に「いつが美味しいか」「何の料理に向くか」が

懇切丁寧に記されていまして

これは雑誌界初めての試みだとも書かれています。

 

執筆陣の筆頭には

宮内省大膳科長のお名前が!

由緒正しすぎるレシピ本!

様々な

絵が楽しい。

 生々しい海老・・・・(^_^;)

 

広告を見るのも一興。当時のスタイルを感じさせます。

 

ミツカン酢って戦前からあったんですね!

 

キューピーマヨネーズも!!

 

ちょっとホラーな絵 (^_^;)

 

お洒落な西洋料理、「鮭のダンブリング」です!

鮭を細かくほぐして玉ねぎや小麦粉(メリケン粉と表記されています)と

混ぜて蒸したものにブラウンソースをかけるという

手の込んだお料理です!「鮭のプディング」なんて

のもありますし、「トマトのクリームスープ」も充分すぎるほどお洒落ですよね。

 

戦前の日本人もチャーハンやチキンライス、クリームシチュー、

魚のバタ焼きなど食べていたんですね。

今とあまり変わらないことにもびっくりです。

もちろん「家庭おでん」なんていうのもあります。

 

興味深かったのは、

材料の中に「味の素」があちこちに見られたこと。

筆者が小さいころ味の素が良く使われていたことは覚えていましたが

戦前から使われていたとは知りませんでした。

 

それと、

初めて聞く雑炊の名前がたくさんあったこと(雑炊だけで20掲載)

雑炊好きはたまりません。

中でも徳川時代、加比丹(カビタン)すなわちオランダ人がたいそう好んだという「加比丹雑炊」と、

「一度食べたら忘れられない程美味しい」と書かれている、「バラこ雑炊」は、

(いくらの外皮をとったものを入れる)作ってみたいです。

ちなみに「加比丹雑炊」は、

白身魚のすり身と白味噌を加え、大量のゆずで風味をつけるというもので

味の想像が出来ないだけにスリル満点!!(^_^;)徳川時代のバテレン味を味わってみたいです。

 

他にも滋養がありそうな料理がいくつもあり、ぜひ作ってみたい。私の宝物です(^.^)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おでんの季節

2015-12-03 | 日々の泡

今日は夜来客あり・・

なので

朝から大鍋でおでんを煮ている。

洋風にしろ和風にしろ

ぐつぐつ煮込み系のメインは

ばたばたする時とっても便利だ。

 

絶対はずせない牛筋は、

この時期早めに調達しないと売り切れることが多いから

しっかり確保して、しょうが、ネギと共に

圧力鍋に入れ、くたくたに処理してから一緒に煮込む。

味が染みにくいこんにゃくや大根は底にセット。

結んだ昆布、ゆで卵も忘れずに。

早めに引き上げるものもあるから

鍋は二つ用意しておく。

 

家の中いっぱいに醤油とだしの香りが漂い

すっかり冬のセブンイレブン いや

町のおでん屋さんだ。

 

赤塚不二夫の「おそ松くん」の

チビ太が持っている具はなんだっけ?

 

新宿の有名なおでん屋さん、なんていったっけ?

寒い夜に駆け込んでちくわブ食べたっけな。

ええと、誰と一緒に行ったっけな?

今を去ること30年前、

クラフトワーク見た帰りにも行ったっけ 爆

あれ?スペシャルズ?トーキングヘッズだったっけか?

 

記憶はまだら。

すべて夢の中の出来事のようである。

 

耳に残るサウンドとおでんの味が見事にコラボして、それは楽しい夜だった。爆

 

ラーメン 寿司 餃子 おでん。

庶民の味。

国民食ですよね!!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加