邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

隅田川花火大会中継中止番組を見た

2013-07-28 | ★TV番組

雷の音に驚いた昨夜、

今日は

隅田川花火大会だったはずと

テレビ東京を見たら

ど~ん!と花火の映像。

まだ降ってないらしい・・・が

でっかい花火の横に チカッと光るものが!

あれは花火の光じゃないかも??

 

不吉な予感は当たって

 

その次の映像は激しい雨が降りつけたせいで

水浸しになった中継セットに座る

苦い表情の高橋英樹と、

濡れ髪がおでこにはりついたアナウンサーの女性(高橋さんの娘さんだそうです)のアップ。

そして暗い顔の二人は

「残念ながら花火大会は中止になりました!」とアナウンスするではありませんか!

まさか~~~

出演者はみなビニール傘を持っての異様な映像だった。

画面の端には

ゲストの樹木希林が大笑いしている姿が映っていた!

 

 

それからが大変。

「いや~~忘れられない花火大会になりました」

「花火師さんたちがお気の毒」

「う~~ん 去年は天気だったんですけどねえ・・・」

 

約1時間あまり、去年の花火を写したり

花火にまつわる俳句を読むなどして

繋いでいたが、急場なのでさすがの樹木希林も噛むなどしていて

ドタバタ。。

中村獅童が「いや~役者としても尊敬してますけどこういう時に対処できるという・・

ほんとにすごいと思います」とフォローすれば、

「ありがとうございます。だけど女房にすると苦労するらしいですよ!」と、絶妙な返しで

へたな漫談より面白かった。

が、やっぱり爆弾も。

 「花火師さんって一発一発こう手で火をつけるんだって思ってたんですけど、

機械のスィッチを押すって聞いてちょっとがっかりしました」という言葉に

あわてた高橋英樹が「それはずいぶん昔のやり方でしょう」とフォローするなど

やっぱり樹木希林を生放送で使うっていうのは

放送局にとってはハラハラのリスキーもの

であることは間違いないなと思いました。

視聴者にとってはわくわくどきどきですけどね

 

浴衣ですが、高橋英樹は爽やかな水色、中村獅童はすっきりとした紺と白の伝統コーマ、

キリンさんは紫ぽい夏着物でステキでした。(が、膝の上には濡れ防止のバスタオル!)

 

花火大会の中止は初めてのことみたいで

歴史的な場面に遭遇した感がありますが

これからは中継する場所は雨があたらない場所にされたほうが・・・

セットの氷柱も本来は涼しげだったはずなのに

あの天候では寒々しく・・・興醒めとは言いませんけど

涼を呼びすぎ!!!

 

花火大会に浴衣で出かけたカップルもほんと大変だったと

思うけど、来年もめげずに浴衣を着てね。

夏の景色を彩る素敵な姿なのですから!!

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日BSプレミアムにて「八甲田山」

2013-07-22 | 日々の泡

先日 「涼しくなる映画」

としてご紹介させていただいたばっかりの「八甲田山」が

本日午後一時から、BSプレミアムにて放送!

思わずエアコンの

スイッチをOFFにしてしまうだけの威力を持った映像に

凍結、金縛りになること請け合いです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ワイルドライフSP」”海の生物脅威の大集結”が凄かった

2013-07-16 | ★TV番組

野生の動物のドキュメンタリーが大好きでよく見ます。

 

昨日は「海の日」ということもあって

BSプレミアムで「ワイルドライフSP」”海の生物脅威の大集結を見ました。

 

アザラシのオスの鼻から妙なものを出すすごいアピールの仕方、

砂浜にずらりと並ぶ謎のピラミッド形の砂山の正体、

卵じゃなくて直接幼魚をポコポコ出産する魚、

オーストラリアのメルボルンの海に集まる、10万匹のカニ

の目的とは・・・と、次から次へと世界の海を股にかけた

前代未聞の迫力映像に見入った。

カメラマンさんスタッフさんお疲れ様です。

 

動物の雄が大きな家(巣)を作ったり、戦いをしたり

己の体を大きく見せたりするのは

決まって雌にアピールするため。子孫を残す本能のためである。

雌は慎重にその能力を見極めて

よりよい相手を探し出し子供を生む。

ほとんどの動物がそうなのだということを知った。

ものすごい努力をしている雄を見ていると

健気で涙ぐましい。すべて上手くいくわけじゃなくて

雌に簡単に振られたりするのがまた切ない。

 

海底を埋め尽くす10万匹の蟹がある時いっせいに

動きを止めたかと思うと

ハサミを器用に操って己の目を刺激し始める。

何かと思ったら!

それは

「脱皮」するサイン!

目を刺激するのは

脱皮に必要なホルモンを刺激するのだそうです。

脱皮といっても蛇みたいに

簡単にいくわけもなく

沢山の

手と足を丸ごと脱ぎ捨てるのは一発勝負の至難の技。

失敗して死んでしまうものも多いのだとか。

10万匹の脱皮!!

我々の想像をはるかに超えた

ホラー映画やSF映画も真っ青の映像に驚嘆。

絶対ハリウッド映画のプロデューサーや監督は

こういうものを沢山見てクリエーチャー製作のヒントにしているのでしょうねえ~~

だってすごいインパクト。

 

ちなみに脱皮したての体は蛸のように

柔らかく、1週間ほどたたないといわゆる硬い蟹の体にならないそうです。

 

また、違う種類の蟹は砂浜で

せっせと砂を運び家作りに必死。

雄があくせく働くのはすべて生殖のためで、

こんもりした、具合のいい砂山かどうかは

雌がじっくり吟味、審査して決めるのです。「僕んちへ来てよ~~」とばかりに

砂をとんとん叩く様子が可愛かったです。

 

縄張り争いでコブダイ同士がガチで戦う映像も凄かった。

体長1M以上、頭に大きなコブがある恐ろしい風貌で口を大きく開け威嚇し合う。

神秘的ですらある巨大魚のバトルに息を呑み 

負けた方の年配魚の方が求愛ダンスも上手く、

雌の扱いを心得ているため雌に取り囲まれ

やすやすと生殖出来てしまうという、ドラマ顔負けの展開に拍手喝采。

勝った方は縄張りは広がったけど、雌がよりつかない=モテナイ

のでとっても寂しそうでした。

 

生き物の驚くべき生態を見ていると

色々考えさせられます。

 

人間も動物の一種だと思うと

やっぱり究極の目的(本能)は・・・・

そう思うと

・・なあ~んだそうだったのか!とすべての疑問が解けたようにスッキリしました。 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海の日は新東宝の海女映画

2013-07-15 | 日々の泡

「あまちゃん」のヒットで

「海女」が脚光を浴びていますが、

われらが新東宝の映画にも

「海女の戦慄」「怪談海女幽霊」「海女の化け物屋敷」など

”海女もの”というジャンルがありました。

 

ナイスバディの女優さんたちがまとう

今はほとんど見られない

昭和の海女さんのコスチュームも注目です。

前田通子、三原葉子などの肉体美に頭もクラクラ。

舞台は海辺&海中がメイン。

お決まりの下心みえみえの水中アングル、

半裸での喧嘩(泥プロレス)に、他愛のない怪談を絡ませた、

これ以上は無いほどの納涼映画です!ビールによく合います!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼しくなる映画

2013-07-11 | 日々の泡

「暑いですねえ」が挨拶になっているこの頃

クーラーは必須といえども

それだけに頼らない方法、たとえば

グリーンカーテンとか日光遮断フィルムとか

暑さに負けない食事とか

色々提案されております。

筆者も

涼しくなる映画」を考えてみました。

 

まず王道ですが 怪談もの

● 小林正樹監督の「怪談」 は

芸術的なセットが見もののひとつになっている4話構成の怪談オムニバス。

二本目の「雪女」は冒頭からして猛吹雪。

雪女(岸恵子)に氷の息を吹きかけられて

カチンコチンにされる老人の気持ちになってみましょう。

他の3話もじわじわくる恐ろしさで寒さが持続します。

 

●「牡丹灯篭」

筆者お勧めは山本薩夫監督版。

もはやこの世のものではない、

お露とお米の透き通るような白い肌、虚脱感に満ちた風情が寒々しいです。

その手に持つのは

透け感満点の牡丹灯篭で

ファッション的にも◎

 ●「東海道四谷怪談」(中川信夫監督)も、

やはりはずせません。

お化け付きの蚊帳が涼感を誘います。

 

●猛吹雪といえば「八甲田山」

雪中行軍が体験する、気がふれるほどの厳寒描写に体も心も凍りつくことでしょう。

 

● 小津安二郎の映画は

さっぱりきっちりと小綺麗で

暑苦しくないので夏におすすめです。

特に風が隅々に行き渡るような昔の家のインテリアと

涼しげな着物姿が楽しめる「小早川家の秋」、

夏情緒バッチリの「浮草」がお勧めです。

 

他には「北の国から」をシリーズイッキ見するなんていうのも

涼しくなりそうです。

 

外は猛暑。

お手軽に

お茶の間で涼をとってみませんか???

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「海」の映画

2013-07-10 | 日々の泡

”海は広いな大きいな 月がのぼるし 陽が沈む”

シンプルだけど偉大な詩ですね~~

 

筆者は

車で10分ほど行くと海がある環境で育ったので

「夏は海!」が当たり前でした。 

ごくごく自然に小さい頃から

「あまちゃん」遊びをやっていましたよ。

大人になった今でも

広い海を見ると懐かしいやらわくわくするやらで

なんとも言えない気分になります。

 

が、新聞によりますと最近は

「海で泳いだことが無い」「べたべたするから嫌い」

「潮のにおいが嫌」

などという子供が増えているそうです。

「美白」ブームや紫外線忌避傾向、

親の影響ということもあるそうですが

海好きとしては

淋しい限りです。 

ということで、7月15日は「海の日」

先取りして

おすすめの「海」の映画です!

青幻記」 :田村高広主演、母を恋うる少年の心情が痛いほど伝わってくる夢のように美しい物語。

沖縄の海の神秘的な美しさが見るものの心をえぐります。

海の若大将」 言わずとしれた ドル箱シリーズ。ヨットもプールも海も恋も満載!

加山雄三が水泳部の部員として豪快なクロールで試合にのぞむシーンもアリ。

加山さんはストレートアームなんですね、とか水泳好きも楽しめます。

この時代、ゴーグルもキャップも無しで飛び込んでいます。

●「ハワイの若大将」飯田蝶子のフラダンスといい、トロピカルムード満点。

青大将(田中邦衛)のサムいギャグも涼感を誘いますね笑

●「八月の濡れた砂」 :湘南を舞台に
藤田敏八監督が、無軌道な若者の夏を描いてます。

井上陽水夫人の石川セリが歌う切ない主題歌と共に強烈な印象を残しました。

ファンファン(岡田真澄)の元妻 藤田みどりの大きなつばの帽子がお洒落。

 

とまだまだありますが、一応今日はこの辺で・・・

クーラーの効いた部屋で砂浜に寝転ぶ気分を味わえますよ♪ 

筆者はがぜん海に行きたくなってきました!!! 

写真は先月ドライブした逗子の海。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Eテレで23時から「夏和服美人」

2013-07-07 | 日々の泡

関東地方は梅雨が明けたようですね!

真っ青な空が広がっています。

夕べ、ロマネコンティをじゃぶじゃぶと飲みすぎたせいか

大嘘ただのミネラルウォーター飲んでいました)

寝しなに

幽霊屋敷の恐怖」と

ギレルモ・デル・トロの「ヘルボーイⅡ」を見たせいか、

 明け方、

侵入してきた賊と激しくもみあっているうちに

相手は階段から真っ逆さまにころげ落ちまして、

それに向かって

上から椅子を思いっきり投げ落としているを見ました。

 

なんと暴力的な夢でしょう・・・

ちょっと人様には言えませんね(言ってるけど)

 

己のホラーな深層心理に恐れおののいた朝でした。

 

気を取り直して・・・

今日のEテレ23時からの「美の壷」は

 「夏和服美人」だそうです。

要チェック!

お休み前にはこのように

美しく優雅なものをごらんになるのが

体と心のために良いかと存じます・・・・

・・・・

夏本番 熱くいきます!!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サタデーナイト

2013-07-06 | 日々の泡

土曜の夜。さあて地下に行って少し泳いでからワインセラーに突っ込んであるロマネコンティでも飲みながら「幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形」でも見ようかしらん。うふふなんという寛ぎ、というのは妄想です。地下のプールは草刈正雄主演の「汚れた英雄」からバクリました。化粧を落として大人しく寝ます。写真はなんとなく編み始めたレース。良い週末を!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ「鬼女」感想

2013-07-04 | ●面白かったTVドラマ

まだ記憶に新しい

連続不審死事件をモデルにしたドラマ。

 

容姿的にはお世辞にも◎と言えない女に

どうして何人もの男が騙されたのか???

って誰でも思い それが世間の関心の的だったわけですが・・・

脚本には何度も「ブス!」という言葉が・・・いいんでしょうか?

と思っていたらば

なんと 

「男性たちから愛されてしもうたんです」

な~んて普通では言えないようなことをバンバン言うんですわ。

 

容疑を全面否認し、法廷で堂々と胸を張る藤山直美に

苛立つ検事(田中美佐子)と、反対に興味を持つフリーライター(夏川結衣)。

田中美佐子はキャリアをかけて公判に挑むが

私生活では年下の夫とうまくいっていない様子。

公判に通いつめ、どんどんのめり込んでいく夏川と

決め手をつかめずイライラする田中。

3人の女を基点としてドラマは進む。

 

誹謗中傷ものともせず

カエルの面になんとか・・・

のれんに腕押し

盗人猛々しい

面の皮が厚い・・・メンタル最強・・・

いろんな言葉があたまを駆け巡ります。

これは田中美佐子じゃなくてもムカムカしますわ。

 

藤山の存在によって周囲が翻弄され

心理的にも影響を受けていくのが興味深かった。

 

大阪弁で通し、凄みを見せる藤山直美は

見てる方が引いてしまうほどの捨て身の演技でした。

どう見てもセンスがいいとはいえないちぐはぐで

少女趣味ないでたち・・・

 

で、

顔は怖い・・・ 

 

熊のイラストが入ったピンクのトレーナーを着た姿には

思わず失笑!その姿で田中美佐子にシラ~~っと嫌味を言うのですから

怖いというより 可笑しい。

しかしあくまでもシリアスなドラマ。

せっかくだから藤山寛美の娘、

喜劇役者としての藤山直美の可笑しさをもっと入れてほしかったというのは欲張りだろうか??

被害者に突き飛ばされて大泣きする場面も爆笑したが

果たして笑っていいのかと正直 迷いました!

 

でも藤山直美は

可笑しいというよりは

怖いひとというイメージがあった。同じく実在の事件をモデルにした映画、

阪本順治監督の

「顔」の印象かもしれませんが。

偉大な喜劇役者だったお父さんのように

ではなく、幅広い役を演じる役者を目指しているのかもしれませんね。

 

田中美佐子も夏川結衣も本来の美しさを殺した?たたずまいで

女としての生き方をそれぞれ演じており

藤山との対比が際立っていました。

被害者の家族を演じた小池栄子

昔の仲間のキムラ緑子(ど迫力関西弁)が肝が据わった演技で上手かった。

 

どんでん返しも用意されており、

女たちのドラマとしても面白かったけど

騙された男たちからの描き方はほとんどされていないので

今度ドラマ化するときは

そういう視点でもお願いしたいです。 

 

終始本心を明かさない

鬼女の正体は永遠の謎。

藤山直美のすっぴんの怖さと共に(頬の染みはメイクだそうですが)トラウマとなって残りそうです。

 

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい言葉

2013-07-03 | 日々の泡

今日はとても嬉しいことがありました。

水泳のコーチに

私の拙いバタフライを「キレイ」と言ってもらえたのです。

そのコーチのバタフライこそ

抜群にキレイなのですが、その言葉で

今日という日が光り輝いた。

パワフルで優雅な泳ぎ、

バタフライは大好きだけど

自信が持てていなかったので

俄然嬉しくなってしまいました。

 

「キレイ」という言葉は何よりも嬉しい。

 

パリのモンパルナスの坂で

フランス人の大変美しい男性に、

すれ違いざま

「キレイ・・・」(日本語)と言われて

ぶっ飛んだことがありました。

(あ、あなたこそキレイでしょう・・・・!)

その時は着物を着ていたので、着物をほめてくれたのでしょうが

人生で5本の指に入るほど舞い上がり

カフェに入っても呆然としていました。

パリでは他にも真っ赤なワンピースが良く似合う

モニカ・ベルッチみたいな女性にも横断歩道の真ん中でそういわれたんですよ。

あれはきっと「」だったのでしょう!

 

根が単純なので今日もとたんにやる気になって

猛烈に練習して疲れきってしまいましたが、

正気に戻って

藤山直美の「鬼女」、

これから見ます。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加