邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

溝口健二週間

2006-08-31 | 日々の泡
昨日のアクセスが驚異的な伸びで
世間での「近松人気」のほどが伺えて嬉しい。

これから市川雷蔵の「新・平家物語」やるみたいだけど、
雷蔵さんの本には
「体が引き締まるような厳しい現場だった」と書かれていた。

そしていよいよ
今晩夜中に「赤線地帯」が放送される。

これはもうたまらない!
いまさらですが、
赤線地帯で働く女たちを描いた作品で、
京マチ子、木暮実千代、若尾文子、三益愛子ら、サイコーです。

連日溝口漬けで、幸せな夏の終わり。日本人でよかった。

よかったらブログランキングへお願いします
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「山椒大夫」:追記

2006-08-31 | ★人生色々な映画
「安寿~~」
「厨子王~~~」

子を呼ぶ母の声は甘美な調べのよう。
田中絹代の美しい表情は哀しく映る。

一夜の宿のために萱を集め、
無邪気に小枝を折る子供たちは
その後の恐ろしい運命をまだ知らない。

映画を見終わった後で、
この子供時代のシーンをもう一度観ると
一層深い余韻にひたれる。

成人した二人が山で昔とまったく同じ作業する
シーンが、より胸に迫るのだ。

母の声が聞こえるという安寿。

徐々に荒れ果てた厨子王の心がほぐれていき
純粋だった子供時代の思い出が蘇った瞬間
元の心に立ち戻り、
父のかつての教えどおりに
見殺しにしようとしていた病人をかつぎ逃亡する。

それもこれも安寿の尊い犠牲があったからなのだが。

森鴎外の原作では、
安寿は姉で厨子王は弟なのである
私が見たアニメも確かそうだった。
姉が犠牲になって弟を救うのは
まあ普通のストーリーと言えると思うが
溝口・依田・八尋不二 はあえて安寿を妹としたところがニクい

清い心を持つしっかりした妹が、
グレた駄目な兄を諭して逃がし、自らは入水してしまうのです。

入水場面は白黒のコントラストをはっきりさせるために
カメラの宮川一夫が墨汁で
木々を黒く塗ったのだとか。
ほんとうの、「動く水墨画」だったことを知った。

母と子がむごたらしく引き離されるシーンは
田中絹代の台詞に続いた
浪花千栄子の切迫した台詞がサッとリズムを変換、
一気に緊迫感をあおる。
どぶんと船から投げ落とされたのはスタントマンだろうか、
すごい落とされ方だけど
まさか浪花千栄子が落ちたのではあるまいな~~
落ちたのかしら?

冒頭、
子供たちの父親は民百姓のために体制に反抗して左遷となるが、
それは吉村公三郎監督作品の
「夜明け前」で滝沢修が演じた真面目な庄屋を思い起こさせた。
明治維新のうねりの中で、国学を学び
自らの信念の元で地元人民のため生きようとするが
虚しく空回りし、最後には発狂してしまう痛ましい主人公だった。

この話は本人だけがひどい末路をたどったわけだが、
「山椒大夫」では父親の思想のため、
家族全員の運命が翻弄されてしまうということに。

最終的にはその教えが厨子王の心を救い
形見の観音様の導き?で母と再会できたのではありますが。

若き天才、早坂文雄の音楽も見事でした。

前に書いた
「山椒大夫」の記事

ブログランキングへお願いします





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「近松物語」 :追記

2006-08-30 | ★愛!の映画
「おさんと茂平衛」

この二人は行きがかり上、
一緒に出奔せざるを得なくなっただけで、
最初は駆け落ちしようとしたわけではない。

というのがそもそも面白い。

死を覚悟した茂平衛が
今ならバチはあたるまい・・と、主の妻である
おさんに愛を告白したとたん、
死のうとしていたおさんの気が変わるところで物語の
風向きは一変する。

それから二人は「どうにも止まらない」
「恋狂い」状態に陥るのである。

「恋はドラッグ」恋は魔術師」と
いう言葉が頭を駆け巡るほど
人目もはばからず抱きつき抱擁する様は傍目から見ると、
また理性で考えると異常だ。

「不義密通ものは重ねて4つに斬られる」という時代だったから
よけいに燃え上がったのか?

フランス映画にもないような
官能的な作品を、溝口監督はあの時代に撮ったのだ。

捕まって刑場へと曳かれる馬上においても
満足げに微笑む二人は究極のトランス状態にある。

共に死を迎えることさえもこの上ない愉悦に感じるなど
まるで殉教者のようでもある。

そのような精神状態に到達できるとは
恋のパワーとは恐ろしいものなのだなあ。

と、いうことで
私は「恋は宗教」という言葉も付け加えたい。

愛について考えたい人は必見の作品。
これもまた、何度も見返したくなる映画です。

以前に書いた
近松物語 記事

ブログランキングへ
コメント (11)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「山椒大夫」

2006-08-29 | ★人生色々な映画
私にとって「山椒大夫」は
思い出深い特別な作品なのです。

と、いっても溝口作品ではなく
アニメの「安寿と厨子王丸」なんですが。

今では思い切り振り絞っても、
ドライアイな私ですが幼少の頃
これ見て泣いたことを正直に告白します。

私の「初泣き映画」だったのです。

アニメといっても
声優として
安寿が佐久間良子、厨子王が北大路欣也、母が山田五十鈴・・
山椒太夫:東野英治郎、他に三島雅夫、山村聡など、
とんでもなく豪華なメンバーが名を連ねている作品で、
今も安寿が鳥に姿を変えて飛んでいく美しい場面を
まざまざと思い浮かべることが出来ます。


追憶・・・・
追憶・・・

言うことをきかない子供への脅し文句として
「人買いにさらわれるぞ!」
「わがままばっかり言ってると、サーカスに売るぞ!」という
言葉が生きていた時代ですね。
(私の周辺だけ?)




溝口作品を忘れるところでした。

平安時代、身分の高い役人だった
平正氏(清水将夫)は農民を救うためにお上にたてつき
左遷される。
家を追われた母(田中絹代)と子、
召使(浪花千栄子)は盗賊が
横行する山道で野宿していた。

人買いに騙され、
母と引き離された幼い兄妹は
残忍な山椒大夫(進藤英太郎)の元に買われていく。

貧しい民を救えという父親の思想は、
お守りに渡された観音像と共に厨子王に受け継がれるが、
その運命は過酷を極めた。

山椒大夫の舘の様子、
佐渡に売られていった母親の身の上などが
これでもかと容赦なく描写される。

数年が経ち、
苛烈な境遇に人が変わったようになった厨子王。
あの美少年津川雅彦の面影は何処に
劣悪な環境はこれほどまでに
人間を変えてしまうのか!と暗澹たる気持ちになる。

ただひとつの救いは安寿(香川京子)の清らかさのみだ。

今日BS2で放送された
「時空を越える 溝口健二」によると、
少年時代の厨子王を演じた津川雅彦は当時14歳だったそうだが、
相当厳しい撮影だったそうで
助監督の田中徳三が手加減して小道具を細工してくれようとしたのに
溝口監督にどやされ、ひっくり返るくらい重たい薪を背負わされたとか、
母と引き離された湖の撮影はなんと、2月の厳冬期だったと
語っていた。

田中絹代は「顔に艶があるから肉を食べないでください」と言われたとか。

実際そのシーンを見ると
素晴らしく現実感がある演技になっているので
誰もぐうの音も出なかったことであろう。

色んなエピソードを聞いても聞かなくても
後世にまで語り継がれる作品であることには変わりない。

津川雅彦が成人したら花柳喜章 になり
イメージとはだいぶ違ってかっくんときたが、その熱演は胸に迫る。

田中絹代の圧倒的な存在感と、神がかった演技で
ラストでは性懲りもなく泣きそうになってしまった。
宮川一夫のカメラもまた、神ですが。

*映画の中のイイおんな*
香川京子:汚れの無い美しさと申しますか、
ボロを着ていても生まれのよさが零れ落ちてしまう、
品のいい安寿です。私はこの方の「鼻」、端正な鼻筋が好きです。

1954年 溝口健二 監督作品
原作 森鴎外
脚色八尋不二 依田義賢
撮影 宮川一夫 音楽 早坂文雄 美術 伊藤熹朔

ブログランキングへ
よろしかったらお願いします

コメント (12)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「怪談新耳袋劇場版」

2006-08-28 | ★恐怖!な映画
フジテレビの人気ホラー番組を劇場映画化した一本。
8作入ったオムニバス。深夜に地上波でやっていたので見た。

「夜警の報告書」監督:吉田秋生
「残煙」    監督:鈴木浩介
「手袋」    監督:佐々木浩久
「重いッ!」  監督:鈴木浩介
「姿見」    監督:三宅隆太
「視線」    監督:豊島圭介
「約束」    監督:雨宮慶太/出演:曽根英樹
「ヒサオ」   監督:平野俊一


「夜警の報告書」は竹中直人が出演しており
軽いギャグが入っていたので
全体このノリなのかなと思っていたら
そうでもなかった。

次の「残煙」は、
森の中での得体のしれない恐怖描写が
ハリウッドホラー的。
「ブレア・ウィッチ」などを彷彿とさせるも
アイディアがあっさりし過ぎ?
洒落たファッションの可愛い女の子が、パニくった途端
汚い言葉になることのほうが恐怖だったぞ!!

この中では雨宮慶太監督の
「約束」が一番面白かった。
ストーリーが個性的で、ユーモアセンスが◎。
主演の曽根英樹が今の若者を好演していた。

「ゼイラム」「タオの月」を監督するなど
マルチな才能を持つ雨宮監督は
「仮面ライダー」などのクリエイチャー作家でもある。

カリスマ的な人気を誇っているだけあって、
出物の造型」には生々しい迫力があった。
それはストレートに「出たなあ!」という期待を
満足させてくれるもので
動きが若干「貞子」なのがちょっとアレだったが、
主人公との対比などが斬新で、驚きがあった。

首をかしげてしまったのは
ラストの母モノ「ヒサオ」。
ヒサオは息子の名前なのだが
最初から話がわかってしまうのは
ホラーとしてはどうなのだろうか。
わかっていながら
烏丸せつ子の一人芝居を見なくてはならないのはキツかった。
かなり暗く重くじめっとした話なので
これを最後に持ってくるのは、映画一本の
バランスを崩してしまうようでもったいないことだと思う。

中盤の「姿見」が怖い怖いという評判だったので構えていたのですが
オチで
爆笑してしまったのは正しい見方なのか正しくないのか・・・

シリーズ化しているようなので
「おっ!」と驚くような新しい「恐怖」を見せつけてくれるのを
期待したい。

ブログランキングへ

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

溝口健二作品をNHKで一挙放送

2006-08-25 | 日々の泡
残暑お見舞い申し上げます。

まっ昼間から浴衣でPCの前に座る私は、
早朝から鳴いている蝉と同じく
ゆく夏を惜しむ「」にカテゴライズされるのであろうか。

友達から遅れ、焦って蕾をつけている朝顔も
仲間に入れてあげよう。

西瓜も桃も枝豆もビールもついでに一緒。

ミゾケン

ミゾケン

と、呼ばせていただくには
あまりに偉大な溝口健二監督が
亡くなってから今年で50年。
色々な企画が組まれている。

27日(日)から
NHKBS2でも11作品が放送される。

溝口作品の
むせ返る様な美の世界にどっぷり浸るのも
ステキな夏の締めくくりになるのではと思います。

ブログランキングへ



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

「世界大戦争」

2006-08-24 | ★恐怖!な映画
恐るべきリアリティで、
第三次世界大戦・核戦争の恐怖を描いた映画。

平凡に暮らす市井の人々の暮らしを丁寧に描くことによって
戦争の恐ろしさと虚しさを際立たせる。

「・・・人間は素晴らしいもんだがなあ・・・。
ひとりもいなくなるんですか・・・
地球上に・・・」


胃の手術後、
生の喜びを噛み締めていた老人(笠置衆)がラストにつぶやく台詞です。

物語の前半は
え?これが本当にパニック映画?と、
いぶかしく思うくらい明るい調子で
田村(フランキー堺)一家らのささやかながら幸せな日常を綴る。

監督は「太平洋の翼(1963)」
「連合艦隊(1981)」「社長シリーズ」などの松林宗恵。
荘厳な音楽は団伊玖磨。

SFXに東宝特撮映画のエキスパートが揃っているために
クライマックスは最高に衝撃的だ!

田村は外人記者クラブの運転手。
小さな家に妻のお由(乙羽信子)、
娘の冴子(星由里子)たちと幸せに暮らしていた。
冴子は通信員の高野(宝田明)と結婚を約束していた。

市民の平穏な暮らしの裏で
世界では各地で連鎖的に戦闘が勃発、
いまや何が起こっても不思議ではない一触即発の危機的状況にあった。

首相(山村聡)らは全力で戦争を食い止めようとするが、
もうどうにも止まらない!ことに!

戦争が始まることが公表され、
末期的なパニックに陥った東京で
娘の名を呼びながら息絶える主婦(中北千枝子)
保育園で親を待ちながら歌を歌う子供たち、
もう会うことが出来ない恋人からの無線をキャッチし
泣きながら往信する冴子など、
胸がしめつけられらるエピソードが丁寧に描かれる。

田村家ではいなりずしや巻き寿司が最後の晩餐だ。

それまで毅然と明るくふるまっていた
田村(フランキー堺)が物干し台に上がり
呻く様に吐く台詞は、
傑作「私は貝になりたい」を彷彿とさせる。

平凡な市民の幸せを描き戦争の悲惨さを訴える手法は、
黒木和雄監督の
Tomorrow 明日」に受け継がれるものであるが、
黒木監督が描かなかった「その後」を
この映画は素晴らしい特撮によって我々に見せ付けてくれる。

「ミサイルが発射されました!」「あと50秒です!」
そうなっても、
時計を、レーダーを見つめるしか術は無いという
恐ろしさにはただただ慄然とするばかりである。

その後巨大な火山が何十個も
同時に噴火したようなすさまじいショックが訪れるが、
その大迫力といったら、
とても「庭に穴を掘って隠れていれば助かる
というレベルではないな」

と思わせるリアリティ、説得力があります。

最後にクレジットが入る。

「この物語はすべて架空のものであるが
明日起こっても不思議ではありません・・・」

おっしゃるとおりです。

ここには日本の市民が描かれているが、
全世界に人は生活しているわけで、
これは今こそみんなが見るべき映画、
人類必見の映画と言えるでしょう

*映画の中のイイおんな*
星由里子:都会的な美貌。
黒髪艶々・宝田明と組めば、ばっちりの東宝カップルです。
こんなテーマなので衣裳も地味ですが
いるだけで華やかさが漂います。
無線で愛を確かめ合う名場面は鬼でもぐっとくるでしょう。

松林宗恵 監督作品

脚本八住利雄 木村武
SFX 有川貞昌 渡辺明 岸田九一郎 
特撮監督 円谷英二 音楽 団伊玖磨  美術 北猛夫

ブログランキングへ
コメント (10)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「小説吉田学校」

2006-08-23 | ★人生色々な映画
『小説吉田学校』 8月25日発売 
5,040円
発売元:東宝
(C)1983 TOHO CO., LTD.

ちょうど麻生太郎氏の著書「祖父 吉田茂の流儀」を読み終えていたので
その内容と合致するところも多く、大いに楽しんで見た。
麻生さんも総裁選出馬するそうですが
作品中には犬と散歩する少年太郎君もフューチャーされている。

監督・脚本は(長坂秀佳と共同脚本)
日本沈没」(旧)、「八甲田山」の森谷司郎。
カメラは木村大作
壮麗な美術は、黒沢映画でもおなじみ村木与四郎である。

まず何より驚いたのは
吉田茂その人であるかのような森繁久彌の迫真の演技であった!

トレードマークの白足袋、
羽織袴はもちろん、葉巻をくわえたポーズ、
ダンディな洋服の着こなしがぴたりと決まっていて、
まるでドキュメンタリーを見るように自然に入っていけた。
さすがの千両役者である!

映画の前半は、
敗戦直後GHQによる占領下にある中
吉田の類まれなるリーダーシップによって
サンフランシスコ講和条約、
安保締結を成し遂げるまでの奮闘を描いている。

確固たる信念の元でアメリカをかわし
ぐいぐいと日本を引っ張っていったエネルギーが
画面から満ちあふれている。
外国と堂々とネゴシエイトする姿勢には思わず
「今こんな人こそ日本にいて欲しい!」と
誰もが思うだろう。

後半は
吉田と政敵、鳩山一郎(芦田伸介)の政界復帰と
その一派、である三木武吉(若山富三郎)との壮絶な抗争を中心に、
吉田の歴史に残る「バカヤロー解散」も含め、
ドラマよりドラマチックな人間模様を描いて
132分もあっという間。

主義主張は異なろうとも、
命を張って戦後日本を築いていこうとする
政界人のすさまじい戦いが胸を熱くさせる。
そして現代に脈々と通じている
保守本流の大きな流れが見えてくるしくみである。

個性派そろいの実在政治家を
役者がどう演じるかも大きな見所のひとつだ。

日ごろの映画耽溺のせいで、
三木(若山富三郎)と河野一郎(梅宮辰夫)が
ツーショットで出てくると、すわ「出入りか?」
盛り上がってしまうのが情けないところであるが。

吉田学校の門下、若き田中角栄に西郷輝彦
「ま、ソノォ~」は言わないまでも
極端にデフォルメした「ダミ声」の論客ぶりは必見だ。

吉田の娘和子を夏目雅子が演じ、その凛とした存在で
家庭人としての吉田の在りようを映し出している。
深い教養に裏打ちされたユーモアと、
ちょいと頑固ジジイなところも
森繁本人にダブる。

私邸がある大磯の浜辺を吉田が歩くショットが
何度かはさまれ
大波と大風を受けながら、
すこしも揺るがず立ちはだかる姿が網膜に焼きつく。
頼むぞ!と吉田は言い残す。

自民党総裁選を9月に控え、
満を持して発売されるこの作品で
今一度我々にとって戦争とはなんだったのか、
戦後の政治の歩みを振り返ってみるのもよいのではないだろうか。

若い人は
少なくともニュース、新聞がより一層興味深く見られること、請け合いです。

*映画の中のイイおんな*
夏目雅子:楚々としたたたずまいで
吉田茂のお嬢さんを演じています。きらきらした大きな瞳で見つめられると
森繁さんもタジタジ・・だったかも。
こういうきちんとした役もよくお似合いですね~

1983年 監督 .森谷司郎

脚本 長坂秀佳 森谷司郎
原作戸川猪佐武
撮影 木村大作
音楽 川村栄二
美術 村木与四郎 育野重一
照明 熊谷秀夫

ブログランキングへ





コメント (10)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

「小説吉田学校」ブロガー試写会

2006-08-23 | 日々の泡
「小説吉田学校」のDVD発売(8月25日)を記念して
「ブロガー試写会と座談会」
なぜか私もお招きにあずかりました。
場所は日比谷にある東宝本社の試写室でした。

「ブロガー試写会」は初体験でしたが
何よりも「小説吉田学校」はぜひぜひ見たい映画でしたので
二つ返事で伺ったのです。

受付で「邦画ブラボーのブラボーです。」と
いい年をして
なんだか阿呆」みたいな名乗りをすませて
中に入ると、すでに何名かのブロガーさんが
渡された資料を熱心に読んでおられました。

10人ほどの出席だったそうです。

ネットを離れてブロガーの方にお会いすることが
すごく新鮮に感じられたので
手当たり次第に話しかけたかったんですが、
すぐに時間となりましたのでとっとと映画に集中しました。

この鑑賞会にはビッグなおまけがついていました。

映画鑑賞後、なんと民主党幹事長鳩山由紀夫氏
ジャーナリストの上杉隆氏を囲んでの
座談会が行われたのです。
残念ながらわたしは私用があって
映画鑑賞のみの出席でした。

出席していればみなさまのお話も伺えたのになあと悔やまれます。

そのときの模様はこちらのブログに詳しく書かれていますのでどうぞ。

で、肝心の映画感想は次のエントリー「小説吉田学校」で。

ブログランキングへ
コメント (10)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

シネマヴェーラ渋谷で「妄執、異形の人々」

2006-08-21 | 日々の泡
渋谷に
「シネマヴェーラ」という名画座があることを
ご存知でしたか?

わたしはつい最近まで知りませんでしたよ。

9月2日から
妄執、異形の人々Mondo Cinemaverique」と題された
「江戸川乱歩の恐怖畸形人間」「獣人雪男」「マタンゴ」
「不知火検校」「黒蜥蜴」などの魅力的な特集が組まれます。

夏休み中はお子様向けであるとはいえ
大人も見たいような「パペットアニメ・ムーミン」
「くもとちゅうりっぷ」など
めったにお目にかかれない珍しい作品を集めた
アニメ特集、
その前は小津安二郎特集!を組むなど、
卓越したバランス感覚が伺える
「シネマヴェーラ」の動向に目が離せない。

9月に
着物を着た怪しげな女が円山町をうろついていたら
それはきっとわたしですのでどぞよろしく。

シネマヴェーラ渋谷

■ブログランキングへもよろしかったらお願いします
コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加