邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「子連れ狼第三部最終回」が凄かった

2012-11-29 | ●面白かったTVドラマ

ついについに

最終回をむかえた「子連れ狼」。

 

拝一刀(萬屋錦之介)対柳生烈堂(佐藤慶)

のガチンコ最終決戦である。

なんと、将軍様も固唾を呑んで勝負を見守った

世紀の対決なのだった。

 

あの一刀が死ぬわけ無いじゃん!と

誰もが思うが、しかし!!!

これはハリウッド映画では無く

修羅の道を行く「子連れ狼」の最終回なのです。

甘っちょろいはずがありません。

 

闘いは 

野球の延長戦がいつ終わるかと思うくらい延々と続くありさま

といいましょうか

マッチポイントになっても競り合う

バレーボールの試合みたい・・といいましょうか・・

真剣白刃取り対決、寸止め合戦・・

互いの力が互角である様をいやというほど

見せ付ける壮絶な闘い

が延々と続きます。

 

お互い体中から血が吹き出て

いつ倒れてもおかしくない様な

シチュエーションでいながら 戦い続ける

まさに死闘!というに相応しい内容でした。

 

しかも父と同じく白装束をまとった

幼い大五郎までもが果敢に

烈堂に向かっていくなど、涙なくしては見られない最終回。

ここまで書いていてもう筆者の目頭はじんわり熱くなっております・・・

 

中盤 意識朦朧とした一刀の姿と共に

父子のそれまでの過酷な旅の映像がこれでもか!と流れるに至っては...

 

ムクムクとした子犬のような体つきがなんとも

かわゆい、二代目大五郎(萬屋版で)佐藤たくみくんの健気な姿は

万人のナミダを誘ったことでしょう。

 

そして

無敵の一刀にありえないことが起こります。

顔が紙のように白くなって・・・・

 

涙を見せたことの無かった大五郎の目から大粒の涙がこぼれ!!

 

わ~~~~~っ!!!(動揺)

 

不滅の命、輪廻転生を説く一刀の声が朗々と響きわたり

いいしれぬ感動を呼びます。

冥府魔道を歩む剣客としての凄みに加え

父親としての情感をあますところなく

演じた

錦ちゃんでなければこの役はおさまらないなあと

あらためて思わせた瞬間でした。

 

ど~~~ん・・・・と何か真っ向からくらわせられたような

なんともいえない後味が残る・・傑作時代劇の最終回でした。

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

若かりし三國連太郎の美貌

2012-11-28 | 日々の泡

昨日BSプレミアムで放送されていた

「警察日記」を見ていて

若い巡査役で出ていた三國連太郎の美男ぶりに驚いた。

 

今でこそ「スーさん」とか言われて

すっかり好々爺のイメージがついてしまっているけど

若い三國さんが銀座を歩いたら、

絶対10人中9人は振り返るだろう。

まさに「凄い顔」「凄みのある美貌」

それに加え卓越した演技力を身につけているのだから

鬼に金棒だ。

 

若い時の加山雄三、田宮二郎なども

絶対振り返ってしまう「顔」を持っている。

 

「並」では無い、

「役者顔」ってそうそういるもんじゃないけど

演劇など見に行くと

目の光が強い、

その辺にはいないような若者を

観客席でたまに見かけることがあります。役者の卵なのでしょうか?

一般人とは一線を画す

「役者オーラ」が身体から出ているような・・

 

でも三國さんのような凄い俳優は10年、いや50年

いや100年(だんだん長くなってくる)にひとり

出るか出ないかでしょう!出たら万歳、儲けものの世界でしょう!?

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「子連れ狼」が面白すぎる

2012-11-11 | ●面白かったTVドラマ

連続もの時代劇がテレビから消えて

数ヶ月・・・

 もう我慢が出来ない!

ちゃんばらが見たい!

 

寂しい女の飢える心を満たしてくれるのは

一日中時代劇三昧の

時代劇専門チャンネルだ!

 

最近のラインナップでお気に入りなのは

萬屋錦之助主演の「子連れ狼」シリーズ。

各回豪華ゲストを迎えて充実した内容。

ノーギャグ、ノーおちゃらけの

シリアス時代劇だ。

冥府魔道に生きる拝一刀が

くだらない冗談なんか言わないもんね。

昔の言葉を使った台詞も耳に心地よい。

一刀の武士としての生き様に学ぶところも大きい。

 

シリーズは三部にわたっており

宿敵

柳生烈堂は 三人の役者が演じている。

第一部 高橋幸次 

二部西村晃

三部では 佐藤慶というラインナップ。

白髪のロングヘヤー、アイパッチのスタイルは変わらないが

いずれも堂々とした、いかにも強そうな烈堂である。

 

有名な橋幸夫の主題歌「しとしとぴっちゃん・・・♪」は

よりエンターテイメント性が増した第三部から。

 

さらに柳生の最後の切り札である毒薬のエキスパート、

阿部頼母(金田龍之介)が登場するのも

三部である。

付け歯?をつけてのおどろおどろしいメイクは

アップになるとすごい迫力。

 

注意:熱い飲み物を飲みながら見てはいけません。

飲んでいるコーヒーや味噌汁は必ずや

噴出してしまうので危険です!

さらに

アダルトの女王池玲子が出演する回は

「こんなのほんとに放送したの?」というほどの

大判振る舞いです。

色が透き通るほどに白く、演技もうまい。

阿片中毒の禁断症状シーンなどは

まるで見てきたかのような(爆)迫真の演技で

思わずつばを呑みました!

 

大五郎も二人の子役が健気に演じており

ナミダを誘うこと必至。

CMの前に入る小島剛夕の原画も

素晴らしく叙情的です。アメコミもいいけど

日本の劇画も決して負けてはおりませんぞ!

 

記念すべき第一回の

「子を貸し腕貸しつかまつる」の録画をまだ見ていないので

これから見ます!

若山富三郎版の映画と比べて楽しみたい!!♪

面白い時代劇見ながらだと、編み物もはかどる~~~(?)

 

✽関連記事

「子連れ狼:子を貸し腕貸しつかまつる」

(三隅研次監督 若山富三郎主演)

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加