邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「悪の階段」

2006-03-31 | ★ハードボイルドな映画
悪の「気」が充満している。

なにしろ登場人物五人全員が悪人なのですからして。

大会社の金庫破りを企てる
クールな岩尾(山崎努)、凶暴な下山(西村晃)、
小心モノの小西(加東大介)、金庫破り技術屋の若造熊谷(久保明)、
岩尾の女ルミ(団令子)、5人組の悪党。

まんまと大金をせしめたものの、
岩尾の指示で半年は金に手をつけない約束を取り交わす。
金の隠し場所は荒れ地に立った
不動産屋の地下室(美術は成瀬監督作品でもおなじみの中古智)だ。

アップを多用し、細かな表情を巧みにとらえるかと思えば、
荒地を舐めるように這い、一軒家を不気味に浮かび上がらせるカメラは
ホラー:「死霊のはらわた」(サム・ライミ)を思い出させる。

団令子の冷たい瞳、頭脳明晰な山崎努と冷酷な西村晃。
凄みのある表情が白黒画面に映える。

地下室で繰り広げられるおぞましい惨劇も
ホラー映画さながら。
西村晃は殺人モンスター化してますし。

大金を手にしたら一刻も早く自分のものにしたくなるのが悪人のサガ。
色と欲にまみれ仲間割れしていくのだが、
練られた脚本が先を期待させる。

おどろおどろしいばかりでなく
洒落たタッチで流れる音楽がフランス映画のようでもある。

余計なことは言わない、しない女・団令子が怪しく美しい。
全員の持ち味生かしたキャスティングも素晴らしい、傑作。

監督   鈴木英夫 脚本 鈴木英夫 原作 南条範夫 撮影 完倉泰一
音楽 佐藤勝 美術  中古智

ブログランキングへ
応援よろしくおねがいいたします


コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「映画検定?」

2006-03-30 | 日々の泡
キネマ旬報社が「英語検定」ならぬ
「映画検定」という試みを始めるそうだ。

1級から4級まであるそうですよ。

洒落にしては手が込んでいて、
試験場も全国規模で設けるらしい。
受験料もちゃんと取るし、
検定用の参考書(キネ旬社でしょうもちろん)や問題集も発売するようだ。

いずれにしろ記憶力が悪い私などは即落ち必至。
なお映画関連の就職に有利になるのかは不明。

詳細はこちら

ブログランキングへ応援よろしくおねがいいたします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

松本清張のネーミングセンス

2006-03-29 | 日々の泡
松本清張という人は
優れたストーリーテラーであると同時に、
類まれなるタイトルセンスがある人だ。

例えば、
「点と線」:結んだらどうなるかと興味がわきます
「影の車」:「車の影」だと馬鹿みたいだけど、
ひっくり返すだけでミステリアスですね
「わるいやつら」「けものみち」:ひらがなであることがポイントなんでしょうね
「天城越え」:越えた先に何かがあるのか?と期待させますよね。
「ゼロの焦点」:  ・・・

多分に意味不明なものもある。

昨日記事に書いた
「遠い接近」:・・っていったい何ですか?
「愛の断層」:愛に断層があるのか!ありそうにも思えてくる・・
さらには
「砂の器」」:「砂の城」をもじったのだろうか?ロマンチックな響き
「Dの複合」:Dを「複合」するって何?意味がわからないながらもすでに複雑なストーリーの予感・・
「隠花の飾り」:隠花植物というのは胞子によって繁殖するそうです。
奇形的で淫靡な香りが漂う。その「飾り」とはいったい??(汗)

等々・・簡潔にして印象深い背文字は、見るだけで思わず手にとりたくなる。
題名からして
もうすでに勝負はついているかのようです。

ブログランキングへ
応援よろしくおねがいいたします
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

松本清張の「遠い接近」

2006-03-28 | ★人生色々な映画
戦局も悪化していた頃。東京。
年老いた両親や妻、小さな子供を抱えた働き盛りの職人(小林桂樹)に、
ある日徴兵命令が来た。

昔胸を病んだこともあり、免れるだろうと思っていた矢先のことだった。
つつましく暮らす家庭を襲う大きな不安。
おじいちゃんが笠智衆、吉行和子が夫の身を案ずる妻。

あれよあれよという間に本入隊が決まり、
市井の生活とは異なる軍隊での生活が始まる。
平凡な男のとまどいが痛いほどに伝わってくる。

古参の兵隊(荒井注)の暴力にも黙々と耐える日々だったが、
ふとした折に「赤紙」は役人によって不公平に発行されていることを知る。

一方、大黒柱を失った家族は縁故を頼って東京を離れるが、
8月6日、疎開先の広島に原爆が投下される。
終戦。

男は恐ろしい執念で赤紙発令に携わった役人(下元勉)を探し出す。
完全犯罪をもくろんで遂に復讐を遂げるのだが・・

赤紙がきたばっかりに一家を全滅させてしまった・・・
小林桂樹が家族を失い怒りに燃える男を演じている。

「不公平」に対しては
人間諦めがつかないというか、怒りが強くなるものなのでしょうね。
まして家族が全滅してしまったなら・・
神経逆撫でされた主人公は攻撃行動に出る。

中条静夫がいかにも辣腕刑事らしく
理路整然と小林を追い詰めていく過程に緊張感がありました。

松本清張は「闇市の復員兵役」で出演。
ヒッチコックみたいに
どこかに出ているのを探すのがこのシリーズの楽しみになってしまった。
何処にいてもすぐみつけられるのがやはり清張さん。
台詞を喋るとずっこけるけど、ルックスは俳優としてなかなかいけると思う。

芸術祭優秀賞受賞作品

この作品も面白かったので「ドラマ特選」コーナーに入れました。

1978年 原作 松本清張 演出:和田勉

ブログランキングへ
応援よろしくおねがいいたします

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

リメイクドラマ多いですね

2006-03-27 | 日々の泡
このごろやけに多いと思いませんか?
昔版をざっと思い出してみました。

●「けものみち」:名取裕子主演・和田勉演出。
パワフルな社会派ドラマだった。
西村晃の鬼頭、山崎努の冷たい小滝がよかったですね~
ムソルグスキーの「禿山の一夜」を効果的に使っていたのも印象に残っている。
●「氷点」:  昨日の記事に書きました。
●「白い巨塔」:田宮二郎が全身全霊で演じたゴローちゃんは
やはり不滅でしょう。関西弁は効いているわ、
これ以上は望めない豪華キャストだわの不朽の名作ドラマ。
●「西遊記」:堺正章(悟空)と三蔵法師(夏目雅子)の
でこぼこコンビが楽しかった。ゴダイゴが歌ったテーマ曲がヒット。
●「愛と死をみつめて」:歌だけ覚えています
●「砂の器」:映画版「剛・嘉」の宿命の加藤親子!
●「積木くずし」:高部知子VS小川真由美なんて、書いていても恐ろしい。

その他、横溝ドラマは何回もリメイクされています。

どれも絶対当たるだろうと思われる面白いドラマですが、
昔の作品を見ている側としてはどうしても新鮮味に欠けるのはしょうがない。
筋は嫌というほど頭に入ってますし
強烈な印象がなかなか払拭出来ないですしね。

だけど、面白いものもある。
●松本清張の「わるいやつら」を豊川悦司でやったのはよかった。
女に手が早い酷薄な医師役で、ワルになりきれなかった映画版片岡孝夫
(現仁左衛門)をしのいでいたかもしれない。
看護婦役の藤真利子もよかったです。

他にも....
思い出したらまた書き足します。
:追記
●松本清張「黒革の手帳」:確か山本陽子さん主演でしたね~
これの米倉版がヒットしたので「けものみち」へと続いたんでしたね。

●「赤いシリーズ」:山口百恵さんでヒットした。
これもリメイクされたんですね

●「復讐するは我にあり」:テレビで役所公司がやったの見ました。
主人公の不気味さが出ていましたが、「怪物」までいっているのはやっぱり緒方拳ですね。

ブログランキングへ応援よろしくおねがいいたします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「氷点」石原さとみで再ドラマ化

2006-03-26 | 日々の泡
可愛がっていたもらい子が、
わが子を殺した犯人の子供と知って苦悩する美しい人妻夏枝と、
天使のように清らかな心を持つ洋子との愛憎、
一見幸せそうに見える裕福な家庭の危さにも迫る。

夏枝の冷たいいじめに耐える洋子の健気な姿が涙を誘う・・ということで
以前新珠三千代・内藤洋子主演でドラマ化されたときは人気沸騰、
最終回では視聴率42.7%を記録した。

若尾文子、大楠道代で映画化された作品については当ブログでも記事を書いています。

原作は三浦綾子。
石原さとみはいいとして、
肝心の夏枝役を早く発表して欲しい。

ただの「いじわる」だけではなく
複雑な心象を表現出来る演技力も必要とされるが、
絶対条件としては「美人」でなくてはならない。

岩下志麻など贅沢でいいと思うが
それではまるで「鬼畜」ですかね~~
誰がいいでしょうか?

舞台となる北海道の自然も見所のひとつとなっています。

ブログランキングへ応援よろしくおねがいいたします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黒沢清「LOFT/ロフト」今秋公開

2006-03-25 | 日々の泡
もうひとりのクロサワ、
黒沢清監督の新作「ロフト・LOFT」が今秋公開されることが決まった。
1000年前のミイラを題材にしたホラーだそうだ。

主演は豊川悦司と中谷美紀。
二人とも初めての登場だけど、
ミステリアスな雰囲気が黒沢映画にぴったりだと思うがいかが?

黒沢監督の映画を見ると、わけもなく不安な気持ちになる。
今生きているこの世界はいったいどこへ繋がっているのだろう。

■ブログランキングへ
応援よろしくおねがいいたします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松本清張の「愛の断層」

2006-03-24 | ★人生色々な映画
風邪をひいてしまったので、
毛布をかぶって清張ドラマを見る。

ホモセクシュアルな香りさえ漂う、
堅い絆で結ばれた男たちの間に入った女は・・・

銀行の支店長沖野(平幹二朗)は上司の桑山(中谷一郎)に
女(香山美子)を横取りされてしまう。
彼らは大学時代、先輩後輩の仲だった。

心の隙間からすっと入り込む悪を、
絶妙に描く清張ドラマは
どれもハズレが無い。
これも
ロケなんかしなくても面白いドラマはいくらでも撮れる
という見本のような心理劇。

仲のいい二人に
「モノ」のように扱われて唖然とする女を
香山美子が手堅い演技で見せる。

「人間の運命というものは、
いつコロリと変わるかわからないですよ・・」
彼らを翻弄する海千山千の私立探偵(殿山泰司)の台詞だ

どこか「笑ゥせぇるすまん」を思い起こさせる、ブラックな物語だった。

平幹二朗が普通の男を演じているのですが
いつ何をするのか!?と思い、目が離せませんでした。

それと松本清張が、
「つり銭無いよ」と粘るタクシーの運転手に扮していて大ウケ。

1975年 演出 岡田勝  原作 松本清張 脚本 中島丈博

■面白かったドラマはこちら

■人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「天城越え」和田勉版

2006-03-23 | ★人生色々な映画
「あの日、どんなことが待っているか知っていたら、
女も土工も私も天城を越えようなどとは思わなかっただろうに」

宇野重吉の回想から始まる「天城越え」は当時油が乗っていた
和田勉演出ドラマの中でも珠玉の作品といえる。

有名な田中裕子主演の映画もよいが、
こちらは殺される側の土工、娼婦、少年、三人のドラマがあぶりだされ、
交錯している点で映画をしのいでいるかも知れない。

映画では、慕っていた母親の情事を目撃したことも
(「影の車」的でもあった)
動機のひとつとして示唆されていた。
が、ここでは動機をはっきりとは書いていないがゆえに
胸が詰まるような深い余韻を残す。
和田勉のすごいところだ。

松本清張ご自身が現場を目撃しながらも去っていく遍路役で出演している。

めった刺しにされた土工(佐藤慶)が、
よろよろとトンネルから出、
そよぐ木々と晴れ渡った空を仰ぐ。

彼の頭には何がよぎったのか。
幼い頃、父親に殺されかけ、虚無の人生を歩んできた男は
清張:「鬼畜」の子供が大人になった姿でもあった。

大谷直子はまぶしいほどに色っぽいし
鶴見辰吾はこの作品が今まで見た中で一番すごい。

「もう二度と会うこともないだろうけど、
私みたいな女のことを本気で思ってくれたのは、
にいさんだけかもしれない。ありがとうよ」

その言葉を聞いた少年の顔が忘れられない。

柔和な表情の中で時折キラリと光る目が恐い元刑事、
中村翫右衛門VS表情だけですべて表現する(し得る)宇野重吉の
重厚なシニア戦もみものだ。

深緑の梢、清流のすがすがしさを映し出すカメラ。
「にいさん」と呼ぶ美しい声、白いうなじ。

トンネルの向こうには違う世界が待っているのだ。

1978年第33回芸術祭大賞受賞作品。
原作: 松本清張  脚本: 大野靖子  音楽: 林 光 演出: 和田 勉

ブログランキングへ


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「SPIRIT」見てきた

2006-03-22 | 日々の泡
日本人俳優が外国映画に続々と進出している。

中村獅童と原田真人も
リー・リンチェイこと
ジェット・リー最後の武道映画といわれる
「SPIRIT」に出演している。

主人公は実在の武闘家でもある霍元甲(フォ・ユァンジア)。

監督は「チャッキーの花嫁」、「フレディVSジェイスン」などの
香港生まれの欧米育ちロニー・ユー。

最近の映画はどこからどこまでCGなのかわからない。
精緻な画面とダイナミックなカメラワーク、
そしてなんといっても
ジェット・リーの一挙一動に釘付け。
釘付けになりすぎて目が充血してしまいました。

アクションだけでなく
ドラマも盛り込んであるので、彼のファンならもちろんのこと
格闘オタクじゃなくても楽しめる。

いったいいくつになったのか。
体のキレは全然衰えていない。
「ワンス・アポン・ア・タイム・・」、
「少林寺」のまんまだ~(実はほとんど見ている)

香港の至宝ですね。

ただ日本のロックバンドが歌う
エンディング・テーマが??全然映画に合わない。
あれおかしい。

それと中村獅童。美味しい役どころをもらってますが・・・
台詞の吹き替えはいいとしても・・まあ後は映画を見てくださいね。
他にも
ストーリーがベタであるとか説教臭いとか、つっこめば色々ありますが
そんなことはちっぽけなことと感じられるほど
ジェット・リーの存在は光り輝いている。

彼を見るのに全然支障は無いです。
すごい俳優。羨望。

■ブログランキング



コメント
この記事をはてなブックマークに追加