邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

師走に「脱獄広島殺人囚」

2015-12-30 | ★ハードボイルドな映画

今年も残すところ

あと二日となってしまいました。

 

残ったお仕事を片付けていらっしゃるのでしょうか?

大掃除、忘年会、おせち作り、

年賀状書きでしょうか?障子張り?お餅つきかな?

・・・・・・

とにかく気忙しくされているかと

存じます。

 

という私は、ちょいとソファに座ってHDDを

ひょいと覗いてしまったのが百年目、

録画した松方弘樹主演の映画

に引き込まれてしまいました。

 

脱獄広島殺人囚」(1974年公開)(^_^;)

 

これが滅法面白くて

他のことはそっちのけになってしまったんですわ。

監督は中島貞夫。

松方弘樹の目の下は真っ黒だし、

広島弁炸裂がまるで「仁義・・・」を思い出させるし、

舞台のほとんどが刑務所だし、

年の暮れに見るにはちょっとヘビイかなと

思っていたのも束の間、

あれ?これってコメディなの?と

思わせる珍妙な演出に思わず身を乗り出してしまったのです。

地上波では放送できないような

演出も多々アリ。実在の人物がモデルだそうな。

 

何度も何度も脱獄し、捕えられて懲罰房に入れられても

微塵もへこたれることなく、さらに罪を重ね、

破れかぶれで

本能のままに生きる男の生き様に

開いた口がふさがりません。

 

なんでこんなにしぶといの?

狂犬?いや

ゴキブリのように強靭な生命力です。

 

西洋映画で

ポール・ニューマン主演の

脱獄映画がありましたが、あんな爽やかなナイスガイとは

対局をなす、ダーティな男です(^_^;)

 

でも、

粗暴で

シリアスな表情とは裏腹の、

小狡くてハチャメチャな

「心の声」が笑わせます。

 

筋金入りの極道、

伊吹吾郎とのやりとりには

腹を抱えてしまいました。

あっ、出演陣も

すごく豪華です。

金子信夫、西村晃、梅宮辰夫、室田日出男、大谷直子なんかも出てます。

渡瀬恒彦の、完成されたチンピラ風巻き舌には舌を巻きました (^_^;)

 

ハードな場面が続く中、ラストシーンは

妙に突き抜けた明るさがあり、救われます。

この男のその後も想像できるだけに、

言い知れぬ感動を覚えました。

 

松方弘樹の軽妙な魅力を発見した一本でした。

 

さあ 明日は大晦日!今年も終わりですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「出所祝い」

2015-05-09 | ★ハードボイルドな映画

東宝が初めて手掛けたやくざ映画。

 

 

 

珍しく仲代達矢がやくざ役を演じてます。

 

設定が昭和初期ということで

 

振り回すのはドス。着流しの任侠の世界。

 

安藤昇

 

丹波哲郎

 

栗原小巻

 

田中邦衛

 

黒沢年男

 

夏八木勲

 

天本英世

 

江波杏子・・・

 

 

豪華な顔ぶれが並びます。

 

栗原小巻は清純なお嬢さん役で

 

掃き溜めに(失礼)鶴のごとし・・・

 

 

 

青森が舞台。

 

やくざ同士の抗争を描いてますが、

 

ねぶた祭りを大胆に使うわ

 

バックに鳴り響くのは高橋竹山の津軽三味線ですから、

 

それは盛り上がりますわ。

 

五社エンターテイメントは決して観客を裏切りません。

 

 

 

ゴージャスなこの映画の肝は、

 

なんといっても安藤昇のたたずまい。

 

一言セリフを言っただけでずっしり・・

 

背筋がぞぉ~~~っとする本物の迫力があります。

 

祭りの太鼓の乱れ打ちを披露する場面は

 

お宝映像でしょう。

 

のちに仲代さんがインタビューでも

 

「安藤昇さんの迫力が素晴らしい映画です」と言ってます。

 

出入りの場面は

 

高倉健さんを意識したとか・・・とバラしてました。

 

確かに

 

丁寧語で乗り込むところ、ちょっと似てます。

 

 

 

見せ場はいくつかありますが、

 

もっとも印象的だったのは

 

田中邦衛が二人組の色っぽい女殺し屋に惨殺されるシーン!

 

五社監督の「これでもか!」の

 

ねちっこいサービス精神が感じられます。

 

 

 

それにしてもただならない色っぽさだなと思って調べたら、

 

ピンク映画出身で寺山修司に気に入られて天井桟敷に移った

 

新高恵子さんだったんですね。

 

あまりセリフはありませんが、着物から大胆にのぞかせる太腿とか、素晴らしいです。

 

 

 

残酷な修羅場も五社監督の手にかかれば

 

濡れ場のような色っぽさを感じさせられるんですよね。

 

残酷絵みたいな、嗜虐美っていうんですか。

 

 

 

その極みが仲代VS夏八木

 

津軽の荒海を背にしての死闘です。

 

二人とも半裸、血まみれで戦うのですが、見ようによっては

 

究極のラブシーンのような???バックミュージックは津軽三味線です。

 

 

 

男の美学が散りばめられた、五社版血とエロスの世界へようこそ!!

 

 

 

1971年 五社英雄監督作品

 

日本映画専門チャンネルにて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大幹部 殴り込み by 渡哲也

2014-06-28 | ★ハードボイルドな映画

渡哲也が

チンピラヤ●ザを全開で演じきっております。

 

のっけから肝が据わった鉄砲玉ぶりを発揮する

渡アニイとそのまたアニイ(青木義朗)、そして手堅い仕事しそうな

藤竜也のトリオ。

 

冒頭の、激しいアクションのたたみかけは

007をほうふつとさせるスピーディさです。

いやホント!

 

おつとめを終えて出てきてみたら

その世界の力関係はがらりと変わっていた。

 

キャストが超豪華なのも

ただの娯楽作品とは一線を画したたたずまい。

いくつかの見どころがあります。

 

●アニイたちの固い絆 (渡 青木 藤): 藤と青木の最後はグッとくること請け合い

●チンピラ三下たち(尾藤イサオ・佐々木功ら)と渡の絆:尾藤が歌う場面アリ

●昔ながらの仁義派青木(時々血を吐く!)と、恋女房(岩崎加根子)の愛

●足を洗って町工場で働く浜田光夫と可愛い小山ルミの純愛

●渡に昔撃たれて片腕を失ったヤ●ザの恨みと奇妙な心理

●ヤ●ザを憎みながら渡に魅かれてしまう横山リエのクールな美貌

●安部徹と金子信雄の悪玉親分ぶり!

 

これらの人間ドラマが絶妙にちりばめられた上

かつ

スピーディ。

 

 「えっここまでやるの?」

「もうやめといてあげといてくれる!?」

思い切った暴力描写にたじろぐも

ライブ感あふれるカメラワークや

渡哲也がフラフラな頭で自問自答するなど

時折差し込まれるシュールな演出

にひきつけられる。

 

完全無敵のスーパーヒーローじゃなくて

等身大の人間であるところも

臨場感あるのです。

 

最後のショットも

余韻をもたせてニクイ。 あの後、渡アニイはどうなったのか・・・・

 

狂犬のような渡哲也がふと見せる

寂しさ、愚かさ

可笑しさ、可愛らしさ。

心に残ります。

 

監督 舛田利雄 


脚本 棚田吾郎、舛田利雄
美術 木村威夫
出演 渡哲也 青木義朗 藤竜也 

横山リエ 岩崎加根子 金子信雄 安部徹 浜田光夫 尾藤イサオ 佐々木功 深江章喜

1969年日活

 

チャンネルNECOにて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「闇を裂く一発」

2012-10-13 | ★ハードボイルドな映画

峰岸隆之介(徹)は

赤木圭一郎にも負けない魅力があると

思うんだけど

なぜかコレといったヒット作が無い。(「サード」ほんの一瞬の出演でしたが良かったですね)

これは貴重な主演作。

しかも脚本が黒澤映画も手がけている

菊島隆三とくれば、

観ないわけにはいかないじゃありませんか!

監督は村野鐡太郎。

 

あまり知られていない作品だけど

露口茂、加藤武などキャストも超渋め、

演出もタイトで面白かった!

 

なんといっても

登場人物の肉付けが秀逸です。

ちょっと「野良犬」を思わせる

雰囲気もあった。

言葉尻から、

人となりが浮かびあがってくる手腕がさすがである。

 

ベテランアナログ刑事、

露口茂は防弾チョッキも着ない。

「サングラスをかけるやつは好かん!」

「オレは仕事で興奮してくると咳が出るんだ」

峰岸はオリンピックを目指す射撃の名手。

凶悪犯罪が起こり 露口とコンビを組まされる。

最初はぎくしゃくしている関係も次第に打ち解けてくるが・・・

 

はっとさせられる台詞も満載だ。

「若い者は何か夢中になれるものが必要なんだ」

「人間なんて一皮むけばみな同じだ。悪いことをしたやつが悪人になる」

たたき上げ刑事らしい含蓄のある台詞が

露口茂の声で言われるとまた味わいもひとしお。

青い峰岸君にもちゃんと見せ場は用意されています。

 

野球場でのラストは抜群に臨場感があり

はらはらさせられる。

佐藤允は

冷酷非情な犯人役がぴったりはまってます。この人の

悪役はほんとに怖いですね。

 

峰岸隆之介も他界してしまった。

感無量。

ただ峰岸の射撃仲間として

今も現役で良く物真似もされている

平泉征が若さいっぱい、精気あふれるキャラを演じていて

現在の落ち着いたお姿との対比に

またまた隔世の感を強くした。

 

男っぽくて乾いた感じのカッコイイ映画でした。

 

日本映画専門チャンネル

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「デンデラ」見たよ~~~!!

2011-06-30 | ★ハードボイルドな映画

映画館に足を踏み込んだら

すでにそこは

 

「デンデラ」だった!

 

ロードショーでこんなにたくさんのデンデラ、

いやシニア女性が集っているのをはじめて見た!!

会場ほぼ満席状態も初めて!

「パイレーツオブカリビアン」なんのそのの大入りだ。

正真正銘ほぼ95%の観客がデンデラ、

いや中高年だ!

始まる前までは

芳しくおしゃべりしたりお菓子を食べていたデンデラたちも

映画が始まると、食い入るように画面にひきつけらていた。

 

物語は「楢山節考」のその後。

お山に捨てられた老女たちは生きていた!

虚飾を剥ぎ取ったガチの

本音のぶつかり合いに観客全員、身につまされっぱなし!!?

 

生きることとはなんぞや

この世とはなんぞや???

 

浅丘ルリ子さま(神がかり)

山本陽子さま

草笛光子さま

倍賞美津子さま

赤座美代子さま

角替和枝さま

白川和子さま

山口果林さま

・・・・・

 拝みたいです。

 

 実力バッチリの女優さんたちの

ものすごい女優魂に感服した。

カメラ、音楽もよかったです。

 

浅丘ルリ子と山本陽子のツーショットでは

かつての楚々とした山本陽子の着物姿と、

日活時代の愛らしいルリ子ちゃんの

姿が脳裏を駆け巡り

あまりのギャップに頭がぐらぐらした。

ルリ子ちゃんがすごいのはわかりきっていたけれど

他に

山口美也子がカッコよくてぶるぶるしてしまいました。

東映さまの、

鑑賞券1000円均一という英断にも拍手を送りたい!

舞台は酷寒の山奥だけれど、

猛暑に向けて、

ものすごい

パワーをもらった!

出演者、スタッフの皆さんほんとにありがとう。お疲れ様でした。

全女性必見!!

(男性には怖すぎるかも)

●「デンデラ」公式サイト

映画のカテゴリーを何にするか考えたのですが

これは

ハードボイルドだ!

 

蛇足ですが 浅丘ルリ子って芸術ですね・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「新幹線大爆破」

2011-02-23 | ★ハードボイルドな映画
社会から弾き飛ばされ、
大胆な計画を実行する三人組の
犯人役に高倉健 (沖田哲男)
山本圭 (古賀勝)
織田あきら (大城浩)。

この映画(1975年公開)を先に見ていたら
キアヌ・リーブス・サンドラ・ブロック主演の、
誰でも知ってる大当たり映画「スピード」(1994年)が
色あせて見えたことでしょう。
速度を落とせば爆破するってアイディアを
20年も前に映画にしていたのは国産だったのだ~~~!
「スピード」の脚本家は「暴走機関車」を参考にしたといってるみたいだけど
ちょっとテイストが違う気がするし、やっぱりこっちでしょう。
さらにこの映画の前にすでにテレビドラマでアイディアが
提示されていたという情報もありますが見ていないので定かではありません。

さて「新幹線大爆破」ですが
刑事側は当時のテレビドラマに出演していた
刑事役や犯人役の上手い俳優さんで固められていて
ヘタにスターを使っていない故、リアルな臨場感をかもしだしております。

社会の底辺であがく男たちが、
大胆にも新幹線を爆破すると予告して金をせしめようとするのですが・・

犯人役の三人:
事業に失敗し女房に逃げられた、ちょっと情けない高倉健って
イメージからちょっとはずれてる気がしたけど、
でもやっぱり健さんは健さん。見せ場沢山あります。

織田あきらという俳優さんはどこか影があって、
最下層の鉄砲玉役とか、
幸せになれない気が最初からしてしまいますね。
「津軽じょんがら節」のイメージも強い。
ここでもバイクにまたがった途端、不吉な予感が・・

そして山本圭ですが
理屈っぽい(爆)思想犯役といえばこの人!
元過激派の役ならどんぴしゃり!、
と思ったら、元全共闘闘士は織田あきらの方で、
山本圭は職にあぶれた元工員という役でした~~
これでもか!というくらいのうらぶれ感を全身で表現されていてさすがです。
期待どおりの大芝居も見ごたえ十分で、寡黙で抑えた演技の健さんとの
コントラストもバッチリです。

この映画はなにしろ警察当局と犯人側の
攻防戦が実にスリリング。一転二転する展開も見事!

逃げる犯人を警察が「動いたら撃つぞ!」と言ったなり
簡単にズドン!と撃ったり
刑事たちが
すごく偶然に?山本圭が歩いているところへ出くわすなど
時々アレ?という場面もありますが
スピード感ある演出に矛盾も消し飛んでしまいます。

さらに信じられないくらいの豪華キャストの
思い切った使い方にも注目したい。

多岐川裕美なんて、受付嬢としてちらりと出ているのみ。
台詞もひとつかふたつだったし。北大路欣也とかも。
多彩な出演者の中で特に印象に残ったのは
警察側の鈴木瑞穂
カツゼツ良くキレのいい台詞で画面を締めてます。
それと宍戸錠の弟でちあきなおみの旦那だった郷英治
ワイルドでいい味だしてますよお。

他には、
宇津宮雅代 (健さんの別れた妻役)
田中邦衛 もちらっと出てるし
宇津井健 (良心的人物役)
JJサニー千葉 (チラ役だけど見せ場あり)
小林稔侍 (真面目な役)
志村喬 (国鉄総裁)
志穂美悦子 (ちょい役)
渡辺文雄 竜雷太 丹波哲郎
北大路欣也 (ちょい役)
川地民夫
藤田弓子
岩城滉
林ゆたか 多岐川裕美 露木茂

などなど。

新幹線という、
あまりに身近すぎる素材を扱ったからか、
宣伝が行き届かなかったせいなのか、
興業的に成功を収めなかったそうですが
今見ても十分楽しめる作品!

おすすめ!!


監督 佐藤純彌
脚本 小野竜之助 佐藤純彌
原案 加藤阿礼
撮影 飯村雅彦
美術 中村修一郎
音楽 青山八郎
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「野獣刑事」

2009-02-09 | ★ハードボイルドな映画

野獣デカ(緒形拳)は口は悪いわ
女は抱くわ・賄賂OK・殴る・蹴る・手荒な取調べは当たり前・
マスコミは利用・おとり捜査・別件逮捕OK
だが
狙った獲物は絶対逃がさない。

大阪は尼崎が舞台。
ズタズタにされた若い女の惨殺死体が見つかって
女の部屋にいりびたっていた
デカの出番!
扮装してもしなくても、
ドヤ街にすんなり入り込むダーティデカ。
荒っぽい捜査に突入する。

殺人事件の話かと思いきや、
デカとその女(いしだあゆみ)、子供・
女の元カレ・泉谷しげるが織り成す人間ドラマが秀逸で
食い入るようにみてしまう。

本線がメインと思ったら複線が本線だったとは。
予想をくつがえす展開に呆然とする。
終盤の大立ち回りには
大阪府警も全面協力で(だと思う)ヘリは飛ばすは、
パトカーは派手にクラッシュさせるはで
ど迫力の映像に一役買っている。

キャストは他に
芦屋雁之助、蟹江敬三、小林薫、麿赤児
刑事仲間に藤田まこと、成田三樹夫など。

泉谷しげるの破壊力もスゴイです。
ダメで情けなくて狂っていて・・
健さんの「夜叉」での
たけしは
この映画のダメダメ男・泉谷しげるを髣髴とさせる。
凶暴度は泉谷に軍配だけど。

役者はいいのはもちろんだが
演出も脚本もすべて素晴らしいデカ映画の傑作だ。

いしだあゆみも大阪育ちとかで水を得た魚のよう。
田宮二郎の「犬シリーズ」もそうだったように、)
役者も出身地の言葉を喋っている時が一番生き生きする気がする。

子役がごっつう上手くて、おおいに泣けるんですわ。

1982年
監督 工藤栄一
脚本 神波史男

撮影 仙元誠三 音楽 大野克夫
美術 高橋章

ブログランキングへ応援オネガイシマス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「脱獄囚」

2007-04-23 | ★ハードボイルドな映画
脂汗がにじみ出るほどはらはらした。
彼奴を逃がすな!」と共に
日本映画史上に残る傑作サスペンス

撮影は成瀬巳喜男作品でもおなじみ玉井正夫。
まず脱獄の場面から始まるが、無駄が一切無く
たたみかけるようなテンポのよさで
3回ほど思わず「あっ!」と叫んでしまった。
演出が素晴らしい。

とにかく脱獄した死刑囚役の佐藤允が怖いのなんのって。
この人は「独立愚連隊シリーズ」などの陽気な役をやると
この上なく爽やかなのに
敵にまわしたら最後?最高に怖いタイプだと思う。
飢えた野獣のようにぎらぎらと光る目に
頑丈な体躯。まるでを思い起こさせる。
睨まれたら恐怖で金縛りになりそうである。

その脱獄囚が復讐のため、
自分を逮捕した刑事(池部良)の家族を狙い
隣人の母(中北千枝子)娘を人質に取って篭城する。

犯人と戦う池部良はスラリとした、いい男。
終始厳しい表情で妻を守る様子はまるで
「セブン」のブラピみたいにカッコイイのである。

命を狙われるか弱い妻役はというと、
それが見るからにたくましい草笛光子なので
「怖いわ、あなた」と言っていても
「そおお?」と思ってしまうのは仕方が無いのではないか。
だがしかし、暗闇の中の攻防は大変リアルで、
見ているほうも歯を食いしばってしまうこと必至。

こんな映画が半世紀前に作られていたなんて信じられない。
池部の家と中北の家のインテリアが
まるでアメリカのホームドラマに出てくるようで興味深かった。
ラジオから流れる放送もなぜか英語(米軍放送)なのだった。

池部の上司役に藤田進。頼もしく、温かみがある。

1957年

監督 鈴木英夫
脚本 村田武雄
原案 石川年
撮影 玉井正夫
音楽  芥川也寸志
美術 小川一男
録音 . 下永尚
照明 石井長四郎

*鈴木英夫関連記事
非情都市
悪の階段
彼奴を逃がすな


ブログランキングへオネガイシマス
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「出獄四十八時間」

2007-04-20 | ★ハードボイルドな映画
峰岸隆之介は和製ジェームス・ディーンか?
森一生+宮川一夫「ある殺し屋」コンビによるハードボイルド。

無実の罪をきせられ「臭い飯」を食わされた元警官(峰岸隆之介)が出獄。
親友(長谷川明彦)の手を振り切り、
単独で事件の真相を探り復讐を遂げる。

最初から犯人がわかってしまう筋書きがちょっといただけないが
爽やかな笑顔を一切排除し、孤独な男を熱演する
峰岸の魅力で見せる。

東宝にスカウトされ、
大映で何本か主役を務めた後、
「峰岸徹」と名前を変えて現在も渋い演技を見せつけているが
そういえば
「サード」で森下愛子を買うヤ●ザ役よかったですねえ。
ちょっと個人的にはショックな役柄でしたが、
峰岸の汚れ役があったからこそ、永島敏行が生きた!
そう思っとります・・
井上順や大原麗子らがいた
「六本木野獣会」のメンバーだったことでも有名だ。

石原裕次郎に憧れて芸能界入りしたっていうけど、
赤木圭一郎と言われた方がぴんと来る。
彫の深い美貌、スラリと伸びた長い脚、

ケチのつけようが無い二枚目峰岸が
倉庫、港、採石場を走る、走る。
走るシーンがやたら多い
ハリウッド映画のような派手なアクションや思い切った演出が目をひく。
スタント無しの体当たりの荒業に感服した。
相手役も大変だ。
戸浦六宏なんか縄をかけられて
車でひっぱられること数十メーターですもん。
気の毒だった。

峰岸に絡む「フーテン」美女に松岡きっこ、仇だと誤解して狙う安田道代(大楠)、
共にピチピチとはじけそうな躍動感で、作品に色を添えている。

ドライな白黒画面はどこを切っても一枚の絵のよう。
峰岸ファンは必見!

1969年
監督   森一生
脚本 吉田哲郎
撮影 宮川一夫
音楽   池野成
美術   太田誠一

ブログランキングへオネガイシマス

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ある殺し屋の鍵」

2006-10-26 | ★ハードボイルドな映画
踊りの師匠が男の表の顔だが
裏稼業はもちろん殺し屋だ。

名前は「新田」としておこう。

ある殺し屋」の続編は
またあのギターの調べで始まった。
物悲しいメロディが物語へといざなう・・・

新田は色と欲がうずまく世の中で
粛々と仕事をこなす殺しのエキスパートだ。

金のため?

いいや。

女のため?

違う。

復讐か?

ノー

てめえらは人間じゃねえたたき斬ってやるんですか?

関係無い

ここでも一切の背景は述べられない。
この世はすべて馬鹿馬鹿しい・ナンセンス・・茶番だ・・
殺し屋はもちろんそんなことはひと言も喋らない。
戦争の暗い影がちらりと覗き、

そこにはただ風が吹いているだけである。

昭和の香りが色濃いのはギターの音色のせいだろうか?

前作の舞台は荒地、墓場の傍のぼろアパートという
場末も場末、大場末だったが
この作品ではゴーゴークラブや
洒落たレジデンス(マンション)と、都会的な彩りだ。

監督は同じく森一生。脚本は大映専属の小滝光郎となり、
増村保造 は構成にまわっている。

哀れな西村晃がまんまとその手にかかり
したたかな佐藤友美(ってこんなイイ女だったっけ?)が、新田を誘う。

題名にある「鍵」の扱いも皮肉な
乾いた大人のメルヘンである。

二作共傑作!

映画の中のイイ女:
佐藤友美 熟女になられてからしか知らなかったので
若い頃こんなにキュートだったのかと新鮮でした。
軽くウェーブかかったロングヘアに体にそったドレス。
都会的でクールな女・・年配になってもこの路線を崩さなかったんですね!

監督 森一生
脚本  小滝光郎
構成  増村保造
原作  藤原審爾
撮影   宮川一夫
音楽  鏑木創
美術 太田誠一

ブログランキングへオネガイシマス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加