邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

着物をリサイクル?しています

2017-10-24 | 日々の泡

goo の お題に参加してみよう!のコーナーに

「・・・をリサイクルしていますか?」

と あるところを

顔をリサイクルしていますか??」と読んでしまい

ぎょっとしました!!

 

正しくは

服をリサイクルしていますか?」でした (^_^;)

 

 私の場合は

着物なので リサイクルというか

繰り回しといったほうがいいと思いますが・・

売ったりしないで

自分でリメイクしているということです。

 

古くなった着物は洗い張りに出して

一枚の布にもどし、

裏地を替えてまた仕立て直ししたり

傷んでいたならば、良いところをとって

羽織にしたり 道中着にしたり 

帯にしたりして、繰り回しています。

薄い色の色無地などは

染めなおしに出すと

別の着物に生まれ変わりますしね。

 

今も、父の残した古い大島を

そのままだと丈が足りないので(女ものはおはしょりがあるため)

道中着に縫い直そうか、

羽織にしようか、迷いに迷っています。

 

そんな時間がとても楽しくて

新しい反物から作るより好きかも。

 

最近のヒットは、

数箇所シミがある化繊のジミ~~な単衣を

まっぷたつに切って

二部式の水屋着(割烹着)にトランスフォームしたものです。

着られないものが

使えるものになって満足満足・・

 

着物は便利ですよ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バラキ」の、秀逸な吹き替え

2017-10-19 | ★洋画

テレビ東京で

チャールス・ブロンソンの「バラキ」をやっていたので

懐かしくて思わず録画した。

ん~~ん マンダム しか知らなかった子供の頃、

そういえば、ちゃんと映画を見たことがなかった。

アラン・ドロンが「ダーバン」のCMに出演していた頃、

ブロンソンも人気だったけど

お世辞にも二枚目とはいえない風貌に

なんでこのおじさんが??と、子供心に不思議に思ったものだった。

 

「バラキ」は

「ゴッド・ファーザー」のような大作ではないが

ブロンソン演じるバラキという

チンピラと、

親分リノ・ヴァンチェラの

確執を軸に イタリアンマフィアの抗争を一切の甘さ抜きで描いており

一気に見てしまった。

 

生まれた時からワルで百戦錬磨という感じのブロンソン、

刑務所でシルクのガウンを羽織る貫録のヴァンチェラ。

絵になる~~~

そして、また声優さんが渋かった!

 

バラキを大塚周夫。時代劇にも出ていた方で

声優として演じた役は数知れず。さすがの巻き舌であった!

親分リノ ヴァンチェラには

森山周一郎!懐かしいと思われる方も多いだろう。

 

この二人の吹き替えが秀逸で

どっぷり物語に入り込めた。

「ドスが効いている」 

「ガラが悪い」 というのは こういうことだと

思わせてくれるに十分の貫録!

 

この最高にガラが悪い名作を見ながら(聴きながら)

着物を一枚縫ってしまいました!!!

バラキ着物です!!

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

加山雄三&前川清「新にっぽんの歌」

2017-10-10 | ★TV番組

最近BSが面白い。

新・BS日本のうた「夢の共演!加山雄三×前川清 若大将が演歌を熱唱!

数日前のYahooのニュースで

加山さんが「演歌」に挑戦という記事を読んでいたので

興味がありました。

 

加山雄三と演歌って何?

 

オープニングは「そして神戸」

続いて「噂の女」と前川ナンバーが続きます。

「うわさぁ~~~あぁ~~~の おんんなぁあ~~~!!!」♬

びっくり!

すごい声量&表現力です。

この、「~」と「あ」にも演歌って、音階があるじゃないですか。

絶妙でした。

「演歌は若いころから大好き!カラオケはいつも演歌。前川さんの唄!」と、キッパリ。

 

前川清とのデュエットでの「東京砂漠」も良かったです。

女性がひとりつぶやいているようで、導入部はとても静かなんですね。

そして女性の気持ちが高ぶってくるように、徐々にテンションがあがっていき

サビで大盛り上がりがくるドラマのような歌です。

 

「あなたがいればぁ~~あなたがいればぁ~~~」♬

大迫力!

 詩が大好きだという

「奥飛騨慕情」。こぶしもまわって絶好調の加山さん。

NHKホール?が巨大なカラオケホールに!!

 会場大喝采。

 

若大将と演歌ってイメージが合わないじゃないの?という危惧も消え。。

不思議と

歌詩がぐいぐい頭に入ってくる。

 

さすがクリエイター。作詞作曲家でもあるせいか

俳優としてのキャリアもあるせいか、

表現力がずば抜けていると感じました。

35年前に作ったという「嘘よ」は、前川清が歌い、

このたびシングル化されるそうです。

お母さん(小桜葉子)が作詞したという「りんどう小唄」は可愛い歌でした。

 

聴きなれていたはずの唄が

加山雄三を通ると化学変化を起こす。

 

何度も何度も聴きたくなる味わいがあり

今日も朝から、録画した

加山版「そして神戸」を聞いてしまいました。

 

石坂さんといい加山さんといい、

ダ・ヴィンチのような人って実在するんですね。

◎ 新にっぽんの歌

今日も良い日でありますように。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「石坂浩二のニッポン凄い人名鑑」

2017-10-09 | ★TV番組

石坂浩二司会のトーク番組が始まるというので、いそいそ録画。

BSジャパン

各界の凄い人をお迎えし、石坂さんが頭をひねって極上のもてなしをするという。

第一回のゲストは草笛光子。
大きな花柄のブラウスに白いパンツスタイル、
美しい白髪に
赤いイヤリングがアクセントになっていていつもながらお洒落。
専属トレーナーに薦められて使っているという
バランスボールを持参しての出演。

食事のときはいつもこれに乗って体幹トレーニングしているのだという。

すごいプロ根性ですよね。
テレビ創世記の頃生放送されていた、「光子の窓」での苦労話も興味深く

素晴らしい歌唱力に圧倒された。

芥川也寸志と結婚していたんですよね。

石坂さん、シャンパンがお好きだという草笛さんに、
可愛がっているワンちゃんの名前と同じシャンパンでおもてなし。
さらに、これ美味いですよ!と、別のこだわりのシャンパン(高そう~~)をお土産に。

バランスボールに一緒に乗るところでは、落ちないように
ムキになって乗っていたのが可愛らしかった。
マルチな才能を持つ石坂浩二の意外な面も見られるかもと期待の番組。

愛犬(ボルゾイ)との、お散歩プライベート写真もファンには嬉しかった。

来週は松本幸四郎さん。どんな話が飛び出すか 楽しみだ。

有馬稲子が「やすらぎの郷」で演じたのは、

草笛光子がモデルだったの!?と、今更ながら気づく、わたくしだった。

 

今日も良い日でありますように。

「石坂浩二のニッポン凄い人名鑑」公式HP

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「真田幸村の謀略」

2017-10-07 | ★ぐっとくる時代劇映画

猿飛佐助(あおい輝彦)が宇宙人?という

奇想天外時代劇だが

監督は中島貞夫

脚本は笠原和夫なんです。

 

松方弘樹の幸村は、ドーランも黒々で

精悍でどっしり!なんだけど、

真田十勇士をストップモーションでコミカルに登場させたり、

のっけから隕石が飛んで来たり、

大陸帰りの真田広之が韓国語でぺらぺら喋ったりと

びっくりの連続。

 

幸村が執念で追う、家康は萬屋錦之介。

大阪城でヒステリックに叫ぶ淀君に

高峰三枝子という豪華キャスト。

高峰三枝子は

「犬神家の一族」の汚れ役が素晴らしかったけど、

すでにこういう濃いキャラをやっていたのですね→ ×

というのは間違いで

この作品は1979年公開

「犬神家・・」は76年・・だから

犬神家のほうが先でした。

とにかく、達者な演技に見惚れた。

 

笠原和夫の脚本は

リズムが良く、長い台詞も心地よく耳に入ってくる。

「そうなの~~?」などという

妙な現代語が混じっていないのもいい。

そうそう、成田のミッキー(成田三樹夫)も

大阪方の重鎮として出ており

ドスの効いたセリフにうっとりしました。

他に丹波哲郎、梅宮辰夫も。

 

大阪城落城シーンは

色々な映画で何度もみるけど、何度見ても感慨深い。

秀吉が一代で築きあげた豊臣家が無残に

滅ぼされてしまう・・日本の戦いの歴史ですね。

 

合戦シーンは迫力があり、

派手な甲冑姿の幸村が何人も現れるシーンは、鳥肌ものの

見どころでした。

 

ラストにも、あっと驚くショットが待ち構えている、

エンターテイメント時代劇でした。

 

時代劇専門チャンネルにて

 

今日も良い日でありますように。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カズオ イシグロと日本映画

2017-10-06 | 日々の泡

カズオ イシグロさんが

ノーベル賞文学賞をとった。

 

アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソンの

「日の名残り」を見てから

イシグロさんを知った。

英国貴族に仕える執事の話を

日系の人にどうして

書けるのだろう?と不思議に思ったが

数年前に来日したイシグロさんが

まるで哲学者のように

物静かに学生たちのインタビューに

答えている姿を見て

顔と名前はは日本人だけど、

もうこの人はイギリス人なのだなあと思った。

 

しかしこのたびの受賞を受けてのコメントに、

「もののあはれ」という言葉は常に頭にある・・という言葉を聴き

ああ あの静謐で端正な文章は、やはり日本人の感性からきているのかも。

と思った。

 

しかも しかもですよ!!

小津安二郎や成瀬巳喜男の映画に影響を受けているとも聴き、

ますます嬉しくなった。邦画ブラボー的に ど・ストライクであります。

 

今日は小津 成瀬を見てイシグロとの関係を研究したいと思います。

 

今日も良い日でありますように。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たあいの無い夢

2017-10-05 | 日々の泡

夢に俳優さんが

よく登場するのだけど

(森雅之は常連・・)

昨夜は加賀まりこが初登場した。

 

「やすらぎの郷」の加賀まりこと仲良くなって

有頂天になり

一緒に遊んだりしているが、

会うたびにどんどん若返っていく。

 

娘までは良かったが、

少女 幼児・・と退行して

とうとう赤ん坊になってしまったので

もてあまして、途方に暮れ

カフェのソファに置き去りにする・・という話だった。

 

なんとも後味がわるいエンディングでした。

ブラッド・ピットの映画にそんなのありましたっけね~~

 

「目が覚めてほっとする系」の夢は

疲れている時に見るのでしょうか??

季節の変わり目だからかな?

 

今日も良い一日でありますように。

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

「三人家族」木下恵介:山田太一ドラマ

2017-10-04 | ●面白かったTVドラマ

「三人家族」は
竹脇無我演じる上昇志向の強いエリート商社マンと
通勤電車で出会った、OLの栗原小巻の恋を軸に
親しくなった互いの家族(同じく三人家族)の間の人間模様を細やかに描いています。
竹脇の家族は、
定年まで勤め上げたサラリーマンの父(三島雅夫)と

、のんき屋の浪人生の弟(あおい輝彦)の男家族。

家族のように親しまれている家政婦の菅井きんが
女らしくて可笑しくて、ほろりとさせて一家にかかせない存在になっている。

三島雅夫は、悪役から家康のような老獪な役と、なんでもこなす変幻自在の役者だ。
若尾文子様との「雁の寺」の住職なんて、ほんとに嫌な奴でしたが・・
この作品では、いつも朗らかで優しくていいお父さん。
菅井きんとの絶妙なやり取りは、必見です。

栗原の父親はというと、幼いころに失踪。

以来女手一つで母親(賀原夏子)が娘たちを育て上げた、女三人家族である。
思ったことをずばずば言う天真爛漫な妹役を沢田雅美が演じている。

沢田さんはこのキャラを橋田ドラマまでずっと保ち続けているような・・・
賀原夏子は、下町のおかみさん的な役が多いイメージだったけど、
ここではレストランの女支配人という ハイカラな役。
「シン・ゴジラ」の石原さとみよりずっと流暢な英語で外人客相手に話すシーンもあり、びっくりです。

演技が上手い人って、きっと英語もうまいんだなと思う。

美男美女の竹脇&栗原コンビは
どこの角度からみても100点満点だ。
ウキウキするような恋の始まりから、いらだち、とまどい、切なさ。
いいですね~~

恋というものは すてきな もの なんだ~~~♪
という歌があったものだったが・・・

二人の恋の行方を追いかけつつ、
家族同士の心温まる交流を見る 至福の時間。
けっこうみんな本音をズバズバ言い合うところも新鮮だった。

栗原のお父さんの失踪理由がいまいちピンとこなかったけど

男それぞれ生き方が違って・・

現実に満足できなくて、夢を求める男と

運命を甘んじて受け入れ、耐えて行く人(三島)と

いうことだろうか。

 

竹脇無我の、仕事のために

栗原への思いを抑える鉄の自制心もすごいと思った!

 

人はみんな寂しいから、みんな人にやさしく出来る。

いいな いいな にんげんっていいな~~~♪

まさにそう思うエンディングであった。
矢島正明の、折り目正しい二枚目な声も良かったな~~
爽やかな秋にふさわしい、大人のドラマでした。

今日も良い日でありますように。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

木下恵介アワーから「3人家族」見ました

2017-10-03 | ●面白かったTVドラマ

日本映画専門チャンネルで
大好物ドラマを鑑賞いたしました。
木下恵介アワーから「3人家族


歴代最高視聴率だったという26話からなる物語。
演出はもちろん木下恵介、
脚本は連続作品デビューの山田太一とくれば飛びつくに決まっています。

木下恵介のホームドラマは大好き!

ユーモアもあり情感もあり、物語を盛り上げる弟の木下忠司の音楽も最高。
中でも新藤英太郎主演の「おやじ太鼓」は楽しかった。


主人公は愛すべき雷おやじ(懐かしい言葉!)。

怒りっぽくてしょっちゅう雷を落としているが、実は情に厚い熱血漢だ。

のちの向田邦子の「寺内貫太郎一家」にも通じるワンマン亭主です。

鶴亀次郎という名前もグ~~~!!だった。

「3人家族」には

対照的な二人のお父さんが出てきますが、

男家族の三島雅夫の父親が、実直で温厚で、昭和のお父さんっぽくて ディティールまで完璧で良かったなあ~~

さらに、「矢島正明」によるナレーションが入っているのも特徴的。
矢島正明といえば、60年代大活躍の声優さんで、
「ナポレオン・ソロ」のソロ役といえば、あ~~~あの!と思う方も多いと思う。
(ちなみに相棒のイリヤ・クリヤキンは同じく当時売れっ子の野沢那智でしたね)


しっとりとした、安定感のある美声が 登場人物の気持ちを代弁して、

ほろりとさせてくれたり 笑わせてくれたりと 影ながら重大な役割を担っている。

 

長くなりそうなので またあらためて。尻切れトンボですみません。


今日もいい1日でありますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追記:香水マジック

2017-10-02 | 日々の泡

昨日の記事で

今の自分に似合う香りをみつけよう・・などと書きましたが、

さっそく候補を今朝のテレビで入手しました。

 

ほうじ茶香水!!

って あるんですって。

 

これかな~~~

 

まさに香ばしい女性、、、ですよね!

 

今日もいい日でありますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加