邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「人斬り銀次」

2004-11-23 | ★ハードボイルドな映画
50年もの間服役していた男が出所する。
魂が抜けたようにとぼとぼと歩く男が、どんな過去を背負っているというのか・・

冒頭。
簡易宿泊所のベッドで夢を見る銀次(夏八木勲)

出征する兄を泣きながら見送るお下げ髪の妹に、青年の銀次(竹内力)が笑いかける。
次の瞬間カメラは、
ベッドの上で目を閉じながら必死に手を振る、白髪頭の銀次を捕らえる。

泣けました。

白状するとこの映画は夏八木勲を見るために見ました!

その年老いた男は「人斬り銀次」と恐れられた伝説の人物だった。
若い頃の銀次に竹内力。(全然カタギに見えません)
憤怒の形相が大魔神を思い出させました。

過去と現在が交錯しまくるところが面白かった。
銀次にまとわりつく、
ホームレスの韓国人青年役益子智行が上手い。

「ジジイが三人暴れる映画」とは
製作者側の言葉だけど、
謎の財界人に麿赤兒、ドスが効いた声と顔はそんな役にぴったり。
そしてもうひとり、石橋蓮司が政界のドン。

政治と日本の在り方にも疑問を投げかけ、テーマは大きい。
作り手の熱気とこだわりはエンディングの選曲などにも現れていると思う。
(私個人はかなり疑問だけど)
俳優みな熱演、立ち回りシーンも(スプラッターあり)派手で面白いのに
アレ?ととまどう場面もあったことはあった・・・

だが夏八木勲は凄い。
「じいさん」って、呼ばれてましたけどね!(失礼な!と、見ながら怒っていた私)
凄いだけではなく、全身から絶望と哀愁漂わせていました。
年を重ねてもなおド迫力があり、色っぽい男がここにいる!

*オフィシャルサイト
*夏八木勲フィルモグラフィー

人斬り銀次@映画生活

2003年 宮坂武志監督作品 (日活)

■ブログランキング参戦中
応援よろしく!!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「帝都物語&帝都大戦」

2004-11-15 | ★妖しい映画
東京を「帝都!」と呼んでみて「カッコイイ!」と思ったら見てください。
この言葉にこだわりを持つ人なら楽しめる映画だと思います。

それと「オカルト」とか「超能力」とかに興味がある方。
「レトロな街」「ロボット」「ジオラマ」「フィギュア」
「荒俣」・・もいいかな~~

「帝都を破壊する!」
嶋田久作はこの役のために生まれたのかと思うくらいのはまりよう。

軍服にマント。その帽子には五芒星が。
旧陸軍の帽章に使われている星章は、
一説には魔除けの紋章として知られる
陰陽師安部清明の『晴明桔梗紋』を象ったものだそうです。

明治末期、
渋沢栄一、寺田寅彦、陰陽師平井らは
帝都を軍事的のみならず、霊的にも保護しようとしていた。
それに立ちはだかるのが、嶋田演じるサイキック魔人加藤だった。
加藤は恨みを残して死んだ平将門の霊を呼び覚まし、
帝都を破壊しようとする。

将門の子孫で霊的なパワーを持つ女性が戦いに挑むが・・
歴史上の有名人が沢山出てくる。泉鏡花、幸田露伴・・

そしてびっくり仰天するのが
西村真琴博士発明の日本最初のロボット「学天則」の登場である。
ロボットというにはあまりにもアナログ的で異様な姿に
誰もがびっくらたまげることでしょう。
そしてこれを作った西村真琴博士を、
息子である名優・西村晃が演じているのもたいへん興味深いことでした。

白状すると、「学天則」を見るために実は私この映画を見ました。

その偉大な姿はどうぞ映画でごらんになってくださいね。
学天則と「加藤」を見るだけでも十分私は満足しました。

銀座などの町並みのセット素晴らしいです。

エイリアンでお馴染みの<最狂>デザイナー、
H.R.ギーガーがコンセプチュアル・デザイナーとして加わってます。
(HPのFilm design というコーナーに"Teito monogatari"という作品がありますので、
体調がよかったら見てください。常人が考え付くものではないっす)

それと、何故か勝新太郎も出演してるんです。
監督は実相寺昭雄

***********

「帝都物語」の事実上の続編が「帝都大戦」
あの「加藤」を一作限りで終わりにするのは惜しい!
とばかりに作った?というわけではないでしょうが、
鉄塔の上にすっくと立つ姿を見たときは身震いがしました。

ターミネーターがなんじゃ。日本には加藤がいるぞ!

時代は移り第二次世界大戦、終戦時の帝都。

迎え撃つのは超能力者南果歩&加藤雅也

加藤雅也VS嶋田久作のカメハメハ大戦。
ワイヤービュンビュン使いまくりの戦いが繰り広げられます。

加藤雅也はセピアな画面に映えるいい男なので、
やられて血だらけになってもそれなりに絵になります。
ただ前作に比べるとちょっと小粒感が・・・

監督は「帝都物語」でプロデューサーやってた一瀬隆重
この方はリングやら呪怨やらD坂やら、団地妻やら
新しいところでは感染やら予言もプロデュースしてるんですね。

■人気ブログランキング参戦中よろしくお願いいたします
コメント (12)   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加