邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「壬生義士伝」

2004-12-31 | ★ぐっとくる時代劇映画
新撰組やあの時代を
違う角度から見られた。

中井貴一は熱演していたけど・・

南部藩を脱藩して新撰組に入った吉村。
それは故郷の家族に一銭でも多く金を送るためだった。
新撰組でも生え抜きの剣の腕前。
守銭奴と呼ばれ笑われても、せっせと金をためる吉村を
隊士の斉藤(佐藤浩市)は侮蔑的な目で見ていた・・
マイホーム侍ここに極まれり。

佐藤浩市はいつもどうりだが
今回老けにも挑戦。

時代の波が押し寄せ、権勢を誇っていた新撰組は「天下のみなしご」になり、
薩長対幕府の熾烈な戦いに巻き込まれていく・・・・

薩長との斬りあいの前、若い隊士たちに
「どんな手を使ってでも生きて帰って来い」と声をかける吉村だったが、
最後の最後、鉄砲隊たちの前にひとり飛び出していく・・・
吉村の「義」とは何だったか?

後半の泣かせの独白シーンは一番の見せ場。
一人芝居がものすご~くなが~~~い。

画面30センチに近づいてみたけど、台詞がよく聞こえなかった!

どうしてもすごいとは思えないのは私だけか。

あのシーンより私は、南部藩組頭・(三宅祐二)の寡黙な使用人(山田辰夫)の
立ち居振る舞い、その心配り、表情に泣けた!

数々の賞をとったというこの作品だが、
瀕死の吉村に握り飯を持っていく山田辰夫の演技に賞をあげたかった!

*2003年 滝田洋二郎監督作品

■ブログランキングへ気が向いたらお願いします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中井貴一・・

2004-12-30 | 日々の泡
今テレビで放送中の
「壬生義士伝」を見ているんだけど・・

どうしても中井貴一があんなにもてはやされる理由がわからにゃい

感想はまたのちほど!

■ブログランキングへ気が向いたらお願いします
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「将軍家光の乱心・激突」

2004-12-29 | ★ぐっとくる時代劇映画
千葉真一がアクション監督。

馬アクションあり、火だるま侍あり、大爆発あり、
ロープ一本谷渡りあり、チャンバラあり、
大盤振る舞いのアクション時代劇。
大奥の矢島局なんか、ズボン状のものをはいて雪山登ったり
谷渡りしたり傷だらけの泥だらけ。

お正月公開の「カンフーハッスル」のキャッチコピーが
「ありえねェ~~!」だそうだけど、
この映画もまたそう叫び続けたい映画だった。

徳川将軍家光は、自分に似ていないからと息子の竹千代を嫌い、
佐倉藩主(丹波哲郎)に預けていた。
竹千代が元服のため江戸城に登城する際、暗殺せよとの命令を下す。
竹千代を守る命知らずの武士たちと追っ手との死闘がくりひろげられる。

肝心の家光は白塗りの京本政樹・・・
はっきりいってミスキャスト。

追っ手の大将に千葉真一。
決死で竹千代を守り通す武士に緒方拳、
長門祐之、そして千葉率いるJAC(ジャパン・アクションクラブ)の面々。
家光側近、老中に松方弘樹。

追っ手の追跡を逃れ、幼子を背負い川を渡り、谷を越える。
宿場町に追い詰められるが・・
宿場町での死闘といえば・・あれ?「十三人の刺客」のよう。
だが、千葉ちゃん演出はもっとド派手だった!

油問屋の油ぶちまけ攻撃、長門裕之のびっくり火だるま攻撃、
(ハリウッド映画の特殊技術者を招いて撮影したという)、
千葉VS緒方の屋根落とし?、大爆発・・などなど、
やれること全部やってます!!

激しく馬から落ちるシーン沢山あったけど、大丈夫なんだろうか、馬も人も。
馬もろとも崖からまっさかさまシーンも!!

竹千代を守る命知らず隊の中に酔拳のような武術をあやつる坊主頭が。
離れ業のカンフー、ヌンチャクさばき。とても日本人とは思えない。
一言も発しないのが不思議だな~と思っていたら、本物。
「少林寺」、「阿羅漢」でジェット・リーと、
「酔拳2」でジャッキー・チェンと共演していた
胡堅強(フー・チェン・ツァン)だった。
彼が出るシーンは格闘技好き、必見。

若き日の真田広之を彷彿とさせるイキのいい
アクション俳優がひとりひとり死んでいく。
みな泣けるほど大熱演。
馬も熱演。

だが、死闘の場面の
「アルフィー」の歌は合わない。


織田裕二がほんのちょい役で出ていました。

大詰め、生きて帰った竹千代を見てタイトルどおりに家光乱心。
決死で止める矢島局。側室お万も髪を振り乱して発狂!
幼い竹千代の目の前で狂気の大乱舞が繰り広げられるのだった・・

いい俳優さんが沢山出て、大熱演していても、
なんだかしまらない、もったいない映画。
JACのアクションはほんとうに素晴らしかった!

1989年 降旗康男監督作品 東映
■ブログランキングへ気が向いたらお願いします

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「和宮様御留」

2004-12-28 | ★読書

有吉佐和子原作「和宮様御留」読了。

前回のフジテレビ「大奥」で安達祐美が演じた、
幕末動乱期に政略結婚をさせられた「和宮」は、実は替え玉だった!という、
スキャンダラスなテーマ。「御留」とは、覚書、日記のような意味。

安達祐美の和宮は御所言葉もよどみない、本物の宮さんであらしゃりました。
ずいぶん昔だけど、この話がドラマ化されました。

替え玉の下女・フキに大竹しのぶ、和宮に岡田奈々、
和宮の生母観行院に森光子、フキの世話役、少進に中村玉緒(ただ一人フキに優しい)など・・
ドラマと小説が混ざりあってしまいます。

和宮は足が不自由でもあったそうで、関東への下向を頑なに嫌がった。
生母、観行院らは極秘で身代わりを立てるという大胆な行動に。

有吉佐和子の筆によって公家のしきたりや言葉遣いがまざまざと再現される。
(「御所言葉」や「候文」って難しくてまどろっこしいけど、
それが段々と面白く思えてくるのです)

わけがわからないうちに身代わりにさせられるフキは
薄暗い御所の中で
喋ることも禁じられ、宮の残した食べ物を食べてただ座っていることを命じられる。
フキの目を通して誰も知り得ない、珍しい御所の中の生活が語られます。

フキを取り巻く女性陣:観行院、ドラマでは(森光子)や
嗣子・園佳代子、能登命婦・吉田日出子などが
取り澄ました中に本心を見え隠れさせ、時にヒステリックで恐ろしい。
フキならずとも震え上がってしまいます。

いよいよ関東への輿入れの時が来るが・・・・

ドラマの中、大竹しのぶのフキがついに発狂して、
「うちは宮さんやおへん!」と絶叫しながら
コンコンチキチン、と祇園囃子を歌い踊り狂うシーンが衝撃的だった。

このドラマ再放送してください。
お願いします。

小説では、替え玉はまた用意される。
今度はフキとは違い教養もある美しい名主の娘だった。
だが、その娘の左手には手首から先が無かった・・・(驚!)

終盤には「天璋院篤姫」、「瀧山」などの名前も出てきて、
前出のドラマ、「大奥」も懐かしく思い出されまする。

「華岡青洲の妻」「悪女について」など、有吉佐和子の小説は
女をう~~んう~んとうならせるものが多い。

■ブログランキング参戦中
何卒おゆるゆると、よろしゅうに、忝う、お頼み申しあげ奉りまする!!
(うろ覚え御所言葉)

コメント (16)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「不知火検校」

2004-12-26 | ★ハードボイルドな映画
勝新太郎が「座頭市」を撮る前の作品。
いわば「座頭市」の前身ともいえる。

ものすごく面白かった!

********************************

検校:室町時代以降、盲人に与えられた最高の官名。
専用の頭巾・衣服・杖などの所持が許された

********************************

悪のヒーロー不知火検校。
この役は勝自身もすごく気に入っていて
晩年舞台でも演じていたそうである。

生まれながらに盲目の杉の市は、
大人をだまし、金をせしめるなど幼い頃からワルでした。

「出世さえすれば、何でもできる」がモットー。

座頭市と違い人を斬ったりはしない。
仕込み杖は持っていません。

だがその悪党ぶりといったら、名うての悪党がびびるくらいのあくどさ。
あまりのことにちょっと笑ってしまいました。
ブラックなユーモアも漂う。
世話になった按摩の師匠さえも裏切って検校へと上りつめる。

まんまとせしめた小判を懐から山のように
じゃらんじゃらんと落とす様子、
自分の女さえも罠にはめほくそ笑むシーン、凄味があった。

勝新太郎の天才役者ぶりを堪能。
この映画で共演したことがきっかけで中村玉緒と結婚したそうですが、
さすが息がぴったり。玉緒さん、可憐で美しいです。
壮絶なラストシーンも圧巻。

検校ものとしては他に
東京12チャンネル怪談シリーズの「怪談吸血鬼紫検校」とか
田村正和がやった「髑髏検校」というのがあった。

でもこの「不知火検校」に勝てる検校はいない。
勝新は、死んでも誰にも負けない。

1960年 森一生監督作品 大映

■ブログランキングへ気が向いたらお願いします


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「十三人の刺客」

2004-12-25 | ★ぐっとくる時代劇映画
冒頭、老中土井大炊頭(丹波哲郎)の門前で
切腹している侍が・・!
厳粛な趣の語りが入り、ピシッと引き締まった空気。

恐ろしいほどに静かな導入部から
後半の「動」へと一気に加速していくところがなんともいえません!

切腹は、播州明石の藩主(菅貫太郎)の
悪辣な政治に抗議するものだった。
冷酷非道の殿様は切腹した家臣の家族、
女子供も残らず捕らえ斬り殺す。

菅貫太郎は切れやすい狂気の殿様を演じさせると、
天下一品の憎たらしさ。
忠臣、鬼頭半兵衛(内田良平)が止めようとするがムダ。

事を重く見た土井(丹波哲郎)は
お目付け役、島田新左衛門(片岡千恵蔵)に
明石藩藩主の暗殺を命じた。
刺客は島田を入れて13名。
命を捨てる覚悟で大仕事に挑む。

プータロー侍だった島田新六郎(里見浩太郎)も
「本気になってみたくなった」と女に別れを告げ
計画に加わることに。(めちゃめちゃいい男なんですこれが!)

参勤交代の明石藩の一行を、小さな宿場町に追い込んで襲撃する。
この場面の迫力といったら・・・・!!
13対53!
敵ながら内田良平の指揮ぶりも見事でいいわ~~!

ラストの片岡千栄蔵の決め台詞はまさに
「待ってました!」で胸がすく。

侍の死に方、生き方・・・についても考えさせられる。
「心」を鷲づかみにする名台詞のオンパレード。
時代劇史上に輝く傑作と言えると思う。
「ゴジラ」の伊服部昭の音楽がドラマチックで効果的だ。

出演:月形龍之介、、片岡千恵蔵、西村晃、山城新吾、河原崎長一郎、里見浩太郎、
嵐寛寿郎、丘さとみ、内田良平、丹波哲郎など

見ごたえありますよ!!

1963年 工藤栄一監督作品

■ブログランキングへ気が向いたらお願いします

コメント (4)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「死滅の谷」

2004-12-21 | ★洋画
BS2で、フリッツ・ラングFritz Langの
「死滅の谷」“Between Two Worlds Der Mude Tod”
:1921年ドイツ・サイレント映画:をやっていた。

死んだ恋人に会いたい一心で、若い娘が死神に命じられるまま、
ベネチア、イスラエル、そして中国へと時空を超えて旅立つ。
幻想的なドイツ映画。
1920年代といえば、大正時代。

「時間に忘れられたような小さな村」のセット、
そして死神が立てる高い高い「壁」の存在。
その壁に亡霊たちが吸い込まれていく映像など、
イマジネーションを掻き立てられる夢のような作品。

フリッツ・ラングの映画は以前"メトロポリス"を見て
度肝を抜かれた。
このオフィシャルサイトも凄い。

ええと、
ここで書きたかったのは、娘が旅に出た先の中国の描写だった。

金髪のかつらをつけドレスを着た日本人が
西洋人を真似、演じるのは見慣れているが、
ここではドイツ人が中国人を演じている。
珍しい。

西遊記の化け物みたいな魔法使い?が出てくる。
50センチくらい伸ばした長い爪をくねくねして喋る。
無理やりの一重瞼メイク、中国服。
だが顔立ちは西洋人丸出しの異様な容貌。
兵隊や女性も中国風いでたちなのだが欧米人バレバレ。
東洋人から見ると立ち居振る舞いも絶対違う。

極めつけは突然現れる千手観音のような菩薩。
菩薩なのに顔が欧米人。
すごい違和感。

だがこの映画の全体のトーンにごくごくマッチしているとも言える。

日本人の西洋人風外見真似も向こうの人が見たら
さぞかし可笑しいのだろうと思った。

この映画はすごく面白かったですけど!

黒沢清監督が彼の映画に強く影響を受けたとか。
ラング作品上映会でもトークショーにゲスト出演していたようだ。
黒沢作品の中にラングをみつけてみるのも楽しいかも。

■ブログランキングへ気が向いたらお願いします



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「東京流れ者」

2004-12-20 | ★イカス!映画たち
有名な「流れ者に女はいらねえ」
は、この映画の中の台詞です。

鈴木清順監督の作品は見出すと中毒になる。

エネルギッシュな映像の魔術師は、
来春にオダギリ・ジョー主演の平成の狸御殿映画を公開予定。

ストーリーは一言でいうとやくざ同士のいざこざなんですが
ショットのひとつひとつが
まばゆいほどに美しい。

幻惑的な色彩感覚。何もかもが真っ白なセットの中で
白づくめの渡哲也がコルトを構える。
あたり一面まっ黄色になるかと思えば、
墨を流したような真黒の画面に真っ赤な花。
エメラルド色のドレスを着て歌う歌姫。(松原智恵子)
雪の中のSL。
これはまさしく色彩のブルース!

ビリビリくる台詞(脚本)を書いたのは川内康範。
この人は大ヒット曲「伊勢崎町ブルース」や
「おふくろさん」などを書いた作詞家、そして小説家でもある。

「頼むから俺を怒らせないでくれ」(渡の独り言)

驚くべきことはまだまだある。
松原智恵子の歌姫、「てつやさん!」以外の言葉を発しません。

渡哲也が着るパステルブルーのスーツ、
真っ白のスーツなど、衣装の色もまた「画面の一要素」になっている。
カット割りが大胆!

競演は雰囲気が抜群の川地民夫
そして二谷英明
ちあきなおみの夫だった郷治(宍戸錠の弟)、など。

ほとんどミュージカルといわれるくらい音楽が使われている。
スクラップ工場で真っ赤な炎に焼かれる車、
どこからともなく聞こえてくる
「東京流れ者」のテーマに鳥肌が立った!


ぶっちぎりの脚本と鈴木清順の映像、木村威夫の美術が合体した傑作。

港で愚連隊(懐かしい言葉)が並んで歩いているシーンは
まんま、”レザボア・ドッグス”。
タランティーノに真似された。

1966年 鈴木清順監督作品 川内康範原作・脚本 日活

■ブログランキングへ気が向いたらお願いします

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大曾根辰夫版「忠臣蔵」

2004-12-12 | ★ぐっとくる時代劇映画
松たか子のおじいちゃんが大石内蔵助です。

花の巻・雪の巻と、二つの映画に分かれている。

松本白鸚(幸四郎)の大石は律儀で真面目な人格を体現しており、
「この人だったら、ついていっても悔いは無い」カモ?と思わせるに十分。

そんな大石が引っ張る作品にも格調と重厚感がござった。

キャスト。
浅野内匠頭に高田浩吉
歌手としての高田しか見たことなかったが、(タモリもファンだったとか)
吉良にいじめられ、ノイローゼ気味の
腺病質っぽい内匠頭匠をきっちり演じている。
頭痛持ちの演技は見てるほうも頭痛くなるほど!

滝沢修が吉良上野介。高家筆頭の品格を現していてさすが。
憎たらしさも抜群。
大石の妻りくに山田五十鈴
立つ、座るだけでも風情があり妻、母の優しさ出てました。
艶っぽすぎて、浮橋の間違いじゃなかろうかと思ったら、
花魁浮橋が淡島千景で、これがまあ!大輪の花のようです。

現代は化粧品も豊富で技術も発達したというのに
昔の人ってなんでこんなに綺麗なの?
絶世の美女二人に囲まれた大石は幸せ者・・
と、思ったらあなた!

浅野の殿様の妻、阿久里が絶頂期の月丘夢路で、
この人の美しさと言ったら、チョン・ジヒョンもチェ・ジウも、
グィネス・パルトロウもひれ伏すであろう、
夢のような美しさでした。

美人といえばまだいます。
山田五十鈴の娘、嵯峨美智子の白い鶴のようなたおやかさ、儚さ。
岡野と恋仲になる吉良家の女中を演じていた。
そして
毛利小平太に鶴田浩二
堀部安兵衛に近衛十四郎(松方弘樹の父)、
岡野金右衛門に北上弥太郎など。

討ち入りの殺陣が大変見事で大迫力。
寝巻き姿の吉良家の侍たち、障子を蹴破り飛ぶわ、吹っ飛ぶわ。
血しぶきも適度に飛び、激しい斬り合いを物語る。
浪士たちも臨場感あふれる立ち回り。
吉良邸内そして雪の庭園を全速力で走り、駆け抜け、凄かった!
吉良がなかなか見つからず焦る場面もたっぷりと見せていた。

ここで注目したい演出が。
激しい斬り合いの途中で、朗々と歌を詠む声がかぶさる。
ただ勇ましいだけの斬り合いシーンと異なり、
浪士たちの死を覚悟の悲壮感が感じられ、胸がつまった。

討ち入りという表舞台の裏で、
鶴田浩二の毛利と許嫁、しのの悲劇がクローズアップ。
極貧の中で共に肺病を病み、障子やふすまが破れたぼろぼろの家で
のたうちまわる様子は、
そこだけみたらまるで「怪談」か?と思うまがまがしさ。
なんとしてでも仇討ちに・・と、這い出そうとする毛利に
べったりとはりつく、しの。

仇討ちを遂げ颯爽と吉良の屋敷を後にする浪士たちと裏腹に、
吉良家の塀の前で血反吐にまみれ雪の中に倒れる毛利。
そこへ歌を詠む声がまたもやかぶさり、いっそうの悲哀をあおった。

最後に大石らが雪積もる墓前で報告する場面は、
この映画の最大の見せ場だった!
大石の口上の見事さ、そして・・・その後浪士のひとりひとりが
名乗りをあげるシーンが忘れられない。

古い、新しいと言うが、いくら技術が進んでも
心が伴わなければ見るものを感動させることは出来ないと思う。

今まで見た中で一番好きな「忠臣蔵」。

 1954年  大曾根辰夫 監督作品 松竹


■ブログランキングへ気が向いたらお願いします

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「大江戸七人衆」

2004-12-04 | ★ぐっとくる時代劇映画
この映画を見たのは、
市川歌右衛門と大川橋蔵と大友柳太郎と、
東千代之介と伏見扇太郎と南郷京之助、尾上鯉之助(これが七人衆)、
そして山形勲と横山エンタツと桜町弘子と千原しのぶと
花園ひろみと花柳小菊が見たかったから。

ようするに東映黄金期の時代劇が見たかったのです。

早く言え。

大友柳太郎の笑い顔はいつ見ても気持ちが晴れ晴れするようだ。
スケールがデカイ演技。ピンと張った声もいい。
快活、豪放磊落という言葉がぴったりだったのだが・・
「丹下左膳」と言えばこの人だけど(中村獅童もやってるけど、どないでっしゃろ?)
「台詞が覚えられない」と73歳で飛び降り自殺。役者一筋の人だったのか。
晩年の「北の国から」の哀愁の演技は忘れがたい。(泣)

市川歌右衛門はどうしても「旗本退屈男」のイメージが強く
どこにいても「殿様」である。

それにしてもこの二人の押しの利く顔はどうだ!

そして、まだ若く綺麗な声と顔を持った、
スターのオーラがムンムンの大川橋蔵、東千代之介。
この人たちが悪者になることは・・無い。

スターさんはともかく、
脇役陣、悪役陣が素晴らしい。
大部屋の役者さんも斬られる、飛ばされるのがうますぎ。
まさにプロの役者だ。
女優さんたちの所作が美しく惚れ惚れ。

ストーリーは簡単に言うと「勧善懲悪」です。
(簡単すぎですか)

「写楽」にも出てきたが、ここでも芝居小屋が登場。
升席に二階席、桟敷、花道と大変豪華な作り。
そこで大川橋蔵らが大暴れ乱闘を繰り広げる。

華やかな画面を浮かれて見ていたら、
大友柳太郎がズタズタに斬られ、のた打ち回るシーンが!!
髪もざんばらになり、刀傷もザックリ。凄まじい。
斬られても斬られてもなかなか死なない。

江戸時代の残酷画のような嗜虐美の世界であった!

残酷といえば、時代劇に拷問シーンってよくありますね。
この映画には出てこないけど
番所にしょっぴかれると、八割はバシバシやられる。
見なきゃいいのになぜか見てしまうのだった。

終わりはめでたしめでたしで、後味爽やかです。
娯楽時代劇の楽しさ満載。

1958年 松田定次  東映

この頃NHKのBS、いい邦画が目白押しで早くもHDDは満杯。

先日は松竹ヌーベルバーグ特集だったし、今月は
「忠臣蔵」も長谷川一夫のと、松本幸四郎のと、2種類ある~~!

クリスマスも暮れも正月もすっ飛ばして
映画を見て見て記事を書いていたいものである。

■ブログランキングへ気が向いたら行ってやって下さい


コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加