邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「ルームメイト」

2016-02-21 | ★恐怖!な映画

美女二人:

北川景子と深田恭子が共演しているサイコサスペンス。

テンポも良く、面白かった。

 

謎めいた深田恭子と同居することになった

優しげな面持ちの北川景子

ルームシェアして一緒に暮らす中、二人の絆は深まっていくが、

不可解な出来事が頻発し

さらに

恐ろしい結末へと場面は加速していく。

 

犬好きの人にはショックな場面あり:要注意

 

地味でダサイ衣装の北川に対し、

派手で色っぽい衣装の深田。

 

両名、甲乙つけがたい熱演で、今まで見たことない、

進化した深キョン、北川景子を見ることが出来ます。

 

不安をあおる不気味な効果音といい、

影、空間のゆがみ・・・妙な静けさが

黒沢清監督作品と似ているな・・と思ったら、

脚本:監督の古澤健は

黒沢清監督の「回路」の助監督を務めておられ、

「ドッペルゲンガー」では脚本も手掛けていることを知った。

 

ビジュアルでは、

犬を探しているお団子頭の姉妹とか、

高良健吾の仕事場兼住まいが

作品に微妙な味を加えていて印象に残った。

 

さらに、「植物男子ベランダー」で、

愛すべき中年ベランダーを演じている

田口トモロヲ

鬼畜の文化人役で、ほんのちょっとの出番ながら秀逸でした(^.^)

 

二人の美女ファンのみならず、

ドキドキしながら最後まで楽しめますよ♪

 

●日本映画専門チャンネルにて

追記:古澤監督関連、拙ブログの感想文

●ドッペルゲンガー

 回路

 どちらも怖かったです~~ ブルブルブル (^_^;)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「怪談:大奥あかずの間」

2016-02-19 | ★恐怖!な映画

「あかずの間」と聞くだけで

ぞお~~っとしてきますよね。

二月の怪談・・・

寒中水泳のような

怪談鑑賞です。(^_^;)

「大奥あかずの間」は、

1972年に放送された、怪談シリーズの第8話。

上様を巡っての女の嫉妬に、

お世継ぎ争いが絡み合う、大奥ものど真ん中の内容と申せましょう。

 

重々しく、陰鬱な空気を演出しているのは

ナレーション(宝生あやこ)の力も大きい。

上様(勝呂誉)も終始憂鬱そうで暗いし、

全体の湿度は高めです。

 

上様の子を身ごもったお女中が不審な死を遂げ、

以来あかずの間となった女の部屋からは

夜な夜な鼓を打つ音が響くのだった・・・・

 

雷が鳴り響く夜、廊下の隅から

不気味な尼がにゅう~~っと顔を出すシーンや、

死んだお女中の墓を暴くシーンは悪趣味で、ケレン味ありあり。

上様の正室を演じた

元大臣、坂田藤十郎夫人扇千景の若き日の美貌と、台詞回しの美しさは

さすがでした。

扇千景が着ていた古代紫の着物や豪華な打掛は、昔の素晴らしい染めで、

刺繍もそれは美しいものでした。垂涎。

 

豪華な衣装も良かったのですが、この作品の面白いところは意外なラスト。

どんでん返しと申しましょうか・・・

 

ネタバレ注意報***********

 

陰謀が暴かれ、無残に殺された女の供養も終わったから

亡霊も成仏したであろうめでたしめでたし・・・と、

フツウだったらエンドマークとなるところですが!

この作品はそんな甘くなかった!

 

事件を暴いた主人公たちが大奥を出ようとしたところ、

あろうことか雷に打たれ、

あっけなく死んでしまうのでした。

まるで亡霊に地獄へ引っ張られたごとく・・・(T_T)

 

陰々滅滅とはこのことですわ。

 

この世に恨みを残し、化けて出るような亡霊は

簡単には成仏しないということでしょうか?

怨霊に同情、加担してもろくなことにならないという教訓でしょうか?

(「牡丹灯籠」の、亡霊と取引してむごい死に方をした長屋の夫婦を思い出します)

くわばらくわばら・・・・

体感温度は氷点下-!!

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「CURE]再見

2013-03-04 | ★恐怖!な映画

更新遅れましたが映画は見てました・・・・

いやこれは

何度見ても

怖い作品ですわ。

黒沢作品の最高峰であるのみならず

近代最強(恐)のサイコホラーといえると思います。

 

 

****ネタバレ注意*****

 

 

萩原聖人演じる間宮は、

誰もが密かにかかえる潜在的なストレスや黒い欲望を

関わった相手から

巧みに引き出し、「癒して」いく、「サイコパス」。

うじきつよしが「伝道師」と答えていましたが・・・

別に黒マントにピンクの髪?とかの変わった風体ではなく

無精ひげに平凡な服装、

茫洋としているだけに不気味。

その「癒し」は

「X」の暗示による猟奇的殺人の形で現れます。

 

ごくごくありきたりの光景の中で「唐突」に行われる

凶行は

ビミョウな均衡の上に成り立っている日常の危うさをも

思い知らされます。

 

がらんとした病室、殺風景な家、無駄に大きい廃屋。ゆらめくカーテン。

雨水がたまった床と

無機的な背景と音楽がすごいです。

黒沢映画では

」を駆使した映像が印象的ですが

部屋の隅から人物がぼ~っと浮き出てくるところとか

役所広司の頭の上に黒い雲みたいな影がたちこめる場面とか

細部が秀逸。フリッツ・ラングの不安な気分を起こさせる映像を思い出しました。

 

この作品で映画賞を総なめしただけあって

間宮と関わることによって変化・再生?する役所広司

素晴らしいです。緩急自在というか

抑えた演技からの爆発力がすごい。

生肉を投げつける場面の緊張といったら・・・・

 

映画の中で間宮が影響を受けたと言われている

実在の人物

ドイツの不思議な精神科医?メスメルを調べてみたら

患者を治療する際

人の気を狂わすといわれた楽器「グラス・ハーモニカ」を用いたり

動物磁気?を使ったり、 不思議なバケツを考案したりと、

とても興味深いがしかし深入りするとまずいことになりそうな人物でした(@_@)

 

この映画が公開された当時(1997年)は

まだインターネットが普及していない。

今だったらどんなホラーが?とあれこれ想像したら

自らの妄想でまたもや怖くなりました。(2000年の「回路」ではそのテーマ)

 

スティーブン・キング原作にも

マックス・フォン・シドーが

人の悪意を引き出す作品「ニードフル・シングス」があります。

あの場合ははっきりと、マックス=「渋いイケメン悪魔」でわかりやすかったですが

果たして間宮は?

 手を交差させた猿のミイラは、

X(捻じれ)の象徴だろうか???妻はいったい??

ウエイトレスはどうして??? 間宮の背中の火傷はどういう意味?など

謎に包まれた部分が多々あって

それがまた恐怖を呼び起こすのですが

もしもハリウッド映画にリメイクされたなら、

きっと

全てが「クリア!」に説明された理解しやすい内容になると思われます。(爆) 

 

この作品は間宮の存在自体が不気味でオカルト的であり

先を読めない緊迫感、がらんとした空気感が

黒沢ワールドならではのアート的でバッドなムードをかもしだしています。

 

1997年 黒沢清監督作品

 

日本映画専門チャンネルにて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林与一版「怪談 牡丹灯篭」

2012-10-16 | ★恐怖!な映画

録画したことをうっかり忘れていて

シーズンオフの「牡丹灯篭」を見た。

牡丹灯篭というと

「夏もの」と自分で位置づけているので

秋も深まった頃に見るのは新鮮だった。

 

見てビックリ!!

憂いがあって美しく、色気がある林与一の新三郎には

心底陶酔させられた。

 

周囲の進言を受けて、

一度は亡霊であるお露を忌み遠ざけようとするが

思いを断ち切れずに自ら進んでとり殺されてしまう。

狂気じみた恋狂いの話である。

他の作品と違うのは

お露が新三郎の亡き妻に瓜二つ・・というところ。

つまり

ひとりの女の魂が死に変わり、生まれ変わり新三郎にとりつくという

ぞぞぞ~~とする筋書きなのである。

 

お露は「魔界転生」でも将軍をメロメロにした魔性の女として名高い?

佳那晃子なので、文句無しに

テンション高まります!

思わずこちらもあっちの世界に引き込まれていくような

圧倒的な滅びの美があった。

これぞデカダンス!

 

夏の長屋の風情も楽しめた。

新三郎を気遣う伴蔵に谷啓。

幽霊との取引は

省かれていた分、二人の悲恋にスポットが当てられていた。

他に殿山泰司、山形勲。

忘れていけないお露の付き人、

お米には八木昌子。お米ってなにげに重要な役割。

お露が弱気になると励ましたり、新三郎を脅かしたり

別作品では伴蔵と取引してお札を剥がさせる、

逢引の時はそっと障子越しに控えるとか

なかなかのやり手でなければ勤まりません。

ガードマン兼マネージャーみたいなもの?

 

八木昌子さんは大島渚の「悦楽」でデビュー。

寂しげな風情で薄幸の女性を演じることも多いけど

官能的な役など幅広い役をこなす印象的な女優さんですね。

それにしましても、

男に取り付いてあの世までひっぱっていく女も女だけど

とりつかれてしまうのも無理ないかもというくらい

凄みのある色気を持つ林与一の演技には肝が冷えました!!

歴代新三郎役者の中ではダントツと断言します!!

 

周囲がなんと言おうとも

恋が成就できて良かったね!と思える、恐ろしくも美しい美しい物語でした。

フジテレビ長編時代劇ドラマ

時代劇専門チャンネルにて

関連記事 「魔界転生」(深作版)

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「江戸川乱歩全集:恐怖奇形人間」

2010-08-19 | ★恐怖!な映画
観たいと思っていながらなかなか見られなかった
映画ってありますよね。

すごいすごいという噂が噂を呼び、
頭の中が想像ではちきれんばかりになっていた作品。
神保町の古書店で特集本を見かけたときも、
映画を見るまでは手を出すまいと目をつぶったものでした。

今回は渋谷の「シネマヴェーラ」
「石井輝男 怒涛の30本勝負!!」での嬉しい上映。

席に着くや
館内を流れてきたのは健さんが歌う
名曲
「網走番外地」だ!
いやがおうでも気分は高まる!

さて!伝説のカルト作品は冒頭から飛ばしていく。
いつのまにか精神病院で半裸の女患者に
取り囲まれてしまっている吉田輝雄

主人公が自らの置かれた環境を把握出来ていない、
前置き無しの問答無用シチュエーションは
先ごろヒットした人気ホラー「SAW」みたいだ。

なぜここに俺はいるんだ!

あの子守唄はなんだ!

私だってわからない!(ブラボー)

舞台は大正時代、
看守が高英男で滑り出し快調!

ゴー!ゴー!GO!

謎めいた登場人物が錯綜する中、
サスペンスタッチで話は進んで行く・・
江戸川乱歩の作品を映像化する場合、
ノスタルジックで耽美的なイメージを強調する向きも多いが
石井輝男作品はもっとストレート、かつダイナミック、
そしてチープな表現で迫ってくる。

誰しもがまだかまだかと待っていた奇形人間の島は
中盤になって登場する。

岩場でのたうちまわる土方巽 がお出迎え&ナビゲーター。

キタ~~~!!

その王国はぱっと見、竜宮城のように豪華絢爛、華やかだが
危険かつ、ツボにはまると大爆笑も誘う魅力があった。
おどろおどろしいクリエーチャーたちは哀愁があって
奇妙な味わいが・・・。

奇怪なシャム双生児のかたわれは近藤正臣だったらしいが
顔がつぶれていてわからなかった。

たけり狂った猛獣人間のたたずまいもさることながら
檻に入れられ、草を貪り食ってるヤギ人間?といいますか
その体つきからしてたぶんヤギ婆さん?はもうちょっとじっくり見たかったです。

ドロドロ描写や
土方巽のまがまがしい台詞まわしと奇妙な動作とは裏腹に
筋は真っ当な愛憎復讐劇で、
最後の最後には泣かせも入ったのには唖然とした。
(ここまでむちゃくちゃやっといていくらなんでも泣きはムリ)

脇役では小池朝雄がエキセントリックな女装をしたり(脚が意外に綺麗)
人間椅子になったりと大爆発で、普通では飽き足らない
映画ファンを満足な気分にさせてくれた。
由利徹と大泉滉のお笑いコンビも最高。

爆発といえばラストの花火大爆発は観客を呆然とさせるに十分で
このシーンが伝説のカルトとしての名声を不動のものにしているのかと思いました。

だがしかしこの作品の凄さは
映画館を出てからわかった。

38度の猛暑の中
街を闊歩する
土方巽のメイク以上に個性的な顔、
ばっさばさの髪を逆立てた半獣半人のような若者、
ぴょんぴょんはねながら歩く雪駄履きの老人!

渋谷を歩く人たちが皆映画そのもの、
あの島の住人のように見えたのだ!

1969年
監督:石井輝男
脚本:掛札昌裕、石井輝男
撮影:赤塚滋
美術:吉村晟
編集:神田忠男
音楽:鏑木創

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「四谷怪談」後半

2009-09-02 | ★恐怖!な映画
薬を飲んだ後、
「ああ・・顔が 顔が熱い!!」
蚊帳の中でもだえ苦しむお岩さん。

後ろ向きでなかなか顔が見えない。

ええい!その蚊帳どけてくださ~い

岩の背後にカメラが回り、
「ひ、ひえ~~~!そ その顔は~~!」と驚く宅悦を映し出す。

じらしますなあ~~~

鏡を求めてさ迷う岩。
ようやく手にした鏡に映ったその顔は!!

変わり果てた姿になっても
「旦那様が帰ってくる。綺麗にしなければ」と
髪をすき
新調した着物を箪笥から引っ張り出し
着替えるところがなんとも哀れ。

この「四谷怪談」では
お岩は伊右衛門の悪い仲間に斬りつけられ
負傷し 刃物の上に倒れこんで絶命する。
小平も同じくその仲間たちによって斬殺される。

伊右衛門、
「ぼくなんにもしてないもんね~~」という空々しさなのだが、
そもそも、

友達は悪いわ、
その話を鵜呑みにして岩を憎むわ
お梅といちゃいちゃしていたわ
お梅ちゃんを岩と間違えて重傷を負わせたわ
醜くなって苦しむお岩を突き飛ばして死にいたらしめたわで
いいとこ無いと思われるのに
最後は 「おのれ、岩の仇!」と言い、(アンタのせいだろ?と)
派手な殺陣で悪者成敗モードに変換するところは
かなりの責任転嫁男である。

立ち回りの合間に斜め45度の角度で出てくる
お岩さんの亡霊はグロテスクと言うより、
ひたすら「哀れ」を誘った。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「四谷怪談」五合目まで

2009-09-01 | ★恐怖!な映画
今日、横断歩道ですれ違った若い母親が
幼稚園児の息子に向かって
自業自得って知ってる!!?」と、怒鳴っていた。
あの子は何をしでかしてどんな報いを受けたのだろうか??
人事ながら気になった。

それはそうと
録画してあった
四谷怪談」長谷川一夫版を半分だけ見た。

岩が薬を飲む寸前まで見て、
「ここはひとつ体調を整えて見よう!」と、
独り言を言いながらやめた。

要するに怖気づいたのですが
芝居、映画、
どんな「四谷怪談」も見るのには体力がいるのは確か。
気分が落ちているときや
頭痛がする、疲労している、おなかがはる・・
などの不快症状があるとき、見ると悪化します。
夏バテしている今の時期にはきつい作品ですが
やっぱり面白いわ~~

お岩さん役は中田康子
上背のあるすらりとした肢体にはっきりとした顔立ちで
多くの時代劇で活躍された方だ。
古式にのっとり、お歯黒、眉も落としている。
なまじお美しいだけにその変貌を想像すると恐ろしい。

監督は三隅研次。

伊右衛門をとりまく悪い旗本仲間、
直助(高松英郎)、按摩の宅悦、
下働きの小平など主要人物が揃い、粛々とドラマは進む。
その後の修羅場を引き立てる丁寧な作りに
ワクワクしてくる。

岩の献身的な立ち居振る舞いに見え隠れする
ちょっと粘着体質、ちょっと嫉妬深い、ところなどが微妙に
前フリされているところが興味深い。
粘っこくからみつくような喋り方も
その後の展開を思うとソクゾクものだ。

お梅が伊右衛門に気があることを一瞬ちらと
顔を見ただけで感じ取るところなどは
さすが
あれだけのお化けになるだけのことはあると思った。
業が深いというか、
おとなしいようで
キレたら最も怖い、とことんいっちゃうタイプなのだ。

長谷川一夫の伊右衛門は根っからのワルではなく、
長い貧乏暮らしで根性は曲がったけどプライドだけは高い、
「スキ有り」の侍だ。

ああまさに、
ジェットコースターのてっぺんで一時停止したみたいな気分。
これからノンストップで真っ逆さま!
と思うと
「もう一度水を飲んでから」・・とか、「トイレに行ってから・・」
「お祓いをしてから」
などと躊躇してしまいそうだ。

「お岩様、お怒り、ごもっとも! 」の展開は次ぎの機会に。
ワクワクドキドキ気分!

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

「女吸血鬼」その2

2008-11-25 | ★恐怖!な映画
前回
「早く女吸血鬼の変身も見たいぞ!」と
書きましたが、
結論から言いますと
女吸血鬼は変身しませんでした

変身するどころか登場しませんでした。

と言いますか、そもそも女吸血鬼とは
女を吸血する男吸血鬼」だったのである!
紛らわしいがそういうことだった。

池内淳子や三原葉子がすごいメイクで人に襲い掛かるのかもと
ワクワクしていた自分がバカみたいだが
滅法楽しい映画だったのでそれは良しとしたい。

筋立てはけっこう飛躍していて
いきなり戦国時代の長崎へ飛ぶ。

天草四郎の娘(三原葉子二役)を愛した小姓は
吸血鬼となって生き延び
姫の面影を求めて
次々と女を襲い誘拐、監禁していたのだ!
年を取らない奥様もその餌食だったのだ。

奥様を責め苛む、妙なプレイ?や
半裸の蝋人形コレクションのディスプレイにも思わず身を乗り出してしまう。
次々に登場する
不気味な小人、ちっとも怖くない大入道(海坊主?)、
そして新東宝のお婆さんスター五月藤江 が演じるおどろおどろしい婆さん、
(待ってました!ファンです!)など、
おぞましい家来たちも相当ナイス!である。
中でも
和久井勉 の小人男は凶暴邪悪で、恐(こわ)可笑しく
第二の主役と言える風格!

天知茂の吸血鬼は
節操もなく次から次へ女を襲いまくる。
若くて激痩せしている上、
(太った吸血鬼なんてサマになりませんしね)
個性的な容貌に特殊メイクが映えること!
「岸田森」「西村晃」と共に
日本三大怪奇俳優に入ると思う。

当時の技術を駆使したキッチュなセット、
過剰なお色気の三原葉子と
清楚な池内淳子の変な取り合わせ母娘、
月光によって変身する吸血鬼(ソレは狼男では?)等、
つっこみどころ、見所満載の
昭和ホラーです。

あ~楽しかった!

1959年
監督
中川信夫
製作 大蔵貢
原作 橘外男
脚色 中沢信 仲津勝義
撮影 平野好美  
音楽 井内久
美術 黒沢治安


ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「女吸血鬼」

2008-11-23 | ★恐怖!な映画
中川信夫監督の
「女吸血鬼」を途中まで見る。

ゴージャスな洋館の広間では
お嬢様・池内淳子の誕生日パーティの真っ最中!

お嬢様を囲んで
セレブな若者たちが
肩を組んで唄っているのは
「トロイカ」!!
こ、これは
噂に聞いた歌声喫茶ノリというのだろうか。
あからさまに健全なムードがこそばゆい。

だが、おめでたい場面で
お嬢様がナイフを入れ損なって
ケーキの上に「血」がしたたり落ちるわ(もったいな~い)、
突然停電するわ
「開かずの部屋」で何やら物音がするわと、
徐々に不穏な展開になってくる。

召使が部屋に駆けつけると
そこには20年前に失踪した「奥様」が当時の姿のままで
(三原葉子)しどけなく横たわっていた!

ざわざわゾクゾクする出だし!

奥様のワカメのような長すぎる髪の毛が気になる!

この後唐突に登場する
男吸血鬼天知茂
この上なく醜く、不気味な変身姿と
小人の子分との絶妙なやり取りが
傑作!な予感を駆り立て
さらにぐいぐいと見入ってしまったのだった!!

早く「女」吸血鬼の変身も見たいぞ!

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「怪談:乳房の呪い」(第12話)

2008-10-06 | ★恐怖!な映画
キーワード

松月院の榎
高田の南蔵院・天井画

皆さんは
植物の茎を切った折
白い樹液がしたたり落ちてきて思わず
美味しそう!と思ったことは無いでしょうか?
もしかしたら、これで赤ん坊が育つかも?
思ったことは無いでしょうか?

ま、普通は無いと思いますけど(爆)
植物って不思議。
地下に根をはりめぐらせ
何千年も生きている古木は
我々にはわからないパワーを持っていそう。
そんな
植物の神秘的な伝説を怪談に絡めた
三遊亭円朝の「乳房榎」が原作。

植物を題材にしたホラーとして
西洋では
人間の形をした根を持ち、
引き抜くと恐ろしい悲鳴を上げると言われるマンドラゴラの伝説、
マッドサイエンティストが人間を改造する「悪魔の植物人間」、
吸血植物が出てくる「リトルショップホラーズ」とけっこうありますね。
日本では「マタンゴ」もありました。
言葉は発しないが人知が及ばない生態が
我々を魅了するのでしょうね。

江戸の絵師菱川重信(中山昭二)は腕は良かったが
女の気持ちがわからない堅物だった。

寺の天井画の仕事で家を空けることが多くても
留守宅で弟子・磯貝波江(入川保則)と若妻(馬淵晴子)が
ねんごろになっているなどとは
露とも考えずひたすら雄雌の龍を描くことに没頭していた。

あと龍の腕を一本書き上げれば絵が完成するという時、
波江と、脅しに負けた下男(美川陽一郎)に騙され、殺害される。

師を殺めた間男はまんまと家に入り込むが
女の乳房に原因不明の腫れ物が出来、子供に与える乳が出なくなる・・
そして絵師の幽霊が現れ・・・

亡霊になり下男の夢枕に立つときも重信は堅物だった・・・

「汝・・・改心し真与太郎を助け育てよ。
さすれば汝の命助けてつかわす。ゆめゆめ忘るるでないぞ、忘るるで無いぞ!」と
今昔物語から抜け出してきたようなガチガチの台詞を吐いて
馬鹿正直で小心ものの下男(美川陽一郎)を脅かし
復讐を遂げる。

美川陽一郎といえば「七人の刑事」でしたっけ?
いかにも誠実そうで適役だ。
重信は新東宝「憲兵シリーズ」でもお馴染み中山昭二。
取り付く島が無い真面目な幽霊を好演しております・・・

不義密通男女のけっこう際どいシーンもあり、
エロチックホラーといった風味も加えられている。
題名はすごいが内容はシンプルな怪談話。

教訓汝、ゆめゆめ女を寂しがらせることなかれ   

使える台詞:「ゆめゆめ忘るるで無いぞ!」
「努々」「努努」とも書くらしいが
相手にグウの音も出させない強い語気で、重々しく言ってみたい!

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加