もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

旅に出ておりました

2017-05-31 23:14:02 | Weblog
先週の火曜日から金曜日まで
久しぶりに東京へ行ってきました。
帰ってからなんだか色々つまっている物事を処理処理していたら
ブログにまで手が回りませんでした。
さらにホテルのチェックアウトに合わせていたら
困り果てていた夜型が少し改善しまして
現在ねむねむねー。

東京新聞110円だったぞ道新高くねぇか?

銀座SIX行った話とかはおいおい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

mosバーガーでレタスを買いました

2017-05-20 22:39:30 | Weblog
期間限定・鵡川産のレタスを沢山使っているよ、バーガー。
かと思ってたら
そういうバーガーと共に朝採りレタス丸ごと売っていた。
mosの専用畑で店長が採ってきたとか。
新鮮さが見てとれたのと200円とスーパー並みのお値段でしたので購入。
パリパリでうまうまでした。
お店では久しぶりにシェイク飲みました、コーヒーシェイク。

あとは、近くの神社でお祭りをやっていたので
綿あめを買って食べました。
何年ぶりかな。
食べ始めるとすぐに無くなるのが悲しいのは
子供の時とおんなじ。
高校生の時は友人が「あんなの少しの砂糖でしょ」とか横で言ってたが
欲しいんだもん、理屈じゃないもん。
綿あめに関してはあのままなのか、ワタシ。
そういえば、地元のお祭りは隠れていたカップルの披露の場となっていたが
今でもそうなのかな?
「ええっ!××くんあのコと付き合ってたの(悲鳴)」があちこちで。
あ、PTAさんがお揃いのジャンパー着て巡回してたし
近くのガッコの校長先生もいたらしい。
そうか、祭りは心がはじけるから要注意なのね。
規模が小さくても近場であるというのが危険度高いのかも。
ピカチュ-焼きは売ってなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんな彗星を見ていた  星野博美

2017-05-19 17:15:21 | BOOK
私的キリシタン探訪記
そうサブタイトルがついている通り
日本にキリスト教を広めに来た人々(宗派で呼び名が違うことを初めて知った)
キリスト教徒となった日本の人々
彼らに対する権力の弾圧
人々のその後を調べてゆくうちにスペインにまで旅をした筆者。

星野さんはキリスト教徒ではない。
ただ疑問に思ったことを調べ始めると納得するまで止まれない人なのだ。
あきれるほど頑なな部分を隠さずに、愚直に答えを探していく。

私は星野さんの文章が好きで読んだ。
キリスト教の日本での布教にもリュートにも興味があったわけではなく
教科書でさらりと習った知識しかなかったので
本の中に書かれている残酷な弾圧と
殉教者に対するキリスト教の考えに初めて触れてげっそりしてしまった。
それでも400ページ以上を読み通せたのは
星野さんが自分の感じたままに行動し、綴った文章にひっぱられたからだ。

~私個人はカトリック教会の教義にはついていけない部分がある・しかし少なくとも、この「あなたの存在を忘れない」というすさ
 まじいほどの 執念には目を見開かされる。
 列聖調査の複雑なシステムや度重なる神学的議論は、突きつめれば殉教者を「記憶する」という一点に行き着く。
 記憶するために、調査し、記録する。そして、伝え続ける。
 それはそっくりそのまま、私たち日本人が最も不得意、あるいは意図的にやろうとしないことではないだろうか。~

何百年も前に海路で遠い異国に布教に出向き、迫害をうけ殉教した聖人を今でも敬う地元の信者たち。
それは彼らの異国での行いが記録され、後にその事実を調査し裏付けたからだ。

布教ではなく、国策で海外移住させられた人々の記録、
大空襲で殲滅された東京やほかの都市の人々でさえ確実には記録として残されないこの国。
それを考えてしまった読後。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テクニクスのターンテーブル

2017-05-17 23:46:28 | Weblog
今ラジオでDJが話しているが
うちのターンテーブルはテクニクスの年代物。

いや、そこじゃなくて
PCでやってる無料ゲームの
広告を踏ませようという熱意がすごすぎて
腹立つを少し越して笑える、という話。
次に進むのにクリックしようとすると
広告が微妙に移動してきて3回に1回はおささる。
イライラするがこれが無料のワケだからな~。

やっと暖かくなったので
お外で本を読む日和が続くし
ライラックまつり行けばワインも飲めるし
ゲームの時間を二の次にするいい機会だわ。

昔の人が言いました
「タダより怖いものはない」
頭に叩き込まれております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お上の奴隷になりたい遺伝子

2017-05-16 23:42:20 | 考え事好き
そういうのでもあるのかな?
百姓一揆があったから、無いと考えますが。
「百姓一揆なんて本当は無かった!」
「切り捨てごめんは当然の扱いだ!」
そう言い出す人とかいそうなネットの海が
バカバカしいを通り越して恐ろしい。
家系を辿れば農民が一番多いでしょ、どう考えても。

痴漢で捕まるよりも線路走って電車止めちゃえ
どう考えても大迷惑。
人身事故の時に稀にいる人でなしの「またかよ」は
走り逃げの男性には使われているのか?

お上の手下で白も黒も自分では決められなくて
犬死してゆくだけを選ぶのは構わないが
その選択をしないからと咬みつくんじゃねぇよ。
あんたが選んだ犬死だろうが。

私たちの頃はもっと大変だったから楽してていいわねー
などと負け犬垂れ流してないで
私たちの大変が役に立ったのねー、良かった。
そう言いたいものではないか、人生の先輩としては。
バケツリレーみたいに苦労を送っていきたがる人の気持ちはわからんし
解りたくもないわ。

腹の立つことが多すぎるのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「無限の住人」

2017-05-15 23:43:00 | 映画
2017.5.14

冒頭からの斬って斬りまくり
『似たような絵面のるろうと凄く違う感覚がする』
そう思ったので感想を探そうと思ったら書いて無かったね、びっくりだ。
体感で、ずっしりと重く切っている万次。
剣心は逆刃刀で叩くように切っていたが、万次より軽やかに思えた。

最初は
三池監督にしては血しぶき控えめ、
色々なお年頃の人が観られるようにかな。
いやいやいや、
血の量が少なくても手や足がごろん、と転がるわ、わはは。
最終的には血の川が流れてました、いつも通りか。
SHIRAの最終武器、反則だろうあれ。

逸刀流の面々は個性が立っているので
少しエピソードが畳み込みすぎだった。
永空との闘いだけで一本作れそうな濃さ。

エンタメなので善悪云々ではないのだが
名もなき手下として万次や天津に叩き斬られ死屍累々となるしかない
公儀の武士たちの犬死加減に
少しくらっとした。

木村君はお着物色っぽい。
そしてあの武器が入っている袂は四次元につながっているのか?
楽しめました。

高校生男子が「思っていた3倍グロかった」とぐったりしてました。
そうかしら?
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

吉祥寺特集好きすぎだ

2017-05-13 22:39:52 | Weblog
片付けで雑誌の山に手を付けたら
5年分ぐらいの「吉祥寺特集」が!
(冊数は6冊)
こないだも最新版買ったね。
反射的に買ってしまう模様である。

都心のLIVE観に行くのにも吉祥寺のホテルに泊まって
朝、井の頭公園散歩するのが好きなのさ。
今月も行くんだ、吉祥寺に泊まるんだ。
久しぶりの東京なのでワクワクさ。

いせやで焼き鳥食べるのは2回に1回くらいで
昔本店で高田渡見かけたものよ。
さとうのメンチカツは列が長すぎて買ったことない。
くぐつ草のカレーは食べたことがあるけれど
まめ蔵は行ったことないんだ。
食べ歩きに行くわけじゃないからな~。
すっごいおいしいパン屋、ダンディゾンはまだあるのか?

改築されたら駅前が知らない街になった、そう感じた前回。
少しは馴染めるのか?

古い雑誌を切り抜こうとして読み込んでしまうのだが
最新号だけを当てにできないのは
面倒な性格なのか吉祥寺が好きすぎなのか
どちらにしてもお片付け回路が不良なのは間違いないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひぇー!チバユウスケがラジオで喋ってる

2017-05-11 23:11:47 | Weblog
荻上チキからFMのスクール・オブ・ロックに切り替えたら
ボソボソ喋ってるのチバじゃーん!!
キューちゃんもいるし
The Birthdayじゃーん!
挙動不審になるわ。
喋るチバ。

ラジコのタイムフリーで最初から聴かなくちゃ。

TMGEが好きすぎたので
今ひとつのめり込めないThe Birthday
でも
チバのガサつく歌声、ドキドキするわ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長い長い殺人  宮部みゆき

2017-05-09 23:35:01 | BOOK
図書館本 結構前の出版です。


財布が語りの主人公というユニークさ。
保険金目当ての交換殺人か?
疑惑をもたれた当事者たちが
マスコミに出て喋りまくるうさんくさ。
広がってゆく殺人。

「模倣犯」より前の作品なのね。
宮部みゆきの作品には、
人間の底にある悪意を煮詰めたような犯罪者が描かれることがある。
どうやっても理解できない残忍な殺人者、犯罪方法。
なのに、読後、暗黒に引き込まれることはない。
被害者家族や事件に関わった人々の描き方に
光があるのかもしれない。

私は人の悪意を書いている作品はあまり好きではない。
現実に悪意を沢山目の当たりにしていると
読書ですら息苦しくなってしまうから。
だからイヤミスの類はあまり読まない。
宮部みゆきだけは、何故か別なんだよね。
そして、長編が多いうえ途中で辞められないので
夜に読み始めると寝不足の危険しかない。

ご本人、ほんわかしている見た目なのに
人の悪意をみっちりと読み応えのある作品を書くというのは
やはり、才能ですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

よくよく考えたら

2017-05-06 23:22:36 | Weblog
なんで連休の度に本州の渋滞情報をお知らせされてるんだろ?
全国ニュース、全国
そりゃ全国だけど関係ない人が大半でしょうが。
(子供がまだ食ってるでしょうが!より・笑)
首都圏の電車事故情報は
「知らんわ」と思っていたけれど
刷り込まれてたのか、渋滞情報。

私がここ数年実感するのは
スーパーでお買い物している人が少なくて
「皆さんお~でかけな~のね」と思うこと。

話は変わるが
BOSSが一緒に演ってるブラフマンのCD
「不倶戴天」を買いに行ったのに
月に吠えるのCDを買って帰って来ちゃった。
お腹空いて頭が回らなかったのかも・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加