もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

「悪人」

2010-10-31 23:41:15 | 映画
パサついた金髪と
携帯をいじる指、爪の付け根に入り込んで取れない土の黒。
ピカピカの白い車。
それだけで祐一がブルーカラーだと解る冒頭から釘付け。

淋しい人と愚かな人
自分に心があることを忘れた人と
はなから心なんてない人
想像力のある人とそれを持たない人
そして
欲望の押さえがきかない人と
ギリギリで人であることを捨てない人

そんな人々が偶然であるかのように出会い
一人の女が殺される。
犯人は「悪人」であるに決まっている。

しかし、誰がそう決めつけられるのか?

祐一は
淋しくて愚かで
自分に心があることを忘れてしまったから
欲望と愛情と執着の区別がつけられなかった。
光代に会うまでは。

光代は
淋しさのために
自分に心があることを忘れたことにしていた。
けれど、人生で初めて愛する人に出会った女は
心を欲望に明け渡してしまった。
愚かに成り果て掴んだ
ほんのひと時の、濃密にゆがんだ幸せ。

祐一を育て上げ、自覚もなく愛情で縛りつける祖母。
彼女が悪徳商法にはまるのも淋しさだ。

老人の淋しさを食い物にする小悪党は
解りやすく「悪人」だが
現実には『話を聞いてくれるいい人』と思い込む人々も存在する。

親の前とは違う顔を持っていた娘を殺された父親は
原因を作った大学生を襲おうとして思い直す。
彼には心があったから。
そしてあの大学生には、痛みを与える価値もない。

『大切な人はおるね?』
大学生の友人に問いかけるように語る被害者の父親の言葉。
簡単な言葉で語られる大切な真実。
「悪人」はどうやって出来上がるのか?
それは他人事なのか?
自分の心に問いかけてしまったシーン。

祐一も光代も「大切な人」ができたから
追い詰められてしまったしね。
そんなことを知らなかったら逃げ続けただろうに。

寒々しい灯台でままごとのように過ごす二人。
時は限られているのに手を離せない二人。
二人で暮らす夢を見た祐一が描いた画。

心を取り戻した祐一が愛する光代の為に最後にしたこと。
その時祐一の伸ばした手は届かなかったけれど
心は光代に届いたよね。

世間中が「悪人」と呼ぼうと光代には「愛する人」なのだ。


妻夫木くんの荒み方はすごい。
適当に染めた金髪と頓着のない服装とピカピカの車。
意味の無い夜中の走り。
現場の仕事をしている若者にままいるタイプそのもの。
そして目が死んだままだもの。

しかし深津さん、すごすぎ。
孤独だが人生をはみ出せず暮らす光代そのものだったのに
出会い系で出会った祐一のために
全てを放り出し愛にのめりこんでゆく様が
生々しく愚かしく
全身が女という生き物になっていた。
こんな深津さん見たことない。


「悪人」を作り上げるのは世間とマスコミには容易いことのようだ。


~追記

通勤時にふいに思ったのだが、
悲しい人 が一番多かったんだって。
大学生も殺された女も 悲しい人だもの。
そして
小さな優しさを持った人々も、物語には重要でした。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

10月 雪 痛み

2010-10-26 21:54:10 | Weblog
傷が痛いので
寒いと古傷もキビシイので
弱っております。

身体が

「去年の今頃はごっつう痛かったなぁ。
薬沢山飲みましたなぁ」

と警戒して いるような 気がする。
どこか こわばりがとれないままだ。

肝臓はまだまだ分解解毒中。
9月10月11月で
両の手のひらいっぱいくらい飲んだからねぇ
痛み止め。

落ちて消えるぼた雪
身体はまだ冬の準備に間に合わないから
はしゃげない 初雪。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の夜、うさぎを洗う

2010-10-24 23:42:48 | 音楽
昨日野音で一緒にSIONを聴いた
うす茶色のうさぎの毛マフラー
今朝 ホテルでコーヒーまみれにしてしまった。
コンビニで売ってるあっまーいアレで
ぐちゃぐちゃ。

きゃあ とか ひゃあ とか
言いながらも軽く洗うも甲斐なし。

ビニール袋に入れて帰って
「毛だからシャンプーでいけるかも
犬猫だって洗うし」

いけなかった・・・

ドライヤーで乾かしても
団子になってる部分はコーヒー色でほぐれない。

高いものでもなく
思い入れもなかったが
好きだったんだなぁ と
今の気分でわかる。

今回の「なんじゃこりゃあ?!」のシメでしょう。
起こるべきコトはこれで済んだんだな。



なんじゃこりゃあ?!連鎖
  ↓
金曜日の晩飛行機とライブのチケとホテルの予約表をまとめたポーチを
発狂寸前になりながら探す。
木曜に「これとおサイフがあれば、最低LIVEは観られるし」とまとめたのに・・・。
12時過ぎに前日の行動を思い返し
捨てる雑がみ入れから発見!
なんでかさっぱり思い浮かばず。
  ↓
というわけで寝不足の寝ぼけ頭でバスに2分差くらいで乗り遅れる
  ↓
JRに変更するも時間があわず、空港到着が出発の14分前
  ↓
走ってカウンターに向かい、係員さんと走って搭乗
  ↓
うたた寝からおきてりんごジュースもらうも、
ねぼけてたのでこぼす。
(飛行機、そこそこの回数乗ってるけど初めてだよ)
テーブルとひざ掛け被災。
  ↓
友達と渋谷でお茶した後地下鉄で霞ヶ関に向かうと
ことごとく『今ドアしまりました』
ぎりぎり6時に霞ヶ関到着
  ↓
しかし、
真っ暗になってから日比谷公園に行ったことがないので
野音の入り口さがして迷ってるうちに演奏はじまる。
  ↓
1曲目終わる前に入るも、暗くて座席がわからない!
荷物抱えてあせりまくり、携帯の明かりで探してやっとのこと席に


ああ、
でもね
一般発売でそれも9月末くらいに買ったのに
後ろから数えたらひと桁の座席番号だったのに
そこは
真っ直ぐにSIONを見つめられる席だった。
奇跡という言葉を使うのは好きじゃないけれど
奇跡のようでした。
席について顔をあげれば
まるで私に歌ってくれるように真っ直ぐSION。

泣かないで
全ての歌を受け止められたのは
ずいぶんと久しぶり。
ほんの少しは 涙がこぼれそうになったけど。
そりゃあ
SIONだからさ しょうがない。

来て良かった。
小さい「なんじゃこりゃあ?!」にも
大きい「なんじゃこりゃあ?!」にも
へこたれずに『よくできました』なんだな。
しおれていたら
歌がちゃんと受け止められない私が
笑って
『ああ、楽しかった。ありがとうSION』と
野音を後にできたから。
そうして
何年も忘れていた自分の誓いを思い出したから。

月がキレイで
久しぶりの野音のビルの明かりもキレイで
素敵な野音のSIONだった。



で、
うさぎ洗って
もう寝ます。
ちゃんとした感想は後で書く。

♪おやすみ 真夜中の かわいい女
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

明日は大学病院

2010-10-06 23:49:11 | Weblog
ここ2週間で
眼科・内科・メンタル・明日は形成外科。

診察券で神経衰弱できるな、やっぱ。
形成は初の一枚ですが。

外的要因と内的要因で
自律神経がめちゃくちゃなのは解る。
今日も一日腹痛そして一人ダークサイド。


「ハーバード白熱教室」は保存版。
面白すぎて2回観たのに、さらに。
あのディベートに参加していたら妄想が楽しい。
頭がちゃんと回るようになったら、いけると思うな。
英語じゃ話せないけど。

なんか、
久々にきたら、入力画面変わっていてびっくり。
変化に弱い生き物なので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加