もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

「恋戦。OKINAWA」

2006-10-06 21:33:05 | 映画・旧作
2001年10月13日

レスリー・チャン、レオン・カーファイ、フェイ・ウォン。
好きな人がこうも揃っちゃ観に行かないと。

日本のヤクザと恋仲になったものの、
組の大金を奪って逃げた女ジェニーがフェイ。
その金を本来受け取るはずだった名うての大泥棒ジミーにレスリー。
たまたま休暇旅行で沖縄に来ていた香港警察の刑事ローにレオン。
ローはジミーを見つけてつかまえようとする。

私が勝手に思っていたクライムサスペンスなんかではなく、
リゾート地沖縄で繰り広げられる
三角関係のラブコメみたいだった。
観た当時は「レスリーの短パンが見られたからいいや」
ぐらいな感想だったが、
私の観たレスリーの最後の作品になった。
そして明るい彼を観たのは「君さえいれば~金枝玉葉」と
この作品の2本だけ。

レスリー・チャンの作品を初めて観たのは「さらば、わが愛」
この作品は劇場で2回観たなぁ。
それからチェックするようになって、
全部で8本主演作をみたけれど、
憂いのある役が私は好きだったようだ(今回気がついた)
そして、何故か観ていない「男たちの挽歌」

レスリーが亡くなった時、最初信じられなくて、
今は遠くに住む電話嫌いの「さらば、わが愛」絶賛仲間に電話をかけて、
二人で『どうしちゃったんだろう・・・』
途方に暮れた。
熱烈なファンではなかったけれど、
まだまだ沢山彼の作品を観たかったなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「ウォーターボーイズ」

2006-09-30 22:53:35 | 映画・旧作
2001年10月4日

いまさら感想を書いてもなぁ、というぐらい
大ヒットした作品ですが、面白いよね。
映画館全体で爆笑してたもん。
真似っ子作品も沢山出来たし。

矢口監督、私は「裸足のピクニック」から注目していたんですが、
いわゆるブレイクはこれだよね。
が、これ以降
矢口史靖監督って”青春映画監督”と世間的には思われてる?
この次が「スウィングガールズ」だもんね。
うーん、皆さん遡って見てないのかな。

「裸足のピクニック」の芋づる式不幸の連鎖
「秘密の花園」のお金好き咲子の5億獲得大作戦としょぼい特撮
「アドレナリンドライブ」の成り行きでやくざの金を持ち逃げする偶然出会った二人。
「パルコフィクション」の不条理さ。
どれも笑えるけれどブラックなんだよね。
そこがツボと言えるぐらい、爽やかさはカケラもない。
その毒を薄めた作品で世間に認識された矢口監督。
次回作はどうなるんだろう?

映画感想じゃなくなっちゃった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「こころの湯」

2006-05-15 20:40:09 | 映画・旧作
2001年10月1日

主人公を演じたチュウ・シュイは、NHKドラマ「大地の子」で
陸一心の養父役だった俳優。

北京の下町で銭湯「清水池」を営む父。
それを楽しそうに手伝っているのは知的障害のある次男。
マッサージを受ける客、コオロギを闘わせて遊ぶ老人、
歌の練習をする青年などなど、常連客で毎日にぎわう「清水池」
ここは皆の憩いの場となっている。

ある日、都会でビジネスマンとして働く長男が帰ってきた。
弟から届いた葉書をみて、父が倒れたのかと心配をして駆けつけたのだが、
父はぴんぴんしている。
久しぶりの長男は、2,3日滞在することにするが、
全く違う生活を送る父と息子の間には、わだかまりがあった。

突然、地域の再開発が決まる。
常連達もこの地を追われ散り散りとなり、
「清水池」そのものも取り壊されることになる。
そんな中、
いくつかの出来事で、父との溝を埋めていった長男は、
都会に帰るのを延ばして銭湯を手伝っていた。
しかし、幸せな日々は長くは続かない。

中国の再開発は、色々な映画で取り上げられているが、
最先端をいくことがそんなに素晴らしいのだろうか?
といつも思う。

劇中のエピソードで、
二人の息子の母が嫁いでくる時のお風呂の話が、とても印象深い
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「ED80000V」

2006-05-09 19:59:04 | 映画・旧作
2001年9月26日
石井聰亙監督作品

幼少の頃に経験した事故から「帯電」してしまったヒーロー2人。
「電気と感応し爬虫類と心を通わせる男=竜眼寺盛尊」は
爬虫類専門のペット探偵をして生計をたてていた。
頭はいつもカミナリヘアー。
一方
「電気を修理し怪電波をキャッチする謎の男=雷電仏蔵」は
昼は電気屋として働き、夜は電波を正しく使用しない者へ正義の制裁を加える仕置人。
顔半分が仏像。
そんな二人は宿命的に闘いの場へ誘われていく。

これは、「ロックな映画」なので、好みがあると思うけど、
笑えて好きだったなぁ。
浅野×永瀬×石井監督のテイストでまくり作。


24日には是枝監督の「ディスタンス」を観ていたので、
浅野週間だったのね。
「ディスタンス」はどう考えても感想がまとまらないので、
UPしないことにした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「千と千尋の神隠し」

2006-04-04 20:22:59 | 映画・旧作
2001年9月22日

私はジブリ作品が好きだけど、
議論の元になりがちな”思想”をそこに読み取ることはあまりなく、
ただ、
アニメとして眼前に展開しているものを楽しむタイプ。
(たとえば「カリオストロの城」なら、
本物のような水の流れに感動したり)
そして、子供に感情移入してしまう。

なので私は、
異界に迷い込んでしまい、
父と母が異形のものになってしまった千尋に感情移入して、
泣いてしまった。
どんなにか心細かったろうに。
ハクに出会えなかったらどうなっていただろう。
釜じいや湯バアバの前で、
あんなに気丈に振舞えるだろうか?
などと考えてしまった。

あとは八百万の神の色々な形に
笑ったりびっくりしたり。
水の上を走る列車に心ひかれたり。

カオナシや湯バアバやそのほかの者が
なんのメタファーなのか、
という難しいことは考えずに見た。

アメリカ人には”八百万の神”って解るのか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ショコラ」

2006-03-14 20:58:29 | 映画・旧作
2001年9月8日

古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、
北風と共に謎めいた母娘がやってきて
かわいらしいチョコレート・ショップを開店する。
信心深い人々の住むこの村に似つかわしくない甘いチョコに、
最初は警戒をしていた村人たち。
でも、母ヴィアンヌの魔法のような力で
ひとりひとりに処方されるチョコは、
村人たちの心を解き放ち、愛をよみがえらせることにより、
固く閉ざしていた村に自由の風が吹き始める。
それを快く思わない伯爵が、店への立ち入りを禁じてしまう。
ある日、ジプシーの舟が川辺に停泊し、
そのリーダーとヴィアンヌは同じ流れ者として、心を通わせるが
伯爵はジプシーと母娘を追い出しにかかる。

ジュリエット・ビノシュは苦手なんだけれど、
この映画の役は好きだったな~。
いろーんなチョコがどれもすごくおいしそうだし、
ジプシーのジョニー・デップもかっこいい。
おときばなしのようだけれど、色々な意味を含んでいそうな作品。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「非・バランス」

2006-01-22 20:52:33 | 映画・旧作
2001年8月1日

中学二年のチアキは
"友達を作らない""クールに生きていく"というルールを作り、
孤独な毎日を送っている。
学校ではクールに徹しながら、
過去に自分をいじめたユカリに無言電話を繰り返している、チアキ。
そんな彼女が、夏休みを前にした雨の夜に
伝説の“緑のおばさん”と見間違えたのは、オカマの菊ちゃんだった。
二人が年齢差や性別を越えて友情を深めていくことで、
チアキの生き方が少しずつ変わり始め、
彼女は大人になってゆく。

とにかく、菊ちゃん役の小日向さんが強烈にステキ。
一にも二にもそこが魅力的な作品。
もちろん、少女の成長物語としてもよく出来ている。
菊ちゃんの現実に立ち向かおうとして、失敗するあたり。
原作にはオカマはでてこないのか、ふーん
と、思ったら脚本が風間詩織なんですね。
そりゃまた上手いはずだ。
確かに買ったはずのパンフを探したが見つからず。
表紙の、
緑のワンピを着た少女のパンツ見えジャンプ!
は頭に焼き付いているのだけれど、さて、どこにやったか。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アカシアの道」

2005-12-20 21:15:42 | 映画・旧作
2001年7月22日

松岡錠司監督作品。

幼少時母親に辛くあたられたために心に傷を負っている娘に、夏川結衣。
そして、アルツハイマーを患う母親に渡辺美佐子。
母の病気を期に同居を始めるが、幼い頃の記憶と、
悪化していく母親の病状が娘を追い詰めていく。
介護という現実の重さと、母と娘の関係の重さ。

美和子は、母親に抱きしめて欲しかったけれど、
母は、自立できる女性にと厳しい一方だった。
その記憶から解き放たれることはなく、
介護は神経をすり減らすばかり。
行き止まりに見えた道に、
他人が関わることにより、開ける部分があるということ。
希望はあるけれどハッピーエンドではないところに、リアリティがある。

松岡監督は好きな監督。
夏川結衣もお気に入りの女優。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「欲望の翼」

2005-12-16 20:39:07 | 映画・旧作
2001年7月18日

ウォン・カーウァイのこの作品は、何度か見る機会を逃していた。
これも60年代の香港が舞台。

レスリー・チャンの演じる遊び人風ヨディの孤独は
”足のない鳥は飛び続け、地上に降りるのは死ぬ時だけ”
という言葉の引用に表されている。
孤独を演じる時のレスリーはひどく魅力的だ。
恋愛は描かれているけれど、幸せな恋人同士は登場しない。

マギー・チャン、アンディ・ラウ、トニー・レオンと豪華な顔ぶれと、
湿度の高い映像。独特の色彩。
私が好きな要素を沢山含んでいた。

1990年の作品ということは、
ウォン・カーウァイはこの時すでに世界観を作り上げていて、
「花様年華」「2046」はこの作品と地続きということなのか。


同じ日に「紅いコーリャン」を観た。
チャン・イーモウの赤が強烈に印象に残っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「式日」

2005-11-12 17:19:46 | 映画・旧作
2001年6月23日

式日~儀式のある日、式を執り行う日(手元の辞書より)

藤谷文子が演じる奇天烈な格好をした少女は、
「明日は何の日か知ってる?」と問いかける。
「明日は私の誕生日なの」
でも翌日になれば、また同じ問いと答えを繰り返し続ける。
つまり、誕生日はやってこないのだ。

岩井俊二が演じる“カントク”
映画監督として成功を収めた彼が、製作に行き詰まり戻った故郷で出会ったのが、
その不思議な少女だった。
廃棄されたビルに自分の世界を創り、そこで生活をし、
奇妙な儀式と問いを日々続ける少女。
彼女を撮影し始めた“カントク”は、そこに潜む大きな闇に気づく。
狂気、までは振り切っていない少女の持つ心の闇。


初めての庵野映画。
「エヴァ」にははまっていなかったので。
最初は、アート系か?と思ったほど、観念と映像が奇妙に歪んで成立している映画だった。
でも、何故かとても切なく、愛しい映画だった。
少女に気持ちがシンクロして、少し泣いてしまったほど。

好き嫌いははっきり分かれる作品だろう。
そして、藤谷文子ってガメラだけじゃないです、侮り難し。
だって原作も彼女の作品だし。
コメント (3)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加