もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

意味の無いことなんていっこも無いのは知っているけど

2009-07-27 21:56:01 | Weblog
今日PCを立ち上げたら、
山田辰夫さんが死んだって書いてあった。
息を、のんだ。
長いこと好きだった俳優さん。

人の死には慣れたりできないもんだね、
身近でなくても。

病気の人は世の中に沢山いて、
言ってる私も健康ではなくて、
死に至る病の人がたまたま今は身近にいないだけ。

朝に笑って家を出た人が
二度と帰らないことも身近に何度かあったから。
自分のこともわからない。


だからといって
厭世的になってしまうと、なにかに負ける気がするんだよ。
スピリチュアルな意味は1ミリもなくね。
本能みたいなものか。

自分が人生を楽しんでいない人が、
楽しく生きている人を勝手に妬んだり陥れたりするみたいに。


ああ。
今日は”青虫ゆでちゃうとこでした”ってタイトルの予定だったのに。
(字面だとすごい気持ち悪いなぁ)
朝取りブロッコリーについてたの。
死んでたので良かった。

久々にイカさばいたり、お味噌汁作ったり、
『食べたい』と思う気持ちが出てきて、
楽しくご飯を食べましたとさ。
という話。

結構食材腐らせてたのですよ、最近。
『食べなくちゃ』と義務感みたいに買い物してたから。

楽しくおいしくご飯を食べて、
ぐっすり寝よう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」

2009-07-26 20:55:37 | 映画
7/17鑑賞


ネタバレです。


トライ・アン・ユン監督の
「青いパパイヤの香り」「夏至」とは全く違うアプローチにとにかく驚く。
(「シクロ」は観てない)
一致しているところといえば、
湿ったアジアの色彩、ぐらいだろう。

とにかく、
男達は、血にまみれ、暴力があふれかえり、痛みと悲鳴がスクリーンからこぼれる。


クライン(ジョシュ)にシタオ捜しを依頼する父親の、存在・現実感の無さ。
そこに付帯している“世界的な薬品会社の社長”という伏線であるのかないのかの曖昧。

クラインは
刑事という仕事のためにサイコキラーと同化し、
圧倒的な暴力に屈服した挙句
彼の思い通りに、事件に終止符を打った(打たされた)。
身体に染みついた痛みと、その記憶から解放されることのない日々。
香港の警察の友人と談笑していても、
クラインの瞳の暗さは消えない。

ドンホ(ビョンホン)は
粗暴を通り越し、リリへの執着以外の表現は全て暴力だ。
それも、常軌を逸している。

シタオを捜す二人の男の話。
というよりは、クラインがメインでは。

人の痛みを自分に移し、自分が身代わりに苦しむ。
シタオ(木村くん)は、映ってる98%くらい痛がっていて、
もう少し普通の演技が観たかった。

ようは、
キリストの復活と磔刑と、彼に救いを求める人々。
ということなのかな。

とは思ったけれど、
何の見返りも求めず痛みを引き受け続けるシタオに、救いを求める人々の姿は、
私には浅ましくみえた。
一人の痛みを取ったとしても、
傷ついた人々は際限なくやってくるだろう。
どうやってみんなを救う?
シタオは神ではなく、一生死ぬことの出来ない罰を受けているのか?

いや、
全てをこちらに預ける映画はどっちかというと好きな私も、
『うーん。きれいな男子の裸体と苦しむ姿鑑賞?』
とか思ってしまったよ、ちらっと。

シタオが孤児院を作った理由。
リリの存在。
ドンホの欠落部分はシタオにした行為でいくらか埋まるのか。
「僕を恐れないで」シタオの言葉の意味。
謎ばかりだ。
唯一、
クラインはあの姿のシタオを捜し当てたことで、救われるんだろう。
とは思いましたが。


さて、
木村君ファンは読み解けたのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♪長い友との始まりに

2009-07-26 16:44:14 | Weblog
男が怒りの傷口舐めている

と、続く。

泉谷の歌なので男の歌。

しかし、
泉谷LIVEに一緒に行き、
LIVE会場からタクシーで職場に戻った男前な友達と会うと
頭の中で歌うのね。
『のけものじみて』とまじって
♪ウォーウォーウォーと拳振り上げてる、頭の中。

その友達と久しぶりに酒を飲んだ。
私はドック終わりでアベの追悼で
なにより二人はRCファン。
というわけで深酒ナイトになるよりあるまい。

沖縄料理屋で
仕事話・人生この後話・沖縄行きたいね話

ロックバーでも
音楽BGMに
RC話
・就職活動中にスーツ姿でLIVE行って浮いてたそうだ。
 そりゃな。客も一番派手な頃じゃん。
 私は多分ミニスカで椅子を乗り越えてた頃だ。
 手首にネックレスジャラジャラ巻いて。
 もちろん『ブン・ブン・ブン』のために。
人生の闇やら楽しいことやらバカ話。
二十歳からの友達。
歳をとるのって楽しいね。

たぶん、
彼女が帰った時にすでに私でろでろだったんだけどさー
「朝まで飲むっ」
言い張って
店であった人と飲み続け、さらにはしご。
楽しかったしさー。
アベの追悼で『もれなく酒に飲まれてやる』
とは思っていたが


だからといって、二日半酔いってどうでしょうか?

人生3本の指に入る泥酔でした。
歩けないどころか
一人で立てないんだもん!
そんな自分がおかしくて笑っていたのは覚えてます。
ご一緒だった皆さん、失礼しました。
飲んでも忘れないこのワタクシが
3割は忘れてます・・・。
両肘にあざがあるので
すっ転んだのを忘れたとしたら、問題だ・・・。
部屋までの階段を上がるのに
壁伝いだったのは覚えている。
服のまま寝てたなんて、いつぶりだろう。

ドックの結果もでることだし、
身体に気をつけて飲みます。

男前友達は両親と住むのに
これからローン背負うんだぜ。
カッコイイじゃん。
次は新築の家飲み希望。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミッシェル聴いてる

2009-07-23 22:11:45 | 音楽
ギターがカッコ良くて笑えるんだけど、
アベはどーしてんだろ?

会社の机のマットの下にポストカード入れていて、
ほら、ライブでくれたLevisのヤツ。
今日はしみじみ見てしまったよ。
カッコ良すぎだ4人とも。

お別れの酒は都合により明日だ。
もれなく酒に飲まれてやるよ、
チバがミュージッククランプに出た時の言葉に合わせて。

そっちのミュージシャン枠はもう一杯じゃないの?
神様だかなんだか知らないけど、
もう勘弁してくれないか。
頼むから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんなの?今年って

2009-07-22 21:37:39 | Weblog
元ミッシェルのアベが死んだって。
PC立ち上げて、ニュース読んで
息が止まりそうになった。
そんで、
吐きそうにもなった。

ミッシェルの札幌でのラストライブ以来観てないけど、
一昨日も聴いてたよ、
「ゲット・アップ・ルーシー」
エンドレスで30分。
通勤のお供にゃ「エレクトリックサーカス」が入ってんのよ。
毎日聴いてたのに、アベのギター。

泣くこともできやしない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐野史郎さんのトーク聞いちゃった

2009-07-20 21:56:43 | Weblog
写真の話だったのです。

カッコ良かった。
へへへ、
サインもらっちゃった~。
映画の話も少ししちゃった~。
多分、現実だと思う。

「夢見るように眠りたい」
だな、
今晩は。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「クリムト、シーレ、ウィーン世紀末展」

2009-07-20 21:55:18 | アート
本当は天気のいい方が、芸森は楽しいのだけれど
ギャラリートークを聞きたくて土曜日に。
着いたらもう始まってて、沢山の人。
絵が見えない後で少し聞いたけれど、ふむー。

クリムトとシーレは昔っから大好きなので、
期待してたのに、きていた作品が少ない。
数年前に東京のBunkamuraで観たときの方が
好きな作品がきてた記憶が。
(「接吻」か「抱擁」あたりの大作も観た気がするけれど、
図録買ってないのでなんとも)

多分、クリムトとシーレに限ると
うちの
ポストカードブック・ポストカードコレクションの方が
点数が多いと思うよ・・・。

しかし、本物のパワーは
知ってるだの知らないだのを言わせない。
印刷だとどうしても色彩が違ってしまうし、
油絵でも素描でもタッチを間近で観ると感じ方が全く違う。
シーレの人物画の
捩れた身体のラインや、不自然なポジションの手は
学芸員さんの解説で今回じっくり観たし。

やはり
クリムトは《パラス・アテナ》
シーレは自画像ですね、印象深いのは。
クリムトの官能美・シーレの退廃の美

ウィーン分離派とひとくくりにしても、
様々な画風の画家が混在していて、
それは面白かった。

~~~~~~

特設グッズ売り場にデメルが出店してるなんて知らなかった!
そしてザッハトルテ売り切れ!
持ち合わせがなくてチョコ買えず・・・。
とてもいい香りのフルーツティと
クリムトの絵付缶入り(いささか微妙)キャンディ購入。
でっかいクリムトの絵付紅茶缶も売り切れでした。
しかし、
ミュージアムグッズとして前から目撃していた
立体の「接吻」「抱擁」は微妙すぎるよな。
あと、それらの(今回きてない)有名作品のポスターやバッグなど
美術業界に商売上手さんがいらっしゃるのね。
バッグって、微妙通り越してヤバイよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3連休ですと?!

2009-07-18 22:23:41 | Weblog
とにかく会社に行かなくちゃ・青息吐息
生活だったので
昨日の夕方ちゃんと認識。
朝リポ一気飲みが増えておりますが、
どうなるんでしょ、ワタシ。
連休も天気も悪そうだから、ま、いいかぁ。

昨日は「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」観ました。
感想推敲中。
いくらでも難しく考えられるし
ひと言でも表せるのですよ、この映画。
そういう意味で面白い。
確かなのは、
木村君目当て・ビョンホンくん目当ての人も
何回も観ないだろうなってこと。

で、「なんかガツンとしたの飲みたい」
久々に思ったので、
そーゆーお店に寄ったらば
2杯で酔っ払ってびっくり。
結構じっくり飲んだのに(当社比)
まあ、来週ドックだしね。


今日は雨を含んだ曇り空。
頭が重いの、こういう日は。
でも、楽しみにしていた
「クリムト、シーレ、ウィーン世紀末展」観に芸森へ。
感想は別に書きます。

芸森の
あらゆる灰色を集めたみたいな雲の下
びゅうびゅう風にゆれる原生林がやたらと懐かしく
野蛮なくらいに濃い緑から目が離せない。
私にとってライナスの毛布は原生林かも、
初めてたどり着いたな、この考え。
髪の毛が湿気と風ででぐちゃぐちゃなのに、
コーヒー飲み終るまで森を見てました。
アヤシイ人。


捨ててしまっていいことに気がつかなかったマイナス達に
引きずり回されて
取り戻せるものと新たに手に入れるものと
自分がつくりだすもの

まだ全然近づけない。
毎日泣きながら寝るのは少し慣れたけど
会社の昼休みとか芸森で煙草吸ってる時に急に泣くのは
ホント自分でもびっくり。
『人前で泣いたら負けだ』
そう子供の頃から思っていたツケかなぁ。

まあ、寝よう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お兄ちゃん、頭が痛いよぅ

2009-07-16 22:53:46 | Weblog
もちろん《NIGHT HEAD》

なにも見えないし聞こえないですが、
頭が痛いです。
ここ1週間も痛い週間だったなぁ結局。
いつもポケットに鎮痛剤。
マンガのタイトルにもなりませんがな。

なので、
予約していたSIONのアルバムとスガさんのCDをやっと取りに行く。
14日にはもらえたのに・・・。
そっこー聴いている
SIONのアルバムの素晴らしさに
泣きそう&倒れそうです。

そうなの。
ひとはひとつじゃないから、
みんな同じじゃないから、
みんな違うからのた打ち回るんだよ~。
血でも吐きそうなくらい、
そんな日々だ。
本当に血を吐かなきゃ、誰も気がつきはしないが。




岬で待つ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと出ましたタイムテーブル!

2009-07-14 22:46:52 | Weblog
もちろん、RSR。
待たせるったりゃありゃしない!

しかし、昨日は
体調不良につき”寝たきりおねーさん”
朝に燃えるゴミ(有料)だけよろよろ出して
月曜から寝こける。

同い年の友達と「回復力が落ちたねぇ」
言い合ってたのはつい先週。
RSRは、体力を読み違えて行くと遭難するので
タイムテーブルを穴のあくほど見て、
スケジュール立てよ。

はっ!
一ヶ月じゃーん!あと!
とりあえず寝ないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加