もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

クドカン、あんた、おもしろいよ!

2006-06-30 22:40:57 | ドラマなど(TV)
いや~「我輩~」絶好調!
毎日爆笑だよ。
ペ・ヤングンはやきそばだし、
(当地には売ってない。こちらではマルちゃんの焼そば弁当が王道)
作家の”夜しずか”のルックスは自分のパロディでしょ?
”キャミソール”の表紙は”インストール”だし。
-金曜日には誰かが来て何かが起きる-
は昼ドラのお約束ですよ、我輩(と、よびかけてみる)
今日は猫ひろし出てた。
ワハハ本舗の元ホームレスさんも一緒に。

小ネタは毎日書ききれないくらいで、
文学論もさり気なくあり、
そして家族愛がもれなくあるね。

見てない人にはさっぱり解らないでしょうが、
なにしろ面白いので。
笑いは人生の大事な要素ですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

処方箋薬局は高上がり?

2006-06-29 20:01:38 | Weblog
かかりつけの病院が今月から薬局を廃止して、
院外処方箋の発行になった。
そしたらね、同じ薬なのに病院と薬局を足すと、
3割くらい高くなったの。
なんでー?
前々から、病院直で薬をもらえない時は、
なんだか高い気がする・・・。
とは思っていたけど。
どういう仕組みなんだ?!

それでなくても
医療費の自己負担はどんどん上がっているのに。
おじさんが言ってた
「昔は社会保険は初診料だけで診て貰えたもんだ」
というのはいつの時代の話なの?
”金のない人は病院にかかれなくても仕方ない”
なんて恐ろしい時代がやってきませんように。
と病気がちなワタシは願っているよ。
もしかして、すでになりつつあったりする?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「TRICK劇場版2」

2006-06-28 22:26:17 | 映画
バカバカしさがTRICKワールドだったなと、思い出す。
片平なぎさの手袋ネタや、
ゆーとぴあなんて若い人には解らないんじゃないのか?
というギャグのてんこ盛り。
私は笑いましたが。
 
久々におバカな映画を観ました。
爆笑じゃなくて、
散らばりまくりのゆるいギャグを拾っては笑う、みたいな。

中村靖日さんが結構出てました。
リアクションが笑えます。
あの箱から出てきたモザイク?で消してあった生き物?が気になる・・・。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

雨降りなので

2006-06-27 22:25:53 | コトバ
雨降りなので
気分がすぐれないんだろう。
雨のせいにして
見ない振りして
夜をやりすごす。

汽笛なんかは聞こえない、
4車線道路の街灯の見える
あたしの窓。

今日はなににも笑えない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良美智 情熱大陸

2006-06-26 22:34:39 | 好きな人
情熱大陸は好きな番組ですが、
”一枚一億円の画家”とはなんだ?!
シャレか?シャレにならんぞ!
もっと考えて欲しかった。
がっかりした。

ナレーションの
”若い女性に大人気”もムカっ。
現象の表層しか見ていないのだ。
彼の作品を購入している世界のコレクターや美術館は、
”かわいい”から買っているわけじゃないのは、
自明の理だろう。

ざらついた画面の感じは良かったけれど・・・。

NHKに出た時もT・M・G・EやスタークラブのTシャツを着てましたが、
今回ももちろんそう。
作品の作成BGMは爆音ロック。
それがナラさん。

来月に始まる
青森県弘前市 吉井酒造倉庫での
AtoZ展のプロモーションなんでしょうが、
番組を見たどれくらいの人が足を運んでくれるのだ?
ゼロではないだろうが、
奈良さんが身をさらした甲斐があるくらいは、来て欲しい。

私はもちろん行くので。
三回目の吉井酒造倉庫に。

それにしても、TVの影響ってスゴイなぁ。
AtoZ展のHPがパンクしてます・・・。
良くも悪くもか・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

セ・ジョリ/天然日和 石田ゆり子

2006-06-25 22:48:21 | BOOK
『C'est joli(セ・ジョリ)』
『天然日和』の二冊を読みました。

石田ゆり子、女優としては特に興味があるわけじゃないですが、
なにもそこまで 的な真っ直ぐさが気になったので。
エッセイを読むとますます彼女の真っ直ぐさが解ります。
友達だと微妙かも。
自分が信じるものや心地よいと思うものへのこだわりが強い人。
曲がったことは大嫌いみたい。
もう少し遊びがあったほうが、付き合いやすいのでは。
私に言われてもしょうがないと思うけど。

本人が、凛として居住まい正しいのはステキですが、
そういう人は他人にもそれを求めたりしますよね。
それ苦手。

犬と猫と暮らしていたり、
片付けがあまり得意ではないなど、
仲良くなれそうな面もあるんですけど。
(友達になりたいのか?)

でも、この硬質な清潔感が彼女の魅力ではありますね。

他に今週は京極夏彦の「ウブメの夏」を。
今更、ですが面白かった。
どういう風に映画化されたんだろう、この話。
京極夏彦は文章のこだわりに苦手感がありますが、
そういえば「覗き小平次」も面白かったっけ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「日本沈没」

2006-06-24 23:39:41 | 映画
試写会にて。

何気なく行ったら、
監督と主題歌を歌うソンミンさんの挨拶付きでした。
どうりで手荷物チェックされるはずだ。

前作は、もしかしたら観てるかも、
ぐらいで、
原作は多分中学時代に読んでるはずですが
(SFにはまっていた)
すっかりお話は忘れてました。

オープニングから大地震。
そこで出会う潜水士とハイパーレスキューと少女。

突っ込みどころもありますが、
何度もぐっときたのは、なんだろうなぁ。

以下個人的ツボを。

函館金森倉庫の津波の場面が、印象的。
樋口監督の(特撮部分)「ガメラ2 レギオン来襲」で、
札幌が破壊されまくった時、
レギオンが巣を作った某デパートは『名前を出さないように』と言ったそうですが、
金森倉庫全面破壊潔し。
北海道はほぼ全滅か。

田所博士は、自説の裏打ちが出来た時に、
苦悩する姿が学者を超えて人間くさい。

柴崎コウは、まあ、良かったかと。
でも、何故にハイパーレスキュー?

男くささを前面に出した及川ミッチー、いいです。

メイン以外ももったいないほどの出演陣ですが、
何気ない出演者も、すごい。
山田辰夫と津田寛治は、顔がちゃんと映らなくてもすぐに解った。
ピエール瀧は軍人顔?
安野モヨコは解ったのに、庵野カントクは探せず。

さながら自衛隊輸送作戦博覧会で、笑う。

芝居の大げさな大地真央には、専属ヘアメイク2名。
何があろうと汚れはなし。

多分、國村準みたいな政治家が多そうな予感。

本当に、医療におけるトリアージのような区分をされるのだろうな、
緊急避難時にも。

こんな緊急時に色恋沙汰かよ、と思う自分にびっくり。
隣組のおばさん化現象。

そして、以下はSMAPファン目線。

柴崎コウを抱きしめる手のニュアンスで、感情を表せるなんて、
剛君はお芝居のできる人になりましたね。
作品にも恵まれて、ありがたい。
あとは、言い募る場面で
セリフがもう少し聞き取りやすかったら良かったのにね。

思いのほか、面白かったです。
明和電気もご出演。
コメント (9)   トラックバック (16)
この記事をはてなブックマークに追加

負けちったね・・・

2006-06-23 22:36:21 | サッカー とか
がんばってリアルタイムで見たのに、
先制点入って飛び上がったのに・・・。

個人技云々よりも、
やはり気持ちが見えないチームだったなぁ。
ヨシカツとヒデの気迫が浮いて見えるのが、
おかしいでしょ。

そんな今日は、
久々に試写会が当たって「日本沈没」観てきた。
気分転換には良かった。
感想は明日にでも。
今日は寝ます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏至なのに曇りのち雨

2006-06-21 21:38:58 | Weblog
キャンドルナイトをお家でやってるだけじゃ、つまらん。
と思い立ち、イベントを調べて行こうとしていたら、
雨だもの。
野外にキャンドル100コ点灯は中止だろうな、
としょぼしょぼ帰ってきました。
キャンドルカフェにでも行けば良かったのかなぁ。
あ、「大停電の夜に」気分を味わえたかも・・・。
今気がついても遅いですな。
まあ、映画のように大量には無理でしょうし。

一人キャンドルナイトですよ。
環境を考えても、ロマンチック気分でもよか。
大体何でもライトアップすりゃあいいというものでもない。
ん?ぼやき漫才の人みたいになってる?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

書き逃げ 2

2006-06-20 21:47:12 | Weblog
前に一回書き逃げたのでその2。

原子力空母を米海軍横須賀基地に二〇〇八年に配備
~持たず・作らず・持ち込ませずの「非核三原則」を
 机上の空論にしてしまうつもりなのは誰?

ドミニカ移民裁判敗訴
~国というのは、いざとなれば国民を捨てるくらい平気でやる。
 そういう覚悟でいろってことだ。

自衛隊のイラク撤退
~なにを静かに今頃。大々的に帰ってくりゃあいいじゃん。
 大量破壊兵器はなかったですって。

アメリカ産牛肉
~安全だというんだから安全なんでしょう。
 ああ、この理論前にも書いたけど
 ”核を積んでいないというんだから積んでいないんでしょう”
 という軍艦と同じで、そういう理屈で動いているのだね、この国は。
 なんのツケがあるというのだ。

ニュースショーのあれやこれや
~皆が裁判官か陪審員か、もしくは覗きやなのか。
 そもそも、微にいり細にいり彼女や彼の人生を、知りたいと思う人の
 いかほどいることか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加