もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

北国の人々うかれる時期

2022-05-22 23:44:50 | Weblog
昨日ほど暑くなくて体調が良かったので
出かけましたよ。
3年ぶりになるのか『ライラック祭りin大通り公園』
道産ワインブースは無かったけれど
とうきびワゴンも出ているし
なによりライラックがもりもりと咲いていたので
気持ち良かった。
ベンチでコンビニのサンドイッチ食べたぐらいにして。

久し振りに沢山の人々。
家族、犬連れ、友人と、ひとりで
ぶらぶらしてたりシートを敷いてくつろいでたり
もりもりのライラックを写真に撮るために群がってたり。

野外ステージには吹奏楽部。

ひと区画だけ、入場制限して飲食ブースがありましたが、
1時間待ちの看板にも負けず列をなしていた人沢山。
うかれたいよね、そりゃ。
ずっと冬だったもんね。

夕方から雨。
季節の目盛りは初夏の手前だと思われる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

謎である

2022-05-20 00:13:39 | Weblog
寝る前にちょっとみたら
更新してないのに見に来てるひと増えてる!
なしたー?

ライジングの開催を喜んでいたが
メンツ良すぎてチケット買えるか心配になっている。
タイムテーブル出るまで待ったら遅そうだけれど
人には色々事情があるのです。

眠い
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

13年もたっちゃった

2022-05-02 23:54:12 | 特別な人 キヨシロー
お墓参りには行ったことが無い
そこにキヨシローがいるのかどうかわかんないから。
自分が13才歳を取ったことにも馴染めないし
キヨシローより年上になっちゃう日が遠くないことにも
全く納得がいかない。
地団太踏みたいくらいだ。
おばさんだってスキップも地団太もしたいなんて
厚生年金会館で両腕を差し出して飛び跳ねてた時には
一瞬も考えてみなかったのにね。
ミックなんてまだステージの端から端まで踊り続けている、スゲェな。

さっきね、ラジオで「自由」がかかって
歌っちゃったよ。
♪全ての奴らに自由を~

キヨシローがいたら背負わされそうな出来事が沢山おきて
足りない頭で考えてるよ
教わったことを思い出して。
でも
歳を取ったから渋くなるわけでも賢くなるわけでもなくて
じゃあ図太くなれるかと思ったらそんなことなくて
おろおろしてます。

旅先でキヨシローのことを聞いて
3日は記事の載ってるスポーツ新聞を握ったまま友達と歩いた鎌倉を
写真みたいに思い出して吐きそう。

選挙も行くし怒ることも辞めないし騙されないように注意して
楽しいことを鷲づかみしながら
よわよわと
おろおろと
歳を重ねていくのだな。
キヨシローを追い越しても。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いろいろバグっている日々

2022-03-21 16:49:45 | Weblog
コロナ野郎にじわじわと侵食される日常が長くなり
ただでさえ弱々な心と肉体が
毛ひと筋ほど、しかし毎日削られてるところに
戦争
そして東北での大きな地震。
うちんとこも揺れたし。

楽しいことに顔を向ける筋肉さえなかなか動かない。
久々にえいっと手を伸ばして楽しんだことを
整理も出来ない。

とりあえず今日はおはぎを食べます。
そうそう
春色の麻のシャツを買いました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いままさに女子なわけですが、男子の話をしちゃうぜ

2022-02-15 22:24:17 | サッカー とか
語尾の「ぜ」に関してはいかんとも、てへへ。

まず、お久しぶりの選手が。
国際試合が開かれてもTV放送なかったりしたからさ。

団体で
「ボーヤンくんがひらひらを着てなはる。大人になられて」
アナウンサーが、色々語るので
「大変だったんだねぇ」としみじみしつつ
ジャンプの豪快さに笑いました。
そして個人戦では
ビチェンコさん!ってなったわ。手を振っちゃったわ画面に。
キスクラでお耳仕草しませんでしたね。
フリーに行けなかった残念さよ。
ジェイソンくんも久し振りでしたよ。

エイモズさんの物語を紡ぐような演技が好きで
ボーヤンくんのギュンって回るジャンプが好きで
ジェイソンくんの、氷上で演じる芸術には心がふるふるしました。

ウノくんは
大仰な振り付けではないのに指先に宿る物語が見え、
ジャンプも軽やかに跳び
素晴らしい演技でした。
大人になるということは
陰りを帯びることだけではないけれど
それすらも魅力でした。

カギヤマくんは何故サラブレッドと呼ばれないんですか?
(コヅカくん呼ばれてたじゃん)
才能と努力と若さの良いとこ全て出せるなんて
それが口を開いちゃうほど素晴らしいとは。

ハニュウくんは
違う次元で生き過ぎてしまって
人間レベルにチューニングが難しいのかもしれない。
ショートの災難そしてフリーの4回転アクセルへの挑戦
怖いくらいに美しいものを見せてくれるのはうれしいけれど
何を引き換えたのか気になり過ぎる。
こんなんフィギュアスケートの感想じゃないけど。

サカモトさんをリアルタイムで見たいので
今日はここまで。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネイサンくんおめでとう

2022-02-10 23:36:56 | サッカー とか
そうだった
オリンピックのフィギュアスケートは沢山選手が出るのであった。
HDDの残量をにらみながら録画そして鑑賞。

いや~
ネイサンくん重力って知ってる?
など思いつつ、爽快だなこりゃ
と笑いながら見てしまったよ。
ひゅん。と軽く跳んでくるくる回って
さらに伸ばした手の先に何か見えちゃう仕草まで
美しすぎるではないか。

ショートの時に「今回は衣装っぽい」と思っちゃいましたが
フリーはまたしても
『ユニクロのデザイナーコラボ。ただし部屋着』風味すぎる。
巷ではショートの衣装ですらユニクロよばわりされてるらしく
「ジャケットに見えるデザインだったじゃんよ」
ぶーたれる私も季節限定お茶の間ファンだった、五十歩百歩。
今シーズン初めてネイサンくんの演技見たのがオリンピックだもの。

あんなにキッチリしたマスクで練習ってそれは高地トレーニングですか?
感染怖いけど身体がつらかろう。

日本のTVはスポーツを情緒で語り過ぎで
「前回五輪の忘れ物を取り戻したネイサン」なんて言うけれど
4年間分積み上げて進化して
そしてたどり着いた2022年に
がしっと掴んだ金メダルだと思いますぜ。
おめでとうございます を雨のように降らせたい。
ところで
あのパンダの実物は重いのか?

他の選手のことは明日にでも書こう。
ちょっとだけ苦しかったのは
ネイサンくんはスケート以外にも手を伸ばせるモノがあって
ハニュウくんは全部の全部スケートにぶっこんでそうなとこ。
大人ちゃんとしてあげて。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

落ち着いてみられないオリンピックだな

2022-02-04 23:19:05 | 考え事好き
道産子なんで冬は
ジャンプ、アイスホッケー、スピードスケート
近年はカーリング などのTV中継を普通に見て生きて来たので
冬季五輪はわくわくなはずなんだけど
やっぱり色々ありすぎるぜ今回は。

まず
「毎日PCR検査、ホテルから競技会場まで決まったバスで直行直帰、街に出られません」
と不満げな記者と防護服の係員が消毒して歩くホテルの廊下の映像。
そりゃアンタ、
東京もそうしなきゃいけなかったんじゃないの?
感染症の広がりを防ぐ&五輪開催どうしても、だったらさ。

そして
『盛り上がって下さ~い!TV見て下さ~い』
『さて何個メダルとれるでしょうか?』
なのか
『チャイナコワイクニ』なのか、どっちだ?
ま、100か0かで詰め寄りがちなワタシが面倒なんだろうけど
面倒がすぎる。

チャン・イーモウはもう映画監督じゃあなくなったのか。
香港をぐりぐり踏んでいる足をよける気はないのだろうか。
バッハ親爺は何の亡者なんだね。
などなどなど
考えさること多すぎさ。

とりあえずフィギュアスケート団体は録画して
ちょっと見たけど終わらない。長い。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「弟とアンドロイドと僕」

2022-01-14 23:57:48 | 映画
2022.1.14

今年1本目。
豊川悦司×阪本順治という理由でセレクト。

阪本監督、時々 謎映画撮りますがそれだった。
(「団地」も謎SFでありました)
ネタバレしないと感想が書けないよ。

冒頭の雨のシーンから不穏。
以降終わりまで画面にL字で『不穏』と出ているような感じのまま話が進む。
まず、雨の中レインコートが異形に映る主人公。
周りの人々は
透明なビニール傘がはびこっているこの時代に全員が黒い傘。
この画に強烈な違和感。
終始降り続く雨の中
傘をさす人物とレインコートの人物には境界線がある。

自分の存在を実感できないロボット工学者
というか
穏やかなマッドサイエンティスト、桐生。
食器洗浄機使ってらっしゃるのが意外。
住んでいるのは町から離れた大きな洋館だが
そこはかつて父親が産婦人科を営んでいた場所だ。
(なんで産婦人科なのかが謎すぎ)
そこでひっそりと「もう一人の自分」たるアンドロイドを作っている。

母親違いの弟は粗野なチンピラみたいな男で
父親の入院費をせびりにくる。
この弟が
ある意味穏やかだった桐生の生活を侵食し始め
桐生とアンドロイドだけの世界をぶち壊す。

う~ん。
暖炉の着火シーンが何故だか怖い。
そして、暖炉で燃えたのは実在の桐生かと思ったよ。
「ボクは殺せないんだ」と言ったから
すでにアンドロイドに置き換わっているのかと。
そして謎の女の子は
桐生の知らない処で育っていた子供かと思ったが
アンドロイドなんですか?
ラストシーン。

弟の母親、
桐生の母から父を奪った女性が
何気に一番コワイ。

とにかく謎映画でした。
道路のヒビを探して直すロボット、あったら便利ですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明けましておめでとうございます

2022-01-07 22:04:41 | Weblog
ぽやぽやぽやーん と あけました。
お節食べながら
紅白歌合戦を面白く見てから
録画しきれない番組をだらだらと
寝たり起きたり
お酒飲むとすぐ眠くなる、くやしい。
なんぞしてたら
七草ですって、ちょっと、早くない?
そして三連休だとぉ?

成人式は1月15日だった世代なので
「お前ら連休にしたら喜ぶんだろう」的な祝日の移動には違和感がある。
いまだにある。
大体、正月明けで締めが近い仕事はここで連休だと困るんだよ。
12月に天皇誕生日があった頃も困ってた。
経理の仕事には締日って大事なのよ、
知らないんだろうな役人。
なんでもかんでも後ろに倒せないんだよ。

ぼやき漫才みたいになっちゃいました、いかん。

とりあえず、今年は物を減らそうと思います。
本もさすがに多すぎる。
本棚を増やさず本を減らす方向にいこうと
あと、Tシャツはコレクションとして取って置くもの選ばないと。
群よう子が書いていたように
体形的に厳しくなるね、Tシャツ。

なんだかまとまらないけれど
今年もどうぞよろしく。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年も終わりますね

2021-12-31 18:29:34 | Weblog
去年の記事をコピペしたい気分。

手を洗いまくり消毒しまくり
ポイント2倍デーにマスクを買い
ご飯食べに入ったお店が混んでいたら静かに後ずさり
友人とお茶したのは2回だけ(涙)
LIVEは上原ひろみに行きました
映画のシメは12月に「きのう何食べた」
美術館、美術館一回も行ってない!!
そんなぁ
HPまで見て確認したけれど
本当に行ってない。

やっぱりあらゆるものが滞っていたな。
洗濯も3日でワシワシ夏服までしましたよ、干してるよ。

今年もなかなか更新できず
140文字世界にも踏み込めず
なのに年末に急にお客さん増えて驚きました。
コメントを残してくれないので
理由がわからない。
何だろう?何で増えた?
少しだけ考えたけど、まあいいか。

浮世の義理をぶったぎったので
お正月に行かなければならない場所が無くなって
ひとりでする年越しにもなれました。
ちゃんとしたことない人生のツケでお節買いますけど
(この世のどこにもない「ちゃんと」にあこがれる)
初売りとかもいかずにだらだらします。

読んで下さるみなさん、ありがとうございました。
よいお年を。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする