もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

長い長い殺人  宮部みゆき

2017-05-09 23:35:01 | BOOK
図書館本 結構前の出版です。


財布が語りの主人公というユニークさ。
保険金目当ての交換殺人か?
疑惑をもたれた当事者たちが
マスコミに出て喋りまくるうさんくさ。
広がってゆく殺人。

「模倣犯」より前の作品なのね。
宮部みゆきの作品には、
人間の底にある悪意を煮詰めたような犯罪者が描かれることがある。
どうやっても理解できない残忍な殺人者、犯罪方法。
なのに、読後、暗黒に引き込まれることはない。
被害者家族や事件に関わった人々の描き方に
光があるのかもしれない。

私は人の悪意を書いている作品はあまり好きではない。
現実に悪意を沢山目の当たりにしていると
読書ですら息苦しくなってしまうから。
だからイヤミスの類はあまり読まない。
宮部みゆきだけは、何故か別なんだよね。
そして、長編が多いうえ途中で辞められないので
夜に読み始めると寝不足の危険しかない。

ご本人、ほんわかしている見た目なのに
人の悪意をみっちりと読み応えのある作品を書くというのは
やはり、才能ですね。

『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« よくよく考えたら | トップ | ひぇー!チバユウスケがラジ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2017-05-10 16:23:12
こんにちは。

自分も「長い長い殺人」読みましたよ。
財布たちの視点を経て見えてくる事件の全貌に引き込まれました。
主人公と財布たちに個性があったのも良かったと思いましたよ。
いらっしゃいませ (もじもじ猫)
2017-05-11 23:18:00
・神崎さま

財布の造形描写で持ち主の個性も解るというのは、やはり才能ですよね。
宮部みゆきは長編すぎて借りてくるのにもタイミングが難しいです。
高村薫も同じく。

コメントを投稿

BOOK」カテゴリの最新記事