もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

「ダニー・ザ・ドッグ」

2005-06-30 19:13:42 | 映画
犬と呼ばれ、首輪をつけられ、闘うことだけを求められていた、ダニー。

ジェット・リーとリュック・ベンソンの組み合わせは「キス・オブ・ドラゴン」で、「おや~」だったので考え中でしたが、モーガン・フリーマンに後押しされて見に行く。
痛~い場面の連続で、見てるこっちの心が縮こまったころに、盲目の調律師(ピアニスト?)モーガン・フリーマン登場。
ダニーの目がピアノに釘付けになるところは、本当にワンコのようにつぶらな瞳。
この人幾つだっけ・・・。

アクションシーン、スゴイけど痛いし、
街での場面では『悪い人に見つかるよー』と心の中で言いっぱなし。
そして不死身なのか悪者・・・。
勢いはあるが、「おや~」なシーンは相変わらず。
こりゃリュック・ベンソンの時は仕方ないのかも・・・
「ニキータ」にだってあったしね。
が、さすがモーガン・フリーマンがしめます。
そしてその義理の娘ヴィクトリアが無邪気に、ダニーの心を開いてゆくさまがこれまた良し。

良かったけど、私にとってリュック・ベンソンは「ニキータ」「レオン」の2作品だけで完結したらしい。
コメント (10)   トラックバック (20)
この記事をはてなブックマークに追加

自然派の人々

2005-06-29 20:48:59 | 考え事好き
ちょっとエコなことを探しにネットしてたら、
2ちゃんにつきました。
本当に玉石混合なんだね、あそこは。
参考になったわ。

ということで、
友人にも玄米を食べて、添加物を拒み、
合成洗剤は使わず、薬も飲まないという人がいるが、
どうしてああいう人は、
おかっぱかみつあみで
エスニックな服を着て
もちろん化粧気はなく
独特の雰囲気の人が多いんだろう。
そして、ちょっとヒステリックに
「これしかだめ!」という人多し。

ゆるゆるに、
できるとこだけナチュラル実践、
でもいいと思うんだけど。

前に自然食のレストランで
「この甘みは白砂糖に違いない」と
店員さんに詰め寄ってる人がいましたが、
じゃあ自分で作ろうよ。
と思った。

私は三温糖と沖縄の塩かな、
こだわってるのは。
天然だしだけど、市販のもの使ってるし。
ただ、ワインは酸化防止剤の入っているの飲むと
頭痛くなるな。

すっげーモード系のナチュラリストっていたら
めちゃカッコ良い気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人は何故鬼ごっこをしないのか?

2005-06-28 20:50:01 | Weblog
この間公園に行ったときに、友人に
「タカタカオニってなにが面白かったんだろう?」
と言ったら、
彼女はそういう遊びを知らなかった!
ちょっとでも高い所にいるとオニにつかまらないというオニゴッコなんですが。
そんなに地域差のある遊びなのか?
という話から
「いつからオニゴッコをしなくなったか」
について話して、
中学くらいはバタバタ走っていたよねぇ、
ということになり、
「大人がオニゴッコやっても面白くないのか?」
と言い出したのは私。
確かに大人がバタバタ走っているのは絵的にヤバイけれど、
別に禁止されてるわけじゃない。
が、
「たまにダッシュすると疲れるもんね」
と言った私に
「ダッシュなんていつするの?」
と聞き返した彼女。
ふむ、大人はダッシュもしないのかい。

じゃ、ハンカチ落としとかじゃどうでしょうねぇ。
やっぱり、しないかぁ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご新規 熱血ポンちゃん

2005-06-27 20:04:26 | BOOK
山田詠美のシリーズエッセイ。
図書館読みだす。

いーなー、ゆるゆるで
飲んで遊んでるだけじゃーん。
と、思ってしまうのが素人さんなんだね。
山田詠美は大変なところは書かない。
作品を書き上げるのがどれだけ大変かは、
こちらの想像にまかされる。
有名人に会っただの、高いメシを食っただの、
ブランド品を買っただのも書かない。
そういう心持も含め好きだなぁ。

小説も7.8割読んでいるが、
特に好きなのは「蝶々の纏足」
「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」
「姫君」
新刊「風味絶佳」もちらりと立ち読みしたけど、
おもしろそうだった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「タカダワタル的」

2005-06-26 22:48:26 | 映画
二日間の限定上映だったのを思い出し、
(それも朝一回)
がんばって午前中に映画館へ。

う~ん、面白すぎる、高田渡。
LIVEと日常を追いかけているだけなんだが、
ステージでの語りが面白いし、
歌がまた、味わい深いったら。
全ての歌が今でも通用するのだが、
特に「値上げ」という曲は、『なかなか放送されません』と本人が言っていただけある。
全然過激な言葉を使っていないのに、ものすごい風刺になっている。
淡々と、飄々と歌ってんですけどね。
いや~、生で見ておくべき人だったな。

風貌がまた仙人みたいで、
確か”笑っていいとも”のテレフォンショッキングにも出て、
『この人こう見えても、私より年下なんですよ』とタモリに言われていたっけ。

今度吉祥寺に行ったら、
またいせやに行かなくちゃ。

どーでもいいが、隣のにいちゃんがおかしくもないところでも、
笑いっぱなしで少しイラついた。
お笑い映画じゃないからね~。

コメント (11)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

雨のプラネタリウム

2005-06-25 23:50:50 | 音楽
♪雨のプラネタリウム 街が泣いてる
原田知世の歌ですね。

今日は雨なので、ふと思い出して口ずさむ。
そして、いいタイミングでカセットを発見してかけている。
(カセットなんだねぇ。MDなんて触ったこともないぞ、エヘン)
最近のシンガー原田知世は、実はちゃん聞いていなくて、
(鈴木慶一プロデュースとか)
アイドルぽいあたりで止まっている。
好きなのは断然「早春物語」
♪あなた以外の人に愛されるなら あなたの為に悲しむほうがいい
乙女ちっく(死語?)だわ~。

女優としては、カドカワ映画以降だと印象的なのは
「落下する夕方」
あれは好きな映画だ。
そして、しばらくぶりにドラマ「末っ子長男姉三人」で見たとき
『この人、かわらないなぁ~』と思った。
CMにはコンスタントに出ているから、そのせいもあるかもしれないけど、
透明な感じが全く変わらない。

今年は「うぶめの夏」「サヨナラCOLOR」「大停電の夜に」
と映画が立て続けに公開になるらしい。
見たい作品ばかりなので、楽しみ。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夜だよ~ byオジー

2005-06-24 22:28:58 | ドラマなど(TV)
うーむ、何人が気がつくのか、このネタ。
木更津、再放送もやってるしね。

この時間はさすがに涼しくなったけど、
ここのところ朝からあづい。
真夏でも道産子悲鳴の30度超えなのに、まだ6月だから。
おてんとうさま、何か間違ってるから。

ブラジル戦、ビデオ録画し損ねた。
フテるよりほかナシ。
ニュースや新聞で見る限り
すんごい、いい試合だったんじゃないのぉ~、ぐすん。
自分がぬけてんだけどさ。
俊輔のシュートですとぉ~・・・。

昨日映画見る気満々で出かけたら
上映時間が変わってた~。
見たかったのはオタク作品だが、
それは「電車男」ではない、ふふふ。
大体本物のオタクは、山田孝之くんがちょっと扮装したような、
あんな良いモノではないんだって。
もっとディープで、××で、狭い地域でコミニュケーションとって生きてるから
一般女子となんかつきあえないって。
本読んだけど、
エルメスさんてのも、ある意味ビミョ~。

7月からのドラマに映画の焼き直しが多いのは何故だ?
「海猿」「電車男」「いま、会いにゆきます」ときて
なんで今「がんばっていきまっしょい」なの?
田中麗奈ちゃんの映画が、すでにあるというのに。
あんまり見たい気がしないよ~。

本屋でTVブロスを手に取る老夫婦目撃。
サブカル老人?!
でも、ブロスって老眼にはキビシイと思うけど。
(10年後ぐらいにシニア版ブロスとか、でかい文字で出来たりして、くはは。
RO・JAPANとかもできるかな~)

と、どーでもいいお話の日。

やばっ!「タイガー&ドラゴン」見なくちゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「星願 あなたにもういちど」

2005-06-23 21:43:36 | 映画・旧作
2001年3月8日 香港映画

目が見えなくて口もきけない青年オニオンは、
それでも病院の皆に愛されて幸せだった。
そして、優しい看護婦のオータムに密かに恋心を抱いていた。
しかし、オニオンは車にひかれて死んでしまう。
悲しむ皆の前に、期間限定で地上に現れたオニオンは、
生前の自分とは違う姿でオータムに気持ちを伝えようとするが・・・。

どーにもベタなファンタジーですが、役者がよくて結構泣いた。
後に日本で「星に願いを」としてリメイクされ、そちらも見ましたが、
泣きとしてはちょいと甘いかも。
竹内結子はかわいいです。函館の景色も美しいです。
が、当時リメイクだということをあまり宣伝してなかったのは何故だろう。
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

吹奏楽の旅

2005-06-22 20:33:33 | ドラマなど(TV)
知恵熱の出るような楽しいこともないし
結局、発熱の原因は謎でしたが、
ビバ平熱!熱が無いって素晴らしい!

さっきまで所さんの番組を見ていて
全国の吹奏楽部の高校生を追いかけてるのを見ていた。
あれ、好きなんだよね~。
いないときは録画しても見るくらい。
TVだと、キレる高校生・荒れる高校生・理解不能の高校生
そういうのばかり見せられるから、
部活に一生懸命な姿がいいよなぁ、って思う。
もちろん、全国レベルだから指導もキツくて、
おいおい、という場面もあるけど、高校生活は3年しかないからね。
ああいうコ達もフツーのコとはちょっと違うのかもしれないけれど、
メディアは突出した部分を強調しすぎ。
私たちの頃も”女子高生売春の実態”とか週刊誌にかかれてましたが、
見聞きする範囲にはいなかったよねぇ、と先日も友人と話したばかり。
(万引きしてる人はいた)
”ニュースは異常なことだからニュースになるのだ。
あれを日常だと思ってはいけない”
よしもとばななのHPにあった言葉を繰り返し思う。

今日は、仕切りなおしの一人キャンドルナイト、をやるつもり。
うーん、気分はワインなんだけどお腹の調子がよくないので、
キャンドルの明かりで麦茶かな。
ちょっとだけエコロジー。
そしてBGMはビル・エバンス。
ジャズってこれしか持ってないのでした~。
ビッグ・バンド物も一枚欲しいのだが、
選択基準が分からなくて。
いっそ、「スゥイング・ガールズ」買おうかな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏至

2005-06-21 22:28:28 | Weblog
今日はキャンドルナイト。
テレビ塔も一時間消える夜。
というので、お家でキャンドル灯す気満々だったのに、
発熱ダウン。
今年最高気温の日に熱って・・・。

少し下がったので
調べものにPCひらいてみた。
でも、寝るだす。
ケーキの保冷剤で、あちこち冷やしている。
便利なり~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加