もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

通りすがりに上田正樹

2010-03-29 22:35:58 | 音楽
土曜日に何気なく立ち寄ったビルのアトリウムで
29日に上田正樹のLIVEお知らせ発見。
しかし、売り切れ。

吹き抜けなのでどこかで聴けるかも、
足を運んだら
コーヒーショップでばっちり聴けました。
サウスの頃から声が好きなの、声が。

『HELP』や『ホテルカリフォルニア』などなど
R&Bアレンジでカバーを沢山。
オリジナルもいい曲で
やってくれないかも と思っていた
『悲しい色やね』も歌ってくれました。
『イマジン』がすごかったです。

仕事帰りのおじさんや仕事抜けてきた(IDぶらさげたまま)おじさんや
おねえさんも沢山。
大人がLIVEをゆったりと楽しんでました。

こういうのって、いいよね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

♪のけもの獣と一緒になって犯罪をする

2010-03-28 22:44:39 | Weblog
泉ちゃん。
ルーザーのLIVEはめちゃカッコ良かったが
すでにひと昔以上も前か・・・。


昨日はまたしても『あるね、こんな日』
観たい映画があってその時間にあわせてランチしに行き、
おいしい和食をもぐもぐと食べていたら
カウンター席の隣に友人来る。
「ああ!」

(武士来ないかなー。月末で忙しいから無理かー)
と考えていたところに本人登場。
「忙しいだろうと思って誘わなかったのさー」
「時間空いたから帰ってきちゃったよ」
隣りあわせでもぐもぐしつつお喋り。
スピリチュアルの欠片も無い二人は
「偶然だね~。良かったね~」
ちょいとお茶してお別れ。

観た作品は「犬と猫と人間と」
いい映画でした。

そして本屋にカフェ本を買いに寄り、
疲れているのに『う~、まだ何か買いたい』と棚をうろついていたら
ばななさんの日記本新刊発見!
いつもは発売日チェックを怠らないのに忘れてたか。
ワンコだったらうれしよだれを垂らしてる勢いでレジへ。

帰宅後TVっコはTVマジックにはまり、
さらに何かで神経が立っていた模様で
3時まで寝付けず。

なので今日はお昼起き。
3日前から頭の中でなり続けていたルースターズを聴きながら
たまりまくりの家事をして、
本読んで、
夕方に思い立っておでかけ。

友達の雑貨屋さんでよもやま話&キュートでシックな手提げ袋購入。
マチ付きすんごい便利なり。
友達んちの小さい怪獣くんにも初対面。
幼児というのは生きもの感が強くて、
警戒の仕方や不安感が『猫もこういう表情するする』というカンジで伝わってくる。
怒らないでね、ママさーん。
人間のこっこは育ててないからさ、ワタシ。

部屋の散らかり具合がMAXなのは
見て見ないフリでGOなのだ。


~目に見えない敵に対峙したとき、
目に見えない沢山の味方よりも、たった少しでも目に見える味方~
奈良さんのツィッターより
(ツィッターについては、よく解っていない私)
~しかし、目に見える敵には、困ったなぁ~
困るよね、断然困る。
そんなつぶやきをする奈良さんがステキ。
頭抜けた才能はダークを呼び込み易いよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駆け込み!

2010-03-26 23:56:59 | Weblog
「人間失格」観てきました。
最終日なりよ。

上映中携帯電話に3回くらい出ていたおばちゃんがいて唖然。
毎回外に出てましたが
そんな大事な話があるなら
映画観てる場合じゃないやろー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓から全部投げ捨てて

2010-03-24 22:33:38 | コトバ
どこかへ行きたいな
ここじゃないどこかへ

それは日常からの離陸ではなく
どこにもいたくないだけの逃避
行きたい場所は無く、ここにもいられない

大事にしまっておいた
写真も手紙も手帳も給与明細も古い住所録も
本もレコードもCDも窓から全部投げ捨てて
逃げ出してしまいたいが
結局
泣きながら拾い集めることだろう
身ひとつになっても どこかへ行ける訳ではないから

地団太を踏んで涙にまみれて
ここじゃない、ここじゃないとあばれてみても
それじゃどこへ?と問われるのが何よりも恐ろしく
すました顔で日々を過ごす
心の中はずぶぬれの野良猫のようなのに

他人の足場を固めてあげることは得意だが
自分の足場はぐずぐずの砂地
どうして自分をいたわれないのか
さっぱりわからない

自分の中のちっぽけな
善意や思いやりや優しさや希望やけなげさを
窓から全部投げ捨てて
何にも心を動かすことがなくなったら
少しは楽になるのか?
いいや
それを楽とは呼べない自分だから
こんなにつらくなっているのだったね

明るい春のひざしのさす場所に行きたくなれたら
投げ捨てるためにではなく窓を開けられる気がする
春になったらなったで
木の芽時の不安定がやってくるのが常ではあるが
それはまたその時のことと思うほか無い

野良猫もひなたではまどろむこともあるよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムック 筑紫哲也

2010-03-22 20:29:51 | BOOK
ずっと探していたけど見かけなかった本。
昨日別の本を探しに行った本屋にあって購入。

朝日ジャーナルが好きで
”若者達の神々”は毎週立ち読みしていた。
しかし再録されている数人分を読んで
自分が筑紫さんの言葉をすっとばして読んでいたことに気がつく。
ひっかかりを作らずに対談相手の言葉を引き出しているから。

久米宏はニュースステーションで、わざと相手を挑発したりして
言葉や態度を引き出していた。
そしてニュース報道自体
”主観の入らない報道なんてない”ことを体現していた。
『偏った報道をするな』という意見は
『俺の気に食わない報道をするな』ということでしかない。

対して筑紫哲也はニュース23で
”主観は入るけれど出来るだけ少なく”していたように思う。
『あとは自分達で考えてください』というために。
大きな声で自信有り気に語られるものしか咀嚼する能力のないものには
『ぬるい報道』といわれただろう。
しかし、オキナワ・ヒロシマ
こだわっていることは粘り強く伝え続けた。

両方を見比べるでもなく見ていた私は
「今回の出来事についてはこっちの意見が私に近いなぁ」
などと思っていて
ニュースショーとしては久米宏で
文化と平和と人柄は筑紫哲也。
なんて勝手に分けていた。

生きて報道を続けている限りは
世に出ることの無かったであろう筑紫哲也の人柄は
強風に折れることのないしなやかな樹木のような強さを持った人でありました。


連休に唯一読んだ本。
あとは体調ともどもぐだぐだでした。
底なしに眠れるのはコワイ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そーゆーことってあるねぇ

2010-03-18 22:36:09 | Weblog
本日「考えさるさるさる娘」発言の友達よりメール。
向こう発信はめったにないのですが。

昨夏、ありがちな旅先での番号交換をした方から電話。
来られるときに来ればいいさー、
遊びになんて。

何かが動く時は兆しからだけど
神経質にならないように。
考えすぎないように。

「春はあけぼの」
そんな時間に起きてはないけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

考えさるさるさる娘

2010-03-17 21:39:00 | Weblog
ボールペンは「書かさらない」
ハンコは「押ささらない」

何事かというと
『物事を考えて整理する時間が少なすぎるな、最近』

森でどんぐり拾って拾って、それに夢中になって
何に使うのか?必要量は?を忘れて
背負ったかごが重くなりすぎて転ぶヒグマみたい。
(かるく物語・笑)
取り込む情報量が体力におっつかず
知恵熱でそう。

そこで急に思い出したのが
高校生の時の友人の言葉。
私「(何かを)考えさるよね~」
友「考えさる?」
私「考えさるっしょや~」
友「考えさるさる さる娘?」(真顔)
私「え?!」
クラスで5本の指に入る成績のいい人の言葉だったので
頭に焼きついてるのか。
肝心の何が考えさったのかは覚えていないのに。

連休は 少し思考の整理をしたい。
さる娘というよりは、
でかい猫が考え事をしながら爪をといで
気がついたら柱ボッロボロ。みたいな。

春までなんぼ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顔は心の窓だわね

2010-03-14 23:31:30 | Weblog
昨日久々に会った方の顔が黒くどんよりしてました。
「今の時代ネットにしか真実はない」
と、とんでも話連発。
毒されているなぁ。
妬みっぽい人だったし。

もうひと方は前の職場でお世話になってた会計事務所の方。
先生(ダンナさま)を亡くされて半年ほどですが、
悲しみと自分の人生を抱えてなお明るく
笑顔がピカピカでした。

私もぴかぴかしていたいものだ。


今日は「しあわせのかおり」観てきました。
中華ぁ~~と思いつつ
残りご飯のお茶漬け。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

低体温ガール

2010-03-12 22:49:57 | Weblog
ここんとこ何日か
『寒い。寒すぎる』と感じる日に帰宅して体温測ると
36.1度とかなのね。
暖房しても温かくないよ。
生姜湯と足湯ともふもふソックス必須。
水曜日なんて35.6度だったよ。
用事を済ませての帰宅だったので
帰って30分後にはお風呂につかってました。

ストーブを背負っていても寒い日は低体温。
ずっと前から時々あるんですが、
自律神経とかなのかな~。

それなのに会社は
弱っているものをさらに弱らせよう空調。
頭からパイナップルが生えそうに暑くて頭が痛い日と
寒くてひざ掛けが腰巻になる日がまぜこぜ。
『適温』という2文字は春夏秋冬皆無の建物。

だから中が痛いのか?今週。
だるだるおもおもだったのか?
生姜とキムチと番茶と貼るカイロでも低体温か。
あとどないせっちゅーんじゃ!

とりあえず、寝る。
ペットボトルにお湯入れて布団にいれたる。
明日とりあえず本屋の健康の棚みてこよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天国列車はぎゅうぎゅうだろうよ

2010-03-09 23:17:27 | Weblog
人がまた消えた。
近いのか遠いのかよくわからない人。
ガンは手強いな、やっぱ。

もうスペンサーは新しい事件を解決しない。
浅川マキは永遠に”いつか行きたいLIVE”のまま
アレキサンダー・マックイーンの新しいショーは2度となく、
サリンジャーは隠遁したまま逃げおおせた。

年が明けてからもたくさんの人がいなくなったな。
動揺する神経をマヒさせられるぐらい。

そして、流れとは関係なく命を絶ってゆく年間3万人の人々。
昔”交通戦争”って言ってなかったっけ?
この3万人をとめる手立ては考えなくていいのか?

天国地獄の分け隔てなくどこかにある
みんなの集まる場所にはまだスペースがあるの?
弱いものも強いものも強引にかっさらってくような死が多い気がするよ。


この雰囲気に蝕まれないで
きらきらしたものを沢山見よう。
小沢クンのLIVEも、申し込んでみようかな。
元・王子だもの、なんだって。
ひかりのある力のある食べ物を
ガツガツしないでおいしく食べよう。
まずは、ぐっすり眠ろう。
怖い夢を見なくていいように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加