もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

顔がしゃっこい

2015-10-31 18:07:54 | Weblog
お買い物にいったら寒いのなんの。
顔がしゃっこかったー

方言だ方言。
「ひゃっこい」と言う人もいる。
いわゆる 「冷たい」だが
「しゃっこい」なのだ
道産子だもの。


「るろうに剣心」テレビでやってて
田中泯のアクション見たくて観ちった。
カッコよかったんだもん、田中泯。
三部作全て映画館で観たのに
感想一本もあげてないのね。
バタバタしてたのだ、多分。
ここ何年もだが。


豚バラ100g 204円にもなっていて
最近は切り落とし使いが多かったが
特売170円だったので(多分薄い予感)
豚キムか白菜の重ね蒸しかな。
肉じゃがはまだ芋の皮が剥けないので作れない。

男子体操に今日からフィギュア。
HDD休む暇なし。
壊れないでね、お願いだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「岸辺の旅」

2015-10-31 17:49:18 | 映画
10/3

静かな、愛の映画でした。

なかなか文章化が出来なかったのは、
原作との感想の差異を言語化しづらかったから。


突然失踪した夫が帰宅したと思えば
「俺は死んで身体はすでに蟹に食われた」
淡々と話す。
この不思議な夫に浅野忠信がぴったりだ。
そして
戸惑いながらも、少しうれしそうに
そんな夫の帰ってきた道のりを遡る旅に同行する妻に深津絵里。
違和感なく話に入っていくためには、このキャスティングしかありえない
そう感じた。

旅で世話になった人の中には
自分と同じような人がいた、と夫が語った
新聞販売店の老人。
つかの間生活を共にしたその老人が姿を消した場面の
妻が味わう恐怖。
さすが黒沢清監督!のホラー風味。

あの世とこの世
生きている者と死んでいる者の境が
ちりばめられている。

原作ではそれぞれに抱えた背景があり
現実的でクールな二人なのだが
映画では
明るさと親しみを感じる仲の良い夫婦が描かれる。
夫が姿を消した旅の終わりさえも
悲しさより光を残す。



原作を幹としてエピソードなどを一度全て切り落として
配置を変えたり
新たなエピソードを加えたり
美しい盆栽として作り替えたような物語になっている。
全く違うのではなく
相似形というのとも違う味わい。
とてもいい作品。

原作をもう一度読んでから書きました。



~~追記
久々に記事が消えてあせったー(汗)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「図書館戦争 THE LAST MISSION」

2015-10-29 23:03:36 | 映画
アクション映画率80%ぐらい。

一応、SFだと思うんだけど
原作を読んだ時もそう感じたし。
メディア良化委員会が前作よりリアルに感じる2015年。

郁と堂上教官のじれったい
中学生レベルの恋愛も欠かせ無いが
玄田隊長カッコイイんだよなー。
前作で『橋本じゅんさんが徹頭徹尾カッコイイ役なんて!てへへ』
でしたが
もう、カッコ良さ期待して観ちゃったもん。


あそこで火をつけたら警報機とか鳴るようになってないとおかしいじゃん。
など
突っ込みどころがないわけじゃないが
アクション映画だもんね。

権力の手下に顔が無い(比喩だ)のが
気持ち悪さ倍増。


それにしても、
岡田君、「SP」からこっち
どこに向かっているんでしょうなぁ。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

傷から何か染みこみませんかね?

2015-10-28 21:54:25 | 骨折ごと
今日の診察で
傷(長さ12.3センチ)を止めていたテープを取りましたが
お風呂もつかっていいよ、と言われましたが
大丈夫なのかなー
入浴剤成分とか染みこまない?
かさぶたがふやけて剥がれて
肉々しい見た目になんない?
そして、
まだ熱を持っているけど
温めたら痛くなんない?

冷え性なので湯船につかりたいのは山々なれど
こわいわー。
足湯&必殺左手は上げっぱなしシャワー生活
辞めるのに勇気いるわ。

さらに
「ここんとこ針金捩じってるところだからぶつけないでね」発言
すげー怖いんですけどー!

ちなみに
理学療法士さん男性、推定30代前半は
湯船にお湯ためるのは
年に1、2回だそうです。
若者のライフスタイルってそうなのか、個人差なのか、
うーん。
確認するお年頃が周りにいないや。


地味に今夜も痛いのである。
そして今日会った顔見知りは
転んで肋骨一本折れて、噂の自力回復治療中。
転ばぬ先の・・・
何があったら転ばないんだよっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年はタツロー行かないでおく

2015-10-26 22:06:51 | 音楽
12月にLIVEが固まるのは
何故か毎年のことで
12月ひと月で5本というのが記録だったような

今年は麗蘭・SION・ブルーハーブに
タツローをねじ込めるのか?
考えているうちに売り切れた。

「いつまでできるか解らないんで」とタツローが毎年ツアーを再開してから
札幌は皆勤でしたが
体力と財力と、骨折の不安を抱えている身としては
今回は見送りで。

しかし、行くの3本ともスタンディングなので
骨がくっついていても
ブンブン回したりしないように気を付けたい。
踊ったら響くか?跳ねたら響くか?
煮干しをたくさん食べて
早くくっつけ肘の骨

お星さまに祈っておこう。

どんなに気を付けても
LIVE始まったら踊っちまうので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初雪、だったらしいね

2015-10-25 21:15:24 | Weblog
なんで伝聞かというと、外に出ていないから。

夕べから風がひどく強くて
予報は雪だったからと朝にカーテンを開けた時は
雪ではなくて雨だった。
傘をさすと荷物が持てないし、
なるだけ危険は避けたいので
食事は買い置きでなんとかしようと引きこもる。

昨日は出かけて冷えたからか
夜傷が痛くて、何日ぶりかに痛み止めを。
温めてもなんだか具合が悪いし
いかんともしがたい日々である。

明日はリハビリの日なので
せめて足元が危うくないようにと思う。

そして
オシャレな斜め掛けBagで買い出しだ。
ねぎとかはみでながらすまして歩いたる。

ハロウィンにはちっとも興味がないのだが
かぼちゃのプリンは好物なので
食べ比べちゃうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♪誰かの望む俺には なれそうもないから

2015-10-24 21:39:24 | Weblog
人間関係あれこれを
なんとなーく話し合う場面があって
職場の上司に本意をうまく伝えたい
という人に
「その上司がどういう答えを望んでいるかによるんじゃない?」と
アドバイスした方がいて
なんかざわつくが、その時は言葉が出てこなかった・・・

しばし後、
だってそれじゃ本意を伝えるじゃなくなっちゃう!
そう感じたから、ざわざわしたのか。

誰かの望む人を演じ続けられる強者は
世の中を上手く泳いでいけるのだろうか?
泳いでるはずの自分が
消えてしまったりはしないのだろうか?


とりあえず
誰かの望む通りになれないワタシは
SIONのファンであるよ。

世の荒波、かぶりまくりさ
ふふふ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねむうござる

2015-10-22 22:44:37 | 骨折ごと
昨日抜糸した傷に貼ってある
テープ付きガーゼ
「明日はがしていいよ」と先生は軽く言ったけど
怖くてはがせないことである。
しかし
テープで肘の動きに制限ついてるのもある
らしいので
ペリペリはがしたいが
勇気がでない。
今、痛いし、傷。

寝てる間にどこかにぶつけないとも限らないので
明日リハビリ行く前にはがしてみようかな。


モロゾフでかぼちゃのプリンを買いました。
器がガラスで、
耐熱じゃなくてコップの半分くらいのサイズで
利用方法が思い浮かばないから
ゴミか?
瓶缶ペットか燃えないゴミか?


冬眠すんの?レベルの眠気の季節。
夜はストーブ焚いてるから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抜糸

2015-10-21 23:57:47 | 骨折ごと
えー、手術から12日目
退院後2度目の診察で今日
「これ抜糸していいな」って先生、
心の準備ができてないってば!
などと言っても仕方ないので
「8回ぐらいちょっと痛いよ」

『マジで痛いわ』
顔に出たのでありましょう
「痛いね、我慢してね」
思わず
「嫌だと言っても仕方ないじゃないですか」口に出てしまった。
すまん、先生
キミの仕事だなそれは。
世話になっておるのは解っているが
痛いの弱いんだもん。


思い返せば
お腹の傷を切り取って縫いなおした時は
待合室に聞こえるぐらい叫んでたし。
あれはね、本当に局所麻酔の注射も痛かったし
あ゛
思い出しても腹立つ医者であった。
「もじもじさんて痛みに弱いんだね」じゃねーよ!
自分その麻酔腹に打ってみろや!
心の中で叫んださ。

体中の縫い目を合わせたら
何針ぐらいあんのかなー。むふふ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オールブラックス勝利

2015-10-18 14:39:08 | サッカー とか
朝イチに録画のラグビーW杯
ニュージーランドVSフランスを見る。

ラグビーには詳しくないのだけれど
それでも知っていた【オールブラックス】という呼び名
そして試合前のハカ。
初めてきちんと見たら
なんとなく相手チーム目線になってTV前でびびってしまったにわかファン。

一度試合が始まったら
”肉を食ってる奴等の肉弾戦”そのもので
こりゃ格闘技とも呼ばれるじゃなく、団体格闘技でしょう。
肉体言語だけではなく
クレバーさも必須の団体格闘技。

でかい選手を二人引きずって走ってくとか
見る間に人が山積みになっていったり
口が開いちゃう。
そして何故か痛みにリンクし易いので
しかめ面にもなっちゃうんだな。

詳しいルールなどが分からなくても
見ていてワクワクするにわかちゃんらしく
決勝までは見るぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加