『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[W侍映画『許されざる者』『ウルヴァリン SAMURAI』を観た]

2013-09-13 16:15:32 | 物語の感想

☆本日公開作の、本来の時代からズレた「侍」をフィーチャーした2作品を観てきましたよ。

 いやはや、どちらも面白かった。

 とりあえず、夜の仕事を終えて帰宅してから感想を書きますな^^

   ◇

   『許されざる者』

 

 イーストウッド作の邦画リメイクである。

 オリジナルは、私が大学生の頃に公開された(私は、海外に長期 行くので大学を休学したりしたので、在籍期間が長い)。

 で、この作品を巡って、「ホモの教授」と一悶着あったので、記憶に残っているのだ^^(←これについては、そのうち語る)

 さて、邦画版「許されざる者」、実にオリジナルに忠実で、もちろん、その流れをなぞるだけでなく、

 そのエッセンスを理解し、忠実に再現していた。

 一言で言うと、それは「無骨さ」である。

 渡辺謙演じる十兵衛の演技・・・、そして、作り手の、そこにリアルさを求める演出姿勢・・・、私は感動したし面白かった。

 十兵衛が、どうにも強い決断のはずなのに、家族の困窮の中で再び「人斬り」に戻る・・・、その旅立ちの時の乗馬の無様さ・・・、いざ現場についてから風邪に掛かる間の悪さ…、すぐに街を牛耳る男に見つかり制裁され、殺されもしない格好悪さ…、的を一人殺すにも手こずる有り様・・・、・・・。

 全て、格好良さとは無縁の、定型外しの現実の「格好良さ」・・・。

 それが、舞台は北海道とは言え、どこかなじみ深い日本の植生の中で語られるのだから、溜まらない。

 全然 ベクトルは違うが、「るろうに剣心」と言い、この時代は、まだまだ混沌としていて、多くの「物語」が紡がれる余地があるなぁ。

 そもそもの仇討の原因に、女郎のなつめ(忽那汐里)が客に顔を切り刻まれるという事件があり、事件は凄惨を極めるのだが、

 傷口がふさがったなつめが、それでも可愛らしく美しいのがなんともはや・・・^^;

        

  でも、この子、目鼻立ちがくっきりしているので、いつも、渡辺謙についても思っていたのだが、たかもちげんの描く人物みたいなんだよなぁ^^

   

 ・・・絶妙の画像がなくてすいません^^;

 

   ◇

   『ウルヴァリン SAMURAI』

 

 これも良かった。

 日本を舞台にしたちょいと挨拶程度の日本の文化描写と思っていたら、

 全編、これ、往年の「日本文化勘違い描写」をあえてやっている素晴らしい作品であった。

 「ツッコミ入れてください^^」ってわけでもなく、かなりのアクション描写で、そんなツッコミをものともしない作品に仕上がっていた。

 ちなみに、私は、『X-メン』シリーズを無条件に好きな訳ではない、『ウルヴァリン:ゼロ』には面白みを感じなかった。

 そもそもが、ウルヴァリンの日本への招聘が、日本のトップ企業の社長からのものだったので、そのセレブな世界は異質なのだが、吹替え版で観たがゆえに、「日本人を日本語吹き替えで観る」と言う、作り手の予期せぬ幻惑もあり、ウルヴァリンの異世界(日本)での活躍が、私にとっても異世界体験(不思議な国のアリス)を醸す。

 なんか、敵味方の構造も不鮮明で、こちらは異国での不安定感を余儀なく体感させられるのだ。

 個人的に笑ったのが、風来坊な生活をしていたウルヴァリンが、日本に連れてこられ、その不潔さを指摘され、風呂に入れられるシーンだ。

 広い部屋の中央に檜の風呂が設えられ、二人の女中さんにモップで体を洗われ、「よせ! やめろ!」とか言って暴れるウルヴァリン^^

 物語は長崎に落とされた原爆のシーンから始まるのだが、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の冒頭と同じく、その放射能被害が軽く扱われている。

 と、思ったものだが、私は最近、放射線の影響を学んでいくにつけ、満更、これらの描写が過小評価ではないこともわかってきた。

 核爆発で一番に恐ろしいのは、被爆であるからだ(被曝ではない)。

 それを避ければ、先ず、第一の被害は避けられる。

 アメリカ人は、核を日本に落とした悔恨を生涯抱えつつ、それを恐怖し、けれど、その影響をわりと冷静に知っている気配がある。

 しかし、この作品、長崎の原爆を他人ごとに描きやがっているな!

 この作品、あまり他のミュータントが出てこないのが好感だ。

 少ないミュータントも、仲間の人間に倒されたり、ウルヴァリンはヤクザに苦しめられる。

 この作品でのヤクザの強さはハンパない^^;

 走る新幹線の上で、ウルヴァリン相手に対等に戦うのである。

 凄い戦闘力である。

 しかも、公衆の面前で、半裸になり、彼らは、自分の全身タトゥーを誇示したがる。

 おそらく、築地本願寺(かな?)でのセレブの葬式で、マスコミが大挙として押し寄せてきているにもかかわらず、全身タトゥー開示^^;

 バレるべ?

 ちなみに忍者は冴えない、忍んでいるのか?

 これらの東京でのアクションは、見知った土地であるので、連続するシーンの町々の移動が飛び飛びなので面白い^^

 「おいおい、いつの間にやら上野かよ!」とか!

 さて、ウルヴァリンを東京に誘う謎の女ユキオ(福島リラ)、この作品は、このいかにも裏切りそうなキャラが、最後まで信じられる仲間として存在していたのが、「信用できる物語」として成立した要因だと思う。

 最近の作品は、仲間と思っていた人物がクライマックスで裏切り、見ているこちらの気持ちを解せなくさせる、作り手の自己満作品が多いからなぁ^^;

 でも、福島リラは、演技は上手いが私の好みではないな。

   

 ただ、ウルヴァリンの能力が、メカ寄生虫で無効化されるご都合展開はやだった。

 が、ラスボスとの戦いの中で、ウルヴァリンの爪が断ち切られるのは、こちらをヒヤヒヤさせてくれた。

 エンドロールの途中で、シリーズ次作への引きとして、マグニートが登場するのだが、私は、マグニートが好きなので、次作が待ち遠しくてしょうがないぜ!!

                                                                  (2013/09/13)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ウルヴァリン:SAMURAI (心のままに映画の風景)
カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救った日本人実業家・矢志田の願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と日本へ向かう。 ローガンと再会した...
許されざる者 (あーうぃ だにぇっと)
許されざる者@よみうりホール
劇場鑑賞「ウルヴァリン:SAMURAI」 (日々“是”精進! ver.F)
ウルヴァリン、日本での戦い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309130003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しま...
劇場鑑賞「許されざる者」 (日々“是”精進! ver.F)
終わりのない、負の連鎖… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309140001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますの...
ウルヴァリン:SAMURAI (ハリウッド映画 LOVE)
監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、福島リラ、ウィル・ユン・リー、ファムケ・ヤンセン、ハル・ヤマノウチ、TAO、真田広之
映画「許されざる者」@ヤクルトホール (新・辛口映画館)
 テレビ東京さん主催の試写会だ。客入りは85%くらい、客年齢は高い。
『ウルヴァリン:SAMURAI』 (こねたみっくす)
ウルヴァリン、SAMURAI、トンデモジャパン。 今更、いや今時こんなトンデモ日本を描くとは…。そう思い始めると失笑せずにはいられないこのスピンオフ企画第2弾。原作コミックにも ...
『許されざる者』 (こねたみっくす)
人斬り十兵衛、あまりにもストイックすぎる男。 アカデミー作品賞にも輝いたクリント・イーストウッドの代表作であり、西部劇の傑作である『許されざる者』を李相日監督により日 ...
許されざる者/渡辺謙、佐藤浩市 (カノンな日々)
あのクリント・イーストウッドの監督・主演による1992年の名作西部劇を『悪人』の李相日監督が開拓時代の北海道に舞台を移し江戸幕府最強の刺客として恐れられた男を主人公の物語に ...
ウルヴァリン:SAMURAI (佐藤秀の徒然幻視録)
武士道とは死なないことと見つけたり 公式サイト。原題:The Wolverine(クズリ)。ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、真田広之、ハル・ヤマノウチ、ス ...
許されざる者(2013) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。李相日監督、渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一。クリント・イーストウッド監督の「許され ...
ウルヴァリン:SAMURAI ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「X-MEN」シリーズの人気キャラクターでヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリンを主人公とした「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」(2009)の続編。カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンは、ある因縁で結ばれた大物実業家・矢志田に請われて日本を訪れる。しかし、重病....
『許されざる者』 (2013) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 李相日 出演: 渡辺謙 、柄本明 、佐藤浩市 、柳楽優弥 、忽那汐里 、小池栄子 、國村隼 、近藤芳正 、滝藤賢一 、小澤征悦 、三浦貴大 試写会場: ヤクルトホール 映画『許されざる者』 公式サイトはこちら。(2013年9月13日公開) 明治13年。開...
「許されざる者(2013)」 背中に負う十字架 (はらやんの映画徒然草)
クリント・イーストウッドの「許されざる者」が公開されたのは日本では1993年で、
許されざる者 (Akira's VOICE)
殺生な人生ってツライね。。  
ウルヴァリン:SAMURAI (Akira's VOICE)
不死と爪の一蓮托生。  
許されざる者(2013) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/09/13公開 日本 PG12 135分監督:李相日出演:渡辺謙、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、近藤芳正、國村隼、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大、佐藤浩市 人は、どこまで許されるのか。 [Story]1880年、北海道。かつて幕府軍最下層の兵士として幕末の志士を斬り....
許されざる者 (はるみのひとり言)
試写会で観て来ました。もう何回目かの試写だったせいか人も少なく、映画紹介のアナウンスもないとういう愛想のない試写会だったにゃ。空いてる方がゆったり見れるから嬉しいけど。試写会でお会いする方の評価がかなり高かったので、めちゃくちゃ期待度大で行きました。舞...
ウルヴァリン:SAMURAI (だらだら無気力ブログ!)
ツッコミどころは多いけど、面白かった。
許されざる者 ★★★*☆ (センタのダイアリー)
アカデミー賞作品賞を受賞したクリント・イーストウッド監督・主演の'92年作品のリメイク。 明治時代の蝦夷地の開拓、屯田兵、アイヌ民族の風習など、これまであまり大きく取り上げて語られることが少なか...
映画:許されざる者 凄い迫力! だが「なぜ今、日本でリメイク?」の疑問は解消されない。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
1992年クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇(アカデミー賞作品賞受賞)のリメイク。 まず特筆すべきは、北海道でのオールロケ。 これがとても美しく、映画の醍醐味のひとつを十二分に楽しんだ。 (写真:物語の中心となるセット) そして渡辺 謙。 ハリウッ...
ウルヴァリン:SAMURAI/THE WOLVERINE(3D字幕) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ぜったい2Dでふつうに観たかったのに、有楽町も渋谷も3Dでしかやってないので 仕方なく、、、、3D鑑賞  これ、まったく3Dの意味ないからカネカエセ! 大好きなX-Menシリーズのスピンオフ。 前作「....
ウルヴァリン:SAMURAI (そーれりぽーと)
同じウルヴァリンの名前を冠する前作は微妙でしたが、『X-MEN』シリーズは全部抑えているので嫌な予感がしつつも『ウルヴァリン:SAMURAI』を観てきました。 ★★★★ 「本編が終わってからがこの映画の一番の見どころ」と、皮肉な事になっているんだけれど、本編も『ウ...
許されざる者 (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッド監督主演でアカデミー賞を総なめにした名作を、李相日監督、渡辺謙主演で異例の日本リメイクした『許されざる者』を観てきました。 ★★★ 渡辺謙、佐藤浩市、柄本明が大々的にプロモーションで回っているのをメディアで何度も見ていて期待値MAX...
許されざる者 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 重厚な時代劇に渡辺謙はピッタリ合うね
『ウルヴァリン:SAMURAI』 2D字幕 (pure breath★マリーの映画館)
       散ることのないサムライ。ウルヴァリン                   エピソード・ニッポン 『ウルヴァリン:SAMURAI』 監督・・・ジェームズ・マンゴールド 出演・・・ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ 他 ...
ウルヴァリン:SAMURAI (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLVERINE】 2013/09/13公開 アメリカ 125分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン 散ることのな....
『許されざる者』 オリジナルとここが違う! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  なんと稀有なことだろう。  クリント・イーストウッドが監督・主演した1992年の映画『許されざる者』は、まごうことなき傑作だ。アカデミー賞の作品賞をはじめ、多くの賞を受賞して...
『許されざる者』 2013年8月30日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『許されざる者』 を試写会で鑑賞しました。 評価はわかれるんでしょうね。こういう映画は評論家はいい評価なんでしょう 【ストーリー】  1880年、開拓が進む江戸幕府崩壊後の北海道。人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛(渡辺謙)だが、その正...
『ウルヴァリン/SAMURAI』 2013年9月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルヴァリン/SAMURAI』 を観賞しました。 ミュータント少なっ 日本人のミュータントはどんなの出るか期待してたんだけど 【ストーリー】  カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある...
許されざる者 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 北海道で賞金目当てに人殺しに出かける謙
いろんな意味でビックリ!『ウルヴァリン:SAMURAI』 (水曜日のシネマ日記)
『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾です。
ウルヴァリン:SAMURAI (Memoirs_of_dai)
エンドロールの胸の高まり 【Story】 カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユ...
『ウルヴァリン/SAMURAI』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
かつて自ら愛する女性ジーンを手にかけたローガンは、カナダの山中で隠遁生活を送っていた。そんな彼の前に日本の実業家・矢志田の使者と名乗るユキオという女性が現れる。かつてローガンは第二次大戦中の長崎で、原爆の投下された日に一人の日本人青年を助けていた。戦後...
ウルヴァリン: SAMURAI (映画感想メモ)
お背中、流しますね。 ウルヴァリン最新作。 いい加減あらすじ 山の中で孤独に暮ら
『ウルヴァリン:SAMURAI』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルヴァリン:SAMURAI」□監督 ジェームズ・マンゴールド□キャスト ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
「許されざる者」☆和服を着た洋画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
1992年にクリント・イーストウッド監督・主演でアカデミー賞他数々の賞を総なめにした「許されざる者」を日本を舞台に焼きなおした作品。 これ以上のキャストはいない、これ以上の壮大な景色はない、申し分のない条件が揃ったこの映画の、何故か1つだけ引っかかるものは...
ウルヴァリン:SAMURAI  (to Heart)
散ることのないサムライ。 原題 THE WOLVERINE 上映時間 125分 製作年度 2013年 原作 クリス・クレアモント/フランク・ミラー 脚本 マーク・ボンバック 、スコット・フランク 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ヒュー・ジャックマン/真田広之/TAO/福島リラ/ウィル・...
「ウルヴァリン:SAMURAI」 王道で普通 (はらやんの映画徒然草)
アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気
許されざる者 暴力の本質に迫る! (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【50うち今年の試写会5】 クリント・イーストウッドが監督と主演を務め、アカデミー賞作品賞などに輝いた西部劇をリメイクしたとういうこの作品。 このクリント・イーストウッド版がテレビで放送されていたけど録画し忘れて観れなかった、観ておかなくて良かったのかど...
タイトルデザイン_35(Picture Mill) ヒュー・ジャックマン主演、ジェームズ・マンゴールド監督『ウルヴァリン:SAMURAI』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『X-メン』シリーズのメインキャラクターのひとり、ウルヴァリンを主人公にした第2弾『ウルヴァリン:SAMURAI』。出演はウルヴァリン=ローガンにヒュー・ジャックマン、他
「ウルヴァリン SAMURAI」:トンデモ日本が炸裂! (大江戸時夫の東京温度)
映画『ウルヴァリン SAMURAI』は、「今どきまだこうなんだー?!」っていうほ
ウルヴァリン:SAMURAI (ダイターンクラッシュ!!)
2013年9月17日(火) 19:00〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1600円(シネマイレージデイ+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 日本男児にサムライ不在 『ウルヴァリン:SAMURAI』公式サイト 長崎に原爆が落とされた時に、捕虜になっていたウルヴァリン。 原爆投...
全部吹っ飛んだ(仮面ライダーウィザードとかウルヴァリン:SAMURAI(映画)とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【戦姫絶唱シンフォギアG 第11話】やんちゃする杉田さんと凹むひよっちの巻。いや、杉田さんじゃなくてウェル博士で、ひよっちじゃなくてマリアさんなんですけどねw月に手をか ...
『許されざる者』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「許されざる者」□監督・脚本 李相日□キャスト 渡辺 謙、柄本 明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、        國村 隼、近藤芳正、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎...
「ウルヴァリン:SAMURAI」 (Con Gas, Sin Hielo)
「雪緒」なら十分有り。 ニッポンを舞台にしながら架空の話と解釈せざるを得ないトンデモ映画というのは、古くから数多くある。 日本人の、悪くても日系人の俳優やスタッフを使いさえすれば少しはマシになるところを、省いてしまっているとしか思えないデキに唖然とし....
あの名作を日本の手で (笑う社会人の生活)
3日のことですが、映画「許されざる者」を鑑賞しました。 試写会にて あのイーストウッド監督作 「許されざる者」の日本リメイク 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、監督は李相日 期待できるメンバーながら、元が素晴らしい作品だけに 不安もあったが・・・ 全体としては 悪...
ウルヴァリン:SAMURAI  (to Heart)
散ることのないサムライ。 原題 THE WOLVERINE 上映時間 125分 製作年度 2013年 原作 クリス・クレアモント/フランク・ミラー 脚本 マーク・ボンバック 、スコット・フランク 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ヒュー・ジャックマン/真田広之/TAO/福島リラ/ウィル・...
映画「許されざる者」 (FREE TIME)
映画「許されざる者」を鑑賞しました。
『許されざる者』(李相日監督版) (ラムの大通り)
----『許されざる者』って、 クリント・イーストウッドが監督としてオスカーを受賞した 最初の作品だよね。 それを日本で李相日監督がリメイクなんて、 最初聞いたとき、ニャんか違和感が残ったニャあ。 「おっ。違和感ときたか…。 フォーンも転生前に比べて使う言葉が...
映画『許されざる者(2013)』★最後に許せなかった者 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160530/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     イーストウッド主演の『 許されざる者 』には “許されない罪”とは、どの範囲なんだろうか … ...
【許されざる者】地獄で待ってろ (映画@見取り八段)
許されざる者     監督: 李相日    出演: 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一 公開: 2013年9月13日 2013年9月21日。劇場観賞。 原作…というか、オリジナルは1992年に公開されたクリ...
ウルヴァリン:SAMURAI 原作に忠実なんやろ? (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【51うち今年の試写会5】 最近やけに職場PCもモバイルPCも動きが悪くて、WindowsXPがサービス切れることを前提とした嫌がらせ爆弾が爆発したのかと思いきや、InternetExplorerを使うの止めて、Mozilla Firefoxにプラウザーを変えてみたら、がしがし動くようになったのだ...
ウルヴァリン:SAMURAI (花ごよみ)
ヒュー・ジャックマン主演で 今回は日本が舞台の、 スピンオフ色のある作品。 監督はジェームズ・マンゴールド。 過去に命を救った大物実業家・矢志田との、 再会を遂げるためウルヴァリンは日本へ。 間もなく矢志田は亡くなり、 ウルヴァリンは矢志田の孫娘、 マリ....
ウルヴァリン:SAMURAI (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ウルヴァリン:SAMURAI」監督:ジェームズ・マンゴールド(『ナイト&デイ』)出演:ヒュー・ジャックマン(『レ・ミゼラブル』『リアル・スティール』)ファムケ・ヤンセン(『96時間 ...
許されざる者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『許されざる者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、イーストウッド監督が制作し、アカデミー賞作品賞等を受賞した同タイトルの作品を、すべて日本に置き換えてリメイクしたものです。  元の作品では、マニー(クリント・イーストウッド)、昔の相棒・ロー....
許されざる者 (だらだら無気力ブログ!)
見応えある作品だった。
もう誰も殺さなくていい〜『許されざる者』 (真紅のthinkingdays)
 1880年、北海道。幕末に 「人斬り十兵衛」 と恐れられていた釜田十兵衛 (渡辺謙)は、痩せた土地で二人の子を抱え、極貧の生活を送っていた。そこ へかつての仲間・馬場金吾(柄本明)が現れ、賞金稼ぎの話を持ち掛ける。  クリント・イーストウッド監督/主...
『ウルヴァリン:SAMURAI』 牛丼の看板との共通点は? (映画のブログ)
 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。  『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開  『ウル...
「許されざる者」再び刀を握った先にみた幼子を依頼人に託して全ての罪を背負って生きる決意をした許されざる者の覚悟 (オールマイティにコメンテート)
「許されざる者」(PG12指定)は1992年に全米で公開された許されざる者の日本版によるリメーク作品で、開拓地時代の北海道の蝦夷で暮らすかつて幕府軍切っての殺し屋だった男がある依頼 ...
「許されざる者」 (ここなつ映画レビュー)
クリント・イーストウッドのあまりにも有名な同名作品の日本版リメイク。期待して、満を時して、男節(オトコブシ)満開の息子を連れて鑑賞。 …正直、期待した程ではなかった。つまらなかった訳ではないけど…普通。 「人斬り十兵衛」(渡辺謙)が覚醒するまでが...
『許されざる者』を109シネマズ木場4で観て、日本で許されないのは誰かふじき★★★★(追加書きあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★こんなに緊張感を持って見れる物になってるとは思わなかった】 あの一本筋の通ったオリジナルを向こうに回して ちゃんと見応えのある作品になってるのが ...
ウルヴァリン:SAMURAI (いやいやえん)
タイトルを見ただけでハリウッドも困ったもんだという笑いがこみ上げてきてしまう作品なのですが、実際に原作で日本人妻を娶るウルヴァリンの話があるもんだから、なんともいえなくなる。新幹線上で戦うのとか失笑予告を見せられていたので、期待せずに鑑賞。舞台が日...
ウルヴァリン:SAMURAI (銀幕大帝α)
THE WOLVERINE 2013年 アメリカ 125分 SF/アクション 劇場公開(2013/09/13) 監督: ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮: スタン・リー 出演: ヒュー・ジャックマン:ローガン/ウルヴァリン 真田広之:シンゲン TAO:マリコ 福島リラ:ユキオ ハル・ヤ...
許されざる者 (銀幕大帝α)
2013年 日本 135分 ドラマ/時代劇 PG12 劇場公開(2013/09/13) 監督: 李相日 アダプテーション脚本: 李相日 出演: 渡辺謙:釜田十兵衛 柄本明:馬場金吾 柳楽優弥:沢田五郎 忽那汐里:なつめ 小池栄子:お梶 近藤芳正:秋山喜八 國村隼:北大路正春 滝藤....
ウルヴァリン:SAMURAI (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ファムケ・ヤンセン 【解説】 『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾。超人的治癒能力と手の甲から飛び出す鋭利な爪を持つウルヴァ....
ウルヴァリン:SAMURAI (RISING STEEL)
ウルヴァリン:SAMURAI / THE WOLVERINE  2013年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:ジェームズ・マンゴールド 製作:ローレン・シュラー・ドナー  ハッチ・パーカー 製作総指揮:スタン・リー  ジョー・カラッシオロ・Jr 脚本:...
ウルヴァリン: SAMURAI (映画大好きだった^^まとめ)
998 : 名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2013/09/15(日) 20:39:43.36 ID:pfcYG9/Aとんでも日本だけど面白かった。いいんじゃないのウルヴァリンだもの。ヒュー・ジャックマン、かっこいいよ457 : ...
ウルヴァリン:SAMURAI (のほほん便り)
「X-MEN」シリーズの外伝・第二弾だそう噂では、「日本人が見ると、アングリの、とんでも作品」とのことで、その「とんでも」ぶりを、ちょっと見てみようとして、逆に、その「そんなのアリですかぁ」のオンパレードにハマってしまい、最後まで観届けてしまいました。本当...